2020年01月17日

あの震災から25年、神戸に恩返ししたいところだが

毎年恒例の今年の漢字が始まり、その最初の文字が「震」と決まったのは、この震災の影響だ。今から25年前、1月17日午前5時46分に起こった阪神淡路大震災。ちょうど前日に親戚とスキーに行った帰り、洗濯物がいっぱいあるなぁと思いつつ寝た覚えがある。当時からかなりずぼらな生活だったので布団は敷かずこたつで寝ていたような気がする。いきなり背中から突き上げるような痛みがあって、一気に目が覚めた。しばらくするとすごい横揺れがやってきて、天井につり下げた部屋の照明が切れて落ちてきたりととにかくなにが起こったのかまったく分からずにあっという間に部屋の中がぐちゃぐちゃに。すぐに避難しなければと外に出ようとするも扉が開かず、鍵をきちんとあけているのに動かないという、たぶん扉の枠にひずみがあったからかもしれない。それでもなんとか力づくで開けて、外に出て、そういえば2階に住んでいた友人は大丈夫か気になったので見に行ったらもぬけの殻。まっさきに逃げ出していたそうな。。。こっちは心配してあげたのにと、未だにそれは記憶に残っている出来事だ。その後、徐々に明るくなるについてれ家がくずれて道路に倒れているところなどが判明。生き埋めになっているおじいさんが居るので掘るのを手伝ってほしいと言われて、声かけして応援しながら必死で掘り起こしたのを覚えている。しばらくして逃げ出した友人と合流して、実家にも電話をかけて無事であることを確認したりしたが、この家に住み続けることも困難と判断。早々に町を逃げ出して、友人の家に避難させてもらうことに。場所は神戸市から六甲山を越えて裏にある三田市という場所。普段から大学終わりなどにパチンコをしに遊びに行っていた町でもあった。その友人宅で結局1週間くらい実家までの道が途絶えていたので、お世話になった。今から思えば本当にありがたいことであるのだが、その友人が四国に仕事で就職してからはぜんぜん連絡をとってくれないというこれはまた変な事情があって、そのときの話をするすべもないという感じだ。あれから実に25年、四半世紀がすぎたわけですね。本当にあっという間に時間はすぎるものです。当時あの震災で崩れた町をみて、絶対に神戸の復興に役立つ仕事についてがんばっていこうと誓ったものではあったが、インフラ系の会社には入りはしたが、その後IT関連の部署に進んだがために、あまり神戸とは縁がなく、唯一メディア関連の顧客で神戸に出張した程度、ただ、別件で10年以上にわたって姫路出張はあったが。。。結局神戸にはあまり恩返しができないまま現在に至っている。先日、久しぶりに神戸の東灘の町を訪れて、もはやあのときの光景を思い出すようなものはほとんどないような感じがしたが、あれからも多くの災害が神戸以外の町で起きて、悲惨な状況をみる度に神戸のあのときを思い出してしまう。震災はなくならいので、とにかく減災するしかない。せっかくITの会社で働く身としては、こういう場面で社会貢献できる仕事をしたいとふと思う今日このごろ。

taka7107 at 07:35│Comments(0) ふと思うこと 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい