2020年01月28日

国語が大切だった

いやぁ、朝から大雪になるかと思いきや肩すかし。とはいえ、交通機関が麻痺しなくてよかった。やっぱりいつもよりかは寒いので風邪を引かないようにしないといけないですな。 さて、国語の話。仕事をする上でつくづく必要な能力が国語なのだなぁというのがよくわかる。私も文章を書くのが非常に苦手なので、ひとのことはいえないのだが、推薦調書や、面談調書などの文章を推敲する際に、う〜ん、なんでこの文章はわかりづらいのだろう?と思うことがある。ひとつは文章が長すぎること。これは私も昔はそうだった。とにかく文章が完結するまでずっとつないで、長文になっているというパターン。まぁ、これはたいてい、途中で区切って接続詞でつなげばそこそこ読みやすくなる。あとは文章がさかのぼるパターン。()という便利なものがあるので、その中にこれはこういう意味ですよとか、詳細を記載するのだが、そこで一端文章がとぎれてしまい、文章全体のつながりがわからなくなることがあるので、あまり乱用するのはよろしくない。あと、主語がいつのまにかごちゃごちゃになっているパターン、そしてそもそもなんのことを言っているのかが理解できない文章。もはやここまで行くと書いた本人に聞くしかないのが実状。本当は、こう書いたので一度レビューしてくださいくらいの気遣いがほしいところだが、昨今、メールで見ておいてくださいだけのレビューになるとやっぱり細かく聞かないと分からないというニュアンスをまたメールで質問する手間があって、結局まぁいいかとなってしまうのだ。こういった国語力をあげるためにはどうすればいいのだろうか?本をいっぱい読むだけでもだめだろう、こういったブログを書くことで練習する?いや、これは思ったことをそのまま書き込んでいるだけなので、ある程度意識して書くような練習をしないと意味がないだろう。やっぱりこういった文章書きを数こなすしかないのだろうか?会社に入って国語と数学が大切だったことを身にしみて分かる今日この頃。学生時代に戻れるのなら、もういちど国語を徹底的に勉強したいものだ。

taka7107 at 07:32│Comments(0) ふと思うこと 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
クリックしてね
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい