お仕事

2018年06月17日

フレックスタイム制度導入

7月からの勤務スタイルが少し変わる。毎年、わが社では生活スタイルを変革させようという働き方改革の一環として、フレックスタイムを試行的に導入したり、個人ごとにシフト勤務が実施できたりといろいろとやっているのだが、とはいえ、なかなか浸透がすすまなかった。そこで今年は一気に導入を推進しようということで、管理者が全員フレックスタイム導入するということに。当然、私も漏れなく対象ということになる。フレックスタイムは月間の勤務を月初めに計画し、コアタイムだけは必須で会社に居なければいけないが、それ以外は業務の状況に合わせて早めに帰宅したりということが自由にできる勤務形態。たとえば、毎週金曜日は習い事があるので、その日は早く帰るように勤務時間を設定し、その分を木曜日の勤務時間を長めに伸ばしておくということもできるということだ。まぁ、管理者になると残業で残業代というものが関係なくなるので普段からまぁ、そこそこ自由な勤務形態にはなっているのだが、それでも毎日同じ勤務時間でというよりは少しメリハリをつけて仕事に取り組むということで、トータルの残業時間を減らすことができるというのが会社側のメリットでもあるのでしょう。とはいえ、夜間の勤務ができないなどいろいろと問題点もあって、特にわれわれのように夜間工事のあるシステムをもっているチームにとっては導入が足かせとなっている。今回はとにかく実施ということなので、まずはやってみてという形にはなるのだが、はたしてそう残業時間は減らすことができるのであろうか?


taka7107 at 09:41|PermalinkComments(0)

2018年06月12日

最後の部下面談

前のグループのメンバーとの面談を開始。なかなか本音は言はないというか、言えないというか、そもそも不満すらないのか。私が面談を受ける際の時は、必ず親の高齢の話をして、何かあったらお休みをもらうかもしれないということを言うことにしている。とはいえ、そういった困り事を聞いてくれない上司も居るので、基本私はかならず部下との面談では聞き役に徹する。伝えたいことは最初にすべて話をして、あとはすべて聞くというスタイルだ。まぁ、とはいえ、困ったことがないというのはまぁ、平穏無事でよいということ。なにより、「今忙しい?」と聞いて、ほとんどの人は忙しいとは答えない。本音なのだろう。ちょうど仕事の閑散期ということもあって、ストレスがない状態なのだと思われる。そんななか、次のリーダーとして期待しているメンバーに面談すると、確かに原因は不明だが、多少ストレスはあるようだ。とはいえ、残業が多すぎるわけでもなく、大きな仕事を抱えているわけでもない。となると、続くようであれば病院いけばとぐらいしかアドバイスできないのだ。上司は医師ではないので、原因不明の体調不良を相談してもどうしようもない。その場合は、自ら、病院にいってきますぐらいの判断はほしい。まぁ、将来の課長になるような人材であればなおのこと。面談する側の立場を考えた発言が必要だ。なので、こういった場でなにもはなすことがないのであれば、両親の問題など、自分から少し離れた、致し方のない外部要因ぐらいを相談しておくのがいいと考える。う〜ん、ちゃんと理解しているのかなぁ。。。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年06月09日

飲み力、遊び力のない人は管理者には向かないとおもうけどね。

関西地方も梅雨に突入。ところが、さっそくの梅雨の晴れ間。洗濯とか部屋の風通しができて助かりました。明日からは雨とのことで、貴重な一日でした。 さて、昔お世話になったお客さんからLINEで連絡をもらう。来週の木曜日に東京に来るとのこと。じゃあ、飲みましょうかという話をしたら、乗り気になってくれた。うちのメンバーからも結構好かれているお客さんだったので、いろいろと声をかけてみたら、かなり乗り気で調整してくれた。しかもママさん二人が。。。最初は、まさか飲み会までは無理だろうから、時短勤務で打ち合わせくらい設定できれば御の字かと思っていたら、なんと旦那さんと交渉して飲み会もいけるようになりましたとのこと。う〜ん、すばらしいねぇ。。。お客さんにも好かれるわけですよ。お客様満足度があがりますなぁ。。。で、今回声をかけたメンバーを見直してみると、全員、うちの部署とは違う、別の部署のメンバーだった。そう、うちのメンバーは仕事はできるけど、お客さんと飲むとか、お客さんと遊ぶということを一切知らない、まじめすぎておもしろくないメンバーなのだ。これでよく仕事がとれるなぁとも思うが、まぁ、まじめであることはなによりもの強みではあるので一番大切なこと、そこができているからなんでしょうね。でもこれから管理者の仲間入りしようたるものが、お客さんと飲まないというのもねぇ。。。本当に将来、うちの部署を背負ってたてるのでしょうか?ちなみに、部内の飲み会でも毎度毎度、参加をしぶるという有様。ちょっとカツをいれないといけないかもしれません。

taka7107 at 22:22|PermalinkComments(0)

2018年06月01日

話題は7月人事

やっぱりね。交流戦3連敗。ほんともう交流なんてしなくていいからやめましょうよ。まぁ、ソフトバンクからのあたりというのもありましたが、それにしてもねぇ。。。なさけないというか、ふがいないというか、なんでこんなにつまづいてくれるんでしょうかね。腹立たしくなりますわな。 さて、熊本の報告会。アップグレードしたプレミアムクラスで快適移動のはずが、天気がよくなく、ずっと雲の中の飛行でゆれるゆれる。まぁ、なんとか朝食はいただくことができてよかったのですが。。。あとWifiが無料でつながり、GPSと組み合わせると、速度メーターや地図で現在地が特定できて結構楽しめたりもした。空港に降りて、バスで市内に移動。交通局の近くで下車して路面電車の車庫見学に行くも雨で移動もしづらく、結局しばらくみただけであまり楽しみもなく、すぐに市電にのってホテルに到着。荷物を預けて打ち合わせに。そして夜は懇親会。熊本城を目の前に見ながら、半年ぶりの再会をはなします。大きな話題は7月の人事異動。お世話になった部長さん、課長さんの両名とも同時に異動されるとのことでその後任が気になるところではあります。後任は聞けませんでしたが、移動先の情報は聞けたのでよかったですわ。さて、7月からどうなりますかねぇ。。。

taka7107 at 07:55|PermalinkComments(0)

2018年05月31日

今日から半期報告、いざ熊本へ

まぁ、なんともいけてない試合で。やっぱりロサリオが。。。。3三振ってほんまになめとんかって感じですわ。いつまでおいとく気なんでしょうね金本さん。これ以上のポンコツありませんで。これから毎日1本、シーズン終了まで打ってくれたとしてやっと価値発揮ぐらいでしょうが、そんなことはとうてい期待できそうにもないので、即刻クビにしたほうがええわ。 さて、今日から熊本での半期報告会。今まで、一度も開催されたことのない熊本ですが、お客さんの粋な計らいによりやっと実現しました。熊本復興祈願ということでいっぱいお金を落としてきましょう。まずは行きの行程は飛行機にて。久しぶりに羽田空港です。半年前の札幌以来かしら。熊本まで1時間40分強のフライトなので、ここはプレミアムクラスにポイントをつかってアップデートするのがよい。今まで、このアップグレードって空港のチェックインの機械かカウンターに行かないとできないものだと思っていたら、いつの間にやらアプリでできるようになっているではないですか。これは便利。事前にアップデートできることが確定しているってありがたいことですね。もっと前から知っていればよかったですわ。まぁ、それはさておき、あとはラウンジでゆったりとしてからフライト。ブログを書いたあとは少し会社のパソコンでお仕事をして、でも飛行機の中でもWifiあり、かつ無料なので無理にやることもないのかとも思ったりするが。。。あとで飛行機の中でもつながるか試してみたいところだ。月末月初なのでいろいろと事務処理もあり、少し迷惑ではあるのだが、まぁ、いいか。

taka7107 at 07:30|PermalinkComments(0)

2018年05月30日

3年前のトラブルを思い出す

交流戦の大事な初戦やったのになぁ。。。やっぱりロサリオいらんわ。2安打しようが肝心な場面で打ってくれんと。。。ほんま、2軍落ちでええよ。凡ミスばっかりしてるしなぁ。あと鳥谷。1939試合連続で終了。おつかれさま。そんなぶざまな格好でつないだ記録に意味はないで、もっと早くに決断するべきやった。あとは2軍で根性から鍛え直してもらってこい。 さて、ふと仕事で3年前のできごとを振り返らなければいけない事情になっていた。社内の資格申請でいろいろとエビデンスが必要だからだ。3年前の8月にトラブルを発生させていた。ロードバランサと呼ばれる装置の設計ミスでWeb系の通信を止めてしまったのだ。ロードバランサの設定をもとにもどせば即トラブルは回復できたのだが、たまたまロードバランサのログインができないという二重障害が発生したのだ。これによってサービス停止が長期に渡り、長期間故障ということで社内でも重要視され、品質会議に付議せざるを得ないことに。でもこのトラブルをきちんと対応したことによって、その証跡がきちんと残り、その資料をみつけて、今回の資格申請に利用できる。しかもその後、赤本という社内でのトラブルにまなぶ教科書みないたものにも載せることとなったため、それも証跡として提出することができる。当時はトラブルで夜も眠れない大変な日々が続いたし、つらい思い出ではありますが、やったことはかならず報われて帰ってくるということが分かりましたのでいまとなってはよかったかなと。お客さんに迷惑をかけたことだけが申し訳ない限りですね。そんなお客さんとのおつきあいも3年。お役所系なので3年で人事異動となることが多く、おそらく次の7月で異動になることはほぼ確定しているらしい。本当に3年間ありがとうございました。そして、就任しょぱなにこのトラブルでご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年05月29日

礼儀知らずの自分勝手な管理者が組織をダメにするんだろうなぁ。。。

いやぁ、いよいよ交流戦となりましたね。ほんとはこのままの状態で今シーズン終わってほしいかなぁ。これでずるずると落ちていくようなところは見たくないのだが、今年こそはよくなることと信じてがんばりましょうか。2位ですからね。4ゲーム差なんとか巻き返しましょうぞ。 さて、礼儀、マナーの話。入社したときにきちんと教えてあげる人がいてほしいものですね。私はお恥ずかしながら同期の人から指導されました。でもそのことがあって、きちんとできているつもりです。何かというと、雛壇の上長席へのアプローチ方法です。前を横切って行くなどもってのほか、基本は入り口側の通路を迂回して行くもの。それは今でも気を使うところです。それができない若者が多いこと。近道なのは分かりますよ、でも頻繁に通られたら気になって仕方がないじゃないですか。そんなことをお構いなしに課長までやっているのだから困りものですわな。しかもあろうことか、上長の席の後ろを通路にして通っていくなんて。。。です。案の定、自分勝手にスケジュールを何回もリスケし、みなさんを振り回してくれます。でも組織の売り上げのためにやってくれているのだと思うとじっとがまんではありますが、そんな上長に育てられた部下がかわいそうですわな。非常識、周りに迷惑、こんな社会人があふれるようだとうちの会社のブランド力が落ちるでしょう。というか世の中全体が変になって日大みたいな変な大学がうまれてしまったんでしょうね。もはや日大のダメダメキャンペーンは見ていてコントではありますけどね。次はなにやらかしてくれるのかと期待してしまいます。( ´ ▽ ` )

taka7107 at 07:23|PermalinkComments(0)

2018年05月27日

熊本の準備中

来週の熊本出張に向けていろいろと準備をしないといけない。遊びの計画はばっちりだが、それ以外の本業のほうもしっかりとせねばということだ。資料のレビューは2時間かけてだいぶ前に実施。資料のプレゼンも練習してもらっているようだ。まぁ、どれだけ稼働かけるのというくらいの入念ぶり。ありがたいことだが、もう少し別のことにもパワー使おうよとも思ってしまう。いつも他のグループの発表がおせおせになって時間がとれず、発表したらつまんないとか眠くなるとかさんざん酷評されつつも、今のメンバーが作ったのではということでメンバーを入れ替えて作成。まあ、そこそこにできばえは自信があるのだが、そこはあくまでも作らせるというスタンスのリーダー。この大一番なのだから、ここでこそ自分で作成能力発揮させるとか、ナンバー2に仕事をふるとかすればいいのだが、あくまでもしなかった。はたして、うまくいくのでしょうか。とはえ振られたひとは前もこの業務の経験があるので、安定感はある。ただ、ぴかいちのSE能力が求められるところ。できればナンバー2にもやらせたり、報告会に参加させてほしいところでしたが。。。。吉とでるか凶とでるか。まぁ、そこはまかせた私の責任。でもやりますといって相談しないんだようなぁ。。。もう少しやる前に上長と意識合わせをしてくれないと、やります。できました、これでいきますではね。私の思いがどこまで反映できるかを本当に考えているのかしら。。。

taka7107 at 12:06|PermalinkComments(0)

2018年05月26日

お世話になったかたの送別会は無事完了

勝ちはしましたがねぇ。楽勝のはずの試合が。。。ロサリオがチャンスで打てば7−4で勝利の予定でした。それがまさかさよならゲームになるなんて。これで負けていたらほんとにしゃれになってませんよ。しっかりとしてちょうだいねって感じです。それにしてもロサリオの代打で鳥谷ってのもね。ドングリのせいくらべなのにそんな二人にこだわるから上位争いに組み込めないわけですよ。ちゃんとがんばりましょう。 さて、昨日は前の上長の送別会。今回は司会ではなく、経歴紹介。プレゼン資料を作ってみなさんの前で発表という感じでした。司会は総時間二人で5分程度しかなかったのが、今回のプレゼンはひとりだけで10分程度。特に練習することもなかったのですが、まぁ資料づくりにも少々時間がかかったりとまずまずの時間が必要ではありました。おもしろかったという評価もいただき、そこそこの成功に。ただ、今回も面倒なことを全部押しつけられている感がいなめないところがちょいと腑に落ちない。最後の締めの挨拶で楽できるはずだったのになぁ。。。前回の締めの挨拶は主賓がおおすぎてそのひとりひとりにお礼をいうだけでも7分間のプレゼンになりましたよ。しかも出席者100名くらい。今回は40名くらいなので楽なもの。そんな楽なところをうまくもっていかれましたな。見事にはかられました。とはいえ問題は今後の継続。どうも人が集まらないからやめたいとかいっている輩がいるから困りもの。まぁ、私的にはお世話になった上司の送別会ができたので、今後の送別会をどうするかは別にいいにして、せめて退職者と部長以上の送別会などは組織として実施したほうがいいでしょうね。

taka7107 at 11:36|PermalinkComments(0)

2018年05月25日

飲み会を避ける人たち

先週の司会に続き、今週も送別会で、今回は経歴紹介を。まぁ、今回は40名弱だし、内輪ばかりなのでそれほど緊張することもないのだが、そんなに通しで練習しているわけでもなく、結構アドリブ力が要求されるのでうまくいくかどうかが心配なところ。お世話になった上司なので欠席するわけにもいかずという感じだ。 さて、飲み会の話。最近若手が集まり具合が悪いというのが問題となっている。前は品川で開催していたころは会社の食堂なので無理言って増減がきいたらしいが、五反田になるとそうもいかずにドタキャンが多いと調整する側が苦労するらしい。そもそもドタキャンするのが社会人としてどうなのかというのもあるだろうし、とはいえ、トラブルがいつ発生するか分からないからそうなると欠席で報告という形になって、総数が減るのか。そもそもみんな別に飲むのが好きで飲んでいるわけではなく、コミュニケーションをとるとか、お世話になった人に敬意を表して送り出すというある意味社会人としてあたり前の行為をおこなっているだけなのに、やれ、働き方改革だ、在宅勤務だと、社員にとって優位な条件を提示すると、それが当たり前のようになって、このご時世に飲み会するのかなんて言い出す始末。いつの時代になろうが、環境が変わろうがコミュニケーションをとらなきゃ、仕事がうまく行かないことは誰もが知っているはずなのにね。若い世代にはまずそれを理解できるベースすらなくなっているのが困る。まぁ、若い世代というか、うちの職場の場合は私の数年下の世代だからこれが困りもの。飲めないからでないとか、家庭の都合があってとか先約があってと逃げる人たち。。。管理者になろうとも人が、会社を優先しないで、働き方改革とか、ワークライフバランスとかを盾に逃げるのだ。ほんと困ったもんだ。行く末が心配されますわ。

taka7107 at 07:24|PermalinkComments(0)

2018年05月20日

集いプロジェクトがやばかった理由分析

金曜日の司会を務めた飲み会の中の話。失敗しなくてよかったが、大成功というわけでもなくむしろひやひやものだった。なぜなら段取りが悪すぎるからだ。そもそも言い出した元上長が今回の会の幹事長としてプロジェクト全体を企画しているのだが、それが全幹事に行き届いてないのだ。なので非常に不安であり、大丈夫なの?と思ってしまうことになる。それがわかったのが火曜日に打ち合わせを実施したとき。さすがに司会をお願いされたからには一度は幹事の方々と打ち合わせをしておかないとまずいだろうということで私の方から打ち合わせの依頼をしたのだが、打ち合わせの中で、かなり不安になる発言が。「あっ、それはメールでだれだれにお願いしているので大丈夫なはず。でも返事ないんだよねぇ。。。」と。まじか、担保とってないんじゃん。これはプロジェクトとして大変やばい。俗にいう、ポテンヒットがありまくるパターンです。ただ、司会を担当し、かつ日常の業務も逼迫していたのでいきなりここですべてを仕切ってしまうわけにはいかない。ここはある程度おまかせするしかなかったのだ。とはいえ、結局最後は、当日の段取りとなったので、少し早めに出かけて、現場ですべて調整するということしかなかった。結局まぁ、それでなんとかなったのだが、本当はもう少し、スタッフを拡充して対応するのがよかっただろう。次回への反省ですわな。しかし、当日、余興の担当者がドタキャン、幹事長がそこを代行するというのもヒヤリハットですわな。こわいこわい。

taka7107 at 18:54|PermalinkComments(0)

2018年05月19日

はじめての司会

今週一番の大仕事、お世話になった元上司の感謝の会での司会をするという大役が。もちろん、人生の中でなにか司会らしきものやるなんてことは一切やったことない、はじめてのおつかいならぬ、はじめての司会だ。やったことないからもちろん、自信はまったくないし、あがり症なので緊張すると頭が真っ白になり、何を言っているか分からないという大失態をしてしまう可能性もある。よくもまぁ、そんな私をご指名しましたねぇ、と内心思いつつ。元上長からのお願いであり、元上司のという一大PJの中でこれを断ってしまったことがどこぞのルートからでも漏れようものならそれはそれで大変申し訳ない思いしかなく、受けざるを得ないというというところが正直なところ。ただ、シナリオは元上長が作成してくれたので何の心配もなく、ただ、アナウンスする人の役職とか部署名、名前の読み方を何度も確認し、あとはひたすら、間違えないようにと、練習するだけだった。1週間前に5〜6回の録音を繰り返す。二人でやるのでもう1名分のパートも録音し、自分たちがしゃべるパートを合計するとたかだが5分にしかならない。それでも140名も集まる会の司会というのは荷が重すぎる。名前を間違えたり、かみかみになってしまったりとマイナスなことばかり考えてしまう。まぁ、NHKのアナウンサーであったら過去にあった紅白との時のように降格や左遷はあるかもしれないが、まぁ。。。とはいっても大先輩の会、失礼があってはいけないのだ。で、その結果が昨晩あった。結果的にはまぁ、問題なく無難にこなせたというところ。失敗しなかったことが何よりの成果か。ふぅ、よかった、よかった。1週間にもおよぶ鬱な気分がやっと晴れました。

taka7107 at 17:26|PermalinkComments(0)

2018年05月17日

ネタを準備しないと

いろいろな場面でひとこと求められた時に、少しおもしろいことも言わなければいけない場合もあるが、普段からなにも考えていないとおもしろいこともいえない。とはいえ、そんな機会はあんまりなかったので考えることもなかったのだが、最近こと増えてしまったので何か考えておこうと朝の電車の中でさっと考えてみた。カテゴリー的にはいろいろとあって、まずは内輪ネタ。これはまぁ、鉄板でたいていの場合は受けるのだが、内輪になりすぎるキライがあるので気をつけなければいけない。うちの場合で言えば、忘年会のネタになるとか、指差故障を毎日実施しているのでそういったキーワードだったりだ。次に時事ネタ。セクハラが話題になっているので事務次官とかメンバーとか解散とかが話題になるのかもしれない。少し堅い話題で行くとシンガポールでの米朝首脳会談などだろう。 そして、はやりのテレビとなるが、これは主賓が見ているテレビにあわせるのが無難ということか。私的にはチコちゃんのぼーといきてんじゃねぇよとかはとてもはまるキーワードなのだが、むずかしい。やってまったとかチェスト、きばれとか朝ドラとか大河ドラマであればたいていはまりそうなものだが、大河ドラマをあまりみない幹部も居たりするので困ったもんですな。そして最後はその主賓にあわせたキーワードですかね。今回の主賓は某球団のファンなので、謎の魚とかでいじるのもいいかもしれないが、謎の魚はあまりにも知られていないキャラなのでビールの売り子ネタで。たとえば、去年、売り上げ目標を達成できずに解散となった売り子メンバーを本会に呼んだが、就活で忙しくてこれなかったなんて真っ赤なウソネタなんてのはどうだろう?なんてこと考えたりである。まぁ、もう少し考えてみようか。

taka7107 at 07:49|PermalinkComments(0)

2018年05月15日

新しいことをするための管理者としての意識

新しいことをするには原資が必要だ。その原資がないから新しいことをできないのだという理論になると、自転車の最初のひとこぎができない。ただ、原資をもっているプロジェクトは正直手一杯でなにもする余裕がない。であれば発想の転換として原資をもっているプロジェクトが自分たちの業務改革のためにお金を払って、改革してもらうためのスポンサーになるという発想はどうだろうか。そうすれば間接費という手持ち稼働のお金を利用しなくとも新しいことはできるのだ。我々はやっているのでそんなこといちいち言われなくてもというのがスタンスのようだ。であればやっていることを組織の中に広めるという文化にならないと意味がない。その意識がないので管理者同士で打ち合わせしても不毛なことで終わってしまう。何か新しいことをする。それは自分たちがするというよりもそれを牽引させる次のリーダーを育てるというのが正しいだろう。だとすると、管理者だけで打ち合わせしてもあまり意味がなく、その下に面倒なことを落とさないための防波堤で終わってしまう。組織を新しくしようとするにはそういった風土改革が必要なのだろう。まぁ、向こうが報告にくるスタンスがないのであれば、こちらから出向いて報告を求めればよいのか。まぁ、そうするしかないだろう。

taka7107 at 07:40|PermalinkComments(0)

2018年05月12日

なんか雑用が多い

連チャンで続いた飲み会から解放されて、やっとフリーで残業からも離れて夜の時間を楽しもうとネットを見たら1回ですでに0−6。その後もばんばんいれられて屈辱的な大敗。これだけ大敗したら翌日は少しはましだろうと思いきや、また見るも無惨な結果になっているではないですか。もう野球のこと考えるだけで憂鬱になるのでやめましょう。 さて、仕事の話。仕事というか、まぁ、これも仕事のうちなのだが、面倒なことが次から次へと起こってくる。先月はまぁ、壮行会の締めの挨拶というのを賜り、まぁ、なんとかがんばってこなした。それでも事前に何度も何度も練習し、1週くらいはかなり憂鬱な日々が続いたのだが、まぁ、それに匹敵するようなお仕事が舞い込んできました。まぁ、出欠確認という雑用的なことをやるだけでもかなり面倒だったのに、それに加えてそんな大役を押しつけますか。。。みたいな感じですわ。課長級であれば誰でもよいのなら、せめて雑用くらいは私でなくてもよかったのでは?と思ってしまうが、まぁ、もともと受けていた人がメールを読まずにすっぽかしたという失態もあって、その尻拭いですわな。そういう、まぁある意味非礼な方もいるし、方や優秀な若手の課長はおれど、こういった雑用関係は一切やらないという困ったさんも居たり、中堅の私より年寄りの課長さんはそもそもこういった話には近寄ってこないと問題山積ですわな。こんな課長をまとめて仕事をやっていかなければいけないのはかなりやっかいなこと。それをまとめる部長が牽引力がないというこれまたこまったちゃんですからねぇ。。。どうしたものやら。。。

taka7107 at 17:38|PermalinkComments(0)

2018年05月11日

お仕事飲み

いやぁ、なんてことでしょうかね。どちらのチームもたいして打ててはいないのですが、ドームランに負けてしまいました。一発の恐ろしさ。せめてロサリオがそれを覆す活躍してくれればよかったのですが。。。と批評しつつ、昨日は飲み会のため一時もみられない状態。かつ負け試合なもんで動画で見直したいとも思わないという感じですね。3位転落、まったくなにをやってくれているのやら。。。ですわ。 さて、仕事の飲み会のお話。一昨日のお肉の会に続いて、昨日は新しい上長との飲み会でした。高得点だったので期待して予約したお店ではありましたが、個室といいつつも完全個室とはちがい、かなりオープン。まわりの音も結構きになるざわざわ状態でしたね。料理はとりの料理がうまいのですが、つぎからつぎへとさっさと出されたらかなり間があいてしまうという始末。飲み放題ではありましたが、それほどお得感もなくあきませんわ。五反田に来てから、飲みに行くような時間もとれないこの半年間の地獄の案件対応があったので、まったくリサーチできてませんね。ただ、昨日の飲み会のゲストの前回の案件でお世話になった方が、いい店あるよと教えてくれました。こういった情報交換がやはり大切ですね。次回はそちらにしましょう。 で、昨日学んだこと。新しい組織長は仕事は厳しいですが、ユーモアたっぷり。基本は自虐ネタもありですが、とにかくなんでも自分でがんばるネタって感じですね。あとはえらい人とはおもしろいエピソードをいろいろと持つというのが大切なんだと。若くして昇進するエリートな方はこういうところが違うんだなぁと学ばせていただいた感じですかねぇ。。。たぶん私のひとつ上くらいだったと思います。すごいなぁ。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2018年04月27日

出欠確認で手間がかかる

最近radikoの調子がすこぶる悪い。まず起動でつまづく。GPSを探しているとかのメッセージがでるのだが、そこから先がいっこうにすすまないのだ。また、運良く起動できても途中で音声が何度もとぎれる始末。有料サービスがこんな状況ではこまりますなぁ。。。ネットで調べると当たり前の様に位置情報サービスがONになっているかとか、端末を再起動してみましょうとか、ほんと当たり前の情報しか出てこない。どうやら地域判定から起動画面が進まない問題は4/21から発生しているようで、アプリのストアの評価には書き込みがあった。どうやら、全員同じ状態になっているようだ。ということはいつかは改善されるということか、しばらく様子見としましょう。 さて、最近、昔おつきあいのあった同じ部署の人たちと連絡をとる機会が多い。連絡するのだが、つながらず、また電話番号が違っているとか、SMSで送信しても返事なし。電話して留守電にいれても返信こないなど、いろいろと問題あり。誰に聞いても連絡先はよく分からないというような状況だったりする。元課長さんなのですから、ちゃんと周りの人に連絡先ぐらい残しておいてほしいものです。そして、連絡したら即返信するぐらいの即応性がほしいところですね。●●会の出欠確認。そんなもの本人が出たいか出たくないかの2択でしょうに。誰々の様子を見ながら、締め切りのぎりぎりまでなんて考えている人は絶対にわすれてしまって迷惑かけるパターンですわ。とりまとめる立場もちゃんと考えてほしいもんですね。

taka7107 at 07:22|PermalinkComments(0)

2018年04月26日

安全性、生産性、働き方改革、うち手なしでは行き止まり

ゴールデンウィークが近づいてくると思い出す、尼崎の脱線事故のこと。あれから13年になるのだろうか。関西で起きた鉄道の大事故ということで、記憶にも新しく、事故現場を通る時はいまだに背筋がすっとするような思いをすることもある。社員の健康あってこその健康的な経営でもあるだろうし、トップダウンで押しつけて現場を苦しめること事態がもはや時代遅れとなりつつある。とはいえ、世の中働き方改革ということで、表向きは改革されているように見えるが、そのしわ寄せをすべて管理者に押しつけて、中間管理職の残業が増え続ける。残業代を支払わなくてよい管理者ならいくらでも使ってよいだろうという発想になるのでしょうかね?まぁ、現場のメンバーが定時であがるから仕方なく、責任感のみからやらざるを得ないという感じになるのかもしれない。いずれにせよ、今一度、この働き方改革にもメスをきちんといれて、できること、できないことを仕訳しないと無理があるだろう。安全をもとめるべきところは、きちんと負荷分散して健康経営、生産性を求めるところは協力会社を活用するなどしてコスト低減して健康経営。いずれにせよ、なんらかの対策を打たない限りは頭打ちになることは明白ですからねぇ。。。。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年04月25日

1時間かからない仕事を5日間ほったらかしであげくの果てにたらい回しかい。

朝から大雨だったが、車で駅まで送ってもらえたおかげで快適通勤と思っていたら、五反田の駅を降りて喫茶店に歩くまでの間に結構びしょびしょになってしまい、気分はげんなり。う〜ん、せっかくいい気分だったのになぁ。。。 さて、元組織長の感謝の集いなるものが開催される。5月にあるのだが、その出欠確認を急遽依頼された。メールで送付して確認するだけなのに、なぜか5日間もメールをほったらかしにしたあげく、忙しくてやってられないからお願いと急遽仕事を投げる始末。確かにこの時期は部下の面談等もあって、忙しいのはわかるが、もうちょっと計画的にやるとか、メールが読み切れないのであれば土日にリモートでアクセスしてうまく段取りをするとかすればいいのにね。昨日の夜も飲んでたみたいですし、ほんとに困ったもんですわ。まぁ、一時間もかからずにメール送信は完了したので、あとは返信を待ってとりまとめるだけか。本来であれば1週間あった締め切りが、1日になってしまったというタイムロスを挽回しなければいけないのでそこは催促するしかないのですが。。。いやいや、1時間で終わる仕事を5日間もほったらかしというか、自分で忘れていて後回しにして、説明がないから何もできなかったといいわけするところが常識はずれでもありますな。ほんと、困ったもんです。

taka7107 at 07:21|PermalinkComments(0)

2018年04月24日

新入社員がやってきた

昨日は新入社員の歓迎会。平成7年生まれということにびっくり。もはや、私が会社に入社した年に近い。来年はまさにその入社年次生まれの社員が入ってくるということか。すごいなぁ。。。月日の過ぎるのはあっという間なんですなぁ。入社当時、右も左もわからず、とにかくにこにこしなければと愛想笑いを振る舞い、話にとにかくうなづくというようなことをやっていた記憶くらいしかない。とにかくがちがちに緊張したし、入社してからはすぐバスに揺られて研修で2週間くらいの研修所生活となったのだが、とにかく教官とかがかなり怖いタイプだったり、とにかく会う人会う人と挨拶をしなければいけなかったりと緊張の毎日で土日はもうその開放感から寝てばかりいたような気もする。ただ、今となっては貴重な思い出でもあり、いまだにそのときのことを忘れないというのはよっぽど印象にのこっているということなんでしょう。学生気分がすべて抜けて、一気に社会人になった気がしたのもそのときだった。昔のような大人数の採用ではなく、個社ごとなので同期の数も少ないとは思うが、一生の友となる可能性のある時期。大切にしてほしいものです。

taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)

2018年04月20日

元PJチームのメンバーはやっぱり大変みたい

今シーズン初の3連勝ということで気分がいいですなぁ。名古屋ドームって前は虎テレで中継があったはずなのだが、今シーズンはないのか。中継対象外になっていた。残念。こんなことでは全試合中継のDaznにとられてしまうのではなかろうかと思ってしまう。まぁ、どうせ通勤電車の混雑状態では電波状態が悪く、仮にあったとしても大崎から横浜間はまず視聴不可能となるのでいっしょかという気はする。まぁ、とにかく今日も勝って4連勝。調子の悪い、ゴミ売りをけちょんけちょんにやっつけておかないとね。ただ、藤浪なのがちと心配。たのんまっせ。 さて、やっとこさ落ち着いてきた仕事面。この半年間の激務のせいで、不名誉なことに残業ランキング2位となってふがいない気持ちであった。4月になって、私以上にがんがん残業しなければいけないチームがあるのか私の月間ランキングが下がりつつある。とはいえ、その残業しているチームは私の目の前の3月までやっていたプロジェクトのチームだからすこし申し訳ない気分。600人くらいいる組織においてなぜにここに集中するのかと思ってしまうのだが、まぁ、それはおかまいなく、早く帰宅できるときはできるだけ早く帰るようにしている。休日出勤というか、休みの日にリモートで入って仕事するなんてことも減りそうだし、とりあえずは連休明けまでは少し静養させてもらいましょう。でもまた、しばらくするとつらくなるのかなぁ。。。

taka7107 at 07:35|PermalinkComments(0)

2018年04月17日

最後の面談始まる

面談のシーズンがやってきた。25人分の面談は結構な骨折り作業だ。いかんせん、話を聞くのはいいのだが、アドバイスしたことなどをきちんとフィードバックとして文字にして残しておかなければいけないという作業が一番疲れる。AIの時代なのだから適当に議事録を作ってくれるロボットがあるとどれだけ効率化されるだろうかと考えてしまう。 で、実際に面談をしているのだが、いろいろとこの半年間でやってもらった成果を発表してもらうのは聞いていて新鮮だ。今まではまぁ、余裕があったので、あぁ、あの人はこんなことやっていたよなというのはわかっていたのだが、この半年間、つらいプロジェクトにつっこまれたおかげでまったく部下の業務把握ができていなかった。それを説明してもらうと、あぁ、こんなことやってたんだぁということがよくわかり、上司がいなくても自律的に業務をやってくれる部下がいてありがたいなぁとも思ったりする。そんな、部下たちとの面談もこれで最後。4月からは直接の部下をもたなくなったので、こういった面談をする機会もないのでしょう。今までは、この面談の後の処理がつらかったので、あまりいい思い出もなかったが、6年間やってみて、それがなくなるとなるとやはり寂しくなるものですわ。う〜ん、この一週間、しっかりとやりましょう。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年04月10日

毎度打ち合わせを長くする課長

課長レベルでの打ち合わせを実施。ただ、毎回長くなり困りもの。事業計画を検討するのだが、そのキックオフの資料を一言一句修正しながら進めるから仕方ない。結局、計画性の問題で、何事も計画的にすすめないとこうなるわけですわ。今回は体制変更もあって、4月から旧に変わってしまった。とはいえ、1月から3月までの間で何回も資料づくりのチャンスはあったのだが、それを置き去りにして案件に注力してしまったがためのこの有様。来年からはなんとかしないといけませんな。でもこれから毎年こんな仕事になるのかと思うと少しうんざりですわ。なんとかならないものですかねぇ。。。案件にどっぷりもつらいですが、事業計画等ばっかりというのも。たまには違う畑の仕事をしてみるというのもいいかもしれませんが、この歳になるとそういった融通が効かなくなるもの。あとは後輩を育ててそちらに仕事を移管するというのが一番よいのですが、その後輩がしきるとこの有様なので、うまく計画的にできるように教え込まないといけないのですが、そういう計画性のない、駆け込みタイプばかりが昇格してくるから困るんですわね。きちんと計画立てるまじめなタイプの課長さんもいますが、その方はもはやかなりの年輩となり、育てるという形にもならずなんですわ。いかに会議を効率的に行うか、事前に課題を振って、もちより必要最小限のみ議論するというのが一番効率的だとは思うのですが、そういうドライブができない人につきあわされることほどつらいものはないですが、そういう人が今後はえらくなっていくので今からなれておくというのもありか。う〜ん、困った。

taka7107 at 07:18|PermalinkComments(0)

2018年04月06日

まるなげ上司に、ぎりぎり部下

風邪ひき三日目。いまだにタンが真緑なので、治る傾向がない。声もやはりかすれがすれ。。。明日あたり病院にでも行ってみようかな。でも熱はないので、くらくらはしないという感じ。う〜ん、なんだかねぇ。。。 さて、4月になって新しい仕事と古い仕事が両立。せっかく残業地獄から解放されたかと思いきや、またまた両方同時に振ってきて休めない。古い仕事はどちらかというとExcelを使って計算を実施していくという、まぁ、どちらかと言えば得意分野だ。一方の新しい仕事はPowerPointを使ってプレゼン資料を作らなければいけないというかなり苦手な仕事。かつて事業計画を担当させてもらったときは、このPowerPointを駆使してなんとかやりきったのだが、それがまた振って帰ってきたということになる。若い頃はお客さんへの提案書とかでいろいろとがんばって作った記憶はあるのだが、最近はやはり数値計算がメインだったり、PowerPointも会議資料が中心なので定型の雛形に文字を入れていく程度。何か凝って見栄えよくなんて考えなかったし、そのあたりのセンスももともとないので、いきなりやれと言われるとかなりのストレス。新しく担当に配属なった上長はおそらく何もやらないタイプなのですべておまかせの雰囲気。せめて口うるさくなければ好きにやらせてもらうのだが、今日はその最初の意識あわせということで打ち合わせをするのだが、さてさてどうなりますことやら。。。。今回事業計画を作ってくれた課長さんが、結構ぎりぎりまで仕事をしないタイプのようで、自分の担当分は少し余裕があるのでと先延ばし。これまた困ったもんだ。自分でやるしかないか。

taka7107 at 07:20|PermalinkComments(0)

2018年04月04日

プレゼンスキル

久しぶりに風邪を引いた。今まで激務だったのに、それから解放されたとたんに気がゆるんだのだろうか。熱はないのだが、声が出ない状態。鼻水が真緑という、感じ。鼻水が真緑になるときは必ず風邪という自分のパターンなのでまず間違いないのだろうが、声がでないというのも珍しい症状。う〜ん、こまった。今日中になんとか治せるかなぁ。。。 さて、新年度ということで事業部のキックオフが開催された。事業部長の講話に加えて、社長の講話と結構長い話の連続で結構眠くなってしまう。前任の社長は話がおもしろく、長く聞いていても飽きないというか、楽しめたのは確かだ。今の社長は話はさほどおもしろいという訳ではないが、現実味があるというか、リアルな話が多いので理解しやすいという点がいいところ。まぁ、こういった人たちはやはりプレゼンがうまいというのが特徴で、聞いていて飽きなかったり、笑いをとったりというのが必須なのでしょう。プレゼン資料もうまく作る技術が求められますね。自分の弱いところなので今後、ここを強化していかないといけないかもしれません。難しいけど、これができる人、できない人とで印象が大きく違ってしまうので大切なことなんでしょうね。がんばって収得しましょう。

taka7107 at 07:18|PermalinkComments(0)

2018年04月03日

さぁ、新体制スタート

新しい体制になってしょっぱなからトラブル対応。現場にいるメンバー二人がさぞ大変な想いをしているのであろうと考えるとなかなかつらいものがある。なんとかして支援してあげねばと思っていたら、さっそく立ち上がったのは新しい組織長。この前のめりの関与具合はとても男前。前までは、敵対する組織だったので徹底的にいじめられる側ではあったのだが、みかたにつけるとなんと心強いのでしょうということが実感できます。自分でなにもかもやってしまうタイプでもあるし、やれないとギブアップした人の仕事は巻き取って全部自分でやってしまう。超スーパーマンであり、とはいえ、そんなやり方をしたら絶対にまわらなくなるから、あり得ないと否定してしまうタイプだが、この人なら実際にできるのだろうし、やってきたのでしょう。いやぁ、そのパワーには圧倒されますね。まぁ、その分みなさんに支持されるのでしょう。とにかく上司なのでついていくしかないです。上が代われば組織も変わるということで、どう変わるのか、どう変えるのかが肝となりそう。今日はそのための打ち合わせであります。とにかくがんばるしかないですわな。う〜ん、3月までの激務からひといきつく間もなくまたまた大変な日々が続くのかなぁ。。。どうするべか。

taka7107 at 07:14|PermalinkComments(0)

2018年03月30日

感謝、感謝の5年9ヶ月。ほんとうにありがとうございました。

担当の送別会は盛大に行われて、無事、組織長をお見送りすることができました。二夜連続の送別会で、組織長には申し訳ない限りではありますが、やっぱり非常にお世話になった方なのでなんとか盛大にできたことは非常にありがたかったですね。本当に感謝です。組織長とは5年と9ヶ月前に今の組織の前進の組織長として就任してきていただいてからのおつきあいでした。仕事ではいろいろと上層部への根回しや、段取り的なところを教えていただき、特にこの半年間では一緒にひとつの案件を担当させていただき、苦労を分かち合ったという感じです。本当に親身になって対応していただけてありがたい限りでした。もちろん、お仕事だけでなく、野球観戦なども公私ともども遊んでいただけたというのもありがたいことですね。ごひいきのチームは違えど、一緒に同じことで盛り上がれるというのもありがたいことです。それ故に、なにか難しい問題をお願いされても、なんとかやりますと言ってしまうのかもしれませんが。人身掌握術としてはすばらしいスキルだと思っています。見習わなければいけないかもしれません。私も多くの部下をもってお仕事してきましたが、そこまで愛されキャラではなかったような気もしますし、本当にありがとうございました。今後は是非、プライベートの面で交流を継続させていただければと思います。よろしくお願いします。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2018年03月29日

13名の送別者と5名の慰労者、主賓18名の一大送別会

4月からの異動人事が過去に例がないほど激しい状態。本日その送別会となるのだが、13名の送別対象者と5名の慰労対象者ということで主賓だけでも18名。本当に一大イベントとなってしまった。この送別会、実は2夜連続に分かれており、昨日その第1部が行われたのだが、2夜連続なると主賓の方でもつらいので今日はお休みと言われてしまうことがある。いままで準備してきた側としては、それだけは勘弁して、何回調整したと思ってるんですかと言いたくなるのだが、そもそも送別会というなかなかタブーなお話を直接お話できていなかったというのがそもそもの失敗。ポテンヒットの極みというものでした。今回のプロジェクトはかなり外様的な要素があったり、案件の掛け持ちで集中することができない時期等もあったりと、それでも送別会とか、事務処理関係とか何かと重要な雑用を回されるということもあって、困ったもんでした。今日の調整していた主賓は結局、頭1時間だけはなんとか出ていただけることになって一安心。その備忘のために昨晩、案内を遅れど、誰からも返信がないので本当にみなさん意識しているのだろうかと不安になることもあり。。。。いやぁ、こういった懇親会はきちんと持ち回りや、それを引き受けてくれる部下にお願いするのが一番ですね。もはや、調整ができる余裕がないです。今日の送別会、なんとか無事に乗り切りたいところです。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2018年03月23日

自己嫌悪

自己嫌悪に陥る時がある。期待はされていないのだが、やっぱりうまくいかなかったというのが原因だったりする。練習するしかないのだろうか。でも今までその繰り返しであることは否めない事実であり、いつまで経っても成長しないなぁということであるとすると、やっぱりまた自己嫌悪に陥るという負のスパイラルだ。とはいえ、誰でもそんなことはあるのだろうと思えればそれはそれでよいのかもしれない。それ以上によいところが評価されたのだろうと前向きに考えればいいのでしょう。まじめで毎日同じルーチンをこなせる、人一倍長い時間労働している。どれもほめられたことではないが、正直、自分のいいところと言われるとそれくらいしか思いつかない。あとは少し数字には根拠があるということか。これは大きいのかもしれない。数値的なことをいっさいできないような人は管理者には向かないのだろうが、原価管理だったり、収支管理だったりと会社の肝となる部分を押さえる人はやっぱり強みではある。そういう意味ではささいな分野だが長所はあるのだなぁとも思える。ちなみに自己嫌悪に陥ると夜眠れなくなる。でも翌日は疲れて倍眠れる。ということを繰り返していく日々がしばらくは続くのかもしれないなぁ。。。とにかくがんばろう。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2018年03月19日

6年間の感謝をこめて卒業旅行へ

月曜朝一からお客様先のため前入りで大阪へ。久しぶりに大阪の実家にも立ち寄ることができてよかった。夜は上司との飲み会。いろいろと人事の情報を聞くことができてためになる飲み会でした。今回、上司が代わってしまうのでそのご挨拶なのだが、いまから6年前、うちの部署に来てもらった今の上司。やさしくて温厚な方で、とても尊敬できる方。とはいえ、昨今の組織長の争いでは、まぁ、いろいろとご苦労されて、私もかなりグチを言いました。とはいえ、いままで出会った上司の中でナンバーワンであることには変わりないです。本当にありがとうございましたと感謝を伝えたいところです。直接ご一緒させていただいた仕事は、最後の案件くらいかなぁとのイメージですが、出張へは長野、金沢、姫路、北九州とありとあらゆるところに行っていただき、もちろん大阪もですが、すべての拠点を制覇された感がありますね。福岡が抜けてるか。とはいえ、野球の趣味でも気があったので、マリンスタジアム、東京ドーム、そして甲子園と観戦をご一緒させていただいたこともあり、公私ともご一緒させていただいたというのもありがたいことですね。いままで6年間、本当にありがとうございました。新しい職場でのご活躍をお祈り申し上げます。あっ、LINEのアドレス聞くの忘れた。聞いとかないのとね。

taka7107 at 07:01|PermalinkComments(0)

2018年03月15日

春は近くて遠い

一気に春めく感じとなって、昼間は上着いらずとなるらしい、20℃を越える最高気温なので5月、6月の陽気といったところだろう。桜の開花も一気に進むかと思われる。五反田近辺だと目黒川の川辺に桜の木が植えられており、満開になるととてもきれいな風景が見られることだろう。若い頃、五反田勤務があったのだが、花見をするこころの余裕もなかったし、興味もあまりなかったのだが、最近はこういったものにも興味がでるということは歳をとった証拠なのだろうか。老後には毎年桜をみることを楽しみに冬を乗り越えるというような気分になったりするのかと考えるとそれはそれで寂しい気もするが。。。 さて、最近のプロジェクトの状況。結局私はなんのためにこのプロジェクトに呼ばれたのだろうかと疑問に思うことがある。そもそもは私が率いていたチームのメンバーが少しでも手伝ってくれるだというもくろみでいたのかもしれないが、私はそこは死守したので、メンバーの引き込みはいっさいなかった。で、結局やったことは、組織長とPMの補佐というか雑用係的なものばかり。今のプロジェクトにいる管理者が、そういったことから逃避するタイプなのでなんとかしたかったのでしょうかね。まんまとどっぷりはまらされて抜けられない状態になってしまいました。4月からどうなるのか。当初の予定では3月いっぱいというお約束でありましたが、その約束した人がいなくなってしまうので約束なんて反故にされる可能性は十分にあり得る。で、問題の管理者が反省してくれればいいのですが、まったく反省する体もなく、どうなることやらという感じですわ。季節の春はもう間近ではありますが、心の春はまだまだ遠いかなぁ。。。

taka7107 at 07:20|PermalinkComments(0)

2018年03月13日

時間管理をするにはとにかくルーチン化

なかなか思うようにはうまくいかないもの。お金を算出するにしても、いつまでたっても引き延ばし、出してくれない部署もあって、そこにやきもきされる始末。一度お金を算出するとその数字が走り出してしまうので重要なのだが、それがないとなにも話がすすまないという卵が先か鶏が先が問題に陥ってしまう。まぁ、とにかく仮でもいいから数字は作るしかないのですな。 さて、スケジュール管理の話。何事も計画的には大切なこと。時間にも余裕をもって取り組むということが大事。分かっていてもなかなかできないのが人の性ではあるが、そのときに考えなければいけないのが、自分ができないことによって誰かに迷惑をかけていないかということ。朝の時間に電車が遅れて、遅れますという連絡を毎日のように送ってくる部下もいる。それだったら余裕をもって少し早めに出社すればいいのにとも思うのだが。。。それができるのであれば最初からやってるかとも思うのだが。ただ、一般社員ならまだしも、管理者でもぎりぎり出社の人が居たりもする。これは困りものですな。個人商店ならまったく問題ないのだが、部下を10人〜30人もかかえるような管理者が、それをやってしまっては示しがつかず、組織がグダグダになることは否めない。時間管理の重要性をきちんと認識すべきなんだろうなぁ。 では、どうすればきちんとした時間管理ができるのか。ひとえに、毎日同じ時間に行動し、ルーチン化することでしょう。毎朝、同じ時間に一発で起きる、二度寝はしない。毎日同じ電車、同じ位置に乗車、これを繰り返しやれば変動する要素もない。ただ、これだけを繰り返せばいいはずだと思うんですけどね。どんなもんでしょ。

taka7107 at 07:22|PermalinkComments(0)

2018年03月11日

旅行会(二日目)

旅行会の二日目は雨が降りそうな天気ではあったもののなんとか持ちこたえた。朝ご飯をおいしくいただき、海辺と周辺をぶらりとウォーキング。景色がいまいちなので、それほど楽しいものでもなかったが、阿字ヶ浦駅で気動車2両を発見。撮影するときだけ少しテンションがあがった。その後、マリンワールドまでバスで送迎、なかなか気の利いた旅館であります。この水族館のいるかショーがなかなかダイナミックで迫力がある。なんともいるかのサイズがハンパなく大きく、しかも4〜5頭くらいいるので江ノ島水族館のものを見ているとその迫力の違いにびっくりさせられる。水しぶきの量もハンパなく大きく、前の方にいればさぞかし子供気分で楽しめただろうとも思ったが、さすがにこの時期に風邪を引くわけにもいかず。。今回は後ろの席から見学。それでも興奮を隠せないくらいでした。ナイス幹事さんですね。その後、おさかな市場という漁港近くの市場に出かけてお昼の海鮮丼をいただき、大洗を堪能。その後、那珂湊駅まで歩き、そこからひたちなか海浜鉄道に揺られて勝田まで戻り、そこからのんびり快速列車で辻堂まで。片道4時間の旅はつかれもあってかきつかったですが、普段の仕事のストレスを少しでも発散できたのでとてもいい旅行会でした。また来年も行きたいところですが、どうなっていることでしょうね。

taka7107 at 19:19|PermalinkComments(0)

2018年03月10日

旅行会の初日は雨の偕楽園

金曜日は雨の中のお出かけになってしまった。品川で集合して、ときわに乗って目指すは水戸の偕楽園。OBの方々を中心に年一回の集まり、旅行会。電車の中で宴会がはじまり、結構周りにご迷惑をかけてしまう羽目に。だめですね、酔っぱらうと正気がなくなってついつい声が大きくなってしまうひととか。まぁ、社会人ではあるまじき行為ではありますが、そこだけは気をつけるようにしないと。で、雨がどしゃぶりの中ではありますが、せっかく水戸まできたので偕楽園の梅を見るべしと足を延ばすことに。まぁ、そこそこは咲いていましたがやはり雨ではいまいち盛り上がらず、ちょっと残念でした。で、時間も結構遅くなったのですぐに切り上げてお宿に向かうことに。阿字ヶ浦にある、丸徳旅館なるところに宿泊。あんこう鍋や海鮮をいっぱい堪能できる宴会でおいしくてよかったです。しかも飲み放題つきということでなかなかのお宿でした。ただ、お風呂が2カ所あるのですが、どちらもそれほど広くなく、家族風呂を大きくしたような感じなので、大風呂に入った感がないわけです。遅くまで団らんしたいところでしたが、さすがの連日の残業つづきでへとへとに疲れていたので23時すぎには寝させてもらうことにしました。ちなみに、今年は若手の参加率が悪く、いけてませんね。去年は私のグループから数人出てもらったのですが、今年はほとんどおらず、なんとも寂しい限りです。でもこれから盛り上げていかなければいけないのは我々なのでとにかく続けたいところ。年1回くらいこんな旅行会をやってもいいのに、今の時代の若者たちは仕事は仕事、プライベートはプライベートと分けすぎです。なによりそれらの上司になる課長陣やその下の中間層が乗り気じゃないというのが一番いけてない。なんてこったという感じですわ。

taka7107 at 19:51|PermalinkComments(0)

2018年03月07日

人に無理強いをできない

またまた寒波がやってきた。夏のような暑さから真冬に逆戻りというのはなんともつらいですな。とにもかくにも、早く高めの気温で安定してほしいものです。梅の花もあちこちで満開を迎えていい頃合いになってきました。今週末の旅行では水戸方面なので偕楽園はかなりの混雑なんでしょうかね。一度も梅の時期には行ったことないのでこれを機会に楽しんでみましょうか。とにかく無事に旅行に参加できることを願うばかり。 さて、マネジメントの話。人になにかをやってもらうということが苦手な私はマネジメントという点ではまったく不向きなのだろうと思ってしまう。それがなぜかいつの間にか管理者になっていて、人に仕事をさせなければいけない立場になっている。もちろん、遊んでいる人が居ればその人に仕事を振るくらいはできるが、手一杯の人にさらに仕事をかぶせるというのはさすがにつらい。もちろん、それがマネジメントとして求められていることは確かなのだが、それをするくらいなら自分でやってしまうという手法を選らんでしまうのだ。マネジメントの王道は人をひっこぬいてきてでもやらせるとなるのだろうが、ひっこぬく先もないというのも困りもの。昔の私のチームから抜いてくればいいが、そうすればそちらのプロジェクトも共倒れとなってしまう。難しいもんですわなぁ。。。パズルのようにうまく組み合わさればいいのでしょうけど。結局は俗人的にお願いするしかないんですわな。う〜ん、難しい。なるようにしかならないというのが答えですわな。しかし、今回はプロジェクト事態はそれほど難しくない、何度も書くが、難しいのはステークホルダーマネジメントとスコープマネジメント。その2つにつきる。ステークホルダーマネジメントについてはさんざん書いてきたので、次回はスコープについて書いてみることにしょう。

taka7107 at 07:21|PermalinkComments(0)

2018年03月06日

社内資格の更新成功\(^o^)/

蟹座が一番運勢の悪かった昨日。社内資格の結果通知なるメールがやってきた。今合計3つの資格をキープしていて、おそらく社内にも同時にそれだけもっている人はいないと思うのだが、実際、業務として実施してきたAM/PM/SM/SEの業務のうち、AMをのぞく3つの証となるものだ。AMだけは前部署でもいまいち成績があげられず、自分なりにもあまり適職ではないと思っている。なので、現状もAMという役割もあるのだが、あえてそれは証はとらないというスタンスでやってきた。で、今年度の更新はそのうちのSEの部分。とりわけNWに関する知識のところだ。NWについてはテクニカルの証としてCCNAなどもがんばろうと奮起してみたものの、結局ベンダー資格で受験料も高く、落ちたときのリスクを考えると、いまさらテクニカルというのもあって腰が重かった。とはいえ、管理職になるためにはこの社内資格が必須であることもあって、まずはこの分野でがんばろうと。情報処理技術者のネットワークスペシャリストを保有していたことも大きな理由だったかもしれない。で、初回はレベル3ということで未達。その後、更新の時期がやってきて、レベル4という合格圏内に達した。ただ、管理職になってからはやはりテクニカル面での価値発揮もなくなって、どうやって資格更新をしようかと悩んでいたのだが、更新しなくても延期ができるということを知り、これをずっと保留してきた次第だ。ところが、最近になってこの延期ができない仕組みに代わり、今回更新の申請処理をしなければならないという次第だった。で、なんとかがんばって申請書を書いて申請は完了。結構早めには書き終わったのだがなかなか結果通知がこなかった。これはもう失格でレベル3に落ちたのだろうとたかをくくっていた。というのも通知が来た時点でレベルが確定するので、事務局の配慮で、4から3に落ちる人は期限のぎりぎりまで結果をかえさないという忖度なのだろうと思っていたからだ。ところが、昨日来た通知はレベル4で更新成功。\(^o^)/最近、うれしいことがなにもないところに、少しうれしい知らせがやってきました。ふぅ、よかった、よかった。

taka7107 at 07:23|PermalinkComments(0)

2018年03月05日

旅行会の季節

暑さで何度も目が覚めた。まさか、こんなに寝苦しいとは。。。気温が一気にあがりすぎるというのも困りもの。これでまた火曜日から一気に下がるというのだから体がついて行かないなんてことにもなりかねない。はやく気温が高めで安定してくれることを願うばかりですな。 さて、今週末はうちの部署の旅行会。去年、幹事を実施したため当分は免除されることでしょう。箱根だったので近場でよかったのですが、今回は大洗でアンコウ鍋というなかなか楽しみなプランです。が場所が遠いのでどうやっていくかですな。品川からひたちもしくはときわの特急で行くパターンと普通列車のグリーン車で行くというパターンもある。後者であれば青春18切符も使えるので安く行くことはできるが、往復で2枚利用したところで、残り3枚を使い切るのは今の仕事の状況から考えるととても無理。であれば、ここはひとつ特急利用でスピード移動といきましょうか。かつてひたちなか海浜鉄道に乗りに行った時もそうしたのかもしれない。おそらく3〜4年前だったと思うのだが、コロプラの関係で、行った覚えがある。終点には大きな海浜公園があるのだが、駅前は閑散としていて何もない感じだった。そこから歩いてそうとおくはない丸徳旅館というところが今回のお宿のようだ。久々の旅行、少しでも楽しませていただきましょう。

taka7107 at 07:18|PermalinkComments(0)

2018年03月03日

衝撃の事実を知る金曜日

今週はつらかった。そして最後に誘われた組織長との飲みで衝撃の事実を聞かされてしまった。いつも確定ではないと言われるのだが、たいていのことは確定でそのまま決まるのでそうなるのだろう。だとすると、う〜ん、かなり大変かも。なんでこうなってしまうのでしょうな。なかなか楽しいことがなくつらいこと続きで、どうなることやら。なるようにしかならないのだが、心配事がまたひとつ増えます。組織長同士のいざこざには決着がつくのでしょうが、それであれば、きちんと落とし前をつけてからでないと中途半端な状態だと厳しい。その落とし前をつけるためのいろいろな準備を私がしなければならないのかと思うとうんざりしてしまうし、ほんと困ったもんですわ。ほんとは3月末までの約束でやってきたこの案件。絶対に終わりそうにもなく4月からも継続していくのだろうか。じゃあ、いまやっている部分は引き取ってくれる人がいるのだろうかと考えると五里霧中。もはや誰も無理なんじゃない?って思ったりするし、ほんとありえないことですわ。う〜ん、困りすぎて困りすぎてぐうのねも出ませんよ。

taka7107 at 16:48|PermalinkComments(0)

2018年03月01日

何時においても部下のマネジメントからは逃れられないのが上司の定め

あっというまに3月になってしまった。事業年度で言えば師走にあたるようなところ。毎年、忙しいのだが春闘とかも絡んで結局あまり仕事ができないというのも事実。とはいえ山のようにやるべき仕事があっててんてこ舞いするというのが通例だ。特に月初は事務処理が多発するのだが、それに加えて上層部からのオーダーに巻き込まれて、、、さらにシステムトラブル対応も加わってという一日だった。とはいえ、トラブルは自責ではなかったのでそれだけが唯一の幸い。これがもし自責だとしたらもはや、帰宅困難者になるしかないという状態だったかもしれない。それでも今月は手一杯になりそうな予感。 さて、部下のマネジメントについて。今回の案件コントロールの難しいところは上層部のいざこざに巻き込まれているということ。上長の上長が取締役であるため、うまく部下をマネジメントする時間がないのか、ほぼ野放図状態。まぁ、そのクラスになると部下のマネジメントなんてあってないようなものも当たり前なのかもしれない。とはいえ、マネジメントできるのは上司でしかないわけだから、マネジメント責任はかならずあるはずだ。そこがまったくコントロールしないので、部下の部下のさらに下層部が大迷惑を被るという構図になっているのだ。勝手気ままに言いたい放題の部下と、忖度しすぎて上司にものいいができず、それをすべて自分の宿題としてしまう部下。どちらもほんと困りものとしかいいようがないですわな。前者の部下の場合はパワハラをくらいそうですし、後者の部下は、上司がうけた宿題にすべて巻き込まれる?てな感じ。まぁ、そこでも分かれるのでしょうかね。自分で解決できる人、部下を巻き込む人、部下を育てたいからあえて巻き込む人。まぁ、今回は3番目だと信じていますが、自分がその立場だったら、やっぱり極力1番でやるけどなぁ。。。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年02月27日

ステークホルダーだけじゃなく、スコープマネジメントもできてないことが問題だった。

月曜日から厳しい打ち合わせ。さすがに凹みますわなぁ。なんでこんなに関係が悪化してしまったのでしょう。もはや修復不可能かもしれません。確かに言われることはもっともで、お客さんが決めてくれないことを先延ばしにしたがためにこの現状を生んでしまっている。とはいえ、これから改善できるかというと、顧客に詰め寄ってさらにお金をもらうのは厳しい状況。であるとすると、とにかくここは耐えて、社内の体制が変更されるのを待つかという感じなのだろうか。とはいえ、話を聞いていると言いたい放題言われているのは確かだと思う。いっそ出入り禁止を食らうくらいのものいいをつけてもいいのではないだろうかとも思うのだが、そこをあいまいにするから仕事がもらえるというのもある。ただ、言われ放題は顧客マネジメントというかスコープマネジメントができていないのは確か。ステークホルダーとスコープの2つもマネジメント不能となるとプロジェクトが成功する訳がないですわな。その尻拭いはつらい。正直何か悪いことをしたわけではなく、あえて言うなら、この暴走状態を昔から自己の仕事の進め方としてやり続け、他の組織、および自組織に大いなる迷惑をかけ、それでも反省してるのか、してないのかよくわからない、管理者を野放しにしてしまったということでしょうかね。とはいえ、ここまでひどいとは思わなかった。100%稼働で動き続けることのリスクですな。結局、それでぶっ倒れて隣の人たちに仕事を振るのだが、振られた方は何もできない。引継もされない。そんな仕事のやり方をしていたら絶対いつかは起こられるよなぁ。若くて突っ走るタイプの管理者にありがちなことなんですけどねぇ。。。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2018年02月26日

去年はトラブル対応、今年はステークホルダーマネジメント、毎年2月は泣かされる

今週も一週間がはじまりました。天気もいまいちでテンションもイマイチ。なんでこんなローテンションにならなければいけないのか。この案件さえなければと悔やまれてなりません。プロジェクト事態はたいしたことないのですが、それをとりまくステークホルダーが大変なのでこの案件が超問題ありのプロジェクトのように思われてしまっていますが、そうではないんですな。ほんと、特定のステークホルダーさえなんとかちゃんとしてくれれば、というかふつうの感覚を持ってくれればなんとでもなりそうな案件ではあるのですが、それをもはや我々ではコントロールの効かない状態になっているのが、この案件の難しさなんですよ。去年はトラブルに泣かされ、今年はステークホルダーマネジメントに泣かされるという悲惨な2月であることは確か。そんな2月ももうすぐ過ぎますが、来月1ヶ月でどこまでがんばれるかが一番の鍵。とにかくがんばって前を向いて行くしかないのでしょうな。3月にはひとつの大きな変革があるので、それをどう乗り切るかもひとつ課題です。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2018年02月23日

皆勤賞めざすくらいをモチベーションに

組織長通しの人間関係のやりとりが一番大変なこのプロジェクト。PJを救援で入ったはずが、いつのまにやら組織長の雑用係件、相談係になってしまった感満載。もはや、そう割り切るしかない。立身出世を臨むのであれば評価もあがり、またとないチャンスであるだろう。まったく欲がないかと言われればうそになるが、何が何でも出世しなければいけないかと言われると、正直そんなつらい思いをしてまで出世したいとも思わないし、今まで積み上げてきたものをすべてくつがえされようものならモチベーションもだだ下がり、いい勉強になりましたなんてとてもではないが言えないお話だ。そこまで見抜いて人選しているのか?という疑問もあるが、正直、順番で言えばおまえしかいないからそうなってるんだと言われるに決まっている。まぁ、うまくはめられたパターンですな。こうなったらもう、この苦境をどう楽しむかしかないのだが、人間が小さいので、どうしても毎度毎度、こういうことを押しつけられるとストレスがたまって、そもそもこういう環境を作り込んでしまった主犯者を恨んでしまう。もっと太っ腹に構えねばとも思うのだが、そうでも思わないとやってれないという気になるのは人間の小ささとストレス態勢の弱さなのだろう。幸い、体は丈夫にできていて、ダイエットも成功し、健康体になれた。まぁ、皆勤賞ぐらいめざす軽い気持ちで乗り切りましょう。そういえば年休とってないなぁ。。。今年の10月の切り替えから1日もとれていないのはつらいですな。せめて土日リフレッシュしましょ。

taka7107 at 07:30|PermalinkComments(0)

2018年02月22日

標的型メール攻撃への訓練

いやぁ、眠い。お客さんとの懇親会だったので日頃のストレスからかついつい飲み過ぎ。とはいえ、お客さんにグチが言えるわけでもなく、ついつい深酒する感じに。さすがに二次会はなかったので助かった。 さて、標的型メール攻撃訓練の話。定期的に年に何度か実施されるこの訓練。過去に3回くらいあったが、毎回引っかかる人があとを立たない。確かに巧妙なものが多く、ひっかかってしまうというのは分からなくもない。メールを見る際についついURLや添付があると、本文をよくよまずともクリックしたり、開封したりする作業が定常化してしまっているような人はもはや論外ではあるが、なかなか防ぐのは難しい。疲れていると無意識のうちに操作してしまうこともあるだろう。今回の場合は特に、社内のOAシステムからの通知を装ったもの。これは作る側が巧妙すぎて、これはできすぎの攻撃だとおもってしまった。内部犯行しか無理だろうと。とはいえ、実際に解説を読んでみると世の中的にも存在する一般的な攻撃の仕方だという。となるともはや、これも当たり前と思って防御するしかない。今回、私のチームで引っかかった人は最近、うちのチームに参加した人の一人のみ。だいぶ育成の効果がでてきたのかもしれない。次回こそは誰もいない0人記録をだし、ずっと更新していけるようにしたいものですわな。

taka7107 at 07:16|PermalinkComments(0)

2018年02月21日

モチベーションだだ下がり

この案件の難しいところは、リーダーが不在ということ。経験豊富なPMはいるが、決断力にかけるし、まじめすぎて現場が苦しむパターン。組織長もまじめに対応しすぎてすべて宿題としてもちかえり、上層部を押し返す力がないので、ぜんぶ押しつけられる。それをすべて私まで降りかかってくるが、そこからの振り先がないことの大変さ。管理者と一般社員のラインはあまりにも厚かった。管理者の末端であるから、すべて押しつけられるこの苦しみ。困ったもんですわ。まぁ、まだ、これで逆上して怒らない、真摯な態度で対応してくれるからまだやってられるんでしょうね。これでパワハラでもでようものなら、もうやってられないと投げ出すところですが、まぁ、そういったことは天地がひっくり返っても起こらないだろうから大丈夫でしょう。でもそのまじめすぎる上長達にほとほと苦しめられていることは事実な訳でありますわ。もうどうあがいても無理なものは無理とギブアップして、こてんぱんにやられるまでがんばるくらいの決意を決めてあとは淡々と資料づくりぐらいに割り切ってくれればいいのだが、上層部から言われたこと一言一句まじめに考えすぎて、でも毎回出てくる結論は同じ。じゃあ、これで資料を作ってと、資料の分担決めて、関連各位とのアポ取りしてとまるで生産性の悪い仕事の進め方を強要される今日このごろ。まぁ、上司の仕事の進め方に文句はいえませんが、もはやあきらめの境地ですな。こんなことばかりやるためにこのPJにやってきたのでしょうかね。いやたぶんそう、だれもやらない、やりたがらないことは誰かが引き受けるしかなく、それをやっているだけでも誇りに思わないとやってられないですわ。

taka7107 at 07:14|PermalinkComments(0)

2018年02月16日

ワークライフバランスのとれない部下

京阪の中之島線が西九条まで延伸する計画があるらしい。それによって京都からのUSJへのアクセスが便利になるとのこと。確かに、今の京阪沿線の顧客は淀屋橋で降りて、梅田まで戻り、そこからUSJ行きの直通に乗るために地下鉄を利用する必要があったり、京橋でおりて環状線をぐるっと遠回りして行くという方法だったりと、ちょっと不便なところもあった。とはいえ、西九条に行けてもUSJまではJRを利用する必要があり、京橋乗り換えよりも果たして劇的に便利になるのだろうかと言われると疑問だ。ただ、中之島は明らかに中途半端な場所。オフィス的には、コンベンションセンターとNCBくらいしか思い浮かばないのだが、JRと連絡できるところまで延びるというのは大事かもしれない。 さて、先週はトラブル対応で大変だった金曜日。というか木曜日の夜から翌朝にかけての話なのだが、今回も別の意味でトラブルが起こった。部下の身内で不幸が起こったようで、金曜日の出張に行けなくなる可能性があるので代打をお願いするかもという話だった。私は別件の対応で超多忙で、かつ重要な会議対応があるのでまず無理ということを返すとともに、そもそもそんな大事な出張だっけかな?という話もあり、その出張をしきる課長に相談。代打も不要ということで回答を得た。その旨を返信したにもかかわらず、不幸の方はなんとかなりそうなんで、出張に行くという本人。いやいや、代打をお願いするぐらいなのだから本人でなくてもいいはずで、そこはご家族の不幸を優先すべきでしょうと返すも聞き入れない。上司としてはワークライフバランスをきちんと認識してほしいのでわざわざ調整したものをちゃぶ台替えしする始末。そんなことだと身内の不幸に休みもとれないブラックな会社だとご親族の方々にも体裁が悪い。もう少し世間体というか、社会人としての心得をもって対応しようよと、部下を説得するもあまり聞き入れない様子。結局出張はやめにしたものの、忌引きもとらずに、午前中は会議があるので出社するという。そこまで重要な打ち合わせなの?それならそっちをまず代打たてるべきでしょうに。。。もうあきれてものも言えませんわ。コミュニケーション力はあるので、周囲への受けはいい、ただ、ほうれんそうを怠るところがあったり、がんと曲げないへんなところもある。管理者にするには少し足りないところがあるんだよなぁ。。。

taka7107 at 07:23|PermalinkComments(0)

2018年02月10日

これから先一ヶ月の仕事が見えてきた。

金曜日はきつかった。月曜日から連続10時前までの残業を4日連続で続け、やっと金曜日、ゆっくりできそうと目星がたっていた、朝3時半に電話でたたき起こされ、システムトラブルとのこと。今までやってきたプロジェクトの一大工事だったのだが、本来であれば臨時服務線表を組んで臨むところが、もう一方のシステムがそれどころではなくなったのでそっちに注力。とはいえ、もう一方のプロジェクトは別にトラブっていない。システムはまだサービス前なので構築中。なにがとらぶっているかというと、営業と開発部隊のせめぎあいに巻き込まれ、板挟みになっているという人的トラブルなのだ。しかも組織長同士のトラブルというか何というか。。。である。組織長のお悩み相談といったところだ。まぁ、これも仕事のうちのひとつというか、もうほぼそれがメインの仕事になってしまったのがストレス源であるということは間違いない。別にえらくなりたい訳ではないが、いつのまにかそういう立場になってきて、システム担当をすることが、今のポジションの仕事ではないとひっぺがされ。。。組織長の資料作成を支援するという、ある意味まったくモチベーションのあがらない仕事をやらされ、それがおまえの為だと言われ。とにかくがんばるしかないという状況なんですわ。俯瞰的、客観的にみた私のおかれた状況というのはこんな感じでしょうか。まぁ、今の現状から考えて、これを受け入れるしか仕方がなく、しばらくは打ち合わせ、資料づくり、開発部隊からの突き上げ、営業部隊からの付き下ろしと衝突を繰り返しながらがんばっていくしかないんでしょうな。なんかモチベーションがまったくあがりませんが、仕方ない。サラリーマンってこんな感じなんですわね。がんばろう。

taka7107 at 10:10|PermalinkComments(0)

2018年02月08日

おじさんマネジメントが一番難しい

面談の時期となった。部下が25名ほどいるのでフィードバックするにも大変だ。いろいろと話を聞けるのは楽しいのだが、いかんせん、時間がない。今のポンコツPJがなければどおってことないのだが、これもやりつつ部下のマネジメントというのは正直無理。はやく、引き受け先に引き渡さないといけないのだが、受け先がインフルエンザでダウン。まったくもう、管理者としての自覚はどうなってるんでしょうねぇとも思いますが。まぁ、こればかりは誰でもなってしまいますし、明日は我が身ということもあるので、それはそれでしっかり治してもらうしかなく、あとは復帰後に挽回してもらうしかないですわな。この引継ができると、営業部の事務処理仕事が減ってかなり負荷の軽減ができる。本来の部下マネジメントを復活させるか、いやいやまかされたのは組織の運営の方が中心なので、それもゆだねていくしかないでしょうね。私は管理者をマネジメントする管理者にならないといけないようです。う〜ん、難しい、直接管理から間接管理になるわけですな。 それはさておき、面談をしていて、複数人から指摘を受ける。睡眠時無呼吸症候群という病気は分かるが、仕事中に寝られるとねぇ。。。というお話。それは確かにそのとおりで、そういう部下が複数人いるというのが困りもの。自身の自己管理ができていない典型的な例だ。仕事に対してどれだけ真剣に取り組めるか、それは個人差があるだろうが、少なくとも入社したときの仕事に対する意欲とかをいつの間にか忘れてしまうのは致し方のないこと。退職間際のおじさんマネジメントが一番難しいというのがやはり組織的な課題なのでしょうね。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2018年02月07日

困ったちゃんPMのおかげで。。。( *`ω´)

高山の旅行はとても楽しかったらしい。ようやくすればカフェがおしゃれだった。高山ラーメンはうまくはなかったが、チケットを使って無料で食べられてお得だった。念願の白川郷にいけたので満足したというところだろうか。あと和ろうそくもおしゃれなものが購入できたのでよかったとも言っていた。今回の大雪で北陸側の交通事情は最悪。特に富山からのルートだったらいけなかっただろうからある意味ついているんでしょうな。まぁ、無事に帰ってきてくれたのでなによりでした。 さて、仕事の話。ここ1,2週間はたった3枚の資料を作成するために、一進一退のくりかえし。方針が朝令暮改となるのを何度くりかえしてきたことか。で、毎週火曜日に組織の長同士の話し合いをするのだが、毎回こじれて決裂状態になるという感じだ。昨日もそれが発生。なので予定していた打ち合わせの中で資料のあわせをするというよりかは大幅な方向転換。ほんとにもううんざりである。組織の長同士をここまで仲悪くさせてしまったのもほぼ前PMの責任でもあるのだが、その前PMは知らん顔でお客さん先に行ったら時間休みをとってとっととかえり、今回のいざこざには無関心。だれのせいで、こんなこじれて無駄な労力を使わされているとおもっとるんやいと言ってやりたいが、まぁ、KYなので言われてもなんのことと白をきりそうですわ。まぁ、そんなことを繰り返してきて、うちの組織をぐちゃぐちゃにしてくれた前PM。本人は自分ほどがんばっている課長はいないと言うぐらいの自負の元、張り切って業務に取り組んでいるのかもしれないが、こんな迷惑なことはない。上司がきちんと諭してあげればいいのに。。。それをしないからこんな野放図になってしまったんでしょうな。こまったちゃんPMをどう扱っていくのか。悩ましい。。。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年02月01日

むなしいPJ管理業務

瞑想中のPJ。一番インパクトのあるステークホルダーのお話を伺いました。今までのかかった工数およびこれからかかるであろう工数をすべて精算せよというのがそもそもの考え方らしいということがわかった。ごもっともなお話なので、そうですねとしかいいようがない。来週の月曜日に付議する資料として間に合うのかという問題がありますが、ころころと変わるのでなんともである。で、結局お願いする先は同じで、毎度毎度、期日を守ってこない。なのでこちらでもうざっくりと試算して積むしかないという図式になる。するとこれがまた数ヶ月に変更だぁって方向性になるのだが、そもそも前の時はどんな考え方で積算してたっけ?となると、いやいや時間がなかったのでざっくり積んでますとは言えず、きっちり見積もりましたなんて嘘を言うと、嘘で塗り固められた積み上げになって、結局なにも根拠なしという悪循環の繰り返し。。。。こんなやり方といつまでつづけるのでしょうか?というかそこまで厳密にやって会議に付議するという無駄なプロセス事態が現実的に破綻しており、そもそもの諸悪の根元である。会社のルールである以上はそうせざるを得ないのだが、それがまわらないというのが現場で資料を作る人間しか理解されず、結局そこに押しつけられるという現実を理解しない上層部がいるということが問題のような気もしますわな。結局、こんなことを繰り返し、休日出勤を重ね、無駄な労働時間を費やし、できあがったものはあまり根拠なく、予実管理もできるわけなく、たんなる資料として残るだけの無意味な業務で終わってしまうというこのむなしさ。そもそも、そういったことをやるべき前PMは知らん顔で別の仕事に取り組んでていっぱいの振りをしてこちらにはいっさい関与しないという恨みも募り、なにひとつモチベーションがあがらない状況ですわ。困ったもんだわ。

taka7107 at 07:24|PermalinkComments(0)

2018年01月31日

たった一枚の資料を作るための稼働がはんぱない

毎年1月、2月というのはシステムトラブルが多い。昨年も2月にトラブル発生。まぁ、大規模な切り替え工事という一大イベントがあったので仕方のないことではあるが、それでも一度起こしたトラブルを沈めるのは並大抵の労力ではない。システムトラブルではないが、今年はある意味社内調整での大トラブルが発生。これはある意味人為事故としかいいようがない。今となっては致し方ないかもしれないが、もっと上流の時点で、ギブアップするとか、先方に仁義をきってお願いするとかをやっていればよかったのだが、もはや大炎上で収拾がつかない状況となってしまった。そうなるとその事態をおさめるのにこれまた並大抵の労力が必要となるわけで、単なる資料の作成業務とおもっていたことが一大トラブル状態になってしまうというわけだ。そうすると、たった1枚の資料を作成するだけに、別の資料を何枚も何枚も作成させらて、それだけでもう稼働が手一杯、それ以外の作業がすべてストップしてしまう。そして、その資料をもって打ち合わせをするために各部署と調整していく必要があったりとまぁ、大変。こんなはずではなかったのに、ますます引き吊り込まれて一向に抜けられる気配がない。また、もうすぐ、月末月初の事務処理の洪水と、年度末の契約事務処理の山がやってきて、がんじがらめとなる。上層部が決断しないことで、いつまでたっても下々のものは苦しい思いをすると、どこの会社でも同じ構図なのか。サラリーマンはつらいですわな。少しリフレッシュしたいもんですわぁ。

taka7107 at 07:36|PermalinkComments(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい