お仕事

2018年08月09日

帰宅命令はトップが即英断を。

台風接近で早めの帰宅を。フレックスタイムの利点を活用して15時あがりに。とはいえ、年休で2時間とったところで結果は同じことなのだが、フレックスだと無駄に年休を使わずとも、残業の貯金があれば、それをお休みにあてられるという利点があることがわかった。なるほど、フレックスタイムなんてなにがいいんだと思ってはいたが、少しはわかった気がする。とはいえ、年休があまりにあまってとりきれない私にとっては意味のないこと。そもそも働き方改革よりも仕事をうまく逃げてやらない人のケツ拭きをやらされる人を助けてあげる仕組みをつくらないといけないですわな。まぁ、人類永遠の課題かもしれませんが。いずれにせよ、働き方改革である程度、職場がいい方向に導かれればいいですな。ただ、昨日の台風接近にせよ、我が社は対応が遅かった。ほかの会社はトップである社長命令で帰宅を指示したとか。うちの会社はそれを組織にゆだねるのだ。組織ということであれば4th組織まで落ちれば、私が部長の代行判断で、帰れともいえるのだが、それが2ndなのか3rdなのかがあいまい。私がかつて兼務で所属していた組織はその2nd長が率先して帰れ命令を出していた。そういわれれば安心して帰れるのだが。。。そしてこの時期になると課長がお休みに入って不在なことが多い。なので指揮命令が不十分になる可能性がある。こういう時こそトップとしての資質がとわれようもの。できればグループの長たる持ち株会社の社長が命令を下せばいいのに。。。

taka7107 at 07:11|PermalinkComments(0)

2018年08月08日

空気の読めないマネジメントはチームを壊す

私の後任をお願いした課長さんがどうもうまく機能してくれない。育成のことを考えて次のリーダーを会議に出席させるようにとお願いしたら、すぐにやってくれるかと思いきや、準備中ですというし、やっと準備できたとおもったら、ぜんぜん意図しないようなメンバーを会議に出席させる始末。次期リーダーといれば、彼と彼と明確に伝えているのに、そもそもの意図がまったくもってわかっていない証拠ですわ。そもそも、次期リーダーたるものが、案件全体を把握しないで自分の作業だけに集中することがまずくてそれを是正するがための施策。現場で担当している人が一番事情をしっているだろうからと担当者をアサインして報告させるのだが、そうではなくて、管理者になれば自分がやっていなくても報告をうけて、あたかも自分がやっているかのように報告する技術が求められるのだ。それをなんで勘違いしてしまうかなぁ。。。あなたがやっていることを次にやらせるリーダーの育成ですよとめちゃくちゃ簡単な依頼だったはずなのに。。こんなに時間かけてこの結果とは。もうひとつが、リソースのアサイン。あきらかに仕事量が減っている。将来のお仕事も先行き不透明となってきた。だが、今現在、仕事をいっぱい抱えているのと、前も言われた彼はまだまだ育成中なので独り立ちがむずかしいと回答。いや、数ヶ月前に言ってなにも実行していないってことね。彼は独り立ちはできるタイプではないので、そんなひとを独り立ちさせようとしたら永遠に無理です。だから次期リーダー候補にもしていません。そんな人を当てにしていること自体人を見る目がないというか。。。そうじゃなくて次期リーダー候補なんだけど、報告できるような仕事も与えられないでくすぶっている人がいるでしょうに。その人を前面に出してやればチームは回るんですよ。そうすれば、求められている人材はすぐには無理でも数ヶ月後には拠出できるでしょう?本当になにを考えているのやら。まじめなのはいいが、クソまじめすぎてお客さんとふざけてなかよく、きわどい話もしないからお仕事の先行きもよくわからない。自分が仕事をすすめるにあたって少しでもリスクを感じたらうまく上長に取り入って人をとりにいくという。過去にそれでうちのチームも苦しめられましたわ。それがいま天唾なって帰ってきていることがわからないのかなぁ。。。

taka7107 at 07:16|PermalinkComments(0)

2018年08月06日

技術者コミュニティに参加

能見に藤川となんと豪勢なリレーだこと。だが、締めのドリスが大爆笑をやってくれるから毎回ヒヤヒヤものだ。ノーアウトでランナーを出すと、ほぼ確実に、ツーアウトとっても失点してしまうのだからねぇ。。。虎のクローザーがこんな調子では困りものです。昨日もヒヤヒヤはさせてもらいましたが運よくセーブ。一昨日はあの劇場がなければ5時間11分というロング試合にもならなかったはずだしね。困ったちゃんですわぁ。 さて、金曜日に技術者コミュニティなるものに参加。半年に一度ほどの頻度で開催されるもので、こんな技術を習得しました的なエピソードを発表するもの。四件ほどの真面目な発表の第一部と、お酒を飲みながらひとり五分ほどで五件の発表のライトニングトークと言う第二部の構成になっている。これがなかなか面白く、ディープラーニングなど話題なものとか、ライトニングトークではスマートスピーカーの話とか興味の深い分野をおもしろおかしくお話ししてくれる。ただ面白みにやや重きをおきがちでガチな技術と言うのが少無いのが、やや残念なところとあまり知った顔がいないところ、せっかくなのだから二部は有料なのだが親交を深める意味でも、もっと参加すればいいのになぁとも思ってしまう。次回も時間があればぜひ参加したいところだ。

taka7107 at 07:44|PermalinkComments(0)

2018年08月03日

報告のできない困ったちゃん

う〜ん、なかなか思うように動かない部下を動かすにはどうすればいいか。難しいですわなぁ。メールで依頼してたまに読み忘れてというのはわかります。それくらは僕もやらかします。メールの通数が多いですから仕方ない。でもふつうは上長からのメールは別フォルダに振り分けて、最優先で処理するのがマナーというもの。まぁ、そんなことをする暇もないのでしょう。で、それはこちらもわかっているのであえて、口頭でも伝える。すると、すぐやりますとか、あとでやっておきますとは言う。でもそれでもやりわすれる。また、念押しにビジネス用のLINEのようなツールを使って指示をうけたかどうかを念押しする。すると既読にはなる。でも返事がない。まさに既読スルー。ふつうは上長からメッセージきたら、既読スルーは失礼すぎるから最低限スタンプでも返すのが礼儀でしょうにと思ってしまうが、それすら余裕がないのか。そんなはずはない、仕事時間に送っているので、それだと生活にも余裕がないということ。残業100時間したときですら、週1の報告書は一回も欠かすことなく送るし、会議を欠席したことなどなかった。残業80時間を2ヶ月連続で実施したときなどは、ほかの課長の分まで代理で報告書を記載し、報告までしていた。今の彼は先月はじめて80時間を経験したくらい。それまでは50時間程度、私は60時間3ヶ月連続プラス80時間2ヶ月連続、5ヶ月連続の一般社員だと要注意人物扱いされるくらいの環境においても報告だけは欠かさなかった。それにくらべたらやつはあまりにもあまちゃんすぎますわ。今朝報告書出してなかったらしめあげてやろう。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年08月01日

飲み会は2次会まで仕事。

6末まで担当していたシステムのお客さんがちょうど7月の人事異動で入れ替わりとなり、新体制となった。課長が2名とも代わられたので抜本的な変更である。こちらもちょうど別の課長さんに引き継いだこともあり、今回、お客さんが五反田まで初めてこられての懇親会を執り行うことに。本当はもっと早く行うべきだった。というのも、2週くらい目に訪問には行っているようだが、特に懇親会なし。なので、顔は知っているのだが飲んではいない状況。相手の出方、趣味趣向というものがわからない状況なのだ。お客さんの社内の仕事の進め方もよくわかっていない状況だ。たとえば、両課長の上長の上長はうちの会社の某課長の同期なので話をきけばコミュニケーションのきっかけを与えられる。そしてそのさらに上長に至っては私の大学の先輩であり、学生時代アメフトでランニングバックをしていたということも知っている。学部は工学部だから、実は今回の新課長さんの1名の先輩である。ということを昨日の懇親会でご存じになったという次第だ。我々の方が知っていることもある、情報を与えられる。仕事をスムーズに進められる。決裁をとってもらいやすくなる。我々の稼働も減るといいことづくめ。だから顔をつきあわせたコミュニケーションは大事であり、必要なのだ。そして飲むことが一番大事。これを仕事と思わない人がいるから困るんですわなぁ。どうせ好きな人が飲みに行くのでしょう?とたかをくくって、一次会までは仕事なんdねがまんしますが、二次会はなんの役にもたたないのでおいとましますではダメ。一次会までは確かに仕事レベル。その後の二次会で本音も出てくるというもの。お酒が好き嫌いではない、強い弱いの問題でもない、自分の仕事を楽に進めるための手段が二次会であり、三次会なのだ。お客さんとのコミュニケーションから逃げるような人は将来、仕事で苦労するんでわ。なので、苦労は早めにしておいた方が後で楽になるということがいいたいわけですな。そういう意味ではうちの若手もまだまだですわなぁ。。。( ;´Д`)

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年07月27日

端末貸与よりもBYOD推進の方がいいと思うけど

せっかく勝ったかと思いきや。またまた。しかも、藤浪劇場で、1時間待たされて30分で試合が決着。ほんまに球場に行ってた人は金返せといわんばかりでしょうな。さやねぇの六甲おろしが聞けただけでもとよろこぶのもアネキファンくらいでしょう。それだけであの料金は高過ぎやわ。土曜日の神宮のチケットは購入しましたが、どうやら変なルートでやってくる台風のおかげで、試合中止は免れず。今回の進路はロサリオが三振する外角低めへのカーブのようと朝からてんこ盛りでいわれてました。おもろいけどまじで笑えん。ロサリオよ、二軍でなにやってたのよ。学習せんなぁ、、、ほんまに。明日行けないので、今日行こうとチケットを見てみたら、スワチケは見切れ席含め完売、チケットストリートではまだ高い状態。これが15時くらいになるとディスカウントされていくのでしょうか。安く手に入れば見に行きますか。今日・昨日と涼しくてちょうどいい感じ、蒸し暑さもないし、これは野球観戦日よりですな。 さて、Surfaceの話。会社で一斉導入されるということで、期待満々なのだが、なかなか配られてこない。そんなうちにSurfaceGOなるものまで出てきた。たぶん配られるのはその前のSurfacePro。前のものは800kg程度、今回のGoは600kg以下なので、Goのほうが持ち歩くにはよさそうだが、画面の解像度が低いのでProのほうがいいかなぁと。働き方改革の一手をにぎっているようで、まぁ、これでテレワークが普及すればいいのでしょうけどね。ただ、もう少し業務アプリを軽くして、スマホ対応にしてBYODにした方がいいような気もする。いちいち端末立ち上げて、VPNで接続してとやっているだけで、毎日3分くらいのオーバーヘッドを要する。メールを読むだけだったらスマホで十分。あとは業務用チャット(LINEの業務版)についてもタブレットやSurfaceなんかでやるよりかは個人のスマホで十分だ。端末購入は大きな投資となるのだから、そしてそれに紐付く回線も必要になったりするとかなりのコスト増だ。さてさて、そのコストに見合ったリターンが得られるのか、改革の山場となるかもしれない。

taka7107 at 07:43|PermalinkComments(0)

2018年07月22日

大阪ガスに負けて残念ながら3回戦にて敗退(T ^ T)

ということで、翌日は東京ドームに馳せさんじ。NTT東日本の都市対抗野球の観戦です。まぁ、同じグループ会社なので、観戦も仕事のようなもの。別に残業がつくわけでもなんでもないですが、やはりこの一体感のある応援というのは何事にも代え難いモチベーションにもなるし、応援してそれで勝利してくれようものならテンションは大きくあがります。去年の優勝チームなだけに、そうとう期待はありました。先制の3ランでこれはもらったと思ったのですが、徐々に追い上げられ、送球ミスなど、守備でいけてないところをつかれての失点で逆転まで許してしまいました。8回に1点差まで追い上げたのですが、最後は万事窮すということでした。2連覇もいけそうと思っていましたが、やはり高い壁があったようです。来年もまた応援したいと思うし、もっともっとうちの会社の人たちも参加して応援が盛り上がればいいのになぁと思うのですがね。今の若者は一体感を嫌うようです。ただ、前日にロッテ観戦を行った若者は野球大好きということが判明。来年誘えばくるかもしれませんな。若いうちからこういった面でコミュニケーションをとるのは非常に重要なこと。しっかりと教えて次の世代に引き継いでいきたいですなぁ。。。

taka7107 at 15:05|PermalinkComments(0)

2018年07月21日

ロッテVSオリックス@ZOZO、帰りがめっちゃ遠いのよ。( ;´Д`)

木曜日の飲み会に続き、昨日は、前の上司と野球観戦をする会。居酒屋球場なのでのんびりと野球みながらビールが飲めれば最高だったのだが、上司のお気に入り球団である千葉ロッテマリーンズの応援をする羽目になってしまった。しかも、ライトスタンドという非常にディープな場所で、阪神が甲子園球場でやるのなら、攻撃の際にスタンディングする必要もないのだが、ロッテファンはディープな人が多いので、みなさん、総立ちでの応援ということがわかりました。これは失敗。まぁ、それでも乱打戦でヒットがでまくり、ロッテだけでも17本もヒットがでるという形に。しかも相手方のオリックスさんもうちまくってくれるもんで、9回の表まで7−7でもつれ込んでしまいました。結局9回では決着つかず、延長戦に突入することに。そうなると気になるのは最終電車。23時5分のに乗らないと、辻堂まで帰着することはできないという結果に。なんとか10回の裏、清田のさよなら犠牲フライというかライナーでタッチアップしてサヨナラ勝ち。元上司も大満足、私も一応最後まで試合はみれたということで、それなりに満足で帰宅の途につけました。いやぁ、花火もみれたし、よかったっちゃあよかったんですが、やっぱり毎回スタンディングは疲れるので、できれば次回はクーラーの効いたドームで観戦したいところですな。

taka7107 at 15:03|PermalinkComments(0)

2018年07月14日

都市対抗野球初戦突破\(^o^)/

1年ぶりの都市対抗野球にお出かけ。今年は本部全体としてまとまっていきましょうということになって、いくらか人数が集まりました。去年優勝し、2連覇のかかるNTT東日本。1回の裏に越前のホームランで3得点。2回の裏には9番バッターながら桝澤のホームランで2得点と序盤から5−0と大きく引き離しました。ただ、3回に大竹投手がつかまって3失点。まだまだ予断を許さない状態になって、NTTも0行進となってしまいました。都市対抗野球のだいご味はエールの交換や、守備側であってもピッチャーを応援するということ。さらに、プロ野球みたいに選手別の応援歌まではないので、複雑ではなくシンプルな応援であること。そして社歌を熱唱して、一致団結を図るといったところでしょうか。1年ぶりに味わうこのすがすがしい(きよきよしいではなく)気持ちは、応援する甲斐があるというものです。そして、後半はまたまた桝澤のホームランで追加点を加えて、最終的には6−3で快勝となりました。さぁて、次は2回戦、気を引きしめてがんばってもらいたいものです。

taka7107 at 17:30|PermalinkComments(0)

2018年07月13日

都市対抗野球はじまる

今日も時差Biz特急に乗るべく、一本早い上野東京ラインにて横浜に。今日も横浜から着席できた。さすがに、元町・中華街から乗ってくる人はほとんどいないようだ。渋谷まで行ってしまうと山手線しか選択肢がなくなるし、渋谷の雑踏を歩くのはいやなので、手前の自由が丘で乗り換え、大井町線で大岡山で、さらに目黒線に乗り換えて不動前まで。まぁ、自由が丘の手前の武蔵小杉で乗り換えればいいのだが、大井町線も乗りたかったのであえてこのルートに。不動前のマクドナルドにて朝の一時は五反田通勤になってから初めての試みで、いつものお店と違うとなにか新鮮な気分になれるのがうれしい。時差Biz特急なんてのは年中やってもらえるとうれしいのだが、今月の13日〜20日までの平日のみというなんともかなり限定的な運用。もったいない話ですわなぁ。。。 さて、今日は年1回の都市対抗野球の第1回戦の初日。昨年優勝した我がグループのチームは本日から始動。昔は部署をあげて、特に若手を動員して応援に行ったというのですが、もはや一昔前の話なのか、まぁ、グループの会社なのでそこまで力入れる必要がないのか、強制力はない。とはいえ、我々のお客様でもあり、非常にお世話になっている会社が出場するというのに応援に行かないという解もないでしょう。担当で何名か募ってみたが、結局、去年、一昨年と一緒に行った同じメンバー。時代が違うのか、、、せっかく働き方改革でがむしゃらに働くのは御法度となっているのだから、余った時間はこういうところに活用してはいかがなものだろうかと思うんですけどねぇ。。。まぁ、そんなことは仕方がないにして、サッカーワールドカップの日本以上にこっちの方がモチベーション的にはあがる感じ。がんばってもらいましょう。( ´▽`)

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年07月05日

顧客満足、効率化、品質向上

おぉ、やっと勝てました。ワールドカップで日本がトーナメント勝つよりも100倍うれしいですな。やっぱ、タイガースの甲子園での勝利は大きいものです。藤浪もねぇ、、、だいぶましになってきてなによりです。心配なのはドリス。毎回、ノーアウトでランナー出して、1失点はしてしまうという始末。これではクローザーの意味ないでしょうに。なんで一人目から三振とれないのかなぁ。。。まぁ、1点差でも勝てれば官軍。バカープが負けてくれればよかったのになぁ。。。とりあえず、これで9連戦を1、1として、残り7つとなりましたが、ここ2日はおそらく雨で中止、そしてバカープとの3連戦がまっているので、う〜ん、勢いつけて行きたいところが少しくじかれそうですなぁ。。。まぁ、とにかく梅ちゃん3ランあっれでした。ばんざーい。\(^o^)/ さて、仕事の話。働き方改革と言われるこのご時世。RPAというロボティスティック・プロセス・オートメーションなるものがはやっていますね。我々のグループでもWinactorなるツールを販売しているようですが、まぁ、世の中とにかくロボットにお仕事はまかせて自動化し、効率化を図るという流れではあります。確かに、業務の中で毎回、データ抽出したものをピボットテーブルを使って表・グラフを作成してという作業は自動化すべき対象でしょう。われわれITの会社にいながらこういったことに疎いのが弱点。是非、世の中で実践していることを取り込んで、われわれも積極的にやっていくべきなんでしょうね。7月から総括業務も請け負うこととなり、12年前にこの部署に異動してくる前にやっていた業務を思い出しました。総括業務のお客様はその部署で働く社員。その社員が少しでも快適に仕事ができるような環境を作るのも使命。そしてなにより、無駄な業務は省くののと、効率化すること。顧客満足度、効率化、品質向上、どの業務であっても共通の3要素ですが、総括であっても、この3つを意識しつつがんばっていきたいと思います。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年07月04日

凍てつく空気は作らないでほしいなぁ。。。

甲子園で弱いらしい。最近勝ってないみたいですね。ハマスタとか神宮ではあれだけ大暴れできるというのに。なんてことでしょう。実は昨日の試合はとあるお客さんからお誘いを頂いていたのですが、第2四半期も始まったところでなかなか平日の真ん中は調整しづらかったのでお断りしていました。試合内容的にあんな試合を見せられては辛いですな。行かなくてよかったという結論です。 さて、新入社員の育成の話。MBOシートという手法を使って自己育成管理を行う我が社の育成方式。部のえらい人にプレゼンするという場が昨日ありました。そこで思わぬ辛口コメントをする部長。普段はとても温厚なのに、なぜかすこく熱弁を奮って周りが凍り付いてしまいました。普段から厳しい人と分かっていればまぁ、それなりの対策は事前に考えられるのでしょうが、想定外の振る舞いに躊躇せざるを得ません。ただ、それが新人のためを思っているとか、育成に関してはとにかく厳しく行くのだという方針が一本定まっていればいいのですが。。。昔と違って、いまは働き方改革云々という時代ですから、叱咤激励してのばすというのとも違うんですわね。で、こだわりがどうも研修で何を学んでくるのかと資格のところ。確かにこれから直近で行く研修は正直今の業務には直結しないこと。これをどう動機付けするかは厳しいところです。ただ、今の仕事には役立たないのでというのはNGワードであって、きちんと動機付けしてあげてくださいねというのが育成からのお願い事項。まぁ、それを動機づけされて新人君たちが答えられなかったのはいけてないところではありましたが。とはいえ、今年の新人からは確実に2〜3年で違う部署にローテーションされるとの方針。そうなるとOJTで学ぶ、プログラム開発の演習は非常に有用になるはず。そのことを事前に伝えてあげる必要があったわけですわな。う〜ん、難しい。ただ、厳しく叱って空気が凍り付くのだけは勘弁してほしいなぁ。フォローするにも全否定されるとやりにくいし。。。でもその部長は自分にはめちゃめちゃ甘いのですが。。。

taka7107 at 07:32|PermalinkComments(0)

2018年07月02日

第2四半期始まる

いやぁ、最後はひやひやさせられました。まったく、ドリスは懲りませんなぁ。。。もうちょい練習せいやといいたくなりますが、まぁ、なんとか逃げ切り。これで連勝、2位浮上とあいなりました。2回に一挙、6得点とったときは、今日も神宮で大暴れとおもってましたが、そのあとがおさえられちゃいましてね。。。陽川もイマイチ、ナバーロもイマイチってことで少し残念でしたが、まぁ、勝ったのでよしとしましょう。 さて、今日から第2四半期の始まりということで七月に入りました。第一四半期という助走期間を経て、これからぐんぐん加速し、事業計画を達成しなければいけないところになりまが、とはいえ、会社の施策で管理者は全員フレックスタイム制になったりと、少し戸惑いそうな形になっています。ぜんぜん説明会もないままに、やれフレックスタイムせいといわれましてもねぇ。。。なにがよくてなにが悪いのやらよく分かりません。自由に時間をずらせるので、無駄な年休をとらなくてもシフトで対応できるということもあるのでしょうが、年休が売るほど余っている管理者にとっては意味のないこと。ただ、まぁ、それ以外で、一斉休暇をとりましょうといか、早帰りの日を設定しましょうという施策はまぁ、いいところ。みんなで休める風土づくりは大切ですね。でもまぁ、年度末のあの死ぬほどつらい忙しさに比較して、この緩い感じ。年間通じて、稼働が均等されないと、緩急がきつすぎて体にこたえますわ。お客様商売をやっている限りは逃れられない呪縛なのかなぁ。。。とはいえ、人間の本質かもしれないけど、年度末まで先送りするというサザエさんでいうところのカツオみたいなタイプがもう少し計画的に仕事をしてくれれば年度末にあわてるということはなくなるはず。ただ、人間の本質なので変えられないか。。。

taka7107 at 07:20|PermalinkComments(0)

2018年06月29日

課長をしめあげるの巻き第2弾

日本は負けたけどぎりぎり首の皮一枚で決勝トーナメント出場。ブーイングがでるくらいの、まぁ、戦略的ではありますが、西野監督の本意ではない選択。どうなんでしょうかねぇ。これを相手チームがやっていれば、戦略、戦術もわかるが、スポーツマン精神に反するなんて批判していたのではなかろうかとも思います。まさに勝てば官軍主義ですな。 まぁ、そんなサッカーなんかはどうでもよくって、とにかくタイガースの3タテが気持ちいいですわぁ。バカープには弱いけど、そのバカープに強い横浜銀行さんにはとことんつよいという三つどもえ状態。おもしろいですわなぁ。。。なんでこれがバカープにできひんのか。これができたらぶっちぎりで優勝できるんやけどねぇ。。。まぁ、今日からもヤクルト3タテ食らわしてとにかく単独2位で、次の首位決戦に臨むしかないですわな。 さて、報告に抵抗する課長シリーズ第2弾。まだまだ懲りずに刃向かってくる課長あり。会議のあり方自体を議論すべきと方向性をはがらかしたり、報告する案件の対象をもっとしぼるべきだとのたまわっておられますわ。。。自分たちは部下から報告をうけているかもしれないけど、その課長をまとめて報告しなければいけないこちらの立場も理解できないってどういうことよといいたい。会議で報告だけなんてメリットないから報告するモチベーションがわかないのか。どうせくだらないコメントぐらいしかくれないのだから報告しても仕方がないと、報告する側の理論で勝手に決めつけている。本当に困ったもんでございますわ。皆が自発的に報告に参加すれば情報共有もできるというのに、そういうことをメリットにおもわないらしい。隣は何をする人ぞでかまわないらしいですな。あのチームとこのチームは親和性があり、エンドユーザは同じだから一緒に進捗管理すればいいのにというのですらやっていないってね。そんなことだから、トラブル起こして、知らなかったとかを平気でいう羽目になるんですわな。まったくもって、意識が低いとしかいいようがないですわ。まぁ、ちょっとずつ意識改革させていきましょうか。そうそう、刃向かってくる課長に一括。おまえが報告しねぇから、この半年、死ぬほど過酷なPJを経験して私がやらされる羽目になったのよく覚えているよね?と。それをいったら抵抗なくなりました。まったく言われないと反省しないって、まったく懲りてない証拠ですわ。困ったもんだ。見返りがないと報告しないってね。。。新入社員からやりなおしてきてって感じやね。

taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)

2018年06月27日

ほうれんそうができない困った課長陣

陽川、すばらしい。よくぞやってくれた。やっとこさの連敗脱出。9回にドリス使ったときはまたまたヒヤヒヤしましたが、今回は無難に対応してくれました。それにしてもバカープがまたまたバカ勝ちしやがって、ほんまに空気読めって感じやな。クライマックスシリーズでDeNAみたいに下克上してやるわ。 さて、お仕事の話。課長級の打ち合わせにていつも話題になるリソースの話と、会議への参加、不参加の話。リソースはもうパンパンだとわかっているんだから、とにかく案件はお断りしようというのが理解できないらしい。稼働の状況もみないでとにかく前向きにしか考えない困りものの課長。営業は旗をおろしたので、今シーズンは目の前にある案件をひたすらやりましょう。そして下期に営業かけましょうが、方針である。で、その目の前にある案件を確実にやるという点からは進捗報告をきちんとやってほしい。ほうれんそうはビジネスの基本動作であるにもかかわらず、課長陣はどうも、面倒なことは避けたいとか、よけいな仕事を増やすな的な雰囲気で満載。別によけいな稼働ではなく、必要最低限の稼働だ。報告する義務があり、どう報告するかによってうまく報告できればリソース調整してもらえるかもしれない。困ったときだけ、自分勝手にお助けくださいとヘルプを求めるなどもってのほかだ。順調にいっていますを報告するのは、業務を遂行している者の最低限の義務である。そんなことも分からない課長がいるということがびっくりですわな。そんな課長に限って、普段の状況は報告しないで困ったときだけ、リソース調整してと泣きついてくるのだ。そんな課長をみていたら、みんなそれでいいんだってなってしまいますわな。ほんと困ったもんだ。情報処理の試験とかを勉強していたら、プロジェクトは進捗報告しなければいけないと経産省の定める基準にかかれている。とするとその証跡がないと監査の時にアウトだ。課長が全部の案件なんて見られるわけないのだから、実際にやっている人が、きちんと報告するのは当たり前の行為なんですけどね。やれプロジェクトが忙しいだとか、報告しても意味がないと勝手に決めつける課長の多いこと。ほんまに困りもんですわ。組織の風土改革が必要でしょうね。

taka7107 at 07:19|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

フレックスタイム制度導入

7月からの勤務スタイルが少し変わる。毎年、わが社では生活スタイルを変革させようという働き方改革の一環として、フレックスタイムを試行的に導入したり、個人ごとにシフト勤務が実施できたりといろいろとやっているのだが、とはいえ、なかなか浸透がすすまなかった。そこで今年は一気に導入を推進しようということで、管理者が全員フレックスタイム導入するということに。当然、私も漏れなく対象ということになる。フレックスタイムは月間の勤務を月初めに計画し、コアタイムだけは必須で会社に居なければいけないが、それ以外は業務の状況に合わせて早めに帰宅したりということが自由にできる勤務形態。たとえば、毎週金曜日は習い事があるので、その日は早く帰るように勤務時間を設定し、その分を木曜日の勤務時間を長めに伸ばしておくということもできるということだ。まぁ、管理者になると残業で残業代というものが関係なくなるので普段からまぁ、そこそこ自由な勤務形態にはなっているのだが、それでも毎日同じ勤務時間でというよりは少しメリハリをつけて仕事に取り組むということで、トータルの残業時間を減らすことができるというのが会社側のメリットでもあるのでしょう。とはいえ、夜間の勤務ができないなどいろいろと問題点もあって、特にわれわれのように夜間工事のあるシステムをもっているチームにとっては導入が足かせとなっている。今回はとにかく実施ということなので、まずはやってみてという形にはなるのだが、はたしてそう残業時間は減らすことができるのであろうか?


taka7107 at 09:41|PermalinkComments(0)

2018年06月12日

最後の部下面談

前のグループのメンバーとの面談を開始。なかなか本音は言はないというか、言えないというか、そもそも不満すらないのか。私が面談を受ける際の時は、必ず親の高齢の話をして、何かあったらお休みをもらうかもしれないということを言うことにしている。とはいえ、そういった困り事を聞いてくれない上司も居るので、基本私はかならず部下との面談では聞き役に徹する。伝えたいことは最初にすべて話をして、あとはすべて聞くというスタイルだ。まぁ、とはいえ、困ったことがないというのはまぁ、平穏無事でよいということ。なにより、「今忙しい?」と聞いて、ほとんどの人は忙しいとは答えない。本音なのだろう。ちょうど仕事の閑散期ということもあって、ストレスがない状態なのだと思われる。そんななか、次のリーダーとして期待しているメンバーに面談すると、確かに原因は不明だが、多少ストレスはあるようだ。とはいえ、残業が多すぎるわけでもなく、大きな仕事を抱えているわけでもない。となると、続くようであれば病院いけばとぐらいしかアドバイスできないのだ。上司は医師ではないので、原因不明の体調不良を相談してもどうしようもない。その場合は、自ら、病院にいってきますぐらいの判断はほしい。まぁ、将来の課長になるような人材であればなおのこと。面談する側の立場を考えた発言が必要だ。なので、こういった場でなにもはなすことがないのであれば、両親の問題など、自分から少し離れた、致し方のない外部要因ぐらいを相談しておくのがいいと考える。う〜ん、ちゃんと理解しているのかなぁ。。。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年06月09日

飲み力、遊び力のない人は管理者には向かないとおもうけどね。

関西地方も梅雨に突入。ところが、さっそくの梅雨の晴れ間。洗濯とか部屋の風通しができて助かりました。明日からは雨とのことで、貴重な一日でした。 さて、昔お世話になったお客さんからLINEで連絡をもらう。来週の木曜日に東京に来るとのこと。じゃあ、飲みましょうかという話をしたら、乗り気になってくれた。うちのメンバーからも結構好かれているお客さんだったので、いろいろと声をかけてみたら、かなり乗り気で調整してくれた。しかもママさん二人が。。。最初は、まさか飲み会までは無理だろうから、時短勤務で打ち合わせくらい設定できれば御の字かと思っていたら、なんと旦那さんと交渉して飲み会もいけるようになりましたとのこと。う〜ん、すばらしいねぇ。。。お客さんにも好かれるわけですよ。お客様満足度があがりますなぁ。。。で、今回声をかけたメンバーを見直してみると、全員、うちの部署とは違う、別の部署のメンバーだった。そう、うちのメンバーは仕事はできるけど、お客さんと飲むとか、お客さんと遊ぶということを一切知らない、まじめすぎておもしろくないメンバーなのだ。これでよく仕事がとれるなぁとも思うが、まぁ、まじめであることはなによりもの強みではあるので一番大切なこと、そこができているからなんでしょうね。でもこれから管理者の仲間入りしようたるものが、お客さんと飲まないというのもねぇ。。。本当に将来、うちの部署を背負ってたてるのでしょうか?ちなみに、部内の飲み会でも毎度毎度、参加をしぶるという有様。ちょっとカツをいれないといけないかもしれません。

taka7107 at 22:22|PermalinkComments(0)

2018年06月01日

話題は7月人事

やっぱりね。交流戦3連敗。ほんともう交流なんてしなくていいからやめましょうよ。まぁ、ソフトバンクからのあたりというのもありましたが、それにしてもねぇ。。。なさけないというか、ふがいないというか、なんでこんなにつまづいてくれるんでしょうかね。腹立たしくなりますわな。 さて、熊本の報告会。アップグレードしたプレミアムクラスで快適移動のはずが、天気がよくなく、ずっと雲の中の飛行でゆれるゆれる。まぁ、なんとか朝食はいただくことができてよかったのですが。。。あとWifiが無料でつながり、GPSと組み合わせると、速度メーターや地図で現在地が特定できて結構楽しめたりもした。空港に降りて、バスで市内に移動。交通局の近くで下車して路面電車の車庫見学に行くも雨で移動もしづらく、結局しばらくみただけであまり楽しみもなく、すぐに市電にのってホテルに到着。荷物を預けて打ち合わせに。そして夜は懇親会。熊本城を目の前に見ながら、半年ぶりの再会をはなします。大きな話題は7月の人事異動。お世話になった部長さん、課長さんの両名とも同時に異動されるとのことでその後任が気になるところではあります。後任は聞けませんでしたが、移動先の情報は聞けたのでよかったですわ。さて、7月からどうなりますかねぇ。。。

taka7107 at 07:55|PermalinkComments(0)

2018年05月31日

今日から半期報告、いざ熊本へ

まぁ、なんともいけてない試合で。やっぱりロサリオが。。。。3三振ってほんまになめとんかって感じですわ。いつまでおいとく気なんでしょうね金本さん。これ以上のポンコツありませんで。これから毎日1本、シーズン終了まで打ってくれたとしてやっと価値発揮ぐらいでしょうが、そんなことはとうてい期待できそうにもないので、即刻クビにしたほうがええわ。 さて、今日から熊本での半期報告会。今まで、一度も開催されたことのない熊本ですが、お客さんの粋な計らいによりやっと実現しました。熊本復興祈願ということでいっぱいお金を落としてきましょう。まずは行きの行程は飛行機にて。久しぶりに羽田空港です。半年前の札幌以来かしら。熊本まで1時間40分強のフライトなので、ここはプレミアムクラスにポイントをつかってアップデートするのがよい。今まで、このアップグレードって空港のチェックインの機械かカウンターに行かないとできないものだと思っていたら、いつの間にやらアプリでできるようになっているではないですか。これは便利。事前にアップデートできることが確定しているってありがたいことですね。もっと前から知っていればよかったですわ。まぁ、それはさておき、あとはラウンジでゆったりとしてからフライト。ブログを書いたあとは少し会社のパソコンでお仕事をして、でも飛行機の中でもWifiあり、かつ無料なので無理にやることもないのかとも思ったりするが。。。あとで飛行機の中でもつながるか試してみたいところだ。月末月初なのでいろいろと事務処理もあり、少し迷惑ではあるのだが、まぁ、いいか。

taka7107 at 07:30|PermalinkComments(0)

2018年05月30日

3年前のトラブルを思い出す

交流戦の大事な初戦やったのになぁ。。。やっぱりロサリオいらんわ。2安打しようが肝心な場面で打ってくれんと。。。ほんま、2軍落ちでええよ。凡ミスばっかりしてるしなぁ。あと鳥谷。1939試合連続で終了。おつかれさま。そんなぶざまな格好でつないだ記録に意味はないで、もっと早くに決断するべきやった。あとは2軍で根性から鍛え直してもらってこい。 さて、ふと仕事で3年前のできごとを振り返らなければいけない事情になっていた。社内の資格申請でいろいろとエビデンスが必要だからだ。3年前の8月にトラブルを発生させていた。ロードバランサと呼ばれる装置の設計ミスでWeb系の通信を止めてしまったのだ。ロードバランサの設定をもとにもどせば即トラブルは回復できたのだが、たまたまロードバランサのログインができないという二重障害が発生したのだ。これによってサービス停止が長期に渡り、長期間故障ということで社内でも重要視され、品質会議に付議せざるを得ないことに。でもこのトラブルをきちんと対応したことによって、その証跡がきちんと残り、その資料をみつけて、今回の資格申請に利用できる。しかもその後、赤本という社内でのトラブルにまなぶ教科書みないたものにも載せることとなったため、それも証跡として提出することができる。当時はトラブルで夜も眠れない大変な日々が続いたし、つらい思い出ではありますが、やったことはかならず報われて帰ってくるということが分かりましたのでいまとなってはよかったかなと。お客さんに迷惑をかけたことだけが申し訳ない限りですね。そんなお客さんとのおつきあいも3年。お役所系なので3年で人事異動となることが多く、おそらく次の7月で異動になることはほぼ確定しているらしい。本当に3年間ありがとうございました。そして、就任しょぱなにこのトラブルでご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年05月29日

礼儀知らずの自分勝手な管理者が組織をダメにするんだろうなぁ。。。

いやぁ、いよいよ交流戦となりましたね。ほんとはこのままの状態で今シーズン終わってほしいかなぁ。これでずるずると落ちていくようなところは見たくないのだが、今年こそはよくなることと信じてがんばりましょうか。2位ですからね。4ゲーム差なんとか巻き返しましょうぞ。 さて、礼儀、マナーの話。入社したときにきちんと教えてあげる人がいてほしいものですね。私はお恥ずかしながら同期の人から指導されました。でもそのことがあって、きちんとできているつもりです。何かというと、雛壇の上長席へのアプローチ方法です。前を横切って行くなどもってのほか、基本は入り口側の通路を迂回して行くもの。それは今でも気を使うところです。それができない若者が多いこと。近道なのは分かりますよ、でも頻繁に通られたら気になって仕方がないじゃないですか。そんなことをお構いなしに課長までやっているのだから困りものですわな。しかもあろうことか、上長の席の後ろを通路にして通っていくなんて。。。です。案の定、自分勝手にスケジュールを何回もリスケし、みなさんを振り回してくれます。でも組織の売り上げのためにやってくれているのだと思うとじっとがまんではありますが、そんな上長に育てられた部下がかわいそうですわな。非常識、周りに迷惑、こんな社会人があふれるようだとうちの会社のブランド力が落ちるでしょう。というか世の中全体が変になって日大みたいな変な大学がうまれてしまったんでしょうね。もはや日大のダメダメキャンペーンは見ていてコントではありますけどね。次はなにやらかしてくれるのかと期待してしまいます。( ´ ▽ ` )

taka7107 at 07:23|PermalinkComments(0)

2018年05月27日

熊本の準備中

来週の熊本出張に向けていろいろと準備をしないといけない。遊びの計画はばっちりだが、それ以外の本業のほうもしっかりとせねばということだ。資料のレビューは2時間かけてだいぶ前に実施。資料のプレゼンも練習してもらっているようだ。まぁ、どれだけ稼働かけるのというくらいの入念ぶり。ありがたいことだが、もう少し別のことにもパワー使おうよとも思ってしまう。いつも他のグループの発表がおせおせになって時間がとれず、発表したらつまんないとか眠くなるとかさんざん酷評されつつも、今のメンバーが作ったのではということでメンバーを入れ替えて作成。まあ、そこそこにできばえは自信があるのだが、そこはあくまでも作らせるというスタンスのリーダー。この大一番なのだから、ここでこそ自分で作成能力発揮させるとか、ナンバー2に仕事をふるとかすればいいのだが、あくまでもしなかった。はたして、うまくいくのでしょうか。とはえ振られたひとは前もこの業務の経験があるので、安定感はある。ただ、ぴかいちのSE能力が求められるところ。できればナンバー2にもやらせたり、報告会に参加させてほしいところでしたが。。。。吉とでるか凶とでるか。まぁ、そこはまかせた私の責任。でもやりますといって相談しないんだようなぁ。。。もう少しやる前に上長と意識合わせをしてくれないと、やります。できました、これでいきますではね。私の思いがどこまで反映できるかを本当に考えているのかしら。。。

taka7107 at 12:06|PermalinkComments(0)

2018年05月26日

お世話になったかたの送別会は無事完了

勝ちはしましたがねぇ。楽勝のはずの試合が。。。ロサリオがチャンスで打てば7−4で勝利の予定でした。それがまさかさよならゲームになるなんて。これで負けていたらほんとにしゃれになってませんよ。しっかりとしてちょうだいねって感じです。それにしてもロサリオの代打で鳥谷ってのもね。ドングリのせいくらべなのにそんな二人にこだわるから上位争いに組み込めないわけですよ。ちゃんとがんばりましょう。 さて、昨日は前の上長の送別会。今回は司会ではなく、経歴紹介。プレゼン資料を作ってみなさんの前で発表という感じでした。司会は総時間二人で5分程度しかなかったのが、今回のプレゼンはひとりだけで10分程度。特に練習することもなかったのですが、まぁ資料づくりにも少々時間がかかったりとまずまずの時間が必要ではありました。おもしろかったという評価もいただき、そこそこの成功に。ただ、今回も面倒なことを全部押しつけられている感がいなめないところがちょいと腑に落ちない。最後の締めの挨拶で楽できるはずだったのになぁ。。。前回の締めの挨拶は主賓がおおすぎてそのひとりひとりにお礼をいうだけでも7分間のプレゼンになりましたよ。しかも出席者100名くらい。今回は40名くらいなので楽なもの。そんな楽なところをうまくもっていかれましたな。見事にはかられました。とはいえ問題は今後の継続。どうも人が集まらないからやめたいとかいっている輩がいるから困りもの。まぁ、私的にはお世話になった上司の送別会ができたので、今後の送別会をどうするかは別にいいにして、せめて退職者と部長以上の送別会などは組織として実施したほうがいいでしょうね。

taka7107 at 11:36|PermalinkComments(0)

2018年05月25日

飲み会を避ける人たち

先週の司会に続き、今週も送別会で、今回は経歴紹介を。まぁ、今回は40名弱だし、内輪ばかりなのでそれほど緊張することもないのだが、そんなに通しで練習しているわけでもなく、結構アドリブ力が要求されるのでうまくいくかどうかが心配なところ。お世話になった上司なので欠席するわけにもいかずという感じだ。 さて、飲み会の話。最近若手が集まり具合が悪いというのが問題となっている。前は品川で開催していたころは会社の食堂なので無理言って増減がきいたらしいが、五反田になるとそうもいかずにドタキャンが多いと調整する側が苦労するらしい。そもそもドタキャンするのが社会人としてどうなのかというのもあるだろうし、とはいえ、トラブルがいつ発生するか分からないからそうなると欠席で報告という形になって、総数が減るのか。そもそもみんな別に飲むのが好きで飲んでいるわけではなく、コミュニケーションをとるとか、お世話になった人に敬意を表して送り出すというある意味社会人としてあたり前の行為をおこなっているだけなのに、やれ、働き方改革だ、在宅勤務だと、社員にとって優位な条件を提示すると、それが当たり前のようになって、このご時世に飲み会するのかなんて言い出す始末。いつの時代になろうが、環境が変わろうがコミュニケーションをとらなきゃ、仕事がうまく行かないことは誰もが知っているはずなのにね。若い世代にはまずそれを理解できるベースすらなくなっているのが困る。まぁ、若い世代というか、うちの職場の場合は私の数年下の世代だからこれが困りもの。飲めないからでないとか、家庭の都合があってとか先約があってと逃げる人たち。。。管理者になろうとも人が、会社を優先しないで、働き方改革とか、ワークライフバランスとかを盾に逃げるのだ。ほんと困ったもんだ。行く末が心配されますわ。

taka7107 at 07:24|PermalinkComments(0)

2018年05月20日

集いプロジェクトがやばかった理由分析

金曜日の司会を務めた飲み会の中の話。失敗しなくてよかったが、大成功というわけでもなくむしろひやひやものだった。なぜなら段取りが悪すぎるからだ。そもそも言い出した元上長が今回の会の幹事長としてプロジェクト全体を企画しているのだが、それが全幹事に行き届いてないのだ。なので非常に不安であり、大丈夫なの?と思ってしまうことになる。それがわかったのが火曜日に打ち合わせを実施したとき。さすがに司会をお願いされたからには一度は幹事の方々と打ち合わせをしておかないとまずいだろうということで私の方から打ち合わせの依頼をしたのだが、打ち合わせの中で、かなり不安になる発言が。「あっ、それはメールでだれだれにお願いしているので大丈夫なはず。でも返事ないんだよねぇ。。。」と。まじか、担保とってないんじゃん。これはプロジェクトとして大変やばい。俗にいう、ポテンヒットがありまくるパターンです。ただ、司会を担当し、かつ日常の業務も逼迫していたのでいきなりここですべてを仕切ってしまうわけにはいかない。ここはある程度おまかせするしかなかったのだ。とはいえ、結局最後は、当日の段取りとなったので、少し早めに出かけて、現場ですべて調整するということしかなかった。結局まぁ、それでなんとかなったのだが、本当はもう少し、スタッフを拡充して対応するのがよかっただろう。次回への反省ですわな。しかし、当日、余興の担当者がドタキャン、幹事長がそこを代行するというのもヒヤリハットですわな。こわいこわい。

taka7107 at 18:54|PermalinkComments(0)

2018年05月19日

はじめての司会

今週一番の大仕事、お世話になった元上司の感謝の会での司会をするという大役が。もちろん、人生の中でなにか司会らしきものやるなんてことは一切やったことない、はじめてのおつかいならぬ、はじめての司会だ。やったことないからもちろん、自信はまったくないし、あがり症なので緊張すると頭が真っ白になり、何を言っているか分からないという大失態をしてしまう可能性もある。よくもまぁ、そんな私をご指名しましたねぇ、と内心思いつつ。元上長からのお願いであり、元上司のという一大PJの中でこれを断ってしまったことがどこぞのルートからでも漏れようものならそれはそれで大変申し訳ない思いしかなく、受けざるを得ないというというところが正直なところ。ただ、シナリオは元上長が作成してくれたので何の心配もなく、ただ、アナウンスする人の役職とか部署名、名前の読み方を何度も確認し、あとはひたすら、間違えないようにと、練習するだけだった。1週間前に5〜6回の録音を繰り返す。二人でやるのでもう1名分のパートも録音し、自分たちがしゃべるパートを合計するとたかだが5分にしかならない。それでも140名も集まる会の司会というのは荷が重すぎる。名前を間違えたり、かみかみになってしまったりとマイナスなことばかり考えてしまう。まぁ、NHKのアナウンサーであったら過去にあった紅白との時のように降格や左遷はあるかもしれないが、まぁ。。。とはいっても大先輩の会、失礼があってはいけないのだ。で、その結果が昨晩あった。結果的にはまぁ、問題なく無難にこなせたというところ。失敗しなかったことが何よりの成果か。ふぅ、よかった、よかった。1週間にもおよぶ鬱な気分がやっと晴れました。

taka7107 at 17:26|PermalinkComments(0)

2018年05月17日

ネタを準備しないと

いろいろな場面でひとこと求められた時に、少しおもしろいことも言わなければいけない場合もあるが、普段からなにも考えていないとおもしろいこともいえない。とはいえ、そんな機会はあんまりなかったので考えることもなかったのだが、最近こと増えてしまったので何か考えておこうと朝の電車の中でさっと考えてみた。カテゴリー的にはいろいろとあって、まずは内輪ネタ。これはまぁ、鉄板でたいていの場合は受けるのだが、内輪になりすぎるキライがあるので気をつけなければいけない。うちの場合で言えば、忘年会のネタになるとか、指差故障を毎日実施しているのでそういったキーワードだったりだ。次に時事ネタ。セクハラが話題になっているので事務次官とかメンバーとか解散とかが話題になるのかもしれない。少し堅い話題で行くとシンガポールでの米朝首脳会談などだろう。 そして、はやりのテレビとなるが、これは主賓が見ているテレビにあわせるのが無難ということか。私的にはチコちゃんのぼーといきてんじゃねぇよとかはとてもはまるキーワードなのだが、むずかしい。やってまったとかチェスト、きばれとか朝ドラとか大河ドラマであればたいていはまりそうなものだが、大河ドラマをあまりみない幹部も居たりするので困ったもんですな。そして最後はその主賓にあわせたキーワードですかね。今回の主賓は某球団のファンなので、謎の魚とかでいじるのもいいかもしれないが、謎の魚はあまりにも知られていないキャラなのでビールの売り子ネタで。たとえば、去年、売り上げ目標を達成できずに解散となった売り子メンバーを本会に呼んだが、就活で忙しくてこれなかったなんて真っ赤なウソネタなんてのはどうだろう?なんてこと考えたりである。まぁ、もう少し考えてみようか。

taka7107 at 07:49|PermalinkComments(0)

2018年05月15日

新しいことをするための管理者としての意識

新しいことをするには原資が必要だ。その原資がないから新しいことをできないのだという理論になると、自転車の最初のひとこぎができない。ただ、原資をもっているプロジェクトは正直手一杯でなにもする余裕がない。であれば発想の転換として原資をもっているプロジェクトが自分たちの業務改革のためにお金を払って、改革してもらうためのスポンサーになるという発想はどうだろうか。そうすれば間接費という手持ち稼働のお金を利用しなくとも新しいことはできるのだ。我々はやっているのでそんなこといちいち言われなくてもというのがスタンスのようだ。であればやっていることを組織の中に広めるという文化にならないと意味がない。その意識がないので管理者同士で打ち合わせしても不毛なことで終わってしまう。何か新しいことをする。それは自分たちがするというよりもそれを牽引させる次のリーダーを育てるというのが正しいだろう。だとすると、管理者だけで打ち合わせしてもあまり意味がなく、その下に面倒なことを落とさないための防波堤で終わってしまう。組織を新しくしようとするにはそういった風土改革が必要なのだろう。まぁ、向こうが報告にくるスタンスがないのであれば、こちらから出向いて報告を求めればよいのか。まぁ、そうするしかないだろう。

taka7107 at 07:40|PermalinkComments(0)

2018年05月12日

なんか雑用が多い

連チャンで続いた飲み会から解放されて、やっとフリーで残業からも離れて夜の時間を楽しもうとネットを見たら1回ですでに0−6。その後もばんばんいれられて屈辱的な大敗。これだけ大敗したら翌日は少しはましだろうと思いきや、また見るも無惨な結果になっているではないですか。もう野球のこと考えるだけで憂鬱になるのでやめましょう。 さて、仕事の話。仕事というか、まぁ、これも仕事のうちなのだが、面倒なことが次から次へと起こってくる。先月はまぁ、壮行会の締めの挨拶というのを賜り、まぁ、なんとかがんばってこなした。それでも事前に何度も何度も練習し、1週くらいはかなり憂鬱な日々が続いたのだが、まぁ、それに匹敵するようなお仕事が舞い込んできました。まぁ、出欠確認という雑用的なことをやるだけでもかなり面倒だったのに、それに加えてそんな大役を押しつけますか。。。みたいな感じですわ。課長級であれば誰でもよいのなら、せめて雑用くらいは私でなくてもよかったのでは?と思ってしまうが、まぁ、もともと受けていた人がメールを読まずにすっぽかしたという失態もあって、その尻拭いですわな。そういう、まぁある意味非礼な方もいるし、方や優秀な若手の課長はおれど、こういった雑用関係は一切やらないという困ったさんも居たり、中堅の私より年寄りの課長さんはそもそもこういった話には近寄ってこないと問題山積ですわな。こんな課長をまとめて仕事をやっていかなければいけないのはかなりやっかいなこと。それをまとめる部長が牽引力がないというこれまたこまったちゃんですからねぇ。。。どうしたものやら。。。

taka7107 at 17:38|PermalinkComments(0)

2018年05月11日

お仕事飲み

いやぁ、なんてことでしょうかね。どちらのチームもたいして打ててはいないのですが、ドームランに負けてしまいました。一発の恐ろしさ。せめてロサリオがそれを覆す活躍してくれればよかったのですが。。。と批評しつつ、昨日は飲み会のため一時もみられない状態。かつ負け試合なもんで動画で見直したいとも思わないという感じですね。3位転落、まったくなにをやってくれているのやら。。。ですわ。 さて、仕事の飲み会のお話。一昨日のお肉の会に続いて、昨日は新しい上長との飲み会でした。高得点だったので期待して予約したお店ではありましたが、個室といいつつも完全個室とはちがい、かなりオープン。まわりの音も結構きになるざわざわ状態でしたね。料理はとりの料理がうまいのですが、つぎからつぎへとさっさと出されたらかなり間があいてしまうという始末。飲み放題ではありましたが、それほどお得感もなくあきませんわ。五反田に来てから、飲みに行くような時間もとれないこの半年間の地獄の案件対応があったので、まったくリサーチできてませんね。ただ、昨日の飲み会のゲストの前回の案件でお世話になった方が、いい店あるよと教えてくれました。こういった情報交換がやはり大切ですね。次回はそちらにしましょう。 で、昨日学んだこと。新しい組織長は仕事は厳しいですが、ユーモアたっぷり。基本は自虐ネタもありですが、とにかくなんでも自分でがんばるネタって感じですね。あとはえらい人とはおもしろいエピソードをいろいろと持つというのが大切なんだと。若くして昇進するエリートな方はこういうところが違うんだなぁと学ばせていただいた感じですかねぇ。。。たぶん私のひとつ上くらいだったと思います。すごいなぁ。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2018年04月27日

出欠確認で手間がかかる

最近radikoの調子がすこぶる悪い。まず起動でつまづく。GPSを探しているとかのメッセージがでるのだが、そこから先がいっこうにすすまないのだ。また、運良く起動できても途中で音声が何度もとぎれる始末。有料サービスがこんな状況ではこまりますなぁ。。。ネットで調べると当たり前の様に位置情報サービスがONになっているかとか、端末を再起動してみましょうとか、ほんと当たり前の情報しか出てこない。どうやら地域判定から起動画面が進まない問題は4/21から発生しているようで、アプリのストアの評価には書き込みがあった。どうやら、全員同じ状態になっているようだ。ということはいつかは改善されるということか、しばらく様子見としましょう。 さて、最近、昔おつきあいのあった同じ部署の人たちと連絡をとる機会が多い。連絡するのだが、つながらず、また電話番号が違っているとか、SMSで送信しても返事なし。電話して留守電にいれても返信こないなど、いろいろと問題あり。誰に聞いても連絡先はよく分からないというような状況だったりする。元課長さんなのですから、ちゃんと周りの人に連絡先ぐらい残しておいてほしいものです。そして、連絡したら即返信するぐらいの即応性がほしいところですね。●●会の出欠確認。そんなもの本人が出たいか出たくないかの2択でしょうに。誰々の様子を見ながら、締め切りのぎりぎりまでなんて考えている人は絶対にわすれてしまって迷惑かけるパターンですわ。とりまとめる立場もちゃんと考えてほしいもんですね。

taka7107 at 07:22|PermalinkComments(0)

2018年04月26日

安全性、生産性、働き方改革、うち手なしでは行き止まり

ゴールデンウィークが近づいてくると思い出す、尼崎の脱線事故のこと。あれから13年になるのだろうか。関西で起きた鉄道の大事故ということで、記憶にも新しく、事故現場を通る時はいまだに背筋がすっとするような思いをすることもある。社員の健康あってこその健康的な経営でもあるだろうし、トップダウンで押しつけて現場を苦しめること事態がもはや時代遅れとなりつつある。とはいえ、世の中働き方改革ということで、表向きは改革されているように見えるが、そのしわ寄せをすべて管理者に押しつけて、中間管理職の残業が増え続ける。残業代を支払わなくてよい管理者ならいくらでも使ってよいだろうという発想になるのでしょうかね?まぁ、現場のメンバーが定時であがるから仕方なく、責任感のみからやらざるを得ないという感じになるのかもしれない。いずれにせよ、今一度、この働き方改革にもメスをきちんといれて、できること、できないことを仕訳しないと無理があるだろう。安全をもとめるべきところは、きちんと負荷分散して健康経営、生産性を求めるところは協力会社を活用するなどしてコスト低減して健康経営。いずれにせよ、なんらかの対策を打たない限りは頭打ちになることは明白ですからねぇ。。。。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年04月25日

1時間かからない仕事を5日間ほったらかしであげくの果てにたらい回しかい。

朝から大雨だったが、車で駅まで送ってもらえたおかげで快適通勤と思っていたら、五反田の駅を降りて喫茶店に歩くまでの間に結構びしょびしょになってしまい、気分はげんなり。う〜ん、せっかくいい気分だったのになぁ。。。 さて、元組織長の感謝の集いなるものが開催される。5月にあるのだが、その出欠確認を急遽依頼された。メールで送付して確認するだけなのに、なぜか5日間もメールをほったらかしにしたあげく、忙しくてやってられないからお願いと急遽仕事を投げる始末。確かにこの時期は部下の面談等もあって、忙しいのはわかるが、もうちょっと計画的にやるとか、メールが読み切れないのであれば土日にリモートでアクセスしてうまく段取りをするとかすればいいのにね。昨日の夜も飲んでたみたいですし、ほんとに困ったもんですわ。まぁ、一時間もかからずにメール送信は完了したので、あとは返信を待ってとりまとめるだけか。本来であれば1週間あった締め切りが、1日になってしまったというタイムロスを挽回しなければいけないのでそこは催促するしかないのですが。。。いやいや、1時間で終わる仕事を5日間もほったらかしというか、自分で忘れていて後回しにして、説明がないから何もできなかったといいわけするところが常識はずれでもありますな。ほんと、困ったもんです。

taka7107 at 07:21|PermalinkComments(0)

2018年04月24日

新入社員がやってきた

昨日は新入社員の歓迎会。平成7年生まれということにびっくり。もはや、私が会社に入社した年に近い。来年はまさにその入社年次生まれの社員が入ってくるということか。すごいなぁ。。。月日の過ぎるのはあっという間なんですなぁ。入社当時、右も左もわからず、とにかくにこにこしなければと愛想笑いを振る舞い、話にとにかくうなづくというようなことをやっていた記憶くらいしかない。とにかくがちがちに緊張したし、入社してからはすぐバスに揺られて研修で2週間くらいの研修所生活となったのだが、とにかく教官とかがかなり怖いタイプだったり、とにかく会う人会う人と挨拶をしなければいけなかったりと緊張の毎日で土日はもうその開放感から寝てばかりいたような気もする。ただ、今となっては貴重な思い出でもあり、いまだにそのときのことを忘れないというのはよっぽど印象にのこっているということなんでしょう。学生気分がすべて抜けて、一気に社会人になった気がしたのもそのときだった。昔のような大人数の採用ではなく、個社ごとなので同期の数も少ないとは思うが、一生の友となる可能性のある時期。大切にしてほしいものです。

taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)

2018年04月20日

元PJチームのメンバーはやっぱり大変みたい

今シーズン初の3連勝ということで気分がいいですなぁ。名古屋ドームって前は虎テレで中継があったはずなのだが、今シーズンはないのか。中継対象外になっていた。残念。こんなことでは全試合中継のDaznにとられてしまうのではなかろうかと思ってしまう。まぁ、どうせ通勤電車の混雑状態では電波状態が悪く、仮にあったとしても大崎から横浜間はまず視聴不可能となるのでいっしょかという気はする。まぁ、とにかく今日も勝って4連勝。調子の悪い、ゴミ売りをけちょんけちょんにやっつけておかないとね。ただ、藤浪なのがちと心配。たのんまっせ。 さて、やっとこさ落ち着いてきた仕事面。この半年間の激務のせいで、不名誉なことに残業ランキング2位となってふがいない気持ちであった。4月になって、私以上にがんがん残業しなければいけないチームがあるのか私の月間ランキングが下がりつつある。とはいえ、その残業しているチームは私の目の前の3月までやっていたプロジェクトのチームだからすこし申し訳ない気分。600人くらいいる組織においてなぜにここに集中するのかと思ってしまうのだが、まぁ、それはおかまいなく、早く帰宅できるときはできるだけ早く帰るようにしている。休日出勤というか、休みの日にリモートで入って仕事するなんてことも減りそうだし、とりあえずは連休明けまでは少し静養させてもらいましょう。でもまた、しばらくするとつらくなるのかなぁ。。。

taka7107 at 07:35|PermalinkComments(0)

2018年04月17日

最後の面談始まる

面談のシーズンがやってきた。25人分の面談は結構な骨折り作業だ。いかんせん、話を聞くのはいいのだが、アドバイスしたことなどをきちんとフィードバックとして文字にして残しておかなければいけないという作業が一番疲れる。AIの時代なのだから適当に議事録を作ってくれるロボットがあるとどれだけ効率化されるだろうかと考えてしまう。 で、実際に面談をしているのだが、いろいろとこの半年間でやってもらった成果を発表してもらうのは聞いていて新鮮だ。今まではまぁ、余裕があったので、あぁ、あの人はこんなことやっていたよなというのはわかっていたのだが、この半年間、つらいプロジェクトにつっこまれたおかげでまったく部下の業務把握ができていなかった。それを説明してもらうと、あぁ、こんなことやってたんだぁということがよくわかり、上司がいなくても自律的に業務をやってくれる部下がいてありがたいなぁとも思ったりする。そんな、部下たちとの面談もこれで最後。4月からは直接の部下をもたなくなったので、こういった面談をする機会もないのでしょう。今までは、この面談の後の処理がつらかったので、あまりいい思い出もなかったが、6年間やってみて、それがなくなるとなるとやはり寂しくなるものですわ。う〜ん、この一週間、しっかりとやりましょう。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年04月10日

毎度打ち合わせを長くする課長

課長レベルでの打ち合わせを実施。ただ、毎回長くなり困りもの。事業計画を検討するのだが、そのキックオフの資料を一言一句修正しながら進めるから仕方ない。結局、計画性の問題で、何事も計画的にすすめないとこうなるわけですわ。今回は体制変更もあって、4月から旧に変わってしまった。とはいえ、1月から3月までの間で何回も資料づくりのチャンスはあったのだが、それを置き去りにして案件に注力してしまったがためのこの有様。来年からはなんとかしないといけませんな。でもこれから毎年こんな仕事になるのかと思うと少しうんざりですわ。なんとかならないものですかねぇ。。。案件にどっぷりもつらいですが、事業計画等ばっかりというのも。たまには違う畑の仕事をしてみるというのもいいかもしれませんが、この歳になるとそういった融通が効かなくなるもの。あとは後輩を育ててそちらに仕事を移管するというのが一番よいのですが、その後輩がしきるとこの有様なので、うまく計画的にできるように教え込まないといけないのですが、そういう計画性のない、駆け込みタイプばかりが昇格してくるから困るんですわね。きちんと計画立てるまじめなタイプの課長さんもいますが、その方はもはやかなりの年輩となり、育てるという形にもならずなんですわ。いかに会議を効率的に行うか、事前に課題を振って、もちより必要最小限のみ議論するというのが一番効率的だとは思うのですが、そういうドライブができない人につきあわされることほどつらいものはないですが、そういう人が今後はえらくなっていくので今からなれておくというのもありか。う〜ん、困った。

taka7107 at 07:18|PermalinkComments(0)

2018年04月06日

まるなげ上司に、ぎりぎり部下

風邪ひき三日目。いまだにタンが真緑なので、治る傾向がない。声もやはりかすれがすれ。。。明日あたり病院にでも行ってみようかな。でも熱はないので、くらくらはしないという感じ。う〜ん、なんだかねぇ。。。 さて、4月になって新しい仕事と古い仕事が両立。せっかく残業地獄から解放されたかと思いきや、またまた両方同時に振ってきて休めない。古い仕事はどちらかというとExcelを使って計算を実施していくという、まぁ、どちらかと言えば得意分野だ。一方の新しい仕事はPowerPointを使ってプレゼン資料を作らなければいけないというかなり苦手な仕事。かつて事業計画を担当させてもらったときは、このPowerPointを駆使してなんとかやりきったのだが、それがまた振って帰ってきたということになる。若い頃はお客さんへの提案書とかでいろいろとがんばって作った記憶はあるのだが、最近はやはり数値計算がメインだったり、PowerPointも会議資料が中心なので定型の雛形に文字を入れていく程度。何か凝って見栄えよくなんて考えなかったし、そのあたりのセンスももともとないので、いきなりやれと言われるとかなりのストレス。新しく担当に配属なった上長はおそらく何もやらないタイプなのですべておまかせの雰囲気。せめて口うるさくなければ好きにやらせてもらうのだが、今日はその最初の意識あわせということで打ち合わせをするのだが、さてさてどうなりますことやら。。。。今回事業計画を作ってくれた課長さんが、結構ぎりぎりまで仕事をしないタイプのようで、自分の担当分は少し余裕があるのでと先延ばし。これまた困ったもんだ。自分でやるしかないか。

taka7107 at 07:20|PermalinkComments(0)

2018年04月04日

プレゼンスキル

久しぶりに風邪を引いた。今まで激務だったのに、それから解放されたとたんに気がゆるんだのだろうか。熱はないのだが、声が出ない状態。鼻水が真緑という、感じ。鼻水が真緑になるときは必ず風邪という自分のパターンなのでまず間違いないのだろうが、声がでないというのも珍しい症状。う〜ん、こまった。今日中になんとか治せるかなぁ。。。 さて、新年度ということで事業部のキックオフが開催された。事業部長の講話に加えて、社長の講話と結構長い話の連続で結構眠くなってしまう。前任の社長は話がおもしろく、長く聞いていても飽きないというか、楽しめたのは確かだ。今の社長は話はさほどおもしろいという訳ではないが、現実味があるというか、リアルな話が多いので理解しやすいという点がいいところ。まぁ、こういった人たちはやはりプレゼンがうまいというのが特徴で、聞いていて飽きなかったり、笑いをとったりというのが必須なのでしょう。プレゼン資料もうまく作る技術が求められますね。自分の弱いところなので今後、ここを強化していかないといけないかもしれません。難しいけど、これができる人、できない人とで印象が大きく違ってしまうので大切なことなんでしょうね。がんばって収得しましょう。

taka7107 at 07:18|PermalinkComments(0)

2018年04月03日

さぁ、新体制スタート

新しい体制になってしょっぱなからトラブル対応。現場にいるメンバー二人がさぞ大変な想いをしているのであろうと考えるとなかなかつらいものがある。なんとかして支援してあげねばと思っていたら、さっそく立ち上がったのは新しい組織長。この前のめりの関与具合はとても男前。前までは、敵対する組織だったので徹底的にいじめられる側ではあったのだが、みかたにつけるとなんと心強いのでしょうということが実感できます。自分でなにもかもやってしまうタイプでもあるし、やれないとギブアップした人の仕事は巻き取って全部自分でやってしまう。超スーパーマンであり、とはいえ、そんなやり方をしたら絶対にまわらなくなるから、あり得ないと否定してしまうタイプだが、この人なら実際にできるのだろうし、やってきたのでしょう。いやぁ、そのパワーには圧倒されますね。まぁ、その分みなさんに支持されるのでしょう。とにかく上司なのでついていくしかないです。上が代われば組織も変わるということで、どう変わるのか、どう変えるのかが肝となりそう。今日はそのための打ち合わせであります。とにかくがんばるしかないですわな。う〜ん、3月までの激務からひといきつく間もなくまたまた大変な日々が続くのかなぁ。。。どうするべか。

taka7107 at 07:14|PermalinkComments(0)

2018年03月30日

感謝、感謝の5年9ヶ月。ほんとうにありがとうございました。

担当の送別会は盛大に行われて、無事、組織長をお見送りすることができました。二夜連続の送別会で、組織長には申し訳ない限りではありますが、やっぱり非常にお世話になった方なのでなんとか盛大にできたことは非常にありがたかったですね。本当に感謝です。組織長とは5年と9ヶ月前に今の組織の前進の組織長として就任してきていただいてからのおつきあいでした。仕事ではいろいろと上層部への根回しや、段取り的なところを教えていただき、特にこの半年間では一緒にひとつの案件を担当させていただき、苦労を分かち合ったという感じです。本当に親身になって対応していただけてありがたい限りでした。もちろん、お仕事だけでなく、野球観戦なども公私ともども遊んでいただけたというのもありがたいことですね。ごひいきのチームは違えど、一緒に同じことで盛り上がれるというのもありがたいことです。それ故に、なにか難しい問題をお願いされても、なんとかやりますと言ってしまうのかもしれませんが。人身掌握術としてはすばらしいスキルだと思っています。見習わなければいけないかもしれません。私も多くの部下をもってお仕事してきましたが、そこまで愛されキャラではなかったような気もしますし、本当にありがとうございました。今後は是非、プライベートの面で交流を継続させていただければと思います。よろしくお願いします。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2018年03月29日

13名の送別者と5名の慰労者、主賓18名の一大送別会

4月からの異動人事が過去に例がないほど激しい状態。本日その送別会となるのだが、13名の送別対象者と5名の慰労対象者ということで主賓だけでも18名。本当に一大イベントとなってしまった。この送別会、実は2夜連続に分かれており、昨日その第1部が行われたのだが、2夜連続なると主賓の方でもつらいので今日はお休みと言われてしまうことがある。いままで準備してきた側としては、それだけは勘弁して、何回調整したと思ってるんですかと言いたくなるのだが、そもそも送別会というなかなかタブーなお話を直接お話できていなかったというのがそもそもの失敗。ポテンヒットの極みというものでした。今回のプロジェクトはかなり外様的な要素があったり、案件の掛け持ちで集中することができない時期等もあったりと、それでも送別会とか、事務処理関係とか何かと重要な雑用を回されるということもあって、困ったもんでした。今日の調整していた主賓は結局、頭1時間だけはなんとか出ていただけることになって一安心。その備忘のために昨晩、案内を遅れど、誰からも返信がないので本当にみなさん意識しているのだろうかと不安になることもあり。。。。いやぁ、こういった懇親会はきちんと持ち回りや、それを引き受けてくれる部下にお願いするのが一番ですね。もはや、調整ができる余裕がないです。今日の送別会、なんとか無事に乗り切りたいところです。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2018年03月23日

自己嫌悪

自己嫌悪に陥る時がある。期待はされていないのだが、やっぱりうまくいかなかったというのが原因だったりする。練習するしかないのだろうか。でも今までその繰り返しであることは否めない事実であり、いつまで経っても成長しないなぁということであるとすると、やっぱりまた自己嫌悪に陥るという負のスパイラルだ。とはいえ、誰でもそんなことはあるのだろうと思えればそれはそれでよいのかもしれない。それ以上によいところが評価されたのだろうと前向きに考えればいいのでしょう。まじめで毎日同じルーチンをこなせる、人一倍長い時間労働している。どれもほめられたことではないが、正直、自分のいいところと言われるとそれくらいしか思いつかない。あとは少し数字には根拠があるということか。これは大きいのかもしれない。数値的なことをいっさいできないような人は管理者には向かないのだろうが、原価管理だったり、収支管理だったりと会社の肝となる部分を押さえる人はやっぱり強みではある。そういう意味ではささいな分野だが長所はあるのだなぁとも思える。ちなみに自己嫌悪に陥ると夜眠れなくなる。でも翌日は疲れて倍眠れる。ということを繰り返していく日々がしばらくは続くのかもしれないなぁ。。。とにかくがんばろう。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2018年03月19日

6年間の感謝をこめて卒業旅行へ

月曜朝一からお客様先のため前入りで大阪へ。久しぶりに大阪の実家にも立ち寄ることができてよかった。夜は上司との飲み会。いろいろと人事の情報を聞くことができてためになる飲み会でした。今回、上司が代わってしまうのでそのご挨拶なのだが、いまから6年前、うちの部署に来てもらった今の上司。やさしくて温厚な方で、とても尊敬できる方。とはいえ、昨今の組織長の争いでは、まぁ、いろいろとご苦労されて、私もかなりグチを言いました。とはいえ、いままで出会った上司の中でナンバーワンであることには変わりないです。本当にありがとうございましたと感謝を伝えたいところです。直接ご一緒させていただいた仕事は、最後の案件くらいかなぁとのイメージですが、出張へは長野、金沢、姫路、北九州とありとあらゆるところに行っていただき、もちろん大阪もですが、すべての拠点を制覇された感がありますね。福岡が抜けてるか。とはいえ、野球の趣味でも気があったので、マリンスタジアム、東京ドーム、そして甲子園と観戦をご一緒させていただいたこともあり、公私ともご一緒させていただいたというのもありがたいことですね。いままで6年間、本当にありがとうございました。新しい職場でのご活躍をお祈り申し上げます。あっ、LINEのアドレス聞くの忘れた。聞いとかないのとね。

taka7107 at 07:01|PermalinkComments(0)

2018年03月15日

春は近くて遠い

一気に春めく感じとなって、昼間は上着いらずとなるらしい、20℃を越える最高気温なので5月、6月の陽気といったところだろう。桜の開花も一気に進むかと思われる。五反田近辺だと目黒川の川辺に桜の木が植えられており、満開になるととてもきれいな風景が見られることだろう。若い頃、五反田勤務があったのだが、花見をするこころの余裕もなかったし、興味もあまりなかったのだが、最近はこういったものにも興味がでるということは歳をとった証拠なのだろうか。老後には毎年桜をみることを楽しみに冬を乗り越えるというような気分になったりするのかと考えるとそれはそれで寂しい気もするが。。。 さて、最近のプロジェクトの状況。結局私はなんのためにこのプロジェクトに呼ばれたのだろうかと疑問に思うことがある。そもそもは私が率いていたチームのメンバーが少しでも手伝ってくれるだというもくろみでいたのかもしれないが、私はそこは死守したので、メンバーの引き込みはいっさいなかった。で、結局やったことは、組織長とPMの補佐というか雑用係的なものばかり。今のプロジェクトにいる管理者が、そういったことから逃避するタイプなのでなんとかしたかったのでしょうかね。まんまとどっぷりはまらされて抜けられない状態になってしまいました。4月からどうなるのか。当初の予定では3月いっぱいというお約束でありましたが、その約束した人がいなくなってしまうので約束なんて反故にされる可能性は十分にあり得る。で、問題の管理者が反省してくれればいいのですが、まったく反省する体もなく、どうなることやらという感じですわ。季節の春はもう間近ではありますが、心の春はまだまだ遠いかなぁ。。。

taka7107 at 07:20|PermalinkComments(0)

2018年03月13日

時間管理をするにはとにかくルーチン化

なかなか思うようにはうまくいかないもの。お金を算出するにしても、いつまでたっても引き延ばし、出してくれない部署もあって、そこにやきもきされる始末。一度お金を算出するとその数字が走り出してしまうので重要なのだが、それがないとなにも話がすすまないという卵が先か鶏が先が問題に陥ってしまう。まぁ、とにかく仮でもいいから数字は作るしかないのですな。 さて、スケジュール管理の話。何事も計画的には大切なこと。時間にも余裕をもって取り組むということが大事。分かっていてもなかなかできないのが人の性ではあるが、そのときに考えなければいけないのが、自分ができないことによって誰かに迷惑をかけていないかということ。朝の時間に電車が遅れて、遅れますという連絡を毎日のように送ってくる部下もいる。それだったら余裕をもって少し早めに出社すればいいのにとも思うのだが。。。それができるのであれば最初からやってるかとも思うのだが。ただ、一般社員ならまだしも、管理者でもぎりぎり出社の人が居たりもする。これは困りものですな。個人商店ならまったく問題ないのだが、部下を10人〜30人もかかえるような管理者が、それをやってしまっては示しがつかず、組織がグダグダになることは否めない。時間管理の重要性をきちんと認識すべきなんだろうなぁ。 では、どうすればきちんとした時間管理ができるのか。ひとえに、毎日同じ時間に行動し、ルーチン化することでしょう。毎朝、同じ時間に一発で起きる、二度寝はしない。毎日同じ電車、同じ位置に乗車、これを繰り返しやれば変動する要素もない。ただ、これだけを繰り返せばいいはずだと思うんですけどね。どんなもんでしょ。

taka7107 at 07:22|PermalinkComments(0)

2018年03月11日

旅行会(二日目)

旅行会の二日目は雨が降りそうな天気ではあったもののなんとか持ちこたえた。朝ご飯をおいしくいただき、海辺と周辺をぶらりとウォーキング。景色がいまいちなので、それほど楽しいものでもなかったが、阿字ヶ浦駅で気動車2両を発見。撮影するときだけ少しテンションがあがった。その後、マリンワールドまでバスで送迎、なかなか気の利いた旅館であります。この水族館のいるかショーがなかなかダイナミックで迫力がある。なんともいるかのサイズがハンパなく大きく、しかも4〜5頭くらいいるので江ノ島水族館のものを見ているとその迫力の違いにびっくりさせられる。水しぶきの量もハンパなく大きく、前の方にいればさぞかし子供気分で楽しめただろうとも思ったが、さすがにこの時期に風邪を引くわけにもいかず。。今回は後ろの席から見学。それでも興奮を隠せないくらいでした。ナイス幹事さんですね。その後、おさかな市場という漁港近くの市場に出かけてお昼の海鮮丼をいただき、大洗を堪能。その後、那珂湊駅まで歩き、そこからひたちなか海浜鉄道に揺られて勝田まで戻り、そこからのんびり快速列車で辻堂まで。片道4時間の旅はつかれもあってかきつかったですが、普段の仕事のストレスを少しでも発散できたのでとてもいい旅行会でした。また来年も行きたいところですが、どうなっていることでしょうね。

taka7107 at 19:19|PermalinkComments(0)

2018年03月10日

旅行会の初日は雨の偕楽園

金曜日は雨の中のお出かけになってしまった。品川で集合して、ときわに乗って目指すは水戸の偕楽園。OBの方々を中心に年一回の集まり、旅行会。電車の中で宴会がはじまり、結構周りにご迷惑をかけてしまう羽目に。だめですね、酔っぱらうと正気がなくなってついつい声が大きくなってしまうひととか。まぁ、社会人ではあるまじき行為ではありますが、そこだけは気をつけるようにしないと。で、雨がどしゃぶりの中ではありますが、せっかく水戸まできたので偕楽園の梅を見るべしと足を延ばすことに。まぁ、そこそこは咲いていましたがやはり雨ではいまいち盛り上がらず、ちょっと残念でした。で、時間も結構遅くなったのですぐに切り上げてお宿に向かうことに。阿字ヶ浦にある、丸徳旅館なるところに宿泊。あんこう鍋や海鮮をいっぱい堪能できる宴会でおいしくてよかったです。しかも飲み放題つきということでなかなかのお宿でした。ただ、お風呂が2カ所あるのですが、どちらもそれほど広くなく、家族風呂を大きくしたような感じなので、大風呂に入った感がないわけです。遅くまで団らんしたいところでしたが、さすがの連日の残業つづきでへとへとに疲れていたので23時すぎには寝させてもらうことにしました。ちなみに、今年は若手の参加率が悪く、いけてませんね。去年は私のグループから数人出てもらったのですが、今年はほとんどおらず、なんとも寂しい限りです。でもこれから盛り上げていかなければいけないのは我々なのでとにかく続けたいところ。年1回くらいこんな旅行会をやってもいいのに、今の時代の若者たちは仕事は仕事、プライベートはプライベートと分けすぎです。なによりそれらの上司になる課長陣やその下の中間層が乗り気じゃないというのが一番いけてない。なんてこったという感じですわ。

taka7107 at 19:51|PermalinkComments(0)

2018年03月07日

人に無理強いをできない

またまた寒波がやってきた。夏のような暑さから真冬に逆戻りというのはなんともつらいですな。とにもかくにも、早く高めの気温で安定してほしいものです。梅の花もあちこちで満開を迎えていい頃合いになってきました。今週末の旅行では水戸方面なので偕楽園はかなりの混雑なんでしょうかね。一度も梅の時期には行ったことないのでこれを機会に楽しんでみましょうか。とにかく無事に旅行に参加できることを願うばかり。 さて、マネジメントの話。人になにかをやってもらうということが苦手な私はマネジメントという点ではまったく不向きなのだろうと思ってしまう。それがなぜかいつの間にか管理者になっていて、人に仕事をさせなければいけない立場になっている。もちろん、遊んでいる人が居ればその人に仕事を振るくらいはできるが、手一杯の人にさらに仕事をかぶせるというのはさすがにつらい。もちろん、それがマネジメントとして求められていることは確かなのだが、それをするくらいなら自分でやってしまうという手法を選らんでしまうのだ。マネジメントの王道は人をひっこぬいてきてでもやらせるとなるのだろうが、ひっこぬく先もないというのも困りもの。昔の私のチームから抜いてくればいいが、そうすればそちらのプロジェクトも共倒れとなってしまう。難しいもんですわなぁ。。。パズルのようにうまく組み合わさればいいのでしょうけど。結局は俗人的にお願いするしかないんですわな。う〜ん、難しい。なるようにしかならないというのが答えですわな。しかし、今回はプロジェクト事態はそれほど難しくない、何度も書くが、難しいのはステークホルダーマネジメントとスコープマネジメント。その2つにつきる。ステークホルダーマネジメントについてはさんざん書いてきたので、次回はスコープについて書いてみることにしょう。

taka7107 at 07:21|PermalinkComments(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい