お仕事

2019年10月03日

社内システムのチームは技術偏り、自分勝手な職人気質が多すぎて。。。

うちのプロジェクトは昔からこうなので、これが正しいんです。他のルールを適用しないでください。われわれのやり方があるんですという鎖国状態のプロジェクトチーム。社内向けにサービスを提供して、お客様は社員なのだが、なかなか顧客に目が向かない、自分勝手というのはどこの会社にもあることでしょう。長い間、ずっと同じ世界で仕事をしているとついついそういう考え方になってしまって、まぁ、当然といえば、当然。ただ、いいわけもあって、本当はこういったところに若手の優秀なメンバーをつぎ込んで風土改革しなければいけないのだが、やはり社内のシステムなんておっさんにまかせときゃいいんだよなんて後回し的な考え方が経営層にあって、リソースをここに割こうという人はあまりいない。となるとますます、おっさん連中が好き勝手にやって、根が腐っていくという悪循環になるのだ。そして、まだ、おっさんだけならいいが、われわれのような、リードしていかなければいけない立場の人間まで巻き込まれてそんな考え方になってしまうのがよくない。しかも私の下の人たちにには次のリーダーになってもらわなければいけないのだ。それが、プロジェクトでは文句はいえど、推進のキーとなるような会議にはでなくなってしまった。会議に出てもブレーキをかけるような発言ばかり、二言目にはわれわれのプロジェクトはそうではないし、忙しくてそんなことやってられないと自分勝手な理由ばかり。じゃあ、それだけ残業しているのかというと、単に定時にあがりたいだけなのだろう。トラブル対応を陣頭指揮きってやってくれるわけでもなく、こういう人を次の管理者としてリーダーに育成するのは根本的に意識改革をしないといけないので大変。優秀なのにもったいないなぁと思う。飲み会の二次会とか、オフとかで意識付けは大事なのだが、そういったところも拒否されるとね。う〜ん、むずかしい、いま同じようなタイプが二人、管理者を目指しているのだろうが、二人とも相当がんばらないと難しいね。というか意識を変えないとまず無理ですんわ。困ったもんだ。なにが最優先かという空気が読めない、技術偏りの職人気質が多すぎて困りもの。。。

taka7107 at 07:39|PermalinkComments(0)

2019年10月02日

下期はスタートしたが問題山積

6連勝でCS進出を決定した我がタイガース。あと6連勝すれば、CS突破して、日本シリーズ進出かつ、甲子園に戻って試合ができることが確定する。そしてその後4連勝で日本一の栄冠に。すなわち、これから10連勝すれば日本一ということですな。リーグ戦後半から一気に16連勝で日本一とはこれはミラクルで記憶に残りそう。日本シリーズといえば、4−33といういななトラウマがあるんですが、今年はロッテは出てこないので、西武との対決で、1985年を思い起こすような日本シリーズであってもらいたいものです。一気に日本一へ。タイガース、がんばれ。( ´▽`) さて、10/1ということでいろいろと仕事面で出来事が大きい。我が部署に3名の入りがあったのでその挨拶の対応があったかとと思うと、伝えた、伝えていないというコミュケーションロスによる不手際があったり、さらにはうちから送り出したメンバーが初日に向こうの部署でトラブルを発生という不具合。これは少し驚きの事実ではあるが、詳しくは書けない。いろいろとあったが、一番衝撃だったのは、いままでなかなか進まなかったプロジェクト。ステークホルダーをあつめて、いろいろと話を聞いてみるといろいろな事実が判明した。そして、一番根本のネックがなにで進まないのかがよくわかった。結局はすべてコミュニケーションロスであること。私はこう思っているのだが、それが相手に伝わっているかというとそうではない。何か勝ってな思いこみで進めてしまっているということが問題。で、進めようとすると誰かが自分の思いだけプロジェクトにブレーキをかけて止めるのだ。それは進みませんわ。早く進めなければいけないという思いの私、進めることによって、プロジェクトが大きすぎて失敗をおそれ、その失敗を自分たちのせいにされると困るPMやメンバー、その葛藤がすべてであることがよくわかった。ひとつひとつつぶしながら進めるしかないのだ。本当はこれがPMの役割のはずなんですけどね。ちなみに、これだけこのプロジェクトに助言しているに関わらず、体制図に書いてくれていないという失礼な話もあるのだが、そこは気がつくまでほっておきましょう。ステークホルダーを把握できない、ステークホルダーマネジメントができないプロジェクトがやばいことは前回の案件で学んだ教訓だ。

taka7107 at 07:22|PermalinkComments(0)

2019年09月27日

がんがん行くAMとブレーキかけるPM、その間を取り持つのはやっかいきわまりないなぁ。

ふう、またまた眠い。なんでこう飲み会が重なってしまうのか。本来であれば1次会で帰れたものを、上長が遅れて参加。遅れて参加した人は、1次会で飲み足りない、食べた足りないがあるだろうから気を遣って2次会を企画してフォローしてあげるべしという上司の教えの元、そうなると企画せざるを得ないじゃないですかね。本来であればもう少し若手の管理者も巻き込んで1次会参加したかったのですが、締め切りまで瞬殺だった1次会なので、そこに巻き込むこともできず、いい勉強の場になったかと思うのですけどね。。。まぁ、仕方ないですわ。そしてまた、今日は今まで数年間お世話になった派遣社員さんの送別会。まぁ、こっちはぜんぜん気を遣わなくてもいいので気楽ではありますが。こちらもこれまでの感謝を込めてお送りしないといけませんな。担当内での多年勤続(25年勤務)のお祝い&送別会、1st組織長の還暦のお祝い、担当に来てくれていた派遣さんの送別会という3連チャン。やっと今週の苦行が終わります。 さて、PMの話。とあるプロジェクトに参加することになったのだが、別にPMというわけではなく、案件トータルでの責任者という立場である。さすがに今の役職的にPJをまわすというのも困難なところもあって、そこは別の課長さんにお願いしているのだが、どうもその人が回らないのか、いやそうではなく、PMじゃない、AM的な課長がもう一人いて話をややこしくしているのか、はたまたまとめているのかが混沌としている状態。まぁ、同じグループ会社での案件なのでトップの鶴の一声で方針が右にぶれたり、左にぶれたりするわけでなかなか難しいという点はある。まぁ、ただ、そのトータル的にAMとして振る舞っているのでお客さんにも気に入られているのだが、ふと内部に持ち帰ったときに各組織ごとに別々のPMが居るようで、そこの交通整理ができていないということがわかってきた。前は、今の3rd組織長がまとめる力をもっていたので、うまく集結できていたのが、だいぶバラバラになりつつあるようだ。いやぁ、なかなか難しいPJですな。これまた2年前にやった大変なプロジェクトの再来かと思えてもくるが、まぁ、その前のPJの大変さはまた別問題であった気もするので、まぁ、そこまでではないかもしれない。まぁ、とにかく前に進めるしかないようだ。ただ、いろいろなところで打ち上げ花火をやってくれるこのAMさんなんで、その後かたづけが大変なことは確か。はぁ、若手のやり手管理職をうまく扱うってのは難しいんですな。どうするべかね。

taka7107 at 07:29|PermalinkComments(0)

2019年09月26日

お酒の席も傾聴の姿勢で

ひさびさの長時間残業の次の日は飲み会プラス2次会ありだったのでこれまた帰宅が遅くなり、超睡眠不足。今日も飲み会があるのでまた遅くなりそうでちょいと今週はかなりつらい状態。いやぁ、眠い眠い。なんとか乗り切りましょう。 ひさびさに二次会にいくと、みなさん、いろいろと日頃のストレスがたまっているようで、毒舌トークに花が咲くというもの。聞いている方はあまり楽しいものではないが、まぁ、これも管理者のお仕事のひとつ。特に今、メンタルヘルスマネジメントのお勉強をしていると正社員よりも派遣社員の方がストレスをかかえる傾向にあるという実態を知っていると、あぁ、彼の不平不満はまさにこういうことなんだろうなぁと思ったこともある。そういえば、今年の春に行われたお客さんとの懇親会後の2次会で、同じくお客さん側の派遣社員の方とのんだときも同じようなグチを聞いた。というか、それがグチで終わればよかったのだが、いちいち絡まれて、あまりにもうっとおしかったので、少しキレたという事件もあり、温厚な私(と自分で言うのもなんですが、そうだとは思っています。( ´▽`)がお客さんの前でキレるなんてのも前にも先にもこれくらいしかないでしょうと思うくらいでしたが、まぁ、とにかくお酒という力は怖いもので、せっかく積み上げてきた信頼関係を無にしてしまうこともあり得るので、注意しないといけないですね。私は、飲んでもグチるようなことはあまりなく、自虐ネタで笑うタイプなので面倒ではないかと思いますが、やはり中には日頃のストレスをお酒にはけ口を求めるような人もいるわけで、それを多様性というのかはわかりませんが、まぁ、現場を監督する立場の人間としては傾聴の姿勢を示さなければいけないわけですな。それが、お酒の席であれ同じこと。お酒の席もあるいみ仕事なのでという感じです。つらいかな、これ現実なので、仕方ないですわな。そういう意味では管理者同士で言いたい放題、好き勝手言える方がいいのですけどね。なかなかこれはこれでうまく実現しないもんで、グチっても有害無い範囲で愚痴れる会というのがあれば、それはそれでストレス発散できるのかもしれません。とにかくあと今週二日間、がんばってのりきろう。はぁ、眠い。(∋_∈)

taka7107 at 07:36|PermalinkComments(0)

2019年09月25日

不公平感満載

私の所属する組織は4th組織と呼ばれ、組織の中でも一番最小の単位。そこの人事を司るので、結構責任は重大。対象者数にすれば100人程度の評価の責任を負っている訳である。今まで二人で担当していたのが、7月からは一人で見なければならず、とはいってももう一人はなにもやってなかったので実質は変わりないのだが、職級のある方だったのである意味、他の4th組織に対しての牽制力はあった。ところがその牽制力もなくなり、しかも3rd組織長がもともと我々とは別の4th組織からの出世組なので我々に対してはあまりいい印象をもっていないのは確か。こうなるとかなり不利。それを見越してか、うち以外の他の担当(2担当)は結構枠を越えた数での申請をしてきた。本来であればその担当の人数割合で納めてからあわせないと不公平極まりないのだが、そこを取り仕切る課長さんが、向こうの担当なので、これまた不利な感じ。しかも向こうの担当は順番づけをしていないので、誰と比較していいのかわからないし、そもそも担当が違うとやっている業務が違い、そもそも比較する尺度も違う。売上額とか定量的に評価できるものがものさしであればいいのだが、そうでもなく。。。なかなか難しい議論だ。結局、もめたら最後は3rd組織長の鶴の一声になって、こちらは不利を被るという感じが何度かあった。いやぁ、ほんとにこのパワーバランスは難しいですな。まぁ、それは仕方ないにせよ、せめて、事前に担当内で順位づけしてくることを義務づけるとか、その場でソートするのはマクロを作って一瞬でソートできるようにするとかしないとその場で操作するとすごい時間がかかる作業が連発する。ある評価を変えたら一瞬で人数割合が反映できるようにしておかないといちいちその場で手計算してあってるかな?なんてやっていると本当に非効率極まりない。私がやらせてもらえるのなら、やってしまいたいところだ。向こうは高々2担当あわせても60名程度。私は100名の人間の評価を全部頭の中に入れて、Excel表も仕上げてきているのだ。ほんまにたのんまっせって感じだ。まぁ、それはまだしも、そのあとの打ち合わせがお悩み相談室になり、結局うちの担当はいっさい関係なく、きみたち2担当で解決しなさいよというレベルの雑談につきあわされて、結局22時前まで残業。最近、この時間までの残業をあまりしていなかったので、疲労感満載だった。まぁ、とにかくトホホな一日でした。ちなみに、人を評価するときに、この人誰だっけ?となるとき、今までなら社員録で写真をみて、あぁ、あの人ねとすぐに直結できたのが、社員録が切り替わり、写真なしでもOKとなってしまい、人と評価が一致しないことが多い。普段ビルが違うのであうことも滅多にないのだ。そんなときのためにも社員録を充実してほしいところだ。ちなみに顔写真が唯一みられる人事システムがクラウド上で運用されているのだが、あいにくこの時期に一週間ほどメンテナンスとなってしまう。なんでこんな重要な時期にメンテナンスしますかねぇ。。。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2019年09月21日

雨漏り

ラグビーのワールドカップが開幕。全く興味なかったのだが、見てみると意外や意外、おもしろかったりする。サッカーの日本代表なんて全くみないことも多いのだが、なぜだろう?サッカー以上にルールが複雑でなじみのないラグビーがこんなおもしろくて興奮する球技だったなんて思っても見なかった。ハットトリックに4トライ以上のボーナスポイントまでとれて初戦のロシアに快勝していい発進となった日本代表。次は世界ランキング1位のアイルランドとぶちあたるとか。う〜ん、さすがにこれはきびしいか。全4試合のうち3勝あげれば有力。ただ、そのうち2チームがランク10位の日本より格上とか。悲願の決勝トーナメントに進出できるのか、しばらく目がはなせませんな。 さて、雨漏りの話。先日、関東地方に大きな影響をあたえた台風15号のせいで、我が事務所の居室で雨漏りが発生。ビニールで養生するわ、ビニールの先にバケツをおいたり、ゴミ箱をおいたりととにかくひっしのパッチでその場しのぎ対策を実施。あとはプロにおまかせということで出入りの業者さんに調査、修理をお願いするのだが、なんとその結果が、どこも悪いところが見あたらないとのこと。そんなことあるんかい?と思いつつも、あの台風の風雨があまりにも想定外のもので、普通の雨ではまったく雨漏りしないのが、風の影響で下側からとか横側から入り込んだので屋根を点検しても見つからないのだという。しかたなく養生はひっぺがして様子見となったのだが、なんとも腑に落ちない、納得いかない結果となってしまった。これでもしまた雨漏りしたらどうしてくれんのよと。

taka7107 at 16:25|PermalinkComments(0)

2019年09月19日

ハラハラ

近本がついに長島茂雄に並ぶ新人153安打を達成。今日にも追い抜くことだろう。すばらしいですな。チームも勝利してCSクリンチは自力は無理だが、2チームの状況によってはまだいける。とにかくあと残り7試合、全勝することですわ。頼むからがんばってくれい。 さて、ハラスメントの話。メンタルヘルスマネジメント検定の勉強をしていると、セクハラ、パワハラ、マタハラなど多くのハラスメント事例が出てくる。この3つに関してはそりゃああってはいけないだろうと納得できるのだが、昨今、いろいろと新生のハラスメントといわれる部類が出没し、昨日はテレビで討論会的なバラエティなのか、まじなのかはわからないが、テレビ番組があった。聞いていると、組織活性化のために企画されているソフトボール大会に参加するようにというと、休日ハラスメントになるとか。業務時間外に実施するのを強要するとそうなるらしい。なんてことでしょうかね。まぁ、強要はよろしくないですが、そうでもしないと人数があつまらないでしょう。やってみるとおもしろいと言う発想もなく、とにかく業務以外のことで自分の休みが消耗されてしまうのは耐え難く、それは不快な思いをするのでハラスメントだというようだ。まぁ、人が集まらないのなら開催の見直しも必要だとは思いますが、そんな毎月やるようなものでもなく、年1回くらいの企画であれば問題なしだと思いますけどね。そんなことまでハラスメントだという方が管理者としていろいろと企画して組織を盛り上げようとしている気分を害されるこっちが不快になるハラスメントですわ。ハラハラとでも言うのでしょうか?あとは、上司と飲みに行ったときに聞かされる昔の自慢話が、自慢話ハラスメントになるとか。それくらい我慢しなさいよといいたくなるわ。そこで目上の人の話をきちんと聞いて、うなづき、さすがですねぇ、、、と相づちを打てば上司は上機嫌になる。それを見るのがおもしろいというくらいの楽しみを見つけるのがサラリーマンとしての極意だと思いますけどね。コミュニケーションの基本じゃないですか。ひとと話をするときに相手をいい気分にしてあげると、いろいろと話をしてくれる。それは自慢話だけにとどまらず、将来自分の役に立つような話も引き出せるかもしれないというような発想にならず、とにかく上司の自慢話うざいくらいにしか思ってないんでしょうな。なげかわしい。メンタルヘルスマネジメントの基本はコミュニケーションにあるとうたっています。ごもっともな話。お話をすることによって相手の気持ちもわかり、こちらの気持ちも伝わるというもの、とにかくうざいことを拒絶し、自分勝手に生きたいという思いはこれからの社会崩壊を危惧せずにはいられませんわ。ちなみに、上司に連れて行ってもらったお店で、おすすめの食べ物を勝手に自分の分まで注文されるとこれまたうざいからグルメハラスメントというらしいです。まじか。

taka7107 at 07:24|PermalinkComments(0)

2019年09月13日

交流会なるものに参加

はじめての業界での交流会のセミナーなるものに参加。同じIT業界での参考になる事例が多い。DXとかデザイン思考なるものがなんなのか。普段はあまり意識しない、というか全く関与しないところなのだが、集まる人材がみなさん、オーバーヘッド系の企画部門。まさにそれを専門とされている方々なのでなかなか話についていけないところがあって苦労する。まぁ、そういう予習も含めてがんばれよと言われているようなものなのだが、講演の内容にグループディスカッション、最後に発表といろいろと勉強になる。そしてなにより、一番大切なネットワークの形成と言われる名前の懇親会。同じグループになった6名の方々と中心にお話させてもらうことになったのだが、まずは隣の席の関西からこられたインフラ系の会社の方。まさに私の実家で利用している光ファイバーサービスの開発(企画)に携われていたということで妙に親近感が。そしてもう一人の方は某運輸系の会社の方で、私がよく利用するシステムの開発部門。まさにそのアプリ使ってますよという話題。でも逆に実は昔その案件に絡んでいて我々のお客さんであったということも。営業担当者が私の同期でもあり、私も何度か訪問させていただいた感じだ。そこまで深い昔話で盛り上がることもなく最後のお別れ間際のちょっとした話題となったのだが、話の終始はこの3人(私を含めて)が阪神ファンであるという共通点。鳥谷の初打点の話題とか、ファンクラブ会員である話、甲子園に今年何回いったかという話、はたまたハマトラという阪神ファンが集う居酒屋の話など。いろいろと話題はつきなかった。自己紹介がマイブームネタだったので大いに盛り上がったのかもですね。ただ、残念ながら、昨日の阪神はこれまた大敗してしまい、自力CS進出も消え、悔しい限りですわ。はぁ、なさけない。。。

taka7107 at 21:00|PermalinkComments(0)

2019年09月11日

責任感のない管理者が一番やっかい。( ;´Д`)

半年に一度の大事な打ち合わせが台風によりすっ飛ばされてしまった。大事な打ち合わせなのでみんなが集合できる打ち合わせが必要。一応、月曜日の夕刻に設定していたので、最悪朝は通勤できなくても、夕刻までに五反田にたどり着けばいいのだ。ところが、あの台風のせいで、みなさん一気に出社意欲をなくしてしまったのか、とにかく出勤できないから在宅勤務にさせてほしいとあきらめモードのメールが昼過ぎに到着。いやいや、あなたたちも大事な打ち合わせであることはわかっているでしょうに。今日ができないとなかなかみなさんのアンドがとれないのですよということもわかるはず。それでも通勤地獄には耐えられなかったのでしょうね。わたしゃ8時間半かけてでも会社にたどり着きましたが。ちなみに管理者の中でもランクがあって、一番下のランクの課長さんは優秀にもみなさん出社。前日夜勤で大変だった人も、一度家にかえって、再度あの地獄の状態での出勤をしているというのに。。。なかばすぐにあきらめて甘える、上級クラスの管理者。ほんとにねぇ、よくその責任感のなさで、進級できましたわねぇと思えるくらいですわ。まぁ、致し方なく、予備をとっていた本日にリスケ。とはいえ、本日にリスケすると1名が確実に欠席となることから、リスケはしたくなかったのだ。まぁ、致し方のないことですが。。。で、今日は対面でできるだろうと思ったら1名が電話会議にしてほしいとのこと。なんでも台風のせいで困っている友人を助けなければいけないとか。。。どんな援助かはわかりませんが、そんなこと言われて、友人を見殺しにしろともいえないですし。。。とはいえ、部下よりも友人を優先しちゃうんだと思うとねぇ。。。これまた管理者としての責任感のなさをつくづく感じました。インバスケットという演習を昇級するときにやりますが、重要度と緊急度で問題をランク付けします。あと、そのランクには入らない、その人しかできない仕事というのもあります。その人しかできないのがまさに部下のための仕事であり、今回の仕事なわけですね。それよりも優先するとなるとね。友人のお願いは断れそうな雰囲気でしたし、それなら普通は断りますわな。まぁ、そのランクを判断できるのは本人だけなのでしょう。まぁ、しぁあないですわ。やりづらいですが、これではじめましょう。あぁ、なんともこのバラバラ感、上級管理者のわがまま感、責任感のなさ感。ストレスたまりますなぁ。。。

taka7107 at 07:28|PermalinkComments(0)

2019年09月02日

メンタルヘルス検定

岩貞のみごとな復活ピッチング。あぁ、けが無しで今シーズンフルでがんばっていてくれたなら、あと何勝積み重ねられたことでしょう。もったいない、もったいない。メッセの不調といい投手陣は想定外の展開。ただ、高橋遙人はうれしい想定外ではありましたが。。。いずれにせよ、快勝という訳には行きませんでしたが、0封で気持ちよく勝ち越し。マジックも消したし、広島も負けたし、この上ない結果でした。あとは今週、お得意の横浜銀行さんを3タテし、カープも3タテし、一気にAクラス入りを果たしましょうかね。いやいや、気持ちのいい週末でした。できれば応援に行ったあの試合も勝ってくれれば。。。 さて、資格の話。会社のオーダーで、なにやらメンタルヘルス検定なるものを受験する必要が出てきた。通信教育のようなテキストと2回の提出物があって、12月に受験するというもの。1種、2種、3種と3つのクラスがあって、1種は経営者層や、総務人事部的な専門分野が受験する最上級、2種は管理監督者(管理者)が部下をメンタルにさせないためにマネジメントするというもの、そして3種は働く労働者として自分自身がならないためにというものだそう。今回はその中で2種を受けなければいけないのですが、テキストをさらっと読んでみるとまぁ、さほど難しいという要素はなさそう。過去問もかなり公開されているので、まずはテキストで概要を理解して、最後はひたすら過去問をやるという勉強方法でしょうか?ただし、過去問だけ覚えるくらいやっても過去に別の資格で失敗したこともあり、やはり勉強の仕方自体もきちんとネットで調べた方がよさそう。勉強の仕方まで分かるのだからいい時代ですね。ある意味旅行に行くのに、時刻表を調べていろいろと計画立てていた時代が、いまや駅探で時刻もすべて分かってという時代。なんか楽しみが少しなくなるような気もしますが、その分、別のことに時間が割けるとのだとプラス思考するしかないですな。まぁ、勉強は計画がなにより、ざっと300ページのテキストなので2ヶ月で1週あたりだと40ページくらい。平日だけにすると1日8ページ。これは結構なボリュームですな。土日でリカバリーするプランにしておく必要がありそう。さて、がんばりましょう。

taka7107 at 07:24|PermalinkComments(0)

2019年08月30日

ボッチャで大いに盛り上がる。

朝から大雨。大阪に行く用事があるので年休をとってお出かけなのだが、土砂降り状態。歩いていくからいいわと車で送ってもらうのを断ってあとで後悔。とにかく振り方が激しいのと途中でさいふを忘れて家に取りに返ったがさすがにもう一度歩く気力もなくなり、バスに乗ることに。ちょうどよい時間のバスがあるやと思っていたら、これがまた10分待てどやってこず、到着したのは20分遅れとさんざんな状態だった。靴はびしょびしょに濡れて靴下までしみこみ。新幹線の中でちょうど持ち合わせた新しい靴下に履き替えて少しはすっきりとできた。こんな早くに換えの靴下を使い切ってしまうとは想定外で、それであればもう一足持ってきてもよかったか。。。 さて、昨日は会社のレクでボッチャというパラリンピック正式種目の予選会を実施。4チームのうち1チームが次のステージに進出できるのだが、我がチームは順調に1回戦は突破、その後決勝戦で残念ながらほかの担当のチームに負けてしまうという始末。ただ、その勝ったチームがうちのボスの率いるチーム。昨年も優勝して駒を進めたのだが、今回に至ってはもう若手に譲ると言うことで我がチームに白羽の矢がたちました。まぁ、それはいいのですが、レク自体やはり意外にもりあがるのがおもしろいところ。ボールとボールはどちらが近いかという判定に紙を挟んで計測、まさに紙一重、紙二重とはこのこと。最後まで大いに盛り上がって、大盛況で終わりました。本当はもう少し大人数でやってもいいと思うのですが、やはり人が集まらないというのが悩ましいところ。その後居酒屋で反省会。こういったレクを大事にする前任の部長は、こういうのに若手が集まらないのはなぁ。。。とグチりますが、まぁ、うちの担当は若手が多かったので、満足されていたようです。自分が作ってきたイズムが死んでいないということがよかったのでしょうね。確かにその部長さんの功績はあり、私も引き継ぎたいと思っていますよ。さぁ、次回の大会に備えてがんばりましょうか。

taka7107 at 11:54|PermalinkComments(0)

2019年08月29日

組織活性化施策をどうするか

またまた苦手の中日さんに0封を食らってしまいました。せっかく、3タテ、2勝勝ち越しといい流れできていたのにですなぁ。。。ほんまにこの苦手具合はなんとかならんかねぇ。。。なんか理論では説明できないこのチームが独特にもっている空気というか風土のようなものに思えてしまうのですが。。。とにかくこれ以上負けないこと、勝ち続けることしかないのでとにかく頼みますわ。 さて、レクの話。会社のレクで来年のオリンピック・パラリンピックを盛り上げようと企画がある。こういったレクに積極的に若手が参加してくれるといいのだが、現実的にはそうはならない。働き方改革という名の下、フレックスタイム制やシフト勤務、在宅勤務という形になると時間がずれたりして人が集まらないということになる。その集まらない状況をなんとか集めるのがリーダーの仕事でもあるのだが、昔から、総括チームの課長さんが、出席を募って、結局集まらないので自分たちのチームで解決するかという結末なのだが、それをなんとか改革したいところだ。レクや飲み会を通じた会社の風土改革ではないが、とにかく風通しのいい組織にする。要は組織活性化といわれる活動だと思うのだが、そこを総括に押しつけるのはいかがなものかということだ。そもそも、組織をよくしていきたいという将来を担う若手のリーダーが、自分たちの仕事だと認識して盛り上げるというのがあるべき姿。そうなってほしいのだが、そうはならない。まぁ、そんな意識はもてないのかもしれない。仕事が終わればあとはプライベートを満喫したいというスタイルなのでしょう。がむしゃらに残業が多かった時代、ストレスがたまりまくるので飲みニケーションというなのグチりあいの場は非常に重宝された。今はその逆で暇になった時間は仕事のことを忘れて個々人で楽しむのはいいが、逆に人間関係がぎくしゃくしてしまう。昨日も同じプロジェクトチームの中で醜い争い的なものもあった。チームを引っ張っていくはずのプロジェクトマネージャーたる若手がこんな空気を悪くしてしまうようなことを悪いと思っていないこと事態が問題で、将来課長になったときに問題になりそうだなぁと実感できた。う〜ん、自発的に組織活性化を行う風土ってどうやって作ればいいんでしょうな。過去の部長さんはどちらかという北風と太陽でいうと北風の施策だった。私は北風はやりたくない、とにかく太陽的になんとかしていきたいところ。

taka7107 at 07:34|PermalinkComments(0)

2019年08月23日

ひさびさに社内システムでトラブル発生

木曜日の夜に新しい上長の歓迎会をば。お肉がおいしく食べられるお店で飲み放題をチョイスしたのだが、ひさしぶりにビールを飲んだので、ついつい飲んで、食べるのが薄くなってしまったがために強烈な二日酔いに。ちょうど、翌日は銀行に行く予定があったので午前をお休みにしていたのでよかったのだが、それでも結構つらかった。まぁ、幹事としての仕事もあったし、次回からは食べるに徹して酔わないように気を付けましょう。
さて、トラブル対応の話。ひさびさにトラブルが発生。飲み会のあとのトラブル対応はなかなかつらい。とはいえ、課長さんが仕切ってやってくれるので報告をうけるだけなのだが、なかなかうまく前に進まないというのが事実としてある。検証環境では出なかった。商用環境との違いはない。なのに商用になると発生する。よくわからない事象だ。開発環境でのトラブルなのでそれほど大きな問題にはなっていないし、ユーザからの申告も4件ということで個別での対応も可能です。小規模ではあるが、どんなトラブルも回復を最優先して取り組まなければいけないのは変わらない。ところが回復できないのだ。ファームウェアのバージョンをあげたことに起因しているのでそれを戻してみるも余計に悪化してしまったのもあり、戻すに戻せない。ならば、いっそのこと連携しているデータベースを再作成してみるかということでなんとか復旧。最初からこれをやっていればというのはあるが、データベースの再作成はリスクのあることであってそうそうできるものでもないということもあり、後回しになっていた。これからベンダーにログを送付して解析してもらうのだが、週明けになるのは確実。だとするとトラブルを想定した作業の段取り的に木曜日の夜間にやるのが妥当だったのかという判断もある。そこらを再発防止として検討する必要があるだろう。

taka7107 at 10:19|PermalinkComments(0)

2019年08月19日

10連休明け、おとなの夏休み終了

10連休の夏休みが終了。子供の頃は40日間あった夏休みが1/4となって、あの頃は後半になると休みの長さに飽き飽きとしていたのだが、今ではなんて時間を無駄遣いしてしまったのだろうと後悔ばかり。あれだけの時間があればいろいんなことができたんだろうなぁと今更ながらに思うのだが、後悔先に立たずとはよく言ったもので、そのときには分からないから後悔をするんでしょうな。 さて、そんなお休みから明けて、いよいよお仕事再開。初日がとてもつらいんですわなぁ。まずはエンジンをかけるのになにから手を着けるかということになるのですが、やるべきことはいろいろとあって、かといって最初から大きな山にとりかかるとそれだけでやる気を失ってしまう。なので地味な小さな山からとりかかるのだが、それもなかなかねぇ。。。ということになるわけですわ。まずは記憶をお休み前に戻して、やるべきことを思い出すということからかもしれませんな。う〜ん、休んだのに休んだ感がいまいちない。休みぼけ的な感覚、それに上乗せしてタイガースの三タテもモチベーションを下げていることは間違いない感じではありますが。。。まぁ、とにかくがんばるしかないので、徐々にギアをあげていくことにしましょう。とにかく仕事での達成感をやる気に変えるしかすべは無しですからな。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2019年08月08日

修正事業計画

はぁ、3連敗ですか。ほんまにねぇ。。。貧打、エラー、投打がかみ合わない。。。いろいろとありますが、外国人二人のホームランと犠牲フライの2点、4安打ではどんな試合でも勝てませんわな。しかも4番が4タコ?5タコ?ほんまにいつまで大山を4番においとくのやら。。。監督は気が狂ってるとしかいいようがないでしょう。全体の成績が悪いから目立たないですが、4番であの成績はありえませんわ。いくら育成とはいえ、もう限界でしょう。いくらまって、これから爆発的に活躍(なんてこはまずあり得ませんが)したとしても平均とればとんとん。それなら今までの平均よりも上のひとを4番に据えた方がまだまし。打率で言えば糸井ですかねぇ。。。じじいに4番はつらいかもしれませんが、打てば4番になれるというのを見せないとね。ほかの若手が大山びいきばかりしていると腐ってしまいますがな。打てない四番、なんであいつが四番なのかとね。まぁ、もはや今シーズンはなんとかAクラスにはいってくれること、あとは巨人でも広島でもなくDeNAさんに優勝してもらうのが楽しみになってきました。 さて、今日がお盆休み前の最終出社日になりました。今日までにやりきらないといけなかったのが修正事業計画という当初にたてた事業計画の補正。今回は、トップが変わって方針も代わり、しかも代わったトップが事業計画の専門分野から来られた方なので細かい細かい。今まで3年の中期でよかったのが5年の長期も作るのですが、そんな5年先のことがわかりますかいなといいたくなる。まぁ、この手の事業計画は売り上げはのばします、でも人は増えないでしょうから、ひとりあたりの生産性をあげてがんばりますと宣言させられるものなのですが、まぁ、そのセオリーに則ってがんばるしかないでしょうな。でもあまり注目されている分野でもなく、よく言われる既存分野、ベースロードといわれるところ。新規分野は花形で注目されるのですが、いちばんおもしろくない分野でもあります。会社の中で誰かがやらなければ行けない分野でもあるので、それは致し方のないことではありますが。。。まぁ、組織が大きくなりすぎて、中途半端に注目されるところもあり、そろそろこじんまりとできるビジネスにシフトしたいところですわぁ。。。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2019年08月04日

切り替えは順調。でも毎回同じところで詰まるなぁ。。。

土曜日の21時、現地集合のシステム切り替え。とった宿から20分ほど歩いて到着する昔ながらの我がグループ特有のビル。前回の金沢での半期報告会というごほうび旅行のようなものには参加できなかったので、実に1年半ぶりくらいの金沢。ただ、今回はビルが初めての場所なのでいつもと勝手が違う。夜の作業に備えて前回の半期報告でブームになった麺屋大河なるラーメン屋さんで食事をば。味噌ラーメンが有名のようで、食前に野菜ジュースが出てくるなどなかなかおもしろい。味はまずまずの味噌味。あっさり味噌といった感じでしょうか。うまいのでスープはすべて飲み干しましたが、またもう一度行きたいかと言われると、そこまではという感じでもあった。ただ、カウンターがすべて埋まっていて待たされたので人気はあるのでしょうね。食後に少し買い出しをしていざ、現場へ。東の切り替えの際に対応してくれた同じ課長さんが出迎えてくれる。今回は最初から機械室で、パイプイスとテーブルを用意してくれていた。切り替えがはじまって、さっそく少しトラブル発生。東でも起こったのと似た事象が。ただ、その反省が生かされておらず、今回も切り分けに四苦八苦しているようだ。われわれもネットワーク屋なのでなんとか支援したいところだが、われわれの得意とする分野でもないので、ここは口出しできず、まぁ、我々が実施した事前チェックの範囲でトラブルが起きたら出番となりましょうかということでひたすら待機。結局その後はすべてがうまく行って何の問題もなく完了しました。めでたし、めでたし。というわけで、東の時は朝の6時半まで拘束されましたが、今回は2時半と4時間も睡眠時間が確保されました。いやぁ、よかったよかった。それにしても夜間作業はやっぱり疲れますね。

taka7107 at 10:50|PermalinkComments(0)

2019年08月01日

グループ会社を招いてのプロジェクトの打ち上げをば

はぁ、暑いですわぁ。猛暑、猛暑、猛暑。。。とにかく暑い。昼間にウォーキングに出かけると滝のような汗が流れてしまいます。余りに暑すぎるので今日からは雨の日にやっている階段降りくらいにしておこうかと思います。 さて、メールサーバを自社のサーバからグループが提供するクラウドサービスに乗り換えるという一大プロジェクトが完了したため、その打ち上げを実施。私は、そのときちょうど四国、高松に居たので正直プロジェクトには参画しておらず、飲み会だけ参加させてもらって本当に申し訳ないのだが、とにかく無事に終了してなによりでした。その中でグループ会社の方とも交流ができた。その会社はクラウドサービスを提供する大元の会社なのだが、そこではメールサービスのみならず、スケジューラなど、すべての業務で必要となる基本サービスを提供しており、グループとしてはすべてそれを利用していくという方向性になっている。メールは我々はOutlookをすててThunderbirdに乗り換えたところであるが、その提供元ではOutlookを利用し続けているなど環境が若干違ったり、スケジューラも我々が利用しているJavaのアプレットではなく、Web版で画面がかなりいけていてすばらしいとのこと。是非我々もつかってみたいところだが、そもそもWeb版があることすら我々は知らず、こういった懇親会で裏話が聞けてはじめて知るという形になった。やはりこういった飲み会は大切で、情報収集にとても役に立つ。グループが大きくてなかなか相入れないところも多く、しがらみは多いのだが、せめて現場レベルではうまく交流してプロジェクトが円滑に進められるようにした方がいいだろうと強く思ったところだ。

taka7107 at 07:23|PermalinkComments(0)

2019年07月26日

テレワークデイズのコア日、運用する側が大変なのよ

なんともふがいない。今永に完封負けですか。打順、スタメンが日替わり定食状態ではねぇ。。。大山が一発でも打ってくれれば気分も晴れるのですが、それすらなし。最後は能見の4失点で完全に終了状態になってしまいました。能見が二軍落ちで、ドリスも枠の関係で下へ、昨日はエラーの洗礼で陽川がいなくなり、代わりにソラーテなる新外国人がやってくるそうな。内野手でショートですかね。北條、鳥谷、木浪とスタメン争いが激化しそうです。まぁ、どうなることやら、今日はドームに応援に行けることになりましたが、楽しめるのかやけ酒居酒屋になってしまうのか、まぁ、とにかく楽しみましょう。 さて、テレワークデイズの話。我が社のネットワーク管理を実施している我が部署のミッションは来年の東京オリンピックの開会式をテレワークデイズのコア日に設定し、在宅勤務を推奨しています。100人の在宅勤務を目標にというのですが、普段のログを見ていると300弱は同時接続であることから、非常に軽い目標。それで押さえておいてくれればいいのに、毎週のように社内のポータルサイトで宣伝するものだからみんな在宅勤務をやろうということになって、想定ユーザ数が急増。そんなにすぐには設備がおいつかないんですが。。。とのいいわけもあまり聞いてもらえないようで、なんとかしなければいけないというのがこの手の常。最大接続数を750と見立てて事前準備をば。結局接続された同時接続数は680ということでぎりぎりセーフでした。ただ、1ユーザあたりに必要な帯域はあくまでも想定なので難しいですな。それが正しいのか正しくないのかをモニタリングする仕組みが確立していないのでやっかいなんですわ。そう、うちのシステムで弱いのは仮説でたてたトラフィックの中身をモニタリングしたり検証したりする手段がないというのが弱点なのです。これだけ長い間運用してきたのに運用ノウハウがないというのが問題なんですね。そもそも運用のプロではないような気もします。このあたりを是非、改革してよりよいシステム運用を心がけないといけませんな。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2019年07月24日

久々の研修にヘトヘト

いやぁ、ほんとドリスはなんとかしてほしいなぁ。あれでまじめな性格と言われてしまうと、なにもいえなくなってしまうのだが、やはりメンタル面で最初のバッターにフォアボールを出してしまうことはなんとかしないとね。まじめだからこそ、精神的に追い込まれるのか。大事な試合を落としてしまいましたわ。この2位以下の団子状態は早く脱却して首位を駆逐する体制に入らないと間に合いませんで。 さて、ひさびさに我がグループに研修センターに。課長になった後の研修で何年か前に来たのと、昨年、グループ会社への出向者との交流会があって、その時に来たくらいで、普段はあまり来ることのないところ。相変わらず広大な土地で、入社当時の古い建物も少しは残っているものの、立て替えが終わってきれいになっているビルも多い。ただ、中の舗装道路などは古いままなので、やはり古さは感じられ、そろそろこの辺も手をいててほしいなぁと思うばかりだ。さて肝心の研修はというと、まぁ、自分なりのスキル発揮はできましたが、他者と比較するとまだまだ学ばなければいけないなと思うところが多々ありました。難しいですね。こればっかりは、やはり苦手な分野すぎて、体力、精神力、集中力がベースで必要で、その上に頭脳的に、分析力、判断力、交渉力、話術などさまざまなスキルをバランスよく発揮させるというこれまた本当に難しい研修であります。まぁ、まずは、今年一番の大仕事が終わったということで、少しはほっとしていますが、とにかく7月はイベントが多すぎて。。。なんだかとっても疲れました。今日はオリンピックの開会式のちょうど一年前ということでいろいろな施策があります。研修明けのへとへと状態ですが、がんばりましょう。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2019年07月23日

組織の長たる役職の責務

組織の長という役職の人は、部下の手本になる必要がある。いろいろな会社のイベントや飲み会等もあって、プライベートな理由があるからとか、はたまた、飲み会はあまり出たくないのでなんて。。。という理由でとうてい欠席する訳にはいかない。なので、飲み会の出席者はたいてい課長は全員出席で、部下がいくらついてくるかという話になるのだが、部下も、出て楽しい、おもしろい、自分の役に立つコミュニケーションができるとなれば出席するようになるだろう。なので自ずと出席率はあがるはずなのだが、昨今はそうではないことが多い。ひとつに課長レベルでもこの点に疑問を感じていたり、そもそも飲み会に出ないという人も出始めたからだ。飲み会が必ずしも有効な手段とは思わないが、少なくとも気の利いたイベントを企画するくらいであれば手っ取り早く飲み会の方が幹事も楽だ。とりわけ、100名を越える組織ともなると、飲み会以外のイベントを企画するのが難しい。年に1回、旅行会は企画するが、出席者は30名弱、なかでもOBが20名くらい占めるので実質現役のメンバーは10名程度。仕事だけだと人間関係がぎくしゃくするのはあたりまえ、とはいえ、働き方改革といわれて、ワークライフバランスともなると、飲み会よりもプライベートでしょなんて傾向に加速するのは否めないところ。ただ、組織の長たる役職についた人は組織をよりよくしていくための施策には参加してほしいところ。自分勝手、自己中心的な長ができると間違いなく風土が悪くなり、人間関係がぎくしゃくしちゃうんですよねぇ。。。

taka7107 at 07:28|PermalinkComments(0)

2019年07月21日

Thunderbirdは意外と使えます。

先週のメールサーバの移行から一週間。いままで使ってきたアプリが起動しないという問題が起こり、大問題になるかと思いきや、対処方法を迅速に検討してもらったおかげでそれほど大問題にもならず、平穏に過ごせたこの一週間でした。よかった、よかった。そんなメールサーバの移行で、われわれは今まで使ってきたOutlookというマイクロソフトの製品をすてて、Thuderbirdなるメールクライアントソフトに乗り換えることになりました。中でも2つ問題があって、まずTodoにするためにフラグチェックをやっていたのですが、Thunderbirdで、そのフラグチェックしたものをフォルダをまたいで一覧できるかどうかという問題、さらにファイルのUNCパスがうまく表示できるのかという問題があって、なかなか乗り換えができず、結局、切り替わってから乗り換えるという最悪の準備状態になりました。とはいえ、使ってみると、いろいろといい面も出てきて、ネットで調べればすぐに解決策は出てくるというもの。フラグをつけたものは検索フォルダという仕組みを利用して、ステータスにスター付きというものをすべてのサブフォルダから検索し、その結果を一覧するというものを作っておけば、それで解決するということが判明。なんともあっけなかったです。それ以外には、せっかくなのでOutlookではできなかったことも実現してみようと、昔、メーラでbecky!というものを利用していたときに自分の名前のキーワードが本文で見つかった時にハイライト表示するものはできるかとやってみました。ネットですぐ答えは見つかりましたが、やってみてもうまく機能しないということが判明、これはあきらめて、自分宛のメール(自分のアドレスがToもしくはCcとなっているもの)について件名を赤くするということをやってみたら、これができたので、ハイライト表示の代替としていいのかなとでもやはりハイライト表示は本文中に自分あての指示等が入っているなど、細かに見たいときもあるので、継続的にできるかどうかもっと調べてみたいと思います。まぁ、結構使えると言うことがわかったThunderbird。我が社も実にメールサーバをころころと移行してきましたが、これを気にアウトソーシングすることになったのでこれ以上は仕様を変えないようお願いしたいところです。

taka7107 at 18:03|PermalinkComments(0)

2019年07月20日

医薬業界のデジタル化について

医薬業界のデジタル化の推進ということで調べてみたら結構進んでいることが判明。人工知能(AI)の活用はもちろんのこと、そのデータをベースにした対話型プログラム(チャットボット)を活用しているところが多いようだ。抗インフルエンザ薬のタミフルを対象にした医療従者向けの情報提供ページを運用していたりするようだ。今後はいろいろな製品での展開を目指しているらしい。これの効果の測定が難しいのだが、問い合わせ件数×回答にかかった時間をすべてロボット(ボット)が実施してくれるとすると問い合わせ用にコールセンターとして要員をアサインしているところを減らせるというDX推進につながっているとも言える。
また、医薬品や医療機器を使わずにソフトウェアで病気を治す「治療アプリ」なるものが幕開けしそうだとのこと。キュア・アップという会社は慶應義塾大学と連携してニコチン依存症の治療用アプリを開発したそうだ。これは、アプリをインストールしたスマホで、たばこが吸いたくなった時にアプリを起動すると、チャット形式でどうしました?というと問いかけが来たり、たばこ吸いたいですよね?といった同調もあったり、ガムを噛みましょうという提案もしてくれというなかなかすぐれたアプリのようです。人間の心理をうまくつかんだものといってもいいでしょう。
また、お薬の飲み忘れ、飲み間違いをサポートするようなクラウドビジネスもはじまっていたりと医薬業界のデジタル化は目覚ましい。なかなかおもしろいですな。

taka7107 at 15:24|PermalinkComments(0)

2019年07月19日

製薬業界について調べてみた

訳あって製薬業界について調べることに。そういえば昔営業で少しこの分野を担当するかもとなったり、義父が製薬会社に勤務していたりといろいろと縁はあるのだが、とはいえ、あまり深く内情を知らない私はネットでお勉強するしかないのが事実。製薬業界、動向とかで検索すると2018年に起こったニュースが出てきた。まず、武田製薬がアイルランドの製薬会社であるシャイアーという会社を7兆円で買収したという大きなニュースがあるようだ。ワールドワイドで見るとスイスのロッシュが1位で売上高6.4兆円、2位がファイザー(米)で5.9兆円、3位がノバルティス(スイス)で5.7兆円と日本企業は出てこない。なんと、シャイアーの買収まで20位近くにランキングされていたとのこと。これがこの買収で10位以内にランクインしたようだが、それでもビッグ3にはほど遠いようだ。倍の売り上げをあげないことにはトップにはなれない。そういった背景があるなか、地域包括ケアというのが市町村や都道府県を主導で進められており住まい、医療、介護、等が連携し、高齢者が重度な要介護状態になっても自分らしい暮らしを住み慣れた地域でできるような取り組みがされている。そんな市場を営業体制を強化することにより開拓していくことを戦略とし、MRを病院完結型から地域完結型の医療にシフトし、担当する地域の医療状況に関する深い理解が求められるようになっているそうだ。また、薬価制度が抜本的に改革され、特許期間中の新薬に適用される新薬送出等加算が抜本的に見直され、新薬の約70%弱が要件未達になっているとのこと。結果、薬価ベースで平均7.5%もの価格引き下げにつながったことは厳しい状況の変化のようだ。これは高騰する医療費を削減する政府の思惑があるようで、今後も続くことが想定される。新薬が伸び悩む一方でジェネリック医薬品は診療成功報酬のインセンティブや認知度の高まりから普及がすすみ、11年の40%から30ptのばして70%まで躍進している。ただ、地域格差があり、九州・沖縄では普及率が高いものの、大阪、東京、神奈川など大都市では普及が遅れていたり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病への適用は高いが、抗ガン剤などはジェネリックではなく先発薬の方が普及がすすんでいたり、点眼剤や貼付剤などの使用感が重視される薬剤もジェネリックが進んでいないという事実があるようだ。そして、デジタル化の推進も大きな話題。これについては明日記載しよう。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2019年07月11日

経営戦略

3タテどころか、3タテ食らわされて今シーズン完全終了状態のタイガース。もはやすくいようがありません。大山もひとりヒットでがんばってますが、打線がつながらないので点が入らないという悪循環。ホームランねらえば三振するし、せこく行けばヒット、よくてもツーベースではねぇ。。。ランディも調子がまったくあがらず、どうなってるのよとグチしか出てきませんな。 さて、今月ある研修に向けて経営戦略なるものを考えなければいけません。ある業界の仮想企業をベースに、会社の状況が記載されたメモを読みとり、戦略を立案、プレゼンするというものだそうです。PEST分析して、3C分析して、SWOT分析するという流れのようですが、普段からそんなことやっていない私は事前に準備しないとお手上げ状態。ネットで調べて出てくるのはスターバックスの事例が出てきます。ただ、こつを聞いてみると分析はほどほどにして戦略策定をしっかりやったほうがいいとのこと。分析に時間を使いすぎて、戦略や実行の計画ができていないとそれは確かにそのとおり。戦略は現状分析したところから、強み弱みをみて、強いところをのばすとか、弱いところを補強していくとか、まぁ、攻めと守りの二刀流が必要というわけですが、実行計画というのはどのレベルまで落とすかが難しいですね。たとえば、スターバックスの戦略として、サブスクビジネス(月額飲み放題サービス)を始めようとした場合にコスト計算から費用回収、損益分岐点の計算などが必要ですが、まずはそのニーズがあるのかという調査が必要かもしれません。ただ、それは現状メモに記載されているでしょうから、なければ過程してあるものとして展開していくという感じでしょうか?フローチャートで各プロセスをいつまでに誰がどのようにして実施するのかというのを記載。ただ、自分ですべてやるのはダメで、いろんな部署を巻き込んでタスクを大きくしていくこと、つまりは巻き込みというのが必要になってくるでしょうね。いろんな組織の協力を得ながら一丸となって新しいビジネスにとりくむという姿が求められるのかもしれません。一番苦手な分野ですが、まぁ、がんばるしかないですね。ITストラテジストという資格試験の時は、IT戦略を立案するという面ではお勉強は少しかじりましたが、経営戦略となるとそれはそれで難しいですが。ただ、経営とITはきっても切れないご時世なので自分と得意分野に巻き込んで記載していく。つまりはITを活用、特に昨今はやりのデータサイエンスの活用は無視できないですな。そのあたりをちょっと下調べしましょうか。

taka7107 at 07:38|PermalinkComments(0)

2019年07月09日

スマホを認めない方法の論理武装

5打数0安打3三振1四球のさんざんたる4タコ状態。チームで12安打して3得点で終わってしまう理由がわかります。そう、全部彼でストップしてるわけですわ。ほんまにこれで4番ですか?といいたくなるような感じ。4番なので我慢して使うというのも分かります、生え抜きなんで我慢して使う鳥谷、それも分からなくもない。でも結果を出してこそのプロの世界。我慢してもダメだったら換える、致命傷にならないまでの我慢にしてちょうだいな。7.5ゲーム差はやばいでしょう?ぜったい3タテ食らわせなければいけなかった試合やのになぁ。。。ほんまに分かってるんかいな。 さて、スマホを会社の端末として認めるかという論理武装が必要になった。端末要領なるもので規定してくれるのでわれわれの仕事ではないのだが、規定しようとなると、それなりに機種を絞ってセキュリティ対策を実施しないといけない。MicrosoftのSurface端末でかつ、会社のしかるべき部署でキッティングされたものはOK。しかも顔認証という生体認証ができているので、カード認証というものによる認証がスキップできるという仕組みも導入された。RASの認証とSurfaceの顔認証が連携できているからこそ実現しているのだと想定する。(要確認)なので、SurfaceはOKだが、連携のできないスマホやタブレットはNGというストーリーで切り抜けるしかないのが現状。本来であれば、認めないのであれば会社のガバナンスを効かせる部隊がこうすべしと指針をしめして全社を納得させるべきところ、スマホ向けにサービスを提供しているわれわれに後ろからところてんのように押し出して、サービス停止を言えと言うのだから殺生な話だ。端末規定で逃げるしかない。それはガバナンス部隊が規定したことなので、われわれはそれの指示に則りサービス終了しますと。本当に会社のガバナンス部隊というのはどこも使い物にならないですわ。

taka7107 at 07:34|PermalinkComments(0)

2019年07月08日

PEST、3C、SWOT、フレームワークってなんじゃそりゃ?

今週末、カープに3タテ、2位浮上。\(^o^)/こんなテンションのあがる週末はないですな。ただ、最後の1戦、高橋遙人の好投はすばらしかった。防御率1.80も脱帽ものです9Kもすばらし。ところが。。。やっぱり問題は4番大山。あのヒットは当たり前ですが、バントはねぇ。。。そもそも4番にバントさせる監督が悪いといわば悪いですが、尻に火がついてのあのヒット、本当はもっと別の場面でうたなければ行けないんですわ。それもたんなるシングルヒットやツーベースではなく、どでかいホームランを打ってくれないと。。。右打者で風的には有利なはず。二桁乗って安心してもう何日打ってないのでしょうか?まぁ、今日からの巨人戦に期待するしかないですね。6.5ゲーム差とかなり大差をつけられましたが、とにかく3タテで3.5まで縮めましょうぞ。たのんまっせ、大山君。
さて、マーケティングの話。とある研修の課題で、経営戦略を立案するというのがある。PEST分析して、3C分析、最後にSWOT分析となるのだが、そのフレームワークと呼ばれるものが普段から使わないのでさっぱりわからない。PESTというのは政治、経済、社会、技術のそれぞれの英語の頭文字をとったもので、その4つの象限に分けて現状を分析するというもの。普段から、政治、経済にとんと無頓着な性分が露呈されてしまうのがまずい。かといってにわか仕込みで入れた知識がどれだけ活用できるものか。とにかく自分の不得意分野は極力さらっとい行くことにしよう。次に3Cは、顧客、競合他社、自社の頭をとったもの、とにかく事実となる情報収集をして、最後にSWOT分析にかけるインプット情報にするようだ。SWOT分析はよく名前は聞くし、おそらく昔、研修でもならったこと。強み、弱み、機会、脅威の4文字のこれも英語の頭をとったもの。内部環境という自分の影響範囲でなんとかできる強み、弱み、外部環境という自分の範囲ではどうしようもない、外部的要因を含むものを機会、脅威に分類して、それぞれを俯瞰して経営戦略の基礎をつくるというものらしい。普段、マーケティングとかの専門をやっている人にとってはなんてことない、お茶の子さいさいなんでしょうね。う〜ん、悩ましい研修ですわぁ。。。


taka7107 at 07:44|PermalinkComments(0)

2019年07月06日

コミュニケーションの難しさを痛感

誕生日にタイガースは勝ってくれました。しかもカープに。これはうれしいですわ。ほんとありがとう。ただ、最近変な法則が気になっているんです。糸井、マルテが打つときはかならず大山がダメという。今日も大山が4タコという困った法則にずばりとあたっています。4番として4タコ、すべてフライアウト、打点0というのではねぇ。。。頼むからがんばってちょ。 さて、コミュニケーションの難しさを実感する。メールで依頼した事項について、何度もやりとりしているのでわかってもらっていると思いきや、まったく理解されていなかったという話。まぁ、こういう人に限っては直接話をしてもちんぷんかんぷんで通じないところもあるのですが、今回はそれを怠ってしまった私のミスですかねぇ。間接管理の難しさに直面しました。部下の部下に仕事をお願いするのに、まずは部下にお願いします。ただ、その部下はその部下と会話がない。とすると、最後の念押しとして部下の部下に直接話をする。それでも伝わらない時がある。伝え方の問題なのか。その人は、上長にそのことを返す、でもその上長は私に伝えないとなると、三角コミュニケーションとなってどこかで破綻しているということなんですね。直接、あって、その場ですぐ答えを聞く、他のものを巻き込まないというのがいいのかなぁ。。。とにかくコミュニケーションは難しい。あと、思わせぶりというのもある。思いこみもある。思わせぶりに来るから、てっきり上昇志向があるものと思いきや、そういう訳ではない。いざとなったら足がすくんでうしろずさり、確かに仕事はすごくやってくれるが、仕事以外のことはあまりやらない。う〜ん、そういう意味ではみんなそうなので頼りない。仕事以外の他者とのコミュニケーションを重視してくれる人でないと、私のように同じミスを犯してしまう。なので、とにかく人とコミュニケーションのとれる人を育てないといけない。難しい課題だなぁと思う今日このごろであります。

taka7107 at 21:11|PermalinkComments(0)

2019年07月05日

人事調整でへこむ

7Payでアプリの作りがよろしくなく、セキュリティ上のリスクがあるとのことでチャージできない状態に。なんともいけてないスタートですね。セブン&アイホールディングスというブランドをひっさげて出遅れ感満載ながらに投入したバーコード決済がこんなざまでは困ったもんです。信頼回復に向けてアプリの作り替えをお願いしたいところですねぇ。。。 さて、部下の昇格のための試験の段取り中。想定外の出来事が発生。まさかの、受験しませんとの答え。年齢も年齢だし、給料あがらないしということが直属の上長から刷り込まれてしまっているようで、困ったもんですわ。その上、プライベートな事情によりつらい仕事はできないのと、自身のメンタルにも関わってくると言われてしまうと、これ以上プレッシャーを与えてもなぁ。。。という感じです。とはいえ、私の場合がどうだったかを振り返ってみました。どちらかというとさからえないかなりきつい上司の元、もう推薦しておいたからがんばれよと言われ、受ける受けないの選択はなかったのが事実。まぁ、若くはないですが、そこまで歳でもないという年齢だったので、それほど迷いはなかったのは事実です。とはいえ、上昇志向があるかというとそれは正直ないと断言できるので、そんな人間を選ぶんだとも不思議に思っていました。与えられた仕事はしっかりするが、それ以上にぐいぐい前にでるなんてことはとにかくやってこなかったし、なぜ選ばれるのかも不思議でした。それでも今となっては選んでもらってありがたいなぁとも思っています。いまや、協力会社含め150人超の部下をもつ大所帯ではあります。ちょっとした中小企業の社長クラスなのかもしれませんね。まだまだ迷うこともあってプレッシャーもいっぱい、年上の上司というのでこまった人も多いですが、なんとか周りにささえられてがんばっているのが事実。ありがたいです。なので若手にというか年下の人間にも同様にがんばってほしいと伝えてきたつもりなんですけどねぇ。。。残念で仕方ないですが、次点の人を選んでうまく通せるか。いやぁ、ほんと人事は難しい。

taka7107 at 07:21|PermalinkComments(0)

2019年07月02日

新体制キックオフ

朝から雨なのか霧なのか微妙な天気が続き、湿度もすこぶる高い状態で蒸し暑い。あぁ、梅雨の季節まっただなかという感じで、すっきりしないのだ。 さて新体制がはじまって早速の懇親会。昔懐かしい人々がいっぱい来ていたので同窓会のようなのりになってしまった。まぁ、一緒にお仕事したことのある人たちとのおつきあいは昔話に華がさいて楽しいもの。あのころはああだったという思い出がいっぱいあるのがうれしいことだ。苦労すればするほど、苦労話になっていい思い出になることはまちがいない。最初は敵だった人たちもいつのまにか味方になってくれるというか、そういうつながりがうれしいですね。今度のあたらしいトップはいままで一緒にお仕事をしたことのない方。前のトップもそうではあったが、人畜無害というか、特に大きな影響を被ることはなかったのでよかったのだが、さてさて、今度のトップはいかがなものでしょうか。少しお話をした限りでは同じく人畜無害っぽいので大丈夫かなぁ。。。今までとあまり大きく変えるつもりはないと言ってくれるのが一番安心感ですね。さぁて、今日も一日、がんばっていきましょう。

taka7107 at 07:28|PermalinkComments(0)

2019年06月29日

月末でてんてこ舞い

リーグ戦が再開したというのに、初戦から大敗のありさまですわ。あいかわらず、近本は調子があがってこないし、大山はドーム球場であっても全くホームランが出る気配なし。ゴロアウトにせこいヒットでガッツポーズで喜んでようであるのはなんて有様でしょうか。このままではAクラスに残ってクライマックスシリーズどころかBクラス落ちであっという間にシーズン終了なんてことになりかねないですわ。困ったもんですな。
さて、体制が大きく変わる7月を前に、いろいろと駆け込みで大変なことが起こっています。他の部署から頼まれているトラブル支援は突然打ち合わせするからとこちらの都合も関係なく呼び出されるわ、次から次へと支援の費用の手当てもなく、仕事が舞い込んできますわ。金さえもらえばやるというわけでもなく、割り当てるリソースがないのに、常時居てくれと言われてもね。それは対応できませんわ。かとおもえば、一方ではトラブル対応。今まで起こったことのないようなメールサーバのトラブルが発生。今月中旬に新しいシステムに移行するのでそれまで乗り切ってほしいのですが、移行する際に既存のメールサーバーに負荷がかかるので、しっかりと治しておかないといけないところ。これまた骨の折れる作業です。そして、さらに新しい仕事が降ってきてとてんてこ舞い。そんな最中に送別会が毎日のように開催されて毎晩の飲みと、なかなかつらい6月でした。7月になるとまた新体制でのキックオフがあったりとこれまたつらい。しばらくは忙しい毎日になりそうな予感です。


taka7107 at 20:28|PermalinkComments(0)

2019年06月28日

トラブル事例を横展開することが必要だ

プロ野球がなくてつまらないと思っていたが、あったところで連日連夜の送別会続きでまったく見られない状態だったので、今週はこれでよかったかも。強いて言えば今日は予定がないので、あってくれてもいいのだが、あいにく阪神戦は無い模様。明日から交流戦明けと言うことで、今度こそは期待してますんでよろしく頼んまっせですわ。とりあえず、エラーしないように守備固めが大事やね。大山はダントツトップでエラー数稼いでるってか。その分、ホームランが多いんやったら目をつぶってもええかもしれんけど、これではなぁ。。。頼むから、ええ方に飛び抜けてちょうだいな。 さて、昨今のネットワークの案件で、特にUTMとProxyの組み合わせでログ解析をしなければいけないというのが多い。NWのトラブルでL7レベルまであがってセッションを保持しているのはこういった機器なので、なにか設定を間違っていたり、単なる相性の問題もあったりするのだが、通信に不具合を来すとすればこういったところが原因であることが多いのだ。その場合は端末からProxy、UTM、サーバとすべての機器のログもしくはパケットキャプチャーデータを並べて比較していくことが大切。ただ、お客さんの設備であったりするので、うちの会社はUTMから先しか見られないということも多かったりする。また、こういった設備も実はお客さんの設備なのでいちいち了解を得ないと動けないということで待ち時間多い。できれば、構築するときにパケットキャプチャーをできるようにUTMの前後にはさんでおけば、なにかトラブルがあった場合に即解決できたりするので非常に助かったりする。そういった環境をうちの検証環境に組み込んでいろいろなケーススタディをやっていくのも大事だろう。トラブルから学ぶことは非常に多いのだが、昨今、こういったトラブルが少なく、うちの部署での経験者が少ないというのが問題。事例として学んだトラブルを環境再現してトラブル事例として展開していくような営みが必要かもしれない。後継者を育成するために大切なことですな。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2019年06月27日

送別会はいい感じでした。

G20サミットの関連で大阪は大混乱状態。南港で開催されるため、阪神高速道路は今日から通行止めになるところあれば、コインロッカーがすべて封鎖、ゴミ箱まで封鎖されるという始末。さらにはニュートラムの会場近辺の駅まで封鎖と、どれだけ封鎖すればいいのやらという状態。先日まで大阪にいたが、ホテルはふつうにとれたのが不思議なところ。全国から警察官がかけつけているので宿がとれないというのが日常になっているようなのだが。。。 さて、昨日は担当の歓送迎会。みなさん、送別される方々に対して結構いろいろとネタを仕込んでもらって、ありがたい限りです。こういったところでプレゼンするとプレゼン力もアップしていい勉強になると思います。意外におもっていた人がすごくプレゼン力があったりと、驚きもあってうれしかったです。また、人の話をきちんと聞くという姿勢が、うちの担当は本当にすばらしいなぁ。。。と、毎回、イベントが長くなって食事できる時間も限られ、飲むと気が高ぶって、大声でしゃべって、前で発表している人の話を聞かないという無礼な人は中にはいますが、それが少ないというのがありがたいことですね。組織としての基本動作が徹底されていて、礼儀正しい、秩序のある部署だというのがよくわかりました。今後も、この風土を大切にしてほしいものです。そして、この楽しい懇親会で送ってもらえた人たちに、われわれの組織を宣伝してもらって、あの組織はよかったと言ってもらえるありがたいですね。がんばって組織運営をしましょう。

taka7107 at 07:15|PermalinkComments(0)

2019年06月26日

支店に別お仕事で打ち合わせ

一年前から今の部署の案件すべてを統括するようになって、支店にお願いする仕事が増えました。今までは私が担当してきたS基盤という案件のみでお願いしていた西日本の支店も、今回は別の社内システムの案件でお世話になることに。そのための打ち合わせに大阪出張という形で週末から大阪に。昨日は打ち合わせ自体を実施。お互いに思っていることを打ち明けて問題点が探り出せたのでいいのかなぁと、その後の懇親会も非常に楽しい宴に。関西のおじさんはやっぱり関西人独特の笑いの文化があって、すべてを笑いに変えるという力があるようですね。私は関西人ながらそのパワーがないのでうらやましいとおもうのですが、少しでも見習わせてもらって近づけるよう努力せねばと思いました。仕事の面ではやはりおじさんが多いので先行き不安なのと、やはり俗人的にお願いしている仕事が多すぎるという問題点も。この人がいなくなったらやばいなぁとか、この人もいなくなるとやばいなぁ。。とか。とにかく俗人だよりなところはなんとか解消できるように若手をいれてもらうなど対策が必要なんだと痛感しました。まぁ、年間相当額の原価を支払い、お仕事をお願いしているわけですから、定期的に顔をあわせて打ち合わせすることは大切ですね。

taka7107 at 06:36|PermalinkComments(0)

2019年06月22日

トラブル対応現地支援その2

いやぁ、ほんまに勝てませんなぁ。交流戦はやっぱりやめにしてほしい。もう、パリーグなんて交わらなくていいですよ。そもそも、パリーグが圧倒的に強いと言うことは証明済みで、野球の仕組みもDHでやったほうが強くなるというか、投手にとっても打者にとってもいい効果があるということは実証済みなんで、その仕組みの違いがあるのであれば、もうこれ以上やってもね。同じ条件にして数年後に再開してみてはどうでしょうか。本当にセリーグ側は苦痛でしかないです。といいつつもせっかく広島がもっと調子悪く行っているのに、なんでここで踏ん張れないかねぇ。大山の一発はやっとでましたが、その後のサヨナラのチャンスで凡打するってね。今までの負債がまったく返済できてない状態なんですよ。一発出ただけでよろこんでるんちゃうやろなぁ。。。ほんまにもっと気合い入れてくれよ。 さて、まぁ、そんな野球のグチばっかり言ってても仕方ないので。。。このたび、今の上長が7月で異動というか退社となるので贈る言葉を考えなければいけないという大役が。本当にお世話になったというか、まぁ、厳しい指令はいっさいなく、やりたいようにやらせてもらったという点では感謝なのですが、上司としての行動があまりにもなにもしないというか。。。なので、どう言葉を選べばいいのかとても苦労します。気さくな方ではあるので、そこをほめたたえるか、プライベートのネタにするか、仕事以外のことろでおもしろいエピソードを紹介するかなどしかないかなぁ。。。本当はうちの部署にくる前の方が期間が長かったのでその人たちに言葉をもらった方がいいのでは?と思って、その話もしているのですが、幹事さんが多忙すぎて手が回っていないよう。ほんと困りましたなぁ。。。なにより一番面倒だったのは資料をいっさい作らないのと、具体的な指示がいっさいないということ。この1年間で私がみた資料はテキスト2枚だけ?メールはほとんど返信しないし、見たか見ていないかよく分からない。会社にいて、キーボードさわるよりもスマホさわっている時間の方が圧倒的に長いというダメダメな面ばかり見えるので、これがつい口走ってしまいそうで怖いです。みんな、スマホでゲームしているのは知っているのですが。。。はぁ、何も言葉が出てきませんわ。。。

taka7107 at 13:20|PermalinkComments(0)

2019年06月21日

トラブル対応現地支援その1

10日間ほどにわたって対応してきたトラブル対応も最後の大詰め、リトライ日がやってきました。最善の策を尽くすべく、ネットワークの専門家として支援のため仙台の拠点に入って対応するというお仕事をいただきました。仕事で仙台に行くのは初めて。宿をとってもいいと言われた夜間作業で、まずは事前の大仕事前のチェックイン後にシャワーを浴びていざ現場に。チェックアウトは11時。ふつうに作業が終われば4時前には解散なので、ホテルにかえって、7時間ほどは休養がとれる算段。それでもまたトラブルが発生したものなら対応はエンドレスで、11時のチェックアウトも越える可能性があるため、荷物をおいていくのは危険。荷物もすべてもって、チェックアウトの状態でいざ現場に。4人で待ち合わせをしていざ入館。いままでずっと電話会議では支援してきたので声はなじみのある人と初対面でご挨拶。居室に通されて、時間になるまで待機となりました。夜の8時に作業開始となるのでしばし休憩。なんとなく緊張感が走りますが、徐々になれっこ。居室に3個しかないイスに代わる代わるで座ります。作業前に作業する機械などの事前確認をば。とはいえ、我々はなにかあった場合の対応ということで、まずは何もないことを祈るばかりです。8時に作業がはじまり、進捗管理表というタスクごとにIDが振られた表をベースに作業開始時間、終了時間を記載していきます。10時になったらいよいよお客様のサービスをとめて、新しいシステムに切り替えるという、イベントになるのですが、それまでは事前作業的な位置づけ。それも順調に終わったいるようで、チェック表に順調に時刻が記載されていくなか、途中でリーダークラスが前室を抜けてサーバーのある部屋になにかあったかのような怪しい面もちで出て行きました。どうもそこで事件が起こっていたらしいのです。。。

taka7107 at 13:19|PermalinkComments(0)

2019年06月20日

贈る言葉をどうするかが悩ましい

いやぁ、ほんまに勝てませんなぁ。交流戦はやっぱりやめにしてほしい。もう、パリーグなんて交わらなくていいですよ。そもそも、パリーグが圧倒的に強いと言うことは証明済みで、野球の仕組みもDHでやったほうが強くなるというか、投手にとっても打者にとってもいい効果があるということは実証済みなんで、その仕組みの違いがあるのであれば、もうこれ以上やってもね。同じ条件にして数年後に再開してみてはどうでしょうか。本当にセリーグ側は苦痛でしかないです。といいつつもせっかく広島がもっと調子悪く行っているのに、なんでここで踏ん張れないかねぇ。大山の一発はやっとでましたが、その後のサヨナラのチャンスで凡打するってね。今までの負債がまったく返済できてない状態なんですよ。一発出ただけでよろこんでるんちゃうやろなぁ。。。ほんまにもっと気合い入れてくれよ。 さて、まぁ、そんな野球のグチばっかり言ってても仕方ないので。。。このたび、今の上長が7月で異動というか退社となるので贈る言葉を考えなければいけないという大役が。本当にお世話になったというか、まぁ、厳しい指令はいっさいなく、やりたいようにやらせてもらったという点では感謝なのですが、上司としての行動があまりにもなにもしないというか。。。なので、どう言葉を選べばいいのかとても苦労します。気さくな方ではあるので、そこをほめたたえるか、プライベートのネタにするか、仕事以外のことろでおもしろいエピソードを紹介するかなどしかないかなぁ。。。本当はうちの部署にくる前の方が期間が長かったのでその人たちに言葉をもらった方がいいのでは?と思って、その話もしているのですが、幹事さんが多忙すぎて手が回っていないよう。ほんと困りましたなぁ。。。なにより一番面倒だったのは資料をいっさい作らないのと、具体的な指示がいっさいないということ。この1年間で私がみた資料はテキスト2枚だけ?メールはほとんど返信しないし、見たか見ていないかよく分からない。会社にいて、キーボードさわるよりもスマホさわっている時間の方が圧倒的に長いというダメダメな面ばかり見えるので、これがつい口走ってしまいそうで怖いです。みんな、スマホでゲームしているのは知っているのですが。。。はぁ、何も言葉が出てきませんわ。。。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2019年06月18日

スーパー上司が異動

月曜日の最初から飲み会があり出席。昔お世話になった方なのでお礼をかねてということなのだが、さすがに月曜日から飲みとなると翌日がつらい。まぁ、これも仕事だから致し方ないですわな。 さて、今週の木曜日から金曜日にかけて仕事ではじめて仙台に行くことに。プライベートでは何度か行ったことがあるのだが、それもここ10年は一度も行っておらず、楽しみではある。ただ、仕事の性格上、トラブル対応でかつ、次の金曜日の夜に重要な飲み会もあったりするので、とんぼ返り、しかも寝る時間なしという最悪のパターンにもなりかねない。疲れるだけで得はまったくなさそうなのだが、これも仕事、仕方ない。本当はゆっくりとおいしい牛タンでも食べられるような出張になってほしいところではあるが。。。精神的にヘロヘロになるのはつらいですなぁ。。。まぁ、体力の許す限りはがんばってみましょうという感じだ。まぁ、今の上長がスーパーマン的な働き方なので正直ついていくのが大変なところ。できる上司をもつと、いろいろと楽できる反面、苦労も多いのは事実でありますわ。そんな上司も昨日の人事発令により異動とあいなりました。1年3ヶ月と短い間でしたが、上の世界や、技術の世界にすごく精通されており、しかも体力はばりばり、24時間365日仕事をするというタイプなので本当にスーパーマンでした。いろいろとご指導いただきありがたかったですね。新天地でも活躍はされるので、祈念せずともですが、くれぐれもそれ相応のお歳なんで、無理はなさらないようにしてほしいですね。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2019年06月16日

今週も書いて書いて書きまくる

はぁ、なんてことですかねぇ。。。ほんまに、まさかのパリーグ最下位のチームに二敗一分け、どないなってますのよ。。。首位からは3ゲームも離されて。。。せっかく交流戦で広島が不調というときに、お付き合いしてどないしますんや。ほんまに勘弁してほしいわ。明日からの仕事に支障がでそう。。。
さて、今週も引き続き、社内資格の申請のための原文検討をば。10個のスキルを書かなければいけないのだが、なかなか難しい。前回の申請内容がどうだったのかと、その申請結果がどうだったのかを比較して足りない事象はどのように記述すればいいかなんてことを考えながら文章を考えていると1つのスキルあたりに1.5時間くらいかかってしまう。ということは10個のスキルを記述するのに15時間。それ以外にも記述しなければいけないことが倍ほどあったりするので30時間。営業日7.5時間とすると4営業日分もの稼働に相当する。いやぁ、こんなに稼働かけて申請して、審査する側は1審査あたり、1営業日くらいかけたりするのだから、なんて大変な稼働を使っているのでしょうと言いたくなる。審査を簡易化ということで少しは楽にする方向性のようだが、あまり簡易化されていないし、その実感はまったくない。こうなるとやはり申請者ももう、無理だと途中で挫折したりするのでなかなか資格保有者も増えないという問題もあり、なかなか浸透しないこの資格。でもうちの会社で生き残るためには必須の資格でもあり、じゃけにするわけにもいかず困ったもんですわな。まぁ、とりあえず今年度もがんばろっと。

taka7107 at 21:49|PermalinkComments(0)

2019年06月14日

懇親会で得られる貴重な情報

お客さんとの半年に一度の懇親会。7月からの重要な人事に関する情報など、体制変更に関することなど情報収集を中心に。私はもうプロジェクトを離れているので、有益な情報のみメールにして次世代のリーダーたちに送付しておいた。そのリーダーたちがその情報もとに如何に人脈形成をしていくかなのだが、まぁ、いかんせん、顧客にはあまり踏み入らない、仕事は仕事、プライベートはプライベートと今の働き方改革時代を象徴したようなさばさばしたあっさり系の人が多いので、どのように感じて受け取ったかは不明。おそらく、なんでこんな情報がいるのだろう?と思っているか、まぁ、やらなきゃいけないのはわかるけど、そこまでできないよね?と思っているのかもしれない。ただ、あわないとできないような話、メールではできない話などは貴重なので、その中で得た情報はかなり貴重なのだ。こういう裏話があるから、あの人はこういう発言をするんだなぁとか、裏が読めるというかですね。キャリアコンサルティングを目指すにはまず人の話を聞く、傾聴の営みが大事といわれるそうで、人からが情報を引き出すには話しやすい環境を作ってあげて促すというのがいいでしょう。何もないと話づらいから、天気の話、出身地の話、趣味の話などを釣り餌にいろいろと引き出してみるというのも手法だ。そのためには、回数を重ねてそういった話ができるような下地を作っておく必要もあり、それが貴重な半期に一回のこんな報告会であったりするわけですね。単なる懇親会で、1次会までがお仕事。あとはもうお疲れ、先帰りますと言っているようでは管理者の道は厳しいかなぁ。。。

taka7107 at 13:11|PermalinkComments(0)

2019年06月13日

プロジェクトを支えるのは人、コミュニケーションが一番大切ですな。

いやぁ、博多出身の梅ちゃんが博多ドームで大暴れ。ツーランホームランも飛び出して、13安打8得点は王者ソフトバンク相手に本当にあっぱれでございますな。植田海のプロ初ホームランにもびっくりぽんでございますわ。いやぁ、こんなすばらしい試合は生で見たかったのですが、あいにくの感謝の集いというものがあり、そちらに出席していたのでいいところは見逃しました。ただ、海のホームランが虎テレで見られたのが幸いですかね。 さて、その懇親会は大いに盛況。知った顔も多く出席していたので盛り上がり、特に同期入社のものが多かったのでそれも懐かしい限りでした。今まで12年間対応してきた案件はどちらかといえば社外でのやりとりが多く、社外にはいろいろとお友達もできて、いい関係構築はできているのですが、最近は社内での仕事も多くなり、こういった交友関係を築いていくことが非常に重要な訳であります。正直、飲みがつらいところではありますが、まぁ、最近はかなりセーブできるようになり、食べることをあまりしないので、逆に飲み会があるとやせてしまうと言う変な相関関係もできました。そして今日はお客さんとの飲み会。今はプロジェクトを離れてしまったのでなかなか懇親を深める機会がないのですが、半年に一回お会いするような場なので多いに交友を深めたいところですね。仕事をする上で大切なこと、友はつくれど、敵はつくるなですな。とはいえ、昨日の敵は今日の友というのも確かで、さまざまな利害関係があるなかで、どうしても敵にならざるを得ない人たちがいっぱいいます。S共通基盤のプロジェクトを開始したときもその利害関係から敵がいっぱいいましたが、今となっては仲のよい人たちばかり。そういった人たちがまたこれからの私の仕事を助けてくれる友になるわけですね。さぁ、今日もがんばろっと。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2019年06月12日

トラブル対応で分かった会社の中の風通し

昨日のトラブル対応は比較的ましだった。ただ、また余計なお願いごとをされたので朝から対応しなければいけない。昨日はほぼ1日、お客さんとの電話会議を横で聞いているという生産性のない活動。まぁ、Configのチェックは引き続きしてもらったので全く生産性がないかというとそうでもない。ただ、お客さんとの打ち合わせを聞いているうちにその傾向が分かってきた。お客さん側にはとにかく解決を速くしたい派と上にどう説明するかでおどおどする派の2つに分かれているようだ。前者についてはとにかくやってしまったものは仕方ない、次のことを考えてと言う前向きなので非常に生産性よし。モチベーションもあがる。ただ、後者になると、そもそも原因はなんだったのか、上に説明するにあたって腑に落ちないところは徹底的に質問し、さらに他に悪さ加減はないかというチェックに注力させるのだ。確かに、他に悪さはないかは分かるが、机上で確認できることには限界があって、そもそも実機で検証をしていないことが問題なのだから、それはすぐにやったほうがいいだろう。そういう意味でも早く前にすすめてほしいのだが、その前に進めるだけの勇気がないというか、まぁ、極論は上におびえて今度ミスしたらどうしようばかりを考える後ろ向きパターンだ。まぁ、とにかく上にびくびくおびえるというのは正直風通しの悪い会社である証拠であり、風土改革をしない限りは難しく、即改善とはいかないだろう。まぁ、もともとの企業体質がお役所なので仕方あるまい。自分たちの世代になったら少しはましになるのだろうとは思っていたが、我々のすぐ上世代ぐらいが、幹部でいるにも関わらずこのありさま。まぁ、上に行けば行くほど、大元からの締め付けもあるのでしょうね。それはおそらく日本のコアである霞ヶ関が原因なのかもしれません。まぁ、とにかく、うちの組織だけでもそんな風通しの悪い組織にしてはいけないと思いつつ、自分を振り返るいい機会だったと考えましょうか。あともうちょいの支援かな。

taka7107 at 07:19|PermalinkComments(0)

2019年06月11日

変なプロジェクトのトラブル対応に巻き込まれ、まず丸一日つぶれた。(;´Д`)

丸一日つぶれましたわ。変なトラブル対応に巻き込まれて、朝の10時から夜の8時まで実に10時間に及ぶ電話会議に参加させられてほんまに大変。どうやら、NWの工事をベンダー丸投げにしていたみたいで、そこに設計や、設定のミスが多く混在。昔の機器から、新しい機器に設定をそのまま移しましたというベンダーなのだが、IPアドレスは違う、OSのバージョンは違う、NWセグメントの構成が違うでは手のつけようがありません。Configを比較すれば分かるだろうなんて安直なことを言う人がいるものだからConfigを比較させられるのですが、9000行弱と15000行弱の違いもあって、根本的に比較すらできません。そもそもOSのメジャーバージョンに差異がある場合、Configに吐き出される内容もかなり変わってきて、新しい機能が追加されたり、同じ内容を記述しても、記述の仕方が違うなんてこともあるわけですね。そんなことも分からない人たちが、単純に比べれば分かるじゃない?程度の感覚でお願いされるものだから、仕事が増えて大変ですわ。結局、電話会議後も1時間ほど見比べ、解析してもらって完了。とりあえずは終わりましたが、今日もまた続きの電話会議をやるとかで、いったいいつになったら解放されることやら。そもそもベンダー丸投げのプロジェクト体質がいけてないのは今に始まったことではないのですが、本当に懲りない人たちなんですね。お客さんから金をケチられているのか、仕事を甘く見ているのかは分かりませんが、そのツケを我々がひろってあげなければいけないという、もう勘弁してくれとしかいいようのない始末です。

taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)

2019年06月10日

今年もがんばって申請書を書くのだ

原口のおかげですばらしい月曜日の朝を迎えました。梅雨入りした関東はあいにくの雨ですが、心の中は五月晴れならぬ、梅雨の晴れ間と言った感じでしょうか。ほんと感謝、感謝ですな。 今週の土日は雨が降ったことと、金曜日の飲み過ぎが応えてか運動がまったくできず、いつにないくらいの歩数の少なさになってしまいました。日曜日はせめてジムに行って運動をと考えていましたが、6月末までに仕上げなければいけない社内資格の申請書というタスクが残っていて、これがまた厄介なもので、それに取り組むことに。もう、この作業何年やっているのだろうという感じです。毎年、毎年、がんばって申請するのですが、念願のレベルには達せず、それでもあきらめずに挑戦して今年で6回目といったところでしょうか。審査員が独特の審査基準を持っていて、その人の感性にあたらないと合格しないという、なんとも個人に依存するということが、ここ数年の受験でよく分かりました。その人たちは苦労して取得したという訳でもなく、申請書も書いたことがないような人たち。まぁ、最初だけ書いたのでしょうが、それを客観的にきちんと審査されて合格したか、また面接も受けて合格したかというとおそらく否。その後は、審査員としてドンのようにこの世界にはびこり、自分の世界観にあてはまらない人材はたいてい落とすという、独占状態になっているところがこの資格のいけてないところです。それを改めないとこの資格は無意味で、我が社のスキルの根元としているはずが、形だけのものになってしまうことでしょう。人事部ですらそこに口が出せないので審査員にお任せという始末ですからね。困ったもんですわ。まぁ、今年もがんばってみますが、運良く、いい審査員にあたるしか合格はなさそう。地道にやって運をねらうか、あとはこういった腐った初期の審査員が引退するのを待つか。いずれにせよ、長期戦になっても原口の精神で、とにかく前向きであきらめないでいきましょう。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2019年06月08日

予想通りの展開

グループ会社に転籍した人たちとの交流会に参加。久しぶりに会う人たちが多く、同窓会のようなノリになりました。昔一緒にS基盤の案件を実施した仲間が、別の会社で立派に活躍していることを知ると、とてもうれしくなり、自分もがんばらなければと思いますね。自分への励みにもなるといういい機会だと思います。そんな交流会ですが、案内を送ってあげた人からクレームが。事前に出席する人はその意思を表明し、出欠表に登録する必要があるのですが、その人は出るつもりでいたようですが、その表明をしていなかったのでその案内を送った私にお門違いに食いついてきました。メールで返信したというのですが、実際にはそのメールは送られておらず、言ったよね?と言われても聞いてないですそんなこと。聞いていたら出欠表に書いてあげてますし。ほんとにこの方、こういった勘違いが多く、攻撃的になる方。まぁ、そういう風に言うだろうなと思ったら、まさにそのとおりの展開になり、想定はできたのでまった問題なしです。それにしてもなんでそういう思考回路になるのやらですね。被害妄想が満載で、いつも他社批判ばかりやっている人。まぁ、困った人はどこにでもいるもんですな。


taka7107 at 21:45|PermalinkComments(0)

2019年06月06日

大苦労プロジェクトの元PM、現SMとの飲み会を企画

おしいなぁ。。。せっかく交流戦連勝といいスタートが切れるかと思ったのですが、近本の盗塁誤審に、植田の走塁ミスと痛い失敗にやられてしまいました。審判も植田もしっかりせえよ。ほんま頼むで。 さて、昨日は去年、大変な想いをして完遂したプロジェクトのPMと今のSM(サービスマネージャー)の二人と計3名で飲む会でした。PMの方は、今年からは役職が定年となるので部長職を降りてしかも関西に戻るので、今も新しいプロジェクトは進行中ではありますが、PMは継続できないとのことで、いったん離れていました。ただ、別の仕事でよく五反田にはこられるので飲み会の機会を調整してきたわけです。SMの方がなんとかこのプロジェクトを立て直してくれたので、大赤字になるというホラーストーリーを描かれたプロジェクトが逆に黒字で着地。そのお祝いもかねてという感じでした。まぁ、当時の苦労話もしつつ、7月からの人事話であったり、このプロジェクトには月曜日にお見舞いした元上司の方が大いに関わっていたので、お見舞いの状況をお伝えしたりという感じでしたが、メインはどちらかというと今のSMであるかたのお悩み相談的なところ。今年から斡旋がはじまるようで、関連会社に行くか、今の会社に残るのか、どれがいいのかを先輩であるPMの方に聞くというところがメインでした。私にはまだ少し先の話ではありますが、将来の年収がどうなるのかとか、関連会社に行くのがいいのか、残るのがいいのか、将来的な収入を含めトータルで考えるとどうなのかなど人生の両先輩方にお話を聞けるのは非常に有意義なことでした。こういった場をもうけることが非常に重要なんだなぁとも痛感し、PMおよびSMはコミュニケーションスキルで成立するのだから、飲みニケーションはかかせませんね。ゴルフもたばこも嫌いなのでやりませんが、飲むのだけは無理せずできるコミュニケーションツール。最初の一杯をビールにしてあとはノンアルコールでつなぐとか、料理はサラダを注文し、野菜から食べるとか、参加するメンバーの中で鶏肉がダメとか人の好みを調査する必要があるとか、とにかく飲み会を企画すること自体が勉強になります。こういったことを若手に教えなければいけないんですけどねぇ。。。

taka7107 at 07:32|PermalinkComments(0)

2019年06月05日

半期報告資料のレビューをしてみたが。。。(;´Д`)

もう、ただただ、お帰りの言葉しかない。そんな復帰戦できちんと感動の場を与えてくれる原口はやっぱり持ってます。すばらしい。復帰初戦で代打、タイムリーにヘッドスライディングまで。必死のパッチを体中でアピールして、完全復活を表現してくれました。いやぁ、すばらしい。大腸ガンを告白して、見事に克服。こんな短期間で復活するなんて驚異的ですわ。ガン患者のおおいなるはげみとなることでしょう。ほんとうにありがとう。涙なしでは見られませんでした。 メッセは少しいまいちな投球でしたが、なんとか6回、3失点で投げきり、盤石のリレーにつなぐことができました。最近は球児もひやひや感がなくなり、ジョンソンに至ってはほれぼれする投球。そして最後はこの点差になるとドリスではなく、島本でぴしゃり。打っては、梅野のソロや、二盗、三盗はすばらしかった。そして糸井の特大ツーランに、マルテの特大ソロと打線が見所満載。終わったら11−3という快勝で交流戦を大白星でスタートできたことは大きな成果ですね。う〜ん、すんばらしい。 さて、半期報告の話。かつて私が担当していたシステムの半期報告がもうすぐにせまりその資料のレビューをば。たしかに半期に起こったことを統計的にならべて、こんな感じでしたという資料としては何もぬけ、漏れはないのだが、正直面白味がない。毎回、その傾向はあって、いちどお客さんからつまらんと渇が入ったのを経緯に抜本的な見直しをしてもらったので改善されたかと思いきや、また戻ってしまった。運用保守という地味な業務ではあるが、継続的な改善活動というのが永遠のテーマである。これだけかかっていた業務をこれだけの工数でできるようになりましたとうような自らのDX推進をアピールするとか、こういうことをやればお客さんのためになりますよと提案ができればいいのだが、それがないので、今回は実施した工事の中身を分析してみましたというもの。分析自体はいいのだが、深堀がなく、結局、工数足りないからお金ください的な、いやらしい提案が見え見えで、こんなのお客さんの上層部の人が見たら気分を悪くされるに違いないのだ。なんで、そんな相手の立場になった資料を作るという基本ができないのかなぁ。。。と思ってしまうのだが。。。少し残念すぎてならない。せっかく多くのデータを持っているはずである、データサイエンスとして分析を実施するなんてのもありだ。改善を期待しよう。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2019年06月03日

プロジェクトマネージャーのタスクを再度お勉強

訳あって昔、情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャーの試験に合格するために勉強したテキストを読み返していた。中身が結構実践的な具体例が乗っているので現場でも役に立つかなぁとおいておいた本。読み返してみると結構知識の再整理ができてよかった。勉強していた当時は、とにかく合格するために、すべて覚え込むということで中身が具体的にはわからずともそういうもんなんだと覚えていたが、今読み返してみて、いろいろなプロジェクトを経験した結果、あぁ、このページに記載されている内容はあのことかというマッチングができるようになり、より身近に感じられるようになった。組織運営が主なメイン業務になった今日このごろ、組織の運営こそプロジェクトであり、それを運営する側はプロジェクトマネージャーなのだ。一年間という会計年度をいかにしてQCDバランスよくさまざまなステークホルダーを調整しながら、発生する問題を解決しつつ、プロジェクトを完遂させるかという業務であり、決して毎年同じというルーティンワークではない。そのためにはきちんとした事業計画をたてる必要があり、それを予実管理、差分があれば差異分析を行って次年度への教訓とするという営みはまさにプロジェクトなのだ。特にプロジェクトマネージャーが大切とされるのはコミュニケーション。実に業務の9割はコミュニケーションであり、公式なものはすべて文書化され、非公式なものは口頭であったりする。そこでも重要なのは非公式なもの。ここでいかに有益な情報を得るか、それはまさに懇親会であったり、雑談であったりと、さまざま。今月も懇親会は多い。先日の懇親会では将来の人事の仕事の頭出しができた。まさにこの本に記載されているとおり、公式なものでは得られない情報収集の場として重要なのだ。とにかく、何でもプロジェクトと考え、そのプロジェクトをこなしていくことでPMとしての経験値が積めればそれは将来の自分の糧となるだろう。

taka7107 at 07:29|PermalinkComments(0)

2019年05月31日

地域清掃活動で気分もリフレッシュして昼からもがんばる( ´▽`)

気持ちいい目覚めですわぁ。快勝、快勝、また快勝。初日が雨で流れてなければ余裕で3タテできてましたやん。ゴミ売りに連勝で、令和負けなし、4連勝中の快進撃ですな。昨日の高山のサヨナラ満塁ホームランが効いているのか、初回から勢いよく大山のスリーランが飛び出しました。投げては高橋遙人の好投で、今シーズン3戦目にして初勝利。丸を三振にとって、盗塁した坂本を梅ちゃんがさしたあのシーンは忘れられません。ナイスピッチング、ナイスキヤノンですわ〜。ジョンソンも抜群の安定感。ほんまにすばらしいかちっぷりでございました。さぁ、これで勢いつけてマツダに乗る込むわけですが、忖度のできないバカープもまぁ、調子に乗ってますからな。ここはギャフンと言わせてこの前の三タテのお返しを倍返しでやってやりましょうか。さぁ、今日も一日がんばろう。 さて、最近、地域の清掃活動というか、会社のボランティア活動がおもしろくなってきた今日このごろ。昔はなにいい子ちゃんぶって、あほらしいわ、そんなことするのが恥ずかしいわと思っていたが、歳とってくると当たり前のことをちゃんとしてという考え方も生まれてきた。というのも組織長が率先してこういった活動をされるというのも一つだ。人にやれと指示するのが上の役目だが、お願いしておいて、自分は一回もやらないというのはないでしょうというのがおそらく根本にあるのか、はたまた、お願いする前に自分の仕事であるから率先してやらなければいけないという想いまであるのかは定かではないですが、仮に前者程度の想いであったとしても十分にすばらしいことだと思う。忙しい身でありながら、昼休みという貴重な休息時間をさいて、ビル周辺の清掃活動に加わって、汗を流すということは本当にすばらしいと思う。7月からは人事でまた上が変わってしまうのだが、次の方も是非そういった方に来てもらいたいものだ。 で、一応私も月一回の清掃がある日には朝の全体ミーティングの前で100名ほどの部下に協力をお願いする。昨日は4名ほど協力してくれた。ありがたいことです。強要するわけではないが、こういった活動で学ぶことは多い。なにより、この活動を主催する人たちは実施してくれる人が少なくて困っているのだ。その人たちを助けたいというのもある。同じ会社で仕事をする人間として、困っているのであれば手伝ってあげよう。見て見ぬ振りはいけませんなと。いいことしたとモチベーションもあがり、また昼からのお仕事に力が入るのだ。

taka7107 at 07:44|PermalinkComments(0)

2019年05月30日

昔の案件でお世話になった方々との同窓会みたいな飲み会

高山のサヨナラ満塁ホームラン!!!!すごいすごい、こんなの甲子園で生で見た日には興奮して全く眠れませんね。実にあっぱれ、今期の打率が1割台だったので、無理だろうなぁ。。。でも2ボール先行なんで、押し出しねらいもありかと思っていましたが、3球目をフルスイングでどんぴしゃり。虎テレの映像的には大ファール的にも思えるあたりだったので、内心、おしい〜と思っていたらなんと入っていたとはね。マルテの弾丸ホームランといい、ポール際ぎりぎりでひやひやものでした。まぁ、いずれにせよあっぱれですな。これで少しでも高山の出場機会が増えて、糸井、福留の休養ができればいいのかな。鳥谷はやっぱりでしたけどね。 さて、昨日はグループ会社に出向している社員の方々の成果報告会と懇親会というものでした。うちの組織から1名、行ってもらっていて、営業で活躍されていることを知り、一安心。まだ行ったばかりなのですぐには戻ってこれないですが、貴重な経験なので是非、しっかりとがんばってもらいたいものです。懇親会ではいろいろな人とお話をさせてもらいましたが、昔一緒にお仕事をさせてもらった人がいっぱいで話しがつきませんでした。 OSSというソフトを担いで我が社では珍しいハードウェアを一緒に販売したときにご一緒させていただいたSEさん、西日本のグループのSという基盤システムを構築したころの別システムを担当されていたインフラ系のSEさん、彼にはよくいじめられたので今でしかいえないような思い出話をば。「あのころはよくYさんにいじめられましたよぉ」なんてお酒の勢いで盛り上がりました。でもその方のおかげでストレス態勢もできたし、ストレス発散の方法として甲子園で阪神を応援するという趣味までできました。もともと阪神ファンではありましたが、甲子園のライトスタンドで応援団級の応援を、応援歌を大声で絶叫して応援するなんてことはそのときがきっかけでしたからね。何が転じて自分のプラス(本当にプラスかは定かではないが)になるかなんて分かりませんが、でも今はYさんには感謝してます。 それ以外は同期の二人とのひさびさの懇親。一人とは大学も一緒だったので、昔話で盛り上がったりもしました。いやぁ、いい時間を過ごしました。仕事の思い出話ができる仲間と一緒に飲むことはやっぱり懐かしさもあるし、今の仕事もまたがんばっていい思い出にしようというモチベーションに変わっていいもんですわな。こういったことを後輩に伝えたいのですが、なかなか飲みにはつきあわない中堅社員の多いこと、多いこと。

taka7107 at 07:34|PermalinkComments(0)

2019年05月29日

部下の調整、動機付けすっぽかし上司

昇格試験を突破するために組織長が自ら陣頭指揮をとり、また講師となって進めてくれる研修が開催された。そのための連絡を上長を通じて事前にできるように、開催の1週間ほど前にそれぞれの上長に実施。全上司から了解した旨の回答をもらったし、全3回にわたる日程調整も大丈夫、すべて参加させるという回答も一部の上長からもらっていた。その中で一人の課長から、本当にこの人を研修受けさせるの的な、否定的な発言もあり、いやあ、まぁ、不本意かもしれないけど、組織長の決めたことなんで、ちゃんと本人に参加させるように事前に動機付けしてくださいよとやりとりをする。それ以来メールのやりとりもなくなったのでてっきりやってくれているものかと思いきや、本人に直接メールを送ると、初耳です、この研修ってなんですか?の始末。しかも今日の明日に言われても調整つかないので1回目は欠席しますという回答が多かった。あれだけ何度も確認のやりとりをしたのだが、その上長は単なる興味本位で質問をしただけで、自ら動機付けをすることも、部下の日程を調整する気もなかったようだ。いやぁ、本当にあきれますなぁ。。。ほんと自己中心というか、もう少し部下のことを気にかけてあげないとダメでしょうに。過去には自身のチームで問題になった部下を他のチームに押しつけたりと少し傍若無人がすぎるというか、困ったもんですわ。まぁ、一応、同級の中では年長なのでいいたいこといえるのかもしれませんし、うちの上長もあまり厳しく制することもないので、好き勝手やってるって感じなんでしょうかねぇ。。。まったく困ったもんだわ。

taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい