2019年10月11日

面談演習にてわかったこと

はぁ、3安打完封、連敗でがけっぷち。いやな言葉ばかりが並びますなぁ。。。クリーンナップが10打席0安打ではねぇ、まぁ、勝てませんわ。せっかくいい調子でドームに乗り込んだと思ったのにね。シーズン最初の6連敗くらっている状態に戻ったかのよう。すぐに雰囲気にのまれる、調子が急降下するというところはタイガースらしいですが、こんなんではいつまでたっても日本一にはなれませんわ。今シーズンはここまでがんばったんだから上出来、上出来なんて振り返るんでしょうが、もうちょっと反省もしなければいけないこといっぱいありますわな。せめて、最後の試合にならないよう、今日、悔いが残らないよう、全力でぶち破れ、タイガース( *`ω´) さて、昇格候補者の面談演習をやっていて、ふと自分の過去を思い出した。5分で資料説明をお願いしますと言われたところ12分かかって、当時の演習対応者の上長に、それはないわとあきれられたことが。それでも本番には修正してうまくできたので、演習のおかげであったことはまちがいない。そもそも演習の練習なんてする機会も滅多になく、緊張してしまうと時間感覚がなくなってしまい、一方的に細かく説明しようとなり、ついつい長話となる。気をつけなければいけないのは、一方的にしゃべらないで、相手の様子を伺いながら内容を柔軟に変えて話す、結論からはなし、だらだらと経緯をしゃべらないというのが鉄則だ。こういったことを事前に伝えておけばよかったと反省。普通はビジネスマナー的な研修なり、過去に受けた研修で学んでいるはずなんですけど、時間がたつと忘れるのでしょう。しっかりと調書がかけている人でも、いざしゃべりの方は。。。?でした。ただ、調書が書けてない人はやっぱり、話もちぐはぐで、まったく面談のスタイルになっていない感じ、玉砕されますわな。自分で書いたことをきちんと論理的にストーリー立てて話すという一番大切なところを問われている面談。今までなにをやってきたか、これから何がしたいのかの2点が重要なのは就職面接の時、私も「面接の達人」(通称、面タツ)を読んで学んだことは今でも覚えている。ただ、今回の面談はそれにくわえて、論理的思考を問うための組織の課題、個人の課題などを記述する項目がある。何のためにその項目があって、どうかかなければいけないかは主旨をきちんと裏読みしないと自分勝手な主張に終わる。そういったことを教えなければいけないのかぁ。。。と思うと少し頼りなさを感じるが、まぁ、仕方ないですな。とにかく、クライマックスにせよ、面接にせよ、突破してもらってなんぼのもんなので、がんばりましょう。

taka7107 at 07:35│Comments(0) お仕事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい