お仕事

2019年02月15日

問題は自身にあるということが分からないこまったちゃん

アンガーコントロールができない人がいる。自分の不利益なことが降りかかるとなるととにかく攻撃的になって、はじきかえすという性格の人だ。聞いてないとか、周知がされてないとか、自分は一向に悪くなく、相手が悪いと決めつける傾向にある。ただ、内容をよくよく考えたら実は自分たちの問題だったりする。今回もとあるサービスが有料化されるという話をとある噂で聞きつけ、いままで無料で使っていたのに、有料になったら困るという相談だった。そんなの聞いてない、周知されていないと怒り出す始末。いやいや、いままで無料で使えていたことをラッキーと思って、有料になったらなぜ困るのかをきちんと考えた方がいいのでは?と思っています。たぶん、そのサービスを提供するのに膨大な費用がかかっているのだろう。もしくは利用する人が減っているので存続が危ういのだろう。であれば、そのサービスの品質向上、継続のためにきちんとした対価を支払うというのは至極当たり前のこと。なぜ、それが支払えないかというと、プロジェクトがケチでお金をだしてくれないからだという。とすると問題なのは有償化されるサービスではなく、ケチでお金を出してくれないプロジェクトの方である。そして、それをきちんと請求できていない文句を言っているあなただと言いたい。文句の言いやすいところにしか文句を言って、本質のところに迎合しているあなたがいけないんですよ。まぁ、周知がされたか、今後どうなるかは問い合わせしますが、結局、未来永劫無償であることはありえないので、来年1年くらいはなんとか別のお財布でカバーされるにせよ、本当は文句言う先はプロジェクトなんですから、そのこときちんと分かって、そんなケチくさいプロジェクトの支援はお断りする勇気をもちましょうね。

taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)

2019年02月09日

旅行会決起集会

金曜日は急きょ3月に控えた旅行会の幹事による決起集会。私は2年前に幹事を実施したので、基本もうやる必要はないのだが、今年の幹事2人があまりにも不甲斐なく。まったく仕事をしないので、困り果てた裏幹事の方がとりもってバックアップしてくれたという次第。幹事がふたりいるのだが、二人とも業務多忙で手が付けられない模様。それなら若手の2人が暇しているのだからふってやらせればいいのにと思いつつもやらないとはいかなることでしょうかねとの説教から入る。そんな頻繁にあるものでもなく、年1回の企画事、若手が参加しないと継続も厳しくなる。そういう意味で若手に引きついでいかなければいけないのが、そういう育成をしないから育たないのでありますわ。でもまぁ、徐々に進みつつあって、宿の予約は25人で完了。ただ、今の出席者は15名程度。あと10名はOBからの参画が確定すればほぼ達成というところだが、OBの皆さんへの連絡が2カ月ほど遅いことからすでに予定が入っている人もいるだろう。こういうことはほんと早めに動かないといけないですな。しかも今回の日程がいつもより1週遅くなって、ちょうど3月のダイヤ改正の日にかぶってしまった。当日は西武特急ラビューのデビューの日。とにかく予約がとれるかどうかは来週次第なのだが、旅行会の二日目は早々と切り上げて、こちらに参加しないといけないので、楽しみも少し減ってしまう。日程だけでも早く相談しておいてくれればよかったのになぁ。。。

taka7107 at 17:00|PermalinkComments(0)

2019年02月06日

業務改善発表会に参加

朝からくしゃみを連発。花粉症の症状が出ているようだ。とはいえ、昔と比較するとかなり楽な状態。今年もなんとか気合いで乗り切れそうな感じだ。ヨーグルトを食べた効果なのかなぁ? さて、業務改善の話。社内の業務改善事例を報告し、皆でそのノウハウを共有しようという営みが昨日行われた。営業・開発・スタッフと3つのカテゴリーに分かれて、それぞれの場面での業務改善。昨今はやりのRPAが中心で、いっぱいロボット作りましたというのが大枠のストーリーとして多い。私はスタッフ系の発表を中心に聞いていたが、50歳から始めたDX(デジタルトランスフォーメーション)ということで、何事もやってみることが大切という意識改革が中心ではあるが、そういう発表も多かった。普段の業務に活かせそうなもの、固有の業務に特化したものなどさまざまだが、まぁ、たいていのものはツールを作ってそれでよしなんてことはなく、その効果を数値化し、やっぱりツールは作っただけではなく、運用もしっかりと意識面での反省も入れて発表するというのが一般的なストーリーということがよく分かった。我々の部署でも3年後の大量退職者対応にあたって、なんとかロボをいっぱい作る必要がある。人間のあいまいな判断のところはAIを借りつつ、柔軟にも対応できるようにすることも必要。まずはやってみようという精神が大切なのかもしれない。我がチームではまずMicrosoftのTeamsというツールを使ってみることにしよう。でも本音をいえば、我が社のビジネスチャットツールの方がスマホでBYODできるのでありがたいのですけどねぇ。。管理者しかBYODしないという文化・風土をまず変えないといけませんな。

taka7107 at 07:39|PermalinkComments(0)

2019年02月05日

上司と部下のコミュニケーション不足

花粉症とインフルエンザがダブルパンチでやってくるらしい。インフルエンザでやられた鼻の粘膜に花粉がくっついて重症化するというのがその理由のようだ。粘膜には湿気が必要なのでマスクをするといいとのことなのだが、どうもマスクは逆にその湿気が気持ち悪くてなかなか積極的につけられないのが実状だ。 さて、仕事に対する責任感の話。会社において、刑事事件とかにならない限り、たいていのことは部下のやったことは上司が責任をとるのは当たり前の話。ただ、いくら教育してもうまくいかないという事例もあるようだ。とはいえ、組織の構造上としては上司がそれでもなんとかする必要があるもの。ただふつうはそのなんとかすることを必死にやりましたとアピールするのはどうだろうと思ってもしまう。当たり前のことを当たり前のようにさらりとやってのけるのが美徳のような気もするのだが、いかにも苦労してやりましたと言われるとなぁ。。。となってしまう。たまたまあたった部下が悪いということもあるが、本当はもっといろいろと接する方法もあるだろうに、それをやらないで。。。結局はコミュニケーション不足ということに片づけられるのだろうが、それすら、私はコミュニケーションをとろうとしたと主張されるとね。いずれにせよ、再発防止とかは考えなければいけないのでしょうが、いったいどう再発防止とすることやら。

taka7107 at 07:21|PermalinkComments(0)

2019年02月01日

旅行会の幹事は若手にやらしたほうがいいぞ

いやぁ、寒い。昨日の夜は雪も降る始末。それでいて週末は15℃以上まで気温があがるというのだから、この寒暖差はいかにという感じだ。体調をくずさないようにしっかり食べて、しっかり寝るというのを徹底するしかないですわな。 さて、今日から2月。そろそろ担当の旅行会の企画をしなければいけないのだが、幹事さんが業務手一杯で手つかずのよう。2年前に私も幹事をしたので大変さは知っているし、もちろん、やる前から、もし自分がトラブル対応で手が動かせなくなってしまったときのことを考えて、代理をたてておいたというのが成功の要因だった。そもそも2人で幹事をしているのだが、私の時は1名が別会社に異動になってしまい、実質一人で全部やらなくてはいけなくなる。とするととうてい、トラブル対応とのかけもちなんてできるわけがない。案の定というか不幸にしてやはり2月にトラブルが発生。2月の残業時間が108時間と、社会人生活の最長記録を更新してしまうという不名誉な記録もつくってしまったが、なんとか翌3月の旅行会は乗り切ることができた。今回、幹事が同じ状況になっているのだが、全部自分でやろうとするタイプ。これはやばいと思っていたのだが、周りでみていたベテランさんがサポートしてくれたようだ。でも本当はそこを若手にシフトしてやらせないとだめだろう。ベテランはいつか引退していなくなる。今はいいのだが、やはり若手を育てないと。今の若手は旅行会なんてうざったくって行きたくないと思っている人がほとんどなのだろう。それでは組織活性化という点で非常に危惧されるところ。同じ釜の飯を食うなんて文化とまではいかないまでも、大きなプロジェクトを進めて行くに当たっては一体感というのがなくてはならない。個人プレイに走りがちな若者をきちんとドライブしてあげないと将来苦労することになるだろう。

taka7107 at 07:43|PermalinkComments(0)

2019年01月29日

プロジェクト訪問

久々に幕張ビルにお出かけ。食堂が片側閉鎖され、売店もミニストップに変更されてずいぶんと雰囲気は変わったが、逆に売店はミニストップで商品が充実しているようにも思われた。いずれはこのビルを明け渡して返す予定なので、ここに出張にこれるのもあと何回あるだろうかと考えると少し寂しい感じだ。入社して、数ヶ月の現場研修を終えた私が一番最初に配属担った場所がこのビル。ビルの大きさときれいさに度肝をぬかされて、会う人、会う人に自慢していたものだ。それがいつのまにか当たり前のようになって、今では少し古めかしさすら感じるぐらいの箱物となってしまった。それでもドラマではよくロケ地として利用されるビルであり、自慢できるものであったことはたしかである。そんなビルの片隅にひとつのプロジェクトが佳境を迎えている。120名超のメンバーがせまい居室に押し込まれて、とあるシステムの開発に専念しているというもの。構築があと1ヶ月ほどで終了したあとは、いよいよ試験の工程に入る。ここでバグがいっぱい見つかるようだと、手戻りが発生して作り直しなんてこともあり、工期が延びて、納品が遅れるなんてこともある。たいていのプロジェクトは納期が厳守であり、おそらくこのプロジェクトも同じ。となるとみなさんの形相はするどいものとなって、なにがなんでもやりきるぞという表情に変わるものだ。それでも旅行に行ってきたのでおみやげをと各テーブルに配っている若者もいたりとすこし和やかな雰囲気もあり、ぎすぎすしているわけではない。去年、私が担当していたプロジェクトもそうだった。休める人は休めるし、休めない人は休めない。同じプロジェクトでも違うんですわな。まあ、そんなことを横目にみながら、我が部署からの派遣メンバーから報告を受けるも、まぁ、申告なことはなく、順調に。このままなんとか乗り切ってもらいたいものだ。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2019年01月24日

散布図のあり方

眠い。なんだか寝不足。人事の相談で上司に入ったら、自分自身の人事の判断を求められた。いままで12年間同じ部署でやってきたので他の部署がどうなのかなんてよくわからないので、答えようもないのだが、まぁ、何か回答する必要はあるのでとりあえずという感じだ。はたしてどうなることやらである。 さて、統計の話。とある品質の妥当性を評価する上でなんらかの指標が必要になる。一般的にはQC7つ道具というのがあってその中に散布図というツールがある。2つの数値を座標軸にして長方形で指標値の枠を作り、その中にプロットした座標点が収まっていれば妥当というものだ。うちの部署の品質をソフトウェア開発をベースにしてしまったのが原因なのだろうか?その数値の前後プラスマイナス30%を妥当値とするという考え方にしているようだ。これだと数値が絶対的に大きい数値だと30%の数値が大きくなり、妥当であることの幅が広がり、いまいちな考え、そもそも30%という数値もどこから来ているかわからないとのこと。う〜ん、自ら作る数値はきちんと考え方を整理しないといけませんな。たしか情報処理のPMの勉強をした際には平均値と標準偏差を算出して、3倍の標準偏差(シグマ)の間に収まると95%のものが居ることになると学んだような。統計を勉強する必要があるんでしょうね。

taka7107 at 07:30|PermalinkComments(0)

2019年01月23日

やる気のない上司と働き方改革

昨日の夢はよかった。10年以上あっていない昔の友人との再会。なぜか夢に突然現れるということがあるんですな。そしてなぜか一緒に旅行に出かけるというシチュエーション。まぁ、高校時代の友人と最近旅行したこともあって、それとオーバーラップしたのか、はたまた昼に食べたランチ仲間が会社の鉄仲間で、次の旅行会の話をしていたからその記憶が合成されたのかは不明だが。。。とにかく、楽しい夢でした。 さて、仕事の話。ここ半年、今の上司と一緒に仕事をしているが、とにかくメールを読んでいるのか読んでいないのか、はたまた理解しているのかが不明。いちいち、あれ読みました?これ読みましたと確認するのも失礼。たまに確認するとあぁ、読んでますよと。それなら自分の意見とか何か返信してほしいのだが、それもない。何か上からの情報提供があるのかというとそれもなし。資料は作らない、部下に指示もしないで、ほんと困った上司というか、無害なのはいいですが、正直なにを考えているかわからないところが奇妙ですね。とはいえ、飲み会になるとはりきって仕切るは、話は止まらないわ。。。確かにそんな噂は前々からありましたが。。。困ったもんですね。やりたいように任せてもらっていると前向きにとらえてがんばります。逆に部下はというと、前のチームが20名以上の大所帯であったことと比較すると、直属のメンバーが3名、後は、部下ではないけど、課長が7名といった感じ。メンバーは自発的にがんばってくれる人たち。ただ、昔からずっと同じ業務で何一つ変わらず、総括的な業務なので正直、あまりやりがいはないはず。とはいえ、彼らの専門スキルであり、家庭で子育てや介護などの問題を抱えている人も居て、在宅勤務あり、また普段もかならず定時あがりというスタンス。ワークライフバランスだとか働き方改革と言われるご時世ならふつうのことですね。いい時代です。まぁ、こんな時代に管理者をやるというのはある意味負け組なのでしょうか。なんだか、去年やりきったプロジェクトがあまりにも大変だったので、そのギャップで気分的に燃え尽きているのかな。なにかやりがいの種を見いださないと。

taka7107 at 07:23|PermalinkComments(0)

2019年01月11日

BYODで自ら自身に投資しないとね。

キン肉マンのスタンプラリーがJR東日本で開始。去年、ガンダムだったのでがんばって全60以上の駅を制覇。乗っているだけなのだがホームを歩き回ったりするので意外と歩数がかせげてウォーキングにもいいということでやってみた。今回、キン肉マンなのでべつにグッズがほしいわけでもないが、おもしろそうなのでやってみるというのもいいかもしれない。でも今の子供の世代にどれくらいキン肉マンが浸透しているのか不明ですなぁ。。。いやぁ、我々の世代は懐かしすぎて。悪魔将軍にネプチューンマン、キン肉マンフェニックスとか懐かしいわぁ。。。 さて、会社で管理者向けのセミナーに出席。去年、一般社員向けに実施されたDXとはなんぞやとか、IoTとはなんぞやといったようなITのトレンドについて講師の先生が教えてくれるというものなのですが、ある意味啓蒙活動的な意味合いもあるセミナー。講師独自なりのバズワードの解釈があって、それをうまく説き伏せ、力説し、とにかく新しいことに挑戦するために今の行動パターンを改めていこうという前向きにさせるというのがセミナーの主旨であることはあきらか。実際にどれくらいの人がそれで前向きになるのかは不明で、いつもはたいていあきあきするのが定番。AM向けと言うこともあり、営業活動を主としないわれわれにとってはあまり関係ないしと心に響かないことも原因であったが、昨日の管理者向けのセミナーは少しちがった。話をするバズワード、DXとかの解釈の下りは一般向けとまったく変わらないのだが、管理者への変革のための7箇条というのがあって、それがやはり心に響いたというか、いつも私が考えていることと同じなので共感でした。7箇条にはとにかく新しい技術を取り入れてやってみなさいという主旨のものが多い。Office365を使おうとか、Slackを使おうとか、一般のIT企業では使うのが当たり前なのだが、我がグループ企業はセキュリティの問題があって外部のサービスを利用することに相当な抵抗感がある。やっとOffice365は利用できるようにはなったが、活用するという点ではまだまだ遠く及ばない。slackに変わる自社製のビジネスチャットソフトはあり、全員にアカウントは配布されているが、BYODで自身のスマホにインストールして使う人はごく少数。管理者は重宝するが、一般社員はあまりというところ。。。若い社員は抵抗感ないのだろうが、我々の中堅世代はそもそもスマホじゃなくてガラケーなんでという本当にITの会社の社員なのか?という人やBYODだとデータ通信料自腹なんでしょう?なんてせこいことを言う人もいることは確か。自分に投資して新たに技術を収集しておかないと時代に乗り遅れるという危機感がないところが恐ろしいですわな。とはいえ、そういう恐怖心をあおったところで人は動かないよというのがこういったセミナーのワードに入っている。みんなが、使うようになればそういう人たちもいずれ疎外感を感じて自らBYODをするようになるのだろうか?いずれにせよ、新しい技術はどんどん取り入れていくスタンスは忘れてはいけないと改め共感するセミナーでした。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2019年01月09日

050plus以来のソフトフォンをインストール

今朝は風がすごく強くその分、体感温度がすごく低い。新年の安全祈願で五反田から目黒不動尊まで徒歩参拝。いつもの昼の散歩コースの2倍ほどの距離なのでそこそこの散歩になる感じだ。その後、管理者だけなので飲み会になだれ込むという形に。いやぁ、飲み過ぎでつらい。そして今日もまた、元お客さんで今はうちがお客さんになろうともしている方々との飲み会。連チャンはきついなぁ。。。 さて、会社の施策でとあるユーザ検証にトライアル参画中。アプリをスマホにインストールしてBYODでソフトフォンを体験するというもの。かつて050plusというサービスを利用していたが、それと似たようなサービスということになる。内線番号でインターネット経由で通話するというものなのだが、とりあえず管理者全員にインストールすることが義務づけられました。まぁ、おもしろいのでやってみるのもいいかと。さっそくインストールしてなんとか通話できるようにはなりましたが、いかんせん通話相手の数が少なくて限られてしまうのでたいした検証にならない。インストール直後にいちぶ、片通話になるという不具合はあったが、それは相手方の初期設定が未完了だったからとのことだ。まぁ、しばらく使ってみていろいろと洗い出す形でしょうかね。

taka7107 at 07:28|PermalinkComments(0)

2019年01月07日

今年の予測(仕事編)

早いもので年明け1週間で、今日は七草がゆの日。例年、正月の出勤があったりと大変な時代もあったが、今年はゆっくりとできる。10連休となった。休みすぎて会社にでるのがつらいですわ。お正月は実家でのんびり、毎日7時に起きて、夜10時くらいには寝るというとても健康的な生活。ご飯は食べるが、寒いのであまり外出することもなく、少ない日は数千歩という日が何日も続いた。となると当然体重は増える一方。八尾の温泉で測定したときは57.3kgだったのに、たった二日で58.7kgという増加。これはやばいですな。しばらくは減量のため食事を控えめにしないといけませんわ。 さて、新年恒例の今年はこうなるであろう予測。まずは仕事面ですね。DX(デジタルトランスフォーメーション)という、ITを活用して業務改革をするだとか、PRAですべて自動化するだとか、とにかく、こういったバズワードが流行って、先行してしまうIT業界。我々は人月型のビジネスということで、人が居る分しか稼げないので、限界があり、その限界を打破するためにも人月型ではなく、サービス提供型に変革しましょうという流れはここ数年変わらず、そのためにDXは必要なのだというとってつけたような理論武装をせざるを得ないという昨今である。とはいえ、昔と同じことを続けているだけでは、企業は成長しないため、あたりまえのこと。毎年、今年は変革の年であるという念頭挨拶がいろいろありますが、今年だけでなく、企業たるもの常に変革を求められる訳ですわなぁ。。。てなことを考えつつ、自分はなにをするのかということを考えなければいけないのだが、やはり正月ボケの今の状態では上の空。変わらないことにもパワーが必要ではありますが、なにをどう変えるのかを具体的に考えていく一週間にしましょう。

taka7107 at 07:38|PermalinkComments(0)

2018年12月13日

今年の振り返り(仕事以外の仕事編)

久々の会社の飲み会で少し飲み過ぎた感がある。とはいえ、あまり食べた記憶もないので、一気に体重増かと言われるとそうはならないと思われる。企画してくれた幹事さんたちに感謝でありますな。やはり大事なのは、コミュニケーション。今の担当に来てから、まぁ、役職柄というのもありますが、基本飲み会は二つ返事で出席。出欠票も提示された時点ですぐに○とつけるのが習慣づいている。飲み会の回数が減ってきただけに、数少ないコミュニケーションの機会は貴重です。 さて、今年の振り返りとしてこういった仕事以外の仕事の機会が増えた。3月末で前の組織長が他の会社に移られて、その方の感謝の集いなるものが企画されたのだが、その司会を仰せつかったというのもある。司会なんて今までやったことない仕事ではあったが、ある意味、がんばればできるんだということもあったりと、今までの自分の殻を打ち破るということがある意味求められる1年だったと言える。まぁ、同じ仕事ばかりしていては進歩なし、新しい仕事をやりはじめないといけないというのがあって、それが今まさに求められているということなんでしょうね。ただ、向き不向きということもやはりあって、私の場合向いているかと言われるとあきらかに不向きであるので、その分練習が必要であることは確か。事前にどれだけ繰り返しができるか。どれだけ、スムースに進行できるか。。。司会をするときには非常に大切、ただ、経験を積まないと身につかない知識もある。しばらくこういった仕事が振ってくるかというとそれはなさそう。とするとまた忘れたころに一からがんばるしかないのだが、まぁ、それも致し方なし。何事も経験ですな。この歳からでも新しいことを始めないと。

taka7107 at 07:32|PermalinkComments(0)

2018年12月12日

無線LANが遅いと言われないために

働き方改革の一巻なのか、我が社に新しい端末を導入する動きがあって、今年、端末がSurfaceProに置き換わった。会議の時も持ち歩けて非常に便利。内職ができるので非常に効率的になった。ただ、この端末を常に持ち歩いて家でも使えと言われると毎週末もって帰らなければいけない。これが結構重いのだ。おそらく1kg以上はあるはずで、これを常にと言われると非常につらい。やはり今回、私物として購入したSurfaceGoくらいの重量でないと肩が耐えられない形だ。そんな、Surfaceなのだが、会社で利用するときは常に無線LANで利用するしかない制限がかけられている。本当は有線LANに接続して高速な画面転送をしないと、高解像度で利用できないという問題があったりするので、なんとしても無線LANにこだわっているようだ。とすると、この無線LANも提供している我々の部署が、やれ、無線LANが遅いという風に言われかねない。ここは論理武装して、無線のせいではなく画面転送の仕組みであったり、アクセスポイントの収容の問題だということを言わなければいけないのだが、それがいえるだけの根拠がないのが現状らしい。これをほったらかしにするとあちこちから西郷どんのように不平士族の反乱ではないが、問題が勃発しそうな気配がする。トラフィックを見える化して、このトラフィックで画面転送が遅いのは、そもそもの仕組みがおかしいから。。。とかサーバー側をチューニングしないと土管はできることはすべてやっているだとか言わないと、針のむしろ状態になることは火を見るよりも明らか。う〜ん、座して死を待つのではなく、積極的に防衛に回りたいのだが、どうもその意識が弱い運用部隊。なんとか説得して重い腰を上げさせないとやばいかもしれない。

taka7107 at 07:46|PermalinkComments(0)

2018年12月03日

今年の振り返り(仕事編)

いつものドトールコーヒー。あたりが出てもうれしくないくじびきが始まった。はずれ券を10枚あつめて、ブラックカードを応募するのが一番効率的なのだが、4割くらいの確率で出てしまうあたり。とはいえ、400円で購入して、180円相当の商品が出るということは実質220円で、朝食が食べられたということになるので、まぁ、いいかではある。ただ、逆にブラックカードが当たるという想定だと、9000円で転売できるとして原価4000円なので、5000円の利益。そのうち、1枚あたりでいえば、500円となるので、100円は得しているという勘定になる。まぁ、いずれにせよ、ドトールコーヒーの企画はすばらしいかもしれない。 さて、12月にもなったので、今年の振り返りをば。まずは仕事編から。去年の11月から激務の某案件を半年間対応したので、今年のスタートもその激務からだった。土日のどちらかはかならず家で仕事をするという日々だったので、年間の残業時間が600時間を越え、だんとつで900時間越えという私の上司(とはいえ、業務的には全く関係ないことをされていた)とはけた違いではあるが、それでも2nd組織の中では残業量が2位という過酷さだった。それが4月になって3rdの組織長が変更になり、私の役割も変わったので、これがまた一気に激減。残業時間も月30時間以内となって、またフレックスタイム制も試行されたので、かなり楽な形になってよかった。まぁ、前の激務はプロジェクトが大変というよりは人間関係が大変で、それが3rd組織長の入れ替わりですべてチャラになったという感じだ。今から思えばあんな激務なプロジェクトは二度とやりたくないところではあるが、終わった後になれば、あれもいい経験だし、残業600時間やったという誇らしいわけではないが、事実としての経験値が得られたというのも達成感としてはある。無意味な残業ではあるが、記憶に残る経験ということで自分的にはよかったのかなぁ。。。と。逆に今の仕事が少しものたりないのは事実。事業計画が一段落したら少しやるべきことを考えなければいけないかもしれませんな。とはいえ、それ以上になにもしない今の上司をどう扱うのか。これまた大きな課題ではあります。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2018年11月28日

事業計画の季節

事業計画の季節になった。毎年大変な思いをしながら作ってきたが、昨年は例の大炎上案件のヘルプに入っていたので特に関与することなく、とはいえ、自身のチームの次年度の計画はたてなければならず、なんとか振り替えりと次年度計画についてたてた覚えがある。今年はまたとりまとめの役割ということで、また各課長にお願いして振り替えりと次年度の計画をチームごとに作ってもらう必要がある。なかなか現行業務が忙しく、毎度、こういった依頼ごとは放置されるなど、課長によってまちまち。従順に作ってくれる課長もあれば、毎回、忙しさを理由に作れない人と毎回パターンが決まっているのでやりにくいかと言われると、そうでもないのだが、できれば統率がとれていることがありがたい。まぁ、例年ほど大変な事業計画でもなくなってきているので、とにかく休みを長くもらっていたので少し出遅れた感は満載で申し訳ないのだが、がんばってのりきりましょう。

taka7107 at 07:20|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

LINEならいくら既読スルーしてもいいが、ビジネス版LINEはねぇ。。。

布団を暖かいものに換えてもらったが、実はそれほど寒くなくなって、厚手のパジャマと組み合わせると汗をかくほどに。11月だが、10月中旬の気候のようだ。でも寒くなるよりかは遙かにありがたいこと。せっかくの行楽シーズンなので、紅葉でも見に出かけるというのんびりとした週末を送りたいがそうも行かないのがここ数週間の状況。落ち着くまではしばらくかかりそうですな。 さて、下期になって、来年度の話もそろそろと検討していかなければ行けない。集まって打ち合わせをしてという工程を踏みたいのだが、なかなか管理者の時間が合わずに打ち合わせができない。ずるずると遅れると最後にしわ寄せがくるという一番いやなパターンだ。ビジネス用のLINEのようなツールもあるのだが、既読スルーする人も多く、あまりうまく活用されていない。ビジネスで既読スルーはいかんだろうと思いつつも、まぁ、それくらい忙しいということなんでしょうな。お客さんに対してそんなことしていないか心配になりますが、幸い、今のところは引く手あまたでビジネスが大盛況。営業かける心配はないくらにお仕事がやってくるのでいいのですが。 まぁ、なんとかやっていくしかないですわな。今週も残り3日、がんばろう。

taka7107 at 07:30|PermalinkComments(0)

2018年11月05日

パスワード変更できず、問い合わせ窓口のないシステム

実家に帰省するのにめがねを忘れてしまったようで大失敗。コンタクトの時間が長いとつらいので、お風呂上がりはすぐにめがねにしたいところだが、それもかなわず結局、寝るまでの時間はずっとコンタクトを利用しなければいけない羽目に。忘れ物防止のリストにはきっちりとめがねと記載してあるのだが、めがねケースを用意して、その中のコンタクトケースとコンタクト保存液の充填まで確認しておきながら肝心のめがねが入っていないことに気がつかないという大ちょんぼ。やってまった感満載ですわ。次回は再発防止につとめなければならず、かならずめがねケースはあけて、めがねがあることを確認するというプロセスを追加するくらいかしらね。いやぁ、失敗、失敗。 さて、本日も在宅勤務を実施させてもらった。土日に上長からやってきた調整ごとをこなし、午後からは来年度の事業計画に向けて数字を確認しようとしたのだが、その数字を確認するシステムにログインできないことが判明。いま、あたらしい仮想サーバーに引っ越しを実施中なのだがいろいろと不具合がある。特に、あたらしい仮想サーバー(デスクトップサーバー)ではパスワードを保存してくれず、毎回入力しなければいけないという面倒くささがある。これだと運用が回らないとおもいつつも、今はトライアルの状態なので我慢して使うかというような状態。それでもふつうに業務を行うにあたって、前のサーバーでは問題なくログインできていたのが、ログインできない状態に。具体的にはSFAというシステムで、マイクロソフト社が提供するDynamicCRMというものなのだが、前のデスクトップサーバーではパスワードがブラウザに記憶されていて意識しなくてよかった。で、パスワードを変更しようとおもったのだがシステム上するすべがなさそう。で、ヘルプデスクに問い合わせようとしたら、その窓口がよく分からない。困ったので、とにかく窓口を教えてほしいというメールを問い合わせのアドレスに送ってみることに。これは使いづらいシステムだ。SIerたるもの、こんなシステムを構築してはいけませんな。

taka7107 at 19:10|PermalinkComments(0)

2018年11月02日

防災訓練その2

今まで、メールが来るまで待って登録するなんて、訓練の時くらいしかなかった。自発的に登録する方がはやいので、メールを見ることもあまりなかったのだが、今回の訓練ではメールが届くかどうかも含めてのテストなので、自発的な登録はやってはいけないようだ。ただ、実際に昨日の状況からいうと、予定時間から10分たってもメールは来ない。これは変だなぁと思って自主登録してしまった矢先にメールが来た。なので、もういちどメールのURLをクリックして登録。そうすると、Webで登録というステータスからメールで登録というステータスに変更された。おぉ、正しい登録の姿に戻りました。まぁ、メールが一斉同報されるのだが、プロバイダによっては迷惑メール対策をしていて、ブロッキングされる可能性があるので、速度を調整しつつ、小出しで送信しているので時間がかかるのでしょうね。前回はiモードのメールにしていたが、これだと迷惑メールフィルタにひっかかる可能性や、そもそも受信拒否になる可能性があったので、今回からGmailに変更。到着までの10数分間は迷惑メールフォルダにあるのでは?と何度も見返しましたが、結局、きちんと受信できました。次回からもおそらく大丈夫でしょう。ちなみに、組織としての訓練の結果は、残念ながら1名が未登録のまま終了。1日連絡がとれないとなると心配しますわな。日頃からきちんと連絡とれるようにしましょう。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年11月01日

防災訓練その1

11月となって、もうあと2ヶ月で新年を迎えるようになった。平成最後のというのがうたい文句となって、年賀状の発売も行われたようだ。年末ジャンボ宝くじの話題もでていて、こちらはネットで購入できるようになるという大きな話題もあった。なんとなく味気ない気もするが、かつて馬券を握りしめてという時代がいつの間にかネットで馬券が買えるようになってからかなり年数もたって、やっと宝くじもかという感じなので、もはや遅すぎた感じもする。 さて、11月1日というのは防災訓練が多いのか、9月1日かと思いきや、そうでもないらしい。我が社も防災訓練をかねて、社員の安否を確認するシステムがあるのだが、それに登録する訓練があった。会社の規定上、震度6弱の地震が発生舌場合は、地域を限らず、自主的にシステムにアクセスして安否を登録するというのがルールになっているが、最近、あいまいとなって、登録する人も少ない。もちろん、震度6弱以上なんてのは最近で言えば北海道地震くらい。ただ、そのときは台風21号の通過で関西が大災害を被ったのでそちらの被害状況登録が必要であったため、システムとしては作動しなかった。2つの同時災害などには対応できないのだ。その後、北海道で震度5の余震があって、そのときにはシステムが作動。ただ、メールや電話で登録しろという連絡がこないのでだれも登録しないのだが、全国で地震があるとシステムにアクセスする習慣がついてしまったので、システムが作動していると登録するということを徹底している。なので、たえず、システムには私の安否登録がされているという状態。それが、いったんクリアされて、1日の朝に登録訓練用のメールがやってくるため、そのURLをクリックして登録するというものだった。

taka7107 at 07:26|PermalinkComments(0)

2018年10月31日

甘やかしの次期リーダー育成

週末のジム通いが一週抜けただけなのに、なんとなく筋肉が落ちたような気がしてならない。体重も少し減った気もするし。。。とはいえ体調が悪いわけではない。まぁ、こんな一週間もたまにはあるだろう。 さて、今日はどうやら昔担当していた案件で少し大きなトラブルが発生した模様。こういうトラブル対応はその対応が重要であり、その処理の仕方は非常に勉強になる。若手にとっては格好の勉強の場である。是非とも、じゃまにならない範囲でトラブル解析の現場の雰囲気というのは習得させたいところだ。特に、お客さんとのやりとりの電話会議等では時によっては罵声が飛び交い、緊張感も高まる。そういったところで度胸をつけるという意味でも非常に貴重な場だ。普段は味方の顧客も、時と場合によっっては敵になって一方的に攻められることもある。そこはぐっとこらえて、うらうらでお互いの立場を理解しつつ、時によっては表の電話会議で話ができないようなことを裏回線をつかってこっそりやりとりなんてことも非常に重要な根回しというやつである。そういった根回しの重要性を認識してもらう意味でもトラブル対応にはより多くの若手、特にリーダーを目指す人に参画してほしいところだ。ところが今日はノー残業デーなのか、はたまた、今回は我々の担当の部分ではないからなのか、次期リーダーですら帰ってしまった模様。課長が残ってくれるからいいやとでも思っているのかしら。毎度トラブる対応で残るのは若手のホープ1名。それはそれで、彼の責任感を非常に買うのだが、その上のリーダー3人はいったいなにをやっているのやらである。稼働が不足して節約しなければいけないというお財布事情でもなく。。。私が彼らの時代には課長は人間ドックに行っていたので、私に電話がかかってきて帰宅していたのを会社まで駆けつけ、夜中まで対応したというのを思い出しますわ。こんなことで甘やかしていいのかしらねぇ。。。

taka7107 at 21:33|PermalinkComments(0)

2018年10月30日

働き方改革をもっと推進するためには

働き方改革ということで在宅勤務が一般になってきた我が社。ただ、残業がゆるされていない。在宅で残業を許してしまうと、朝から晩まで働き続けて歯止めが利かないというのが理由なのだろう。それも分かるのだが、在宅してまで勤務しなければいけないということは、それだけ仕事がたまっているということもあり、やはりそこは柔軟に対応してほしいところだ。ただ、分断勤務というのは許されているので、始業と終業の間で空白の時間を作って病院にお見舞いにいったりするというのはありのようだ。これだと、昼間しかあいていない病院とかへの通院もできるだろうし、いいあり方だと思う。あとは、端末の環境の問題か。一応skypeが利用できるようになっているので、資料共有も楽だと言われているのだが、そのためにはSurfaceの端末でないとダメという話もあり、その端末が普及していない現状ではやりとりをする相手もいないという状況だ。メールと電話でやりとりするしかないのが現状。本当はビジネス版LINEのようなものを活用するのが一番よいのだろうが、こちらもいまいち浸透してないのが実状。できればケータイメールでやりとりするようなことはすべてビジネス版LINEに載せ替えるくらいの強制力があってもいいんですけどねぇ。。。

taka7107 at 22:02|PermalinkComments(0)

2018年10月27日

デスクトップサーバーの移行PJに参画させれらました

Surfaceが配布されて、仕事へのモチベーションがあがりつつ、いいことづくめかと思えばそうではない。配布されてからにはとあるプロジェクトの試験をやってもらいますと、あたらしいデスクトップサーバに移行するプロジェクトの運用試験に参加させられる羽目に。古いサーバから新しいサーバに移行しなければいけないのだが、これが結構面倒なことに。クライアント証明書はまぁ、簡単に導入できたのだが、それ以外にメールの移行とファイルの移行をしなければ行けない。で、いちばん苦労したのが新しい環境から組織にある共有サーバにアクセスする方法。ドメインが違うのと信頼関係が結ばれているわけではないので、いちいち認証サーバをしていしなければいけない。で認証サーバのIPアドレスで記載すればいいやと思っていたらそうではなく、認証のドメイン名を入れなければいけないということが分かった。でもドメイン名なんて、IPアドレスを知らないと名前解決できないでしょうし、ましてや信頼関係を結んでいないのに、なぜ名前解決もできてしまうのか。それが謎で謎でしかたなかったのだが、昨今のWindowsのファイル共有の仕組みにはすっかり疎くなってしまったし、技術的に追求する意欲も薄れたので、まぁ使えればいいやと、結局1日悩んだが、納得して使い始めているという次第。で、それがうまくいけばあとはとおもったが、Outlookがバージョンが違うと見た目も違い、やっかい。とはいえ、IMAPをつかっていると、すべての設定項目がサーバー側にあったりするので、移行がめっちゃ簡単。あとは、デスクトップに保存しているようなファイルの移行とか、IEのお気に入りの移動とかのみとなった。

taka7107 at 19:06|PermalinkComments(0)

2018年10月25日

組織活性化のレクの意味が分からない中堅リーダーだらけ

昨日は部署のレクでボッチャなるオリンピック競技を社内に広めるための競技会。11月に社内の本戦があるのだが、それに出場するべく1チームを選出するという営みだ。昨日から3日間に渡って開催される。昔はこんなレクとか会社の飲みとかがいっぱいあったのだが、いつのまにかワークライフバランスだとか働き方改革だなんて生産性をつきつめるようなギスギスしたことをやっているとコミュニケーションが希薄になって、こういうイベントも少なくなる。少なくなるからこそ重要で、組織長自らが先導をきって参加するべきなのだがろうが、わが部署の組織長はそういったことに興味がないのでしょうね。頭だけでも挨拶すればいいのにと思ってしまうのだが。。。とはいえ、3つのサブ組織があるのだが、そのサブ組織長は参加して会を盛り上げていた。こういう組織にコミュニケーションの文化が根付くのでしょうね。私は今日が本番で、昨日は応援だけ、参加してくれたメンバーのためにビールとつまみの差し入れをもって応援してきました。無事に1回戦を通過して金曜日の2回戦以降に進出できたのはすばらしいです。まぁ、ノー残業デーなのだからそれでも残業しなければいけないほどの忙しいプロジェクトならまだしも。どうせかえって家族サービスで家で食事するぐらいの予定しかないのであれば、たまにはこういった会社のレクに顔を出すというのが、次期リーダーたる中堅の役割なんですけどねぇ。。。まったくもってそういうことに首を突っ込まない、逃げのリーダーは失格なので、うちの組織にはいりませんわ。

taka7107 at 07:37|PermalinkComments(0)

2018年10月17日

どこまでワイヤレスにできるか

昨日はちょいとどたばたがあって、朝から大変だった。とはいえ、先週の金曜日に実施できなかったフレックスタイムの早帰りをば。最近は業務も変わって事務処理がなくなったおかげで、通常の切迫感がかなり楽になった。会社で実施するストレスチェックなるアンケート結果も良好。とはいえ、どんなチェックをしても見えないストレスはあるから注意することと記載がある。ほぉ、そんなステルスなストレスをにおわせるような回答をした覚えはないのだが、たんなる分析側の逃れ文句なのかもしれないと考えたり。。。 さて、端末の話。いままで、SurfaceとCitrixのシンクライアント端末を利用して来たのだが、どうもシンクラ端末の調子がよろしくないので、これを気にすべてをSurfaceの端末に以降するように考えてみた。大型ディスプレイとの出力についてはHDMIであれDVIであれ、見た目はあまり変わらず。マルチディスプレイにすると、Surface側に合わさるようで、せっかくの27インチが両端切れてしまい、もったいない感が満載だった。Surfaceの画面を閉じて利用すると27インチ側に合わさってきれいに端まで表示される。ん?でもSurfaceを閉じるとキーボードはどうするべかとなるのだが、外付けのUSBキーボードをつなぐことになる。とするとワイヤレスマウス、キーボード、カードリーダーの3つがUSBで必須となるのでUSBハブが必要に。さらに画面のディスプレイ出力を行うminiDisplayPortも接続するため、それらが干渉しないようなUSBハブ。さらに電源コネクタとSurfaceに対して3つも接続が必要で、そのまま常設ならいいが、当然会議室とかに持ち歩くので、その都度3つを抜いてという作業が必要になって面倒だ。とするとなんとかできる可能性があるのが、USBハブのところ。まず、今まで利用できなかったBluetoothが、最近許可されて、利用できるユーザポリシーが適用された。これによって、キーボードが無線化できた。次にマウスを今のワイヤレスマウスからBluetoothマウスに変更すればドングルで利用しているUSBをなくすことができ、いい感じになる。あとは画面もワイヤレスにできなくもないので。。。とやるとminiDisplayPortも可能かと思うが、さすがにレスポンスが気になるのでそこは難しいかな。まずはUSBハブをなくす方向でなんとかやってみましょうか。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年10月13日

管理者にとって魅力ある職場にする必要ができ

部下の数が変わって、面談中。昔は、20名を越える部下だったので面談するだけでも3〜4日。後処理で書類を記載するだけでまたプラス3〜4日とすごい大変な毎日だった記憶があるが、今回はたった3名。とても楽になった。それを考えると部下のマネジメントとして20名を越えると正直限界だと思われる。うちの部署ではざらにそういった状況があり、3チームぐらいが該当する。もっと管理者を増やして、マネジメントを楽にさせないと管理者が疲弊するだろう。他の部署と比較してもうちの部署は一人あたりの管理部が15名を越えており、かなりの問題だと思われるが例年管理者が減っていくという事態が避けられない。ここ数年でいえば、新しいビジネスの挑戦ということで部長と課長が別のビジネスユニットに異動。確かに既存の案件を単なるマネジメントしているだけよりか、新しいビジネスに挑戦する事の方がはるかにおもしろく、やりがいもあるのだろう。そういった仕事に対するモチベーションの観点からもうちの担当として魅力がないというのが問題なのかもしれない。単に既存の案件をやり続けるだけではモチベーションの限界も起こるというもの。今後は部下の方の定年問題も出てくるし、ますますこの問題は深刻化していく。何か手を打たないといけない。

taka7107 at 07:00|PermalinkComments(0)

2018年10月11日

ボッチャってなかなか楽しい

いやぁ、疲れた。飲み過ぎました。日本酒が効いたのかもしれないですな。ボッチャというパラリンピックの正式種目があり、我が社にはそのシンボル選手が所属している。その関係もあって、社内にその認知度を向上させて選手を応援しようという施策。まずはうちの部内に普及ということで、実際に体験してみようという試みが昨日行われたのだ。うちの部署からは2チーム選出する必要があり、なんとか6名かきあつめたという次第。最初はちょっと面倒だなぁと思っていたが、意外や意外、お酒の力も加わってか、おもしろい、おもしろい。みなさん、のりのりの前のめりでがんばってました。ルールは、オリンピックで一躍注目をあつめたカーリングと似ていて、最初に先行チームが投げる白いボールに近づけたチームに得点という仕組み。相手のボールをはじいたり、白いボールの前に自分のボールをおいてじゃまをしたりと戦術がいろいろとあって考えるのが楽しいですね。実際には、ボールのコントロールが一番大切なので、お酒を飲むとかなり手元が狂うのですが、それでもみなさんかなりレベルの高い勝負になって、はじめてやってもすぐに習熟できるという手軽さもボッチャの魅力かもしれません。さぁ、次回は2nd組織内での対抗戦。がんばって練習しましょう。

taka7107 at 07:26|PermalinkComments(0)

2018年10月05日

データサイエンティストというお仕事があるらしい

今シーズンのタイガースは終了。自力CSもなくなり、あとは最下位の争いを一番いっぱい残っている消化試合として実施していくという。なんともお粗末な結果でございました。まぁ、その分、今月はちょいと勉強しなければいけないので、それに集中できるからいいかと切り替えるのもありだが、それにしてもあまりにもしょうもなさすぎてなさけない限りですわな。本拠地の甲子園でぜんぜん勝てないというのが本当にいけてないですわ。 さて、仕事の話。最近、オーバーヘッド系の業務が増えてきて、事業計画なり、組織の方向性を検討するのが中心となってきた。数字の話で経理的な話になるとそれはそれで経理の専門家が出てきて、売り上げいくらで間接費がいくらかかってという計算はよくある話。ただ、そういった数字だけを見ていてもなにも楽しいこともなく、単なる計画と実績の分析程度に終わってしまう。そこを何かデータの間での相関関係を見いだすというのがおもしろい。たとえば、稼働率の原価率の間に相関関係はあるのだろうか?とか、稼働率と一人当たりの月稼働時間に相関関係はあるのだろうか?といったことだ。これらは勤怠管理システムからデータをぬいて、Excelのピボットテーブルで調べればすぐに出てくる話。いろいろと分析してみたが、今のところ相関関係がよく分からない。また、過去のデータが参考になるのかというとそういう訳でもなく、去年から会計の方式が見直されたので原価率の数字がすごく改善されてしまった、比較にならなかったりする。とはいえ、今後の将来のためにしっかりと分析しておく必要があることは確かだ。ちなみに、たが、2万行弱のデータなのでビックデータとはほど遠いのだが、こういったデータを分析する職業としてデータサイエンティストというのがあるらしい。今一番なりたかったというかやりたかった業務はこういったことだったのではなかろうか?この半年間、案件にどっぷりはまり、とはいえ、やっていることはほとんどが、上位向けの会議資料対応で、年間残業を600時間もやっていながらあまり達成感のない仕事だった。ただ、こんな経験はしたことがなかったので、経験したことのないほどの業務量の残業をやったという経験だけはうれしい感じ。今は逆に残業はないが、業務的にやっとおもしろくなってきた感じがする。今は手作業で分析したりと大変なのでRPAとかを活用してさらに効率化できるようになるともっとおもしろいのだろうか?とにかく、ロジカルシンキングで戦略的に事業計画をたてていくということをやっていきたいとふと思う今日このごろである。

taka7107 at 17:43|PermalinkComments(0)

2018年10月03日

下期始まる

キンモクセイの香りがとてもいい感じに漂う今日この頃。のどがイガイガ、鼻水が緑色と、完全に風邪を引いてしまった状態になりました。朝晩の気温の差ですかねぇ。。。夜は暑くて窓を開けて寝るけども、朝方の冷気で引いてしまったような気がしなくもない。いずれにせよ、無理しないで早く治すことに専念しましょう。
さて、上期が終わって、早いもので下期が始まった。上期の振り返りにいろいろとデータを分析している。みなさんががんばってもらったおかげで、順調に売り上げも計上できている。計画に対してどうだったのかという振り返りをしたいのだが、実はその計画が結構いいかげんで、あまり役に立たないということも分かってきた。結局、来年度の状況をそろそろ考えなければいけないのが、そんなことはまったく予測不可能なのだという。とはいえ、計画をたてて、それに沿ってどうなのかを振り返ること事態が大切であって、無計画で、結果こうなりましたではまったく意味のないことになってしまう。なので、少しでも来年度の元データとなるように、今年度のデータをしっかりと分析して、こういう数値だから来年度はこうなるという予測のところもしっかりと論理立てられるようになっておこうと考えている。その中でも、毎年、どのカテゴリの売り上げがというカテゴリの分類が難しい。毎年使う用語がすこしずつ変わっていったり、また、新しいカテゴリを注力分野ということでがんばっていく、人もそちらにスライドさせるというストーリーを描くのだがそれをすると既存分野をやっている人のモチベーションがあがらなかったりと問題をかかえる。私が今までずっとその既存分野をやってきたことから、その気持ちはよく分かるのだ。なので、うまく、新分野に目が向きつつも、既存のところを軽視しない形での事業計画を作る必要がある。とにかく人月型ビジネスを捨ててサービス分野へと言われるのだが、果たして本当にそれでいいのか?最後は人と人のビジネス。人月型ビジネスもまだまだ成長の見込みはあると思うのだが。。。

taka7107 at 07:40|PermalinkComments(0)

2018年09月26日

保守主義+保守主義で超保守主義

ふぅ、広島との対戦は来週の火曜日ということで、まぁ、目の前で胴上げを見さされることはなくなった。はよ決めてまえよバカープめ。 さて、仕事の話。私が引き継いだチームには結構技術的に優秀な若手メンバーが多い。そういうメンバーにはより多くの経験をさせてあげる必要がある。ただ、一気に人を異動させるとチームが破綻するので程度は考慮する必要がある。NWの技術者は人が少ないのでこれ以上引き抜いてはまずい。ただ、SV系の技術者は結構潤沢にいたり、外注にお願いしている部分もあるので多少抜いても問題ないと考えている。それは数値的なデータからも裏付けられており、他のチームとくらべて、総稼働時間が少ない。いままでの半年間で一度も平均を上回ることなく運営しているのだ。ある意味ノー残業でいいことなのかもしれないが、ここまでゆるいマネジメントをしてしまうと、成長力までそいでしまう可能性がある。若い頃は少し無理してでも仕事をがんばって、上にあがろうという意欲がないと、ずっとこのままでいいと考える人が増えて困る。せっかく与えた昇格のチャンスも、その最後のふんばりがないと、まぁ、今年がだめでもいいやという思いにつながってしまうのだ。貴重な枠をもらえている、来年はないかもしれないという切迫感もない。これではダメだ。もっと向上心をもって、もっと今の仕事にだけこだわるのでなく視野を広くして、チャレンジする気持ちを忘れてはいけない。リーダーがあまりにも保守主義で自分の仕事ばかりを養護する傾向にあるのが諸悪の根元。次は管理者になるのだからもっとほかのチームのことを考えろといってもなかなか聞かないのだ。それに輪をかけて、私の後任の課長が保守主義だから困りもの。同調して保守主義を貫かれると来年度の売り上げ減少が見込まれるチームに多くの人をつっこみ続けるというマネジメントになってしまう。う〜ん、何を考えているのやら。。。

taka7107 at 07:26|PermalinkComments(0)

2018年09月19日

ピボットテーブルはおもしろい

久々のGSE帰宅をば。ところが昨晩はゲリラ豪雨に遭遇。せっかくの前面展望かぶりつきが、何も見えない状況に。まぁ、こんな体験もめったにないので写真をとれてラッキーですが、少し損した気分です。 さて、EXCELの話。仕事で、各チームの稼働率を算出してパフォーマンスを測定するというようなことをやっている。最初はすごく面倒な処理だなぁ、、、RPAでちゃちゃっとレコーディングしてしまえば、あっという間にできてしまうのではなかろうかと少しこの手間取りようにふがいなさを感じたりもしたのだが、これが、これが、おもしろいのだ。今まで月ごとにシートを作成していたのだが、毎回コピーをせずとも、元のデータさえ入れ替えれば何度でもピボットテーブルが活用できるということが判明。いやほんとに、このピボットテーブルというのはこの上なく便利でおもしろい。ここまでデータ分析ができてしまうのかと思うほどだ。これで各課長ごとに、稼働率と一人当たりの総稼働時間を算出してみる。とあるチームは7月に契約がとれた関係で忙しくなり、稼働率、総稼働時間ともに上昇していく。ただ、稼働率は間接費をつけずに販売費をつければ上がっていくものなので実稼働率とはどれくらいギャップがあるのかはみなければ行けないだろう。去年は潤沢に販売費があったので、みんな販売費をつけて稼働率が90%近くと、異様な状態になっていたが、本当に忙しいかというと今年の方が遙かに忙しい。なので、販売費を抜いた実PJコード率で計測するのが正しいのかもしれない。

taka7107 at 07:35|PermalinkComments(0)

2018年09月14日

新しい端末はあくまでも働き方改革のためのツールでごわす。

高校時代の友人Sと7年ぶりに再会して飲食。前回が2011年ということで久しぶりでした。彼は勤務医で、いろいろな病院を3〜5年の周期で転々としているらしい。今の勤務先は川西市民病院ということで、まさに我が実家の近く。しかも親父がかつて通院していたことのある病院。ただ、勤務してまだ1年と少しという話なので期間がかぶっている訳ではないようだ。通勤時間が1.5時間ということで、それがつらいようではあるが、残業が多いわけでもなく、やはりいい給与ももらえているようで何よりですわな。 さて、端末配布の話。我が部署の課長のみなさんには新しい端末を配布しようといろいろと格闘しているところ。先行して5台ほどの割り当てを、同じ部署の某課長からご厚意で調整してもらって、5人には配布ずみ。もともと3名しか配布の予定もなかったのだが、途中でガジェット好きの課長があと2台お願いと割り込んできた。配布されるや否や遊び倒して、あれ買って、これ買ってとわがままを言い出す始末。まぁ、ある程度、実験をしてくれるという意味ではありがたいのだが、まずは目の前の仕事をちゃんとしてから遊びましょうよと言いたくなる。端末を配布されたからには、当然、朝の勤怠管理とか、メールの確認はしっかりしてくれるのかと思いきや、そこはまったく変わらず、優先順位が頭の中で低いらしい。ほんと自分勝手な方が多くて困りもの。で、先行されて配布された5台にもいちゃもんをつけだして、なんで総括担当できちんと割り当てないのか?なんてことを文句言い出した。いやいや、これは某課長のご厚意で借用させてもらっているもので、あんたが勝手に割り込んでしょうが。総括としては足りない分をやっと要望台数をリストアップするステータスになったので、これからすすめていくんですわ。経緯も知らないくせに好き勝手なこというんじゃないですよ。ほんとに。まぁ、それはよしとして、今度は課長さんに別途用意するというと、今度は逆にいらないという始末。重くて持ち歩くのいやだという。いやいや、今配られているRASの端末よりも遙かにスリムで使い勝手はいいし、RASの端末を返せと言われているわけでもないので2台もっておけばいいじゃないと。そうすれば、今回の端末は会社におきっぱなしでいいじゃない?とも思うのだが、まぁ、そういう人に限って、仕事は持ち帰りたくないという人たち。いやいや、管理者になったら即対応しなきゃいけないことは一杯あるんですからちゃんと持ち歩くなり、しましょうよと言いたくなる。端末、配っても、遊んで仕事しない人、配られたくない仕事ぎらいな人、なんかバランスのいい人がいないのが困りもの。

taka7107 at 07:30|PermalinkComments(0)

2018年09月13日

端末変われば出張も変わる

朝晩めっきり寒くなり、昼間に散歩もできるくらいのレベルの気温に下がってきた。このちょうどいい気候というのが長続きしないのが季節の特徴で。あのくそ暑い日々や、寒い日々をなんとかバランスよくばらしてくれればいいのにとおもってしまうのだが、そうも行かないのが自然の難しいところ。今年の夏は西日本で町が水没するクラスの大雨や、最強クラスの台風が来たり、その翌日に北海道で震度7の地震が発生して、ブラックアウトと呼ばれる大規模停電が発生したりと、自然の恐ろしさをまざまざと体感させられる夏でした。これから年末にかけては少し穏やかな気候であってもらいたいものです。 さて、出張の話。今回の出張は工程は少し残念でしたが、ITに関するストレス度合いがすくなかったのがうれしい。要は端末の話なのだが、いままで、RAS専用端末というのを持たされていたのだが、重くて分厚い端末で、なぜにRASでサーバベースコンピューティングなのに、こんなぶかっこうな端末を持ち歩かなければいけないのかとモチベーションだださがりだったのだが、今回配布されたSurfaceはとてもいい。少し想像以上に思いという点だけはいけてないのだが、まぁ、SSDで起動は早いし、バッテリーもそこそこ持つし、とにかく薄いので荷物としてかさばらないのがありがたい。ただ、USBのポートがひとつしかないのに、認証用のデバイスでそのポートを使い、マウスのドングルを指してしまうと、これまたアウト。USBハブが必要となるが、これが少し不格好でいけてないという問題が。まぁ、それ以外はおおむね良好。ホテルであまり時間の無いときでもささっとメールの確認ができてしまう。とはいえ、メールの確認ぐらいであればRASの起動も面倒かとも思うが、いずれモバイルで確認できるようになるらしいのでそれはしばらく様子見するとして、やはり会社と環境変わらずどこでも仕事ができるというのがありがたい。これでどこでも出張にばんばんといいたいところだが、最近めっきりと出張が減ってしまい残念。まぁ、それはよいにして、これを課長のみなさんに配布して、どこでもきちんと朝は端末を立ち上げて勤怠登録する習慣づけをしてもらいましょうかね。端末をもらっているのに、メールは返事しない、勤怠登録もしないという自分勝手な管理者の多いこと。困ったもんです。

taka7107 at 07:47|PermalinkComments(0)

2018年08月31日

認証装置がいけてないとワークスタイル変革はできない

なんてことでしょうね。1位のバカープに3タテくらうなら力量さだからしかたないかと思いますが、2位のヤクルトごときに3タテ、しかも我が聖地甲子園にて。これはかなりのショックですわ。まぁ、ゴミ売りがおつきあいして3タテくらってくれているので、ゲーム差は広がってはいませんが、ほんとなさけない。金本の采配のあほぶりが見え見え。もう責任とってやめてくれたらええのになぁ。。。選手としては一流な人がなんで監督やって、ここまで変な采配ばっかりするんやろ。 さて、セキュリティの話。新たな端末が配られたのはいいが、なかなか重量が重すぎて、使い物にならなさそうなことが判明してきた今日このごろ。やはりBYODでタブレット使ってやるのが一番いいような気がするのだが。。。私が毎日このブログを更新できるのもタブレットと持ち歩きようのキーボードがあるからこそ。それができないと、面倒で仕方ない。で、いまたちはだかる壁は、ICカードだ。IDとパスワードの認証に加えて、我が社独自のカードを導入し、それを認証に利用している。なんでもTypeA,B,Cがあって、CはあのFelicaというSONYが作った非接触の仕組み。これは今はCではなくNFCという標準化がされているようだ。我が社ではAとBに対応したカードリーダーで読みとりをすることにより、認証を強化しているというのだが、このリーダーがくせ者でUSBのタイプA接続が必須となっている。端末は小さくなるのだが、認証装置をいちいちでかいものを持ち歩かなければ行けないというなんとも理不尽なお話である。せっかく仕事の仕方がスマートになったのに不格好なこのリーダー、なんとかならんのかねぇ。。。社員証にRFIDをつかっているのだから、それと連携すればいいのにとおもってしまう。このあたりを真剣に考えさせるチームを作らないと、いくら働き方改革といってすすめても最後は不便さの壁に負けてしまう気がする。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2018年08月30日

新端末がやってきた

昨日は多年勤続表彰のお祝い会で懇親会に。それに加えて地酒祭りとなった。ちょいと多年勤続のプレゼンが長すぎて地酒祭りが短くなってしまったのが残念なところ。また、鉄分の濃い会話を長くしてしまったので、いろいろな人と話をするのがちょっと短くなったのも残念なところだった。これは反省ですな。 さて、働き方改革の話。どうも全社的な施策で軽い端末を配ってくれるらしい。さっそく配られてきたのだが本体だけで使い勝手が悪い。マイクロソフトのSurfaceなのだが、機種名が刻印されておらず、どういう仕様なのかもわからず自分で調べなければいけない。インターフェイスはUSBのタイプAのコネクタと、mini Displayポートと電源コネクタ、あとはSDカードのスロットくらいか。至ってシンプル。シンプルすぎて、USBポートなどは1ポートしかないため、我が社で必須とされているカードリーダーを接続すると埋まってしまう。そのためにはUSBハブ的な要素をもったドッキングステーションを購入する必要があるのだが、そこまでは買ってくれていないよう。あと、画面が小さいので、大型ディスプレイに表示したいとなったときはこれまた出力用にmini Displayからの出力ケーブルが必要になる。自宅で利用することを考慮するとVGAの変換コネクタがあるといいということで、お願いすると時間もかかるので、ここは自腹でとメルカリでさがしてみたら800円程度で見つかった。メルカリで売却したポイントがいっぱいたまっていたため、それを利用して購入。あとは到着を待って接続試験をする感じですねぇ。。。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年08月29日

25年前の出来事など

とある飲み会の挨拶をしなければならず、25年前の出来事を調べていた。なんでも25年前となると、平成5年(1993年)となる。私は大学3回生の時ということになるのだが、皇太子と雅子様のご結婚。サッカーJリーグの開幕、ドーハの悲劇、横浜ランドマークタワー(当時は日本一だったが、今はあべのハルカスに抜かれた)、レインボーブリッジの開業といったものがあげられる。法隆寺・姫路城・屋久島・白神山地が世界遺産登録されたのもこの年らしい。Windows3.1がリリースされて、インターネットが流行語となっている。ダチョウ倶楽部の聞いてないよぉやどたキャンなども同じく流行語に。ベストセラーでは磯野家の謎や昨日訃報が報道されたさくらももこさんのたいのおかしらというエッセーなどもベストセラーに。歌ではチャゲアスのYAH、YAH、YAHが1位、それ以外にもZARDの負けないでや揺れる想いなども10位までにランキングされている。その他で言えば、鉄道の世界ではブルーリボン賞がJR九州の787系。当時の在来線、鹿児島本線を走る特急つばめに採用されたフランスのTGVに似たような水戸岡デザインの斬新な車両だ。あれから25年が流れて、いろいろと変化があった。来年には皇太子が天皇陛下になられるとか、サッカーのワールドカップも日本では大盛り上がりするようになった。Windows3.1といえば、私が初めて購入したパソコン、PC9801BXのプレインストールが確かのこのOS。後にWindows95がでるまで使った記憶がある。そのときの好奇心のおかげで今の仕事のベースが築かれたことを考えると、25年という月日は歴史を感じますなぁ。。。インターネットは今やあたりまえ、インフラといわれる時代になって、コレなしでは今の社会は成り立たない。さくらももこさんは先日お亡くなりになり、エロティカセブンでランキングされたサザンオールスターズは今年40周年を迎えるという。787系が未だに現役、つばめは新幹線に昇格したので、ソニックやにちりんとして活躍中。水戸岡さんのデザインは一世を風靡し、今では豪華クルーズトレイン、ななつぼしin九州なるものが走り出している。ほんと四半世紀、その間、休まず働き続けた先輩社員Iさん、私の部下でやや問題児的なところもありましたが、いろいろと助けられたことの方が多く、むしろ感謝しております。ありがとうございました。これからも引き続きよろしくお願いしますね。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年08月27日

週末はお粗末な切り替えで

週末はお粗末な切り替え作業。NWの疎通試験を事前に実施していればなんてことはないものを一つ一つ場当たり的に本番にやってしまっている。しかも申請を忘れていたり、その場で申請したものが間違っていたり、試験結果の正しい姿が理解できていなかったりと前代未聞のお粗末ぶり。よくこんな切り替え作業を行ったなぁ。。。とあきれてものが言えない。こうなるとお客さん側の怒り具合がどこに向くのかというのが気になるが、お客さん自身の問題であれば、それは自業自得であり、しかたのないところ。ただ、もし、うちの会社の別の舞台、まぁ、われわれはもらい事故となったので無罪放免ではあるが、もらい事故を引き起こした部隊の振る舞いがとり立たされた場合のことが少し心配ではある。かねてから、NWの通信の申請についてはその申請ルートを確認し、もれないように確実に相手方とシェイクハンドするがぜよではないが、ポテンヒットのないようにしなければいけないというのが常道。なので、PMの方が集まる会議の中では口をすっぱくして言い続けていることなのだが、今回、システム側の対応者は、支援なので責任なしとそもそも出席していないのが現状。支援だからといってもその申請が間違えることによってこれだけの実害を生む可能性は大いにあるのだ。問題なしと自分たちで勝ってに決めつけて問題おこしていりゃ世話無いですわな。とにかく人から仕事をもらって、その支援なのでという一人称的にものごとを考えないこと自体が問題でもある。仕事に対するスタンスの問題ですわなぁ。。。そのあたりを改心できるような施策があるといいのだが。。。

taka7107 at 07:14|PermalinkComments(0)

2018年08月24日

台風接近の中、お客さんと飲み会に

お客さんとの飲み会があり、今週は連チャン。ビールは一杯だけで、残りは酎ハイなのでそんなに二日酔いになるわけでもなく頭はすっきりしているのだが、お腹をくだしてしまって、かなりつらい状態に。いつもの喫茶店で朝飯を食べる余裕もなかったので会社に直行した。まぁ、なにより、昨日からの台風20号の影響で雨・風がひどく、寄り道しているのも大変な状態だった。関西では台風が直撃したので昨日は終電が夕刻時間くらいに早められたり、今朝も5〜8割程度の運転になっているところが多く、かなり混乱している状況のようだ。500km以上はなれた関東でもこれだけの雨・風というのは不思議なもので、よほど勢力が強いということこだろう。今年は東から西に行く台風が多く、なかなか予測できないのだが、まぁ、早めに備えて休める人は休んだ方がいいというのもある。私もこんなときにお客さんがくるようなことなければとっとと帰宅していたんだけどなぁ。。とも思いつつ、仕方ない。今回は大学時代の同期がお客さんということもあって、不思議な縁ではあるが、こういったつながりも大切にしたいところ。一線をはずれて少し身を引いているのだが少しは案件の売り上げに貢献できればとも思う。久しぶりにカラオケも行って、なかなかのはっちゃけぶりでした。

taka7107 at 07:26|PermalinkComments(0)

2018年08月09日

帰宅命令はトップが即英断を。

台風接近で早めの帰宅を。フレックスタイムの利点を活用して15時あがりに。とはいえ、年休で2時間とったところで結果は同じことなのだが、フレックスだと無駄に年休を使わずとも、残業の貯金があれば、それをお休みにあてられるという利点があることがわかった。なるほど、フレックスタイムなんてなにがいいんだと思ってはいたが、少しはわかった気がする。とはいえ、年休があまりにあまってとりきれない私にとっては意味のないこと。そもそも働き方改革よりも仕事をうまく逃げてやらない人のケツ拭きをやらされる人を助けてあげる仕組みをつくらないといけないですわな。まぁ、人類永遠の課題かもしれませんが。いずれにせよ、働き方改革である程度、職場がいい方向に導かれればいいですな。ただ、昨日の台風接近にせよ、我が社は対応が遅かった。ほかの会社はトップである社長命令で帰宅を指示したとか。うちの会社はそれを組織にゆだねるのだ。組織ということであれば4th組織まで落ちれば、私が部長の代行判断で、帰れともいえるのだが、それが2ndなのか3rdなのかがあいまい。私がかつて兼務で所属していた組織はその2nd長が率先して帰れ命令を出していた。そういわれれば安心して帰れるのだが。。。そしてこの時期になると課長がお休みに入って不在なことが多い。なので指揮命令が不十分になる可能性がある。こういう時こそトップとしての資質がとわれようもの。できればグループの長たる持ち株会社の社長が命令を下せばいいのに。。。

taka7107 at 07:11|PermalinkComments(0)

2018年08月08日

空気の読めないマネジメントはチームを壊す

私の後任をお願いした課長さんがどうもうまく機能してくれない。育成のことを考えて次のリーダーを会議に出席させるようにとお願いしたら、すぐにやってくれるかと思いきや、準備中ですというし、やっと準備できたとおもったら、ぜんぜん意図しないようなメンバーを会議に出席させる始末。次期リーダーといれば、彼と彼と明確に伝えているのに、そもそもの意図がまったくもってわかっていない証拠ですわ。そもそも、次期リーダーたるものが、案件全体を把握しないで自分の作業だけに集中することがまずくてそれを是正するがための施策。現場で担当している人が一番事情をしっているだろうからと担当者をアサインして報告させるのだが、そうではなくて、管理者になれば自分がやっていなくても報告をうけて、あたかも自分がやっているかのように報告する技術が求められるのだ。それをなんで勘違いしてしまうかなぁ。。。あなたがやっていることを次にやらせるリーダーの育成ですよとめちゃくちゃ簡単な依頼だったはずなのに。。こんなに時間かけてこの結果とは。もうひとつが、リソースのアサイン。あきらかに仕事量が減っている。将来のお仕事も先行き不透明となってきた。だが、今現在、仕事をいっぱい抱えているのと、前も言われた彼はまだまだ育成中なので独り立ちがむずかしいと回答。いや、数ヶ月前に言ってなにも実行していないってことね。彼は独り立ちはできるタイプではないので、そんなひとを独り立ちさせようとしたら永遠に無理です。だから次期リーダー候補にもしていません。そんな人を当てにしていること自体人を見る目がないというか。。。そうじゃなくて次期リーダー候補なんだけど、報告できるような仕事も与えられないでくすぶっている人がいるでしょうに。その人を前面に出してやればチームは回るんですよ。そうすれば、求められている人材はすぐには無理でも数ヶ月後には拠出できるでしょう?本当になにを考えているのやら。まじめなのはいいが、クソまじめすぎてお客さんとふざけてなかよく、きわどい話もしないからお仕事の先行きもよくわからない。自分が仕事をすすめるにあたって少しでもリスクを感じたらうまく上長に取り入って人をとりにいくという。過去にそれでうちのチームも苦しめられましたわ。それがいま天唾なって帰ってきていることがわからないのかなぁ。。。

taka7107 at 07:16|PermalinkComments(0)

2018年08月06日

技術者コミュニティに参加

能見に藤川となんと豪勢なリレーだこと。だが、締めのドリスが大爆笑をやってくれるから毎回ヒヤヒヤものだ。ノーアウトでランナーを出すと、ほぼ確実に、ツーアウトとっても失点してしまうのだからねぇ。。。虎のクローザーがこんな調子では困りものです。昨日もヒヤヒヤはさせてもらいましたが運よくセーブ。一昨日はあの劇場がなければ5時間11分というロング試合にもならなかったはずだしね。困ったちゃんですわぁ。 さて、金曜日に技術者コミュニティなるものに参加。半年に一度ほどの頻度で開催されるもので、こんな技術を習得しました的なエピソードを発表するもの。四件ほどの真面目な発表の第一部と、お酒を飲みながらひとり五分ほどで五件の発表のライトニングトークと言う第二部の構成になっている。これがなかなか面白く、ディープラーニングなど話題なものとか、ライトニングトークではスマートスピーカーの話とか興味の深い分野をおもしろおかしくお話ししてくれる。ただ面白みにやや重きをおきがちでガチな技術と言うのが少無いのが、やや残念なところとあまり知った顔がいないところ、せっかくなのだから二部は有料なのだが親交を深める意味でも、もっと参加すればいいのになぁとも思ってしまう。次回も時間があればぜひ参加したいところだ。

taka7107 at 07:44|PermalinkComments(0)

2018年08月03日

報告のできない困ったちゃん

う〜ん、なかなか思うように動かない部下を動かすにはどうすればいいか。難しいですわなぁ。メールで依頼してたまに読み忘れてというのはわかります。それくらは僕もやらかします。メールの通数が多いですから仕方ない。でもふつうは上長からのメールは別フォルダに振り分けて、最優先で処理するのがマナーというもの。まぁ、そんなことをする暇もないのでしょう。で、それはこちらもわかっているのであえて、口頭でも伝える。すると、すぐやりますとか、あとでやっておきますとは言う。でもそれでもやりわすれる。また、念押しにビジネス用のLINEのようなツールを使って指示をうけたかどうかを念押しする。すると既読にはなる。でも返事がない。まさに既読スルー。ふつうは上長からメッセージきたら、既読スルーは失礼すぎるから最低限スタンプでも返すのが礼儀でしょうにと思ってしまうが、それすら余裕がないのか。そんなはずはない、仕事時間に送っているので、それだと生活にも余裕がないということ。残業100時間したときですら、週1の報告書は一回も欠かすことなく送るし、会議を欠席したことなどなかった。残業80時間を2ヶ月連続で実施したときなどは、ほかの課長の分まで代理で報告書を記載し、報告までしていた。今の彼は先月はじめて80時間を経験したくらい。それまでは50時間程度、私は60時間3ヶ月連続プラス80時間2ヶ月連続、5ヶ月連続の一般社員だと要注意人物扱いされるくらいの環境においても報告だけは欠かさなかった。それにくらべたらやつはあまりにもあまちゃんすぎますわ。今朝報告書出してなかったらしめあげてやろう。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年08月01日

飲み会は2次会まで仕事。

6末まで担当していたシステムのお客さんがちょうど7月の人事異動で入れ替わりとなり、新体制となった。課長が2名とも代わられたので抜本的な変更である。こちらもちょうど別の課長さんに引き継いだこともあり、今回、お客さんが五反田まで初めてこられての懇親会を執り行うことに。本当はもっと早く行うべきだった。というのも、2週くらい目に訪問には行っているようだが、特に懇親会なし。なので、顔は知っているのだが飲んではいない状況。相手の出方、趣味趣向というものがわからない状況なのだ。お客さんの社内の仕事の進め方もよくわかっていない状況だ。たとえば、両課長の上長の上長はうちの会社の某課長の同期なので話をきけばコミュニケーションのきっかけを与えられる。そしてそのさらに上長に至っては私の大学の先輩であり、学生時代アメフトでランニングバックをしていたということも知っている。学部は工学部だから、実は今回の新課長さんの1名の先輩である。ということを昨日の懇親会でご存じになったという次第だ。我々の方が知っていることもある、情報を与えられる。仕事をスムーズに進められる。決裁をとってもらいやすくなる。我々の稼働も減るといいことづくめ。だから顔をつきあわせたコミュニケーションは大事であり、必要なのだ。そして飲むことが一番大事。これを仕事と思わない人がいるから困るんですわなぁ。どうせ好きな人が飲みに行くのでしょう?とたかをくくって、一次会までは仕事なんdねがまんしますが、二次会はなんの役にもたたないのでおいとましますではダメ。一次会までは確かに仕事レベル。その後の二次会で本音も出てくるというもの。お酒が好き嫌いではない、強い弱いの問題でもない、自分の仕事を楽に進めるための手段が二次会であり、三次会なのだ。お客さんとのコミュニケーションから逃げるような人は将来、仕事で苦労するんでわ。なので、苦労は早めにしておいた方が後で楽になるということがいいたいわけですな。そういう意味ではうちの若手もまだまだですわなぁ。。。( ;´Д`)

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年07月27日

端末貸与よりもBYOD推進の方がいいと思うけど

せっかく勝ったかと思いきや。またまた。しかも、藤浪劇場で、1時間待たされて30分で試合が決着。ほんまに球場に行ってた人は金返せといわんばかりでしょうな。さやねぇの六甲おろしが聞けただけでもとよろこぶのもアネキファンくらいでしょう。それだけであの料金は高過ぎやわ。土曜日の神宮のチケットは購入しましたが、どうやら変なルートでやってくる台風のおかげで、試合中止は免れず。今回の進路はロサリオが三振する外角低めへのカーブのようと朝からてんこ盛りでいわれてました。おもろいけどまじで笑えん。ロサリオよ、二軍でなにやってたのよ。学習せんなぁ、、、ほんまに。明日行けないので、今日行こうとチケットを見てみたら、スワチケは見切れ席含め完売、チケットストリートではまだ高い状態。これが15時くらいになるとディスカウントされていくのでしょうか。安く手に入れば見に行きますか。今日・昨日と涼しくてちょうどいい感じ、蒸し暑さもないし、これは野球観戦日よりですな。 さて、Surfaceの話。会社で一斉導入されるということで、期待満々なのだが、なかなか配られてこない。そんなうちにSurfaceGOなるものまで出てきた。たぶん配られるのはその前のSurfacePro。前のものは800kg程度、今回のGoは600kg以下なので、Goのほうが持ち歩くにはよさそうだが、画面の解像度が低いのでProのほうがいいかなぁと。働き方改革の一手をにぎっているようで、まぁ、これでテレワークが普及すればいいのでしょうけどね。ただ、もう少し業務アプリを軽くして、スマホ対応にしてBYODにした方がいいような気もする。いちいち端末立ち上げて、VPNで接続してとやっているだけで、毎日3分くらいのオーバーヘッドを要する。メールを読むだけだったらスマホで十分。あとは業務用チャット(LINEの業務版)についてもタブレットやSurfaceなんかでやるよりかは個人のスマホで十分だ。端末購入は大きな投資となるのだから、そしてそれに紐付く回線も必要になったりするとかなりのコスト増だ。さてさて、そのコストに見合ったリターンが得られるのか、改革の山場となるかもしれない。

taka7107 at 07:43|PermalinkComments(0)

2018年07月22日

大阪ガスに負けて残念ながら3回戦にて敗退(T ^ T)

ということで、翌日は東京ドームに馳せさんじ。NTT東日本の都市対抗野球の観戦です。まぁ、同じグループ会社なので、観戦も仕事のようなもの。別に残業がつくわけでもなんでもないですが、やはりこの一体感のある応援というのは何事にも代え難いモチベーションにもなるし、応援してそれで勝利してくれようものならテンションは大きくあがります。去年の優勝チームなだけに、そうとう期待はありました。先制の3ランでこれはもらったと思ったのですが、徐々に追い上げられ、送球ミスなど、守備でいけてないところをつかれての失点で逆転まで許してしまいました。8回に1点差まで追い上げたのですが、最後は万事窮すということでした。2連覇もいけそうと思っていましたが、やはり高い壁があったようです。来年もまた応援したいと思うし、もっともっとうちの会社の人たちも参加して応援が盛り上がればいいのになぁと思うのですがね。今の若者は一体感を嫌うようです。ただ、前日にロッテ観戦を行った若者は野球大好きということが判明。来年誘えばくるかもしれませんな。若いうちからこういった面でコミュニケーションをとるのは非常に重要なこと。しっかりと教えて次の世代に引き継いでいきたいですなぁ。。。

taka7107 at 15:05|PermalinkComments(0)

2018年07月21日

ロッテVSオリックス@ZOZO、帰りがめっちゃ遠いのよ。( ;´Д`)

木曜日の飲み会に続き、昨日は、前の上司と野球観戦をする会。居酒屋球場なのでのんびりと野球みながらビールが飲めれば最高だったのだが、上司のお気に入り球団である千葉ロッテマリーンズの応援をする羽目になってしまった。しかも、ライトスタンドという非常にディープな場所で、阪神が甲子園球場でやるのなら、攻撃の際にスタンディングする必要もないのだが、ロッテファンはディープな人が多いので、みなさん、総立ちでの応援ということがわかりました。これは失敗。まぁ、それでも乱打戦でヒットがでまくり、ロッテだけでも17本もヒットがでるという形に。しかも相手方のオリックスさんもうちまくってくれるもんで、9回の表まで7−7でもつれ込んでしまいました。結局9回では決着つかず、延長戦に突入することに。そうなると気になるのは最終電車。23時5分のに乗らないと、辻堂まで帰着することはできないという結果に。なんとか10回の裏、清田のさよなら犠牲フライというかライナーでタッチアップしてサヨナラ勝ち。元上司も大満足、私も一応最後まで試合はみれたということで、それなりに満足で帰宅の途につけました。いやぁ、花火もみれたし、よかったっちゃあよかったんですが、やっぱり毎回スタンディングは疲れるので、できれば次回はクーラーの効いたドームで観戦したいところですな。

taka7107 at 15:03|PermalinkComments(0)

2018年07月14日

都市対抗野球初戦突破\(^o^)/

1年ぶりの都市対抗野球にお出かけ。今年は本部全体としてまとまっていきましょうということになって、いくらか人数が集まりました。去年優勝し、2連覇のかかるNTT東日本。1回の裏に越前のホームランで3得点。2回の裏には9番バッターながら桝澤のホームランで2得点と序盤から5−0と大きく引き離しました。ただ、3回に大竹投手がつかまって3失点。まだまだ予断を許さない状態になって、NTTも0行進となってしまいました。都市対抗野球のだいご味はエールの交換や、守備側であってもピッチャーを応援するということ。さらに、プロ野球みたいに選手別の応援歌まではないので、複雑ではなくシンプルな応援であること。そして社歌を熱唱して、一致団結を図るといったところでしょうか。1年ぶりに味わうこのすがすがしい(きよきよしいではなく)気持ちは、応援する甲斐があるというものです。そして、後半はまたまた桝澤のホームランで追加点を加えて、最終的には6−3で快勝となりました。さぁて、次は2回戦、気を引きしめてがんばってもらいたいものです。

taka7107 at 17:30|PermalinkComments(0)

2018年07月13日

都市対抗野球はじまる

今日も時差Biz特急に乗るべく、一本早い上野東京ラインにて横浜に。今日も横浜から着席できた。さすがに、元町・中華街から乗ってくる人はほとんどいないようだ。渋谷まで行ってしまうと山手線しか選択肢がなくなるし、渋谷の雑踏を歩くのはいやなので、手前の自由が丘で乗り換え、大井町線で大岡山で、さらに目黒線に乗り換えて不動前まで。まぁ、自由が丘の手前の武蔵小杉で乗り換えればいいのだが、大井町線も乗りたかったのであえてこのルートに。不動前のマクドナルドにて朝の一時は五反田通勤になってから初めての試みで、いつものお店と違うとなにか新鮮な気分になれるのがうれしい。時差Biz特急なんてのは年中やってもらえるとうれしいのだが、今月の13日〜20日までの平日のみというなんともかなり限定的な運用。もったいない話ですわなぁ。。。 さて、今日は年1回の都市対抗野球の第1回戦の初日。昨年優勝した我がグループのチームは本日から始動。昔は部署をあげて、特に若手を動員して応援に行ったというのですが、もはや一昔前の話なのか、まぁ、グループの会社なのでそこまで力入れる必要がないのか、強制力はない。とはいえ、我々のお客様でもあり、非常にお世話になっている会社が出場するというのに応援に行かないという解もないでしょう。担当で何名か募ってみたが、結局、去年、一昨年と一緒に行った同じメンバー。時代が違うのか、、、せっかく働き方改革でがむしゃらに働くのは御法度となっているのだから、余った時間はこういうところに活用してはいかがなものだろうかと思うんですけどねぇ。。。まぁ、そんなことは仕方がないにして、サッカーワールドカップの日本以上にこっちの方がモチベーション的にはあがる感じ。がんばってもらいましょう。( ´▽`)

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年07月05日

顧客満足、効率化、品質向上

おぉ、やっと勝てました。ワールドカップで日本がトーナメント勝つよりも100倍うれしいですな。やっぱ、タイガースの甲子園での勝利は大きいものです。藤浪もねぇ、、、だいぶましになってきてなによりです。心配なのはドリス。毎回、ノーアウトでランナー出して、1失点はしてしまうという始末。これではクローザーの意味ないでしょうに。なんで一人目から三振とれないのかなぁ。。。まぁ、1点差でも勝てれば官軍。バカープが負けてくれればよかったのになぁ。。。とりあえず、これで9連戦を1、1として、残り7つとなりましたが、ここ2日はおそらく雨で中止、そしてバカープとの3連戦がまっているので、う〜ん、勢いつけて行きたいところが少しくじかれそうですなぁ。。。まぁ、とにかく梅ちゃん3ランあっれでした。ばんざーい。\(^o^)/ さて、仕事の話。働き方改革と言われるこのご時世。RPAというロボティスティック・プロセス・オートメーションなるものがはやっていますね。我々のグループでもWinactorなるツールを販売しているようですが、まぁ、世の中とにかくロボットにお仕事はまかせて自動化し、効率化を図るという流れではあります。確かに、業務の中で毎回、データ抽出したものをピボットテーブルを使って表・グラフを作成してという作業は自動化すべき対象でしょう。われわれITの会社にいながらこういったことに疎いのが弱点。是非、世の中で実践していることを取り込んで、われわれも積極的にやっていくべきなんでしょうね。7月から総括業務も請け負うこととなり、12年前にこの部署に異動してくる前にやっていた業務を思い出しました。総括業務のお客様はその部署で働く社員。その社員が少しでも快適に仕事ができるような環境を作るのも使命。そしてなにより、無駄な業務は省くののと、効率化すること。顧客満足度、効率化、品質向上、どの業務であっても共通の3要素ですが、総括であっても、この3つを意識しつつがんばっていきたいと思います。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年07月04日

凍てつく空気は作らないでほしいなぁ。。。

甲子園で弱いらしい。最近勝ってないみたいですね。ハマスタとか神宮ではあれだけ大暴れできるというのに。なんてことでしょう。実は昨日の試合はとあるお客さんからお誘いを頂いていたのですが、第2四半期も始まったところでなかなか平日の真ん中は調整しづらかったのでお断りしていました。試合内容的にあんな試合を見せられては辛いですな。行かなくてよかったという結論です。 さて、新入社員の育成の話。MBOシートという手法を使って自己育成管理を行う我が社の育成方式。部のえらい人にプレゼンするという場が昨日ありました。そこで思わぬ辛口コメントをする部長。普段はとても温厚なのに、なぜかすこく熱弁を奮って周りが凍り付いてしまいました。普段から厳しい人と分かっていればまぁ、それなりの対策は事前に考えられるのでしょうが、想定外の振る舞いに躊躇せざるを得ません。ただ、それが新人のためを思っているとか、育成に関してはとにかく厳しく行くのだという方針が一本定まっていればいいのですが。。。昔と違って、いまは働き方改革云々という時代ですから、叱咤激励してのばすというのとも違うんですわね。で、こだわりがどうも研修で何を学んでくるのかと資格のところ。確かにこれから直近で行く研修は正直今の業務には直結しないこと。これをどう動機付けするかは厳しいところです。ただ、今の仕事には役立たないのでというのはNGワードであって、きちんと動機付けしてあげてくださいねというのが育成からのお願い事項。まぁ、それを動機づけされて新人君たちが答えられなかったのはいけてないところではありましたが。とはいえ、今年の新人からは確実に2〜3年で違う部署にローテーションされるとの方針。そうなるとOJTで学ぶ、プログラム開発の演習は非常に有用になるはず。そのことを事前に伝えてあげる必要があったわけですわな。う〜ん、難しい。ただ、厳しく叱って空気が凍り付くのだけは勘弁してほしいなぁ。フォローするにも全否定されるとやりにくいし。。。でもその部長は自分にはめちゃめちゃ甘いのですが。。。

taka7107 at 07:32|PermalinkComments(0)

2018年07月02日

第2四半期始まる

いやぁ、最後はひやひやさせられました。まったく、ドリスは懲りませんなぁ。。。もうちょい練習せいやといいたくなりますが、まぁ、なんとか逃げ切り。これで連勝、2位浮上とあいなりました。2回に一挙、6得点とったときは、今日も神宮で大暴れとおもってましたが、そのあとがおさえられちゃいましてね。。。陽川もイマイチ、ナバーロもイマイチってことで少し残念でしたが、まぁ、勝ったのでよしとしましょう。 さて、今日から第2四半期の始まりということで七月に入りました。第一四半期という助走期間を経て、これからぐんぐん加速し、事業計画を達成しなければいけないところになりまが、とはいえ、会社の施策で管理者は全員フレックスタイム制になったりと、少し戸惑いそうな形になっています。ぜんぜん説明会もないままに、やれフレックスタイムせいといわれましてもねぇ。。。なにがよくてなにが悪いのやらよく分かりません。自由に時間をずらせるので、無駄な年休をとらなくてもシフトで対応できるということもあるのでしょうが、年休が売るほど余っている管理者にとっては意味のないこと。ただ、まぁ、それ以外で、一斉休暇をとりましょうといか、早帰りの日を設定しましょうという施策はまぁ、いいところ。みんなで休める風土づくりは大切ですね。でもまぁ、年度末のあの死ぬほどつらい忙しさに比較して、この緩い感じ。年間通じて、稼働が均等されないと、緩急がきつすぎて体にこたえますわ。お客様商売をやっている限りは逃れられない呪縛なのかなぁ。。。とはいえ、人間の本質かもしれないけど、年度末まで先送りするというサザエさんでいうところのカツオみたいなタイプがもう少し計画的に仕事をしてくれれば年度末にあわてるということはなくなるはず。ただ、人間の本質なので変えられないか。。。

taka7107 at 07:20|PermalinkComments(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい