2020年02月04日

ネットワークの見える化が最重要

3営業日連続でネットワークのトラブル発生。トラブル報告書を作成しなければいけなかったり、それ以外の週間進捗の報告書の修正等あったりと昨日、今朝とどたばた状態。社内のネットワークの運用なのにこんなに手間がかかるなんて何かが間違っているんでしょうね。その上、運用を自動化する仕組みを開発するだとか、新たなるサービスの検討だとか、いろいろと施策も満載。平常時であれば施策しかすることがないので、やるべきなのでしょうが、トラブルが発生するとダブルパンチ。やはりネットワークの見える化をきちんとすることが大切ですね。有線ならまだしもこれが無線になるとなおさら難しい。アプリで電波強度を測定するのが関の山くらいですかね。ネットワークの会社なのに、目に見えない不明なネットワークトラフィックに苦労するという、なんともいけてない事情でありますが、このあたりはきちんとベンダーと保守契約を締結してがっつりやるべきなのでしょうね。特にコアとなるL3SW、LB(ロードバランサー)、PS(パケットシェーパー、帯域制御装置)、Proxyサーバなどなど、肝となる機器をピックアップするときりがないですが、だいたいこれらの機器に絞られるような気もします。あとは、これらに絞っていくら手厚くベンダー保守を締結、メールではなく、電話でも問い合わせができて、なにかあれば駆けつけてもらうくらいのハイグレードな保守契約をしないと耐えられないような重要なネットワークになってきました。昨今のクラウド利用によりネットワークのトラフィックは増える一方、どこかで検証した最新のネットワーク技術をつぎ込んでとにかくネットワークの見える化が最重要課題なような気がします。

taka7107 at 08:33│Comments(0) お仕事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
クリックしてね
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい