2020年01月10日

在宅勤務を拡大させるための会社としてのあるべき姿

久しぶりに品川で仕事があったので、そのまま直帰しようとして上野東京ラインに乗車。最初、乗車位置にあまり人がいなかったのでそれほど混んでないかと思っていたら、到着時間が近づくにつれて一気に行列ができて、到着した列車はすでに超満員状態。もう、これをみた時点で乗る気にもなれないのだが、まぁ、ここで断念するのなんなので少し我慢しようとがんばってみた。それにしてもこれを日常でこなしている人たちはこれをストレスと感じないのかが不安で、私は強烈にストレスと感じるので絶対にこんな満員列車には乗れない。それであれば時間がかかっても少しでも迂回してゆったり帰るという選択肢を選ぶのですけどね。日本のサラリーマンはほんまにすごいですわ。ちなみに、これで今年の夏の東京オリンピックを乗り切ろうというのだからどう考えても無理がありそうですね。本当にみなさん在宅勤務してくれるのでしょうか。在宅勤務といえば、数多くのハードルがあります。自宅で仕事をするための環境づくりが必要で、OA業務が中心の人はパソコンが必須、パソコンをBYODしてしまうとOSのセキュリティホールが多いのでここはやはり会社支給のものでないとまずいでしょう。次に通信回線、これはほとんどの家が光のインターネット接続をもたれているでしょうから、そこは大丈夫か。ただ、VPN-RASを実現するためのセンター側のNW設備を増強する必要があります。そして、コミュニケーションツール、メール、チャット、電話が必須になりますが、我が社ではチャット環境はできあがっています。ただ、BYODは個人の事情のゆだねられているため、個人のスマホには強制力がなく、管理者と少し意識の高い若手メンバーくらいしか使っていないよう。で、最後の電話が一番やっかいで、管理者は業務端末がありますが、それ以外の人はBYODとなると番号が個人のものであり、会社の内線では接続できません。それを実現してあげようというのがソフトフォンという部類のアプリで、チャットの次なるBYODはまさにこれかと思って取り組んでいるのが私の仕事でもあったりします。いやぁ、BYODって労働組合への説明の敷居が高いようでなかなかオーバーヘッド部隊も動かない状況、その動かない人たちを動かすためのプロジェクトという、また泥臭い仕事に首を突っ込み、なんとかせねばいかんなぁと思う今日この頃です。

taka7107 at 07:32│Comments(0) お仕事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい