鉄道

2019年03月25日

京とれいん雅洛デビュー\(^o^)/

せっかくの関西への帰省なので、おおさか東線はもとより、話題の雅洛にも乗らねばということでいろいろとスケジューリング。土曜日は満員だろうから、狙い目は日曜日の少し遅めの時間。しかも河原町発梅田行きの方が確実に空いているだろうとのことで、ねらいは14:41河原町発の雅洛に決定。それに間に合うように、いろいろと予定を建てる。まずは、おおさか東線の直通快速。11:17発が新大阪発で狙い目。こちらも1日4往復しかないため予定がたてにくい。最速52分、この列車は54分で奈良まで到着。207系車両なのでJR宝塚線で乗り慣れていてあまり新鮮味はない。奈良から近鉄奈良の間は徒歩15分程度。結構急ぎ足で。12:30発の急行で大和西大寺まで移動。ここは鉄ちゃんの聖地。複雑なクロッシングが線路マニアをうならせる見事な幾何学模様を描いています。乗り継ぎの京都行き特急までの時間は10分。すぐに撮影を終え、昼飯がてらにビールと軽食を買い込んで12400系に乗車。京都まではたったの30分だ。その後、JR山陰本線で一駅乗車して、ダイヤ改正で開業した新駅、梅小路京都西駅に下車。京都鉄道記念館の最寄り駅だが、今日の目的はここではない。10分後にやってくる列車で二条まで乗車。ここから阪急の大宮駅まで歩くのだが、これまた徒歩15分。ちょうど乗り継ぐ列車で烏丸まで移動すると、京とれいん雅洛の河原町行きに間に合うのだ。待望の雅洛初乗車も車内満員。全席埋まって通路や出入り口付近にもひとだかりが。まぁ、一駅なので我慢できるのだが、その後、河原町終点に到着後、みなさん、先頭車両の撮影などに。私は車内をいろいろと撮影しつつ、先頭、最後尾両方撮影をば。京とれいん雅洛の魅力はなんといっても丸窓。大きくひらいた扇子の中央に丸窓が配置されているのがなんとも絵になります。そして車内は和モダンをあしらった京風のデザインに。石庭までつくらているのにはびっくりですね。風情を感じます。河原町は梅田の7分停車と違い、30分弱停車することもあってゆっくりと撮影できるのがいいところ。記念グッズの扇子と記念入場券を購入して、再度乗り込んで、目指すは梅田。先頭車両は鉄ちゃんだらけでなかなか近づけませんが、Wifiを利用すると前面展望映像が見られて、淡路駅の複雑なクロッシングや淀川鉄橋をわたる絶景、さらに梅田駅に入線するところなども動画で堪能できるのがありがたいサービス。これでトイレと電源コンセントがあるとさらによいのですが、まぁ、追加料金なしの特急車両ですからね。いやいやこれでも十分な大判ぶるまいであります。さすが阪急、自慢の逸品だと思います。IMG_20190324_184304_988
20190324143628
20190324143220
20190324143158
20190324141649
20190324141555



taka7107 at 07:43|PermalinkComments(0)

2019年03月24日

ロッカー&新幹線難民をなんとかしてほしいなぁ。

おおさか東線、近鉄京都線、JR山陰線、阪急京都線、地下鉄御堂筋線でぐるっと一周の大回り旅。新大阪が起点かつ終点なのでリュックサックの荷物をコインロッカーに預けようとロッカーを探すも、どちらもこちらも空きなしのメッセージ。いやぁ、ここまでないもんですかねぇ。確かに外国人観光客は多いし、スーツケースを転がす人の多いこと、多いこと。そりゃあコインロッカーも不足しますわね。11時前ともなるとロッカーが一番探しづらい時間帯、もう少し前に移動するとか、周辺のコインロッカーのある閑散駅を探すしかないのか。駅構内のアナウンスでもロッカーがすべて埋まっていると案内しておりました。仕方なく、リュックは背負って大回り。まぁ、慣れれば大したことないのですが、さすがに疲れますわな。で、次に困ったのが新幹線。大回りのほぼ終盤、梅田駅に戻ってきたとき、京とれいん雅洛は梅田ではおりかえし乗車ができない。(河原町ではOKなのになぁ。。。)なのでいったん下車するとまたあの混雑の最後尾に並ぶのは大変と、さらなる往復および京都からの新幹線帰宅はやめました。(荷物をすべてもっていたおかげで京都乗車も可能だったのですが。。。)で、じゃあ、18時16分新大阪発の小田原停車のひかりには2時間以上あるので、その2時間前の16時16分発の同系統のひかりに乗車するべく乗車変更をこころみるも満席でNG。では、30分後にでる熱海停車のひかりはどうだろうと試みるもこちらも満席。じゃあ、最後の手段はのぞみということでいろいろと探すも1時間後ののぞみですら満席。ちょうど春休みの始まりなのか、新幹線は大混雑。そういうことかぁ。。。ともはやあきらめモードに。三国の温泉でもつかるかと考えましたが、荷物が重く、歩きがつかれそうなので、オープン戦を虎テレで観戦しつつ、ビールでも飲んで酔いつぶれることにしました。ちょうど、梅田駅の京都線側の2Fで梅田駅の全景が見渡せる、鉄ちゃんスポットがあるので、そちらの特等席をゲット。オープン戦も最終回の球児が打ち込まれるまでは先日のヤクルト戦同様のボロ勝ち状態。気分良く酔っぱらいました。ちなみにこのお店3月27日で閉店するそうで寂しいお知らせが告知されておりました。大回り旅は堪能できましたが、ロッカー&新幹線難民になってしまい、次回への反省点となりました。

taka7107 at 07:36|PermalinkComments(0)

2019年03月22日

おおさか東線全線開業に乗ってみた

新大阪にて昼食をとってからいざおおさか東線に。せっかくの新線全線開業という一大イベントですが、その路線に使う車両が、昭和を感じさせる201系ではないですか。いやぁ、もういい加減、323系とかに置き換えてほしいところですね。とまあ愚痴りながら先頭車にかぶりつき。2窓中1窓空いていたのでラッキーでした。15分ヘッドの運転なので、発車したてだと、前は狙いやすいようです。新大阪を出てからどのように分岐して、東海道線をまたぐのかがポイントかなぁと思っていましたが、まぁ、よくありがちなポイント分岐後に高架でまたぐというごく一般的なスタイルでした。放出までの区間で4つの新駅と1つの新ホームが完成。時間があれば、1つ1つ見ていくところですが、そこまで暇はなかったので、JR淡路のみに特化して下車してみました。それ以外は、淀川の鉄橋が見どころだったり、京阪の複々線をまたぐところなども見ごたえありますかね。JR淡路はごく一般てきな高架の対面ホーム。乗り継げる阪急が京都線と千里線のクロスで複雑なポイントや配線が魅力的なまさに鉄の聖地であるのに比べて、なんとシンプルな構成。同じ淡路を関する駅とは到底思えませんが、こればかりは致し方のないところ。淡路の商店街などは阪急の時はおりて散策しようとも思いませんでしたが、乗り継ぎができるようになるとその間はお散歩道に早変わり。新しい街の発見につながりますね。というわけで、おおさか東線の初乗りはこれぐらいにて。
2019-03-21 13.27.592019-03-21 13.28.132019-03-21 13.44.582019-03-21 14.10.33

taka7107 at 20:35|PermalinkComments(0)

2019年03月21日

Aシートはええシート

金曜日を年休にできたのでお彼岸ということもあり実家に帰省。ダイヤ改正後の初の帰省ということでそのまま帰るのはもったいなく、いろいろと楽しみも盛り込みました。まずは、近江鉄道。いつも新幹線で米原−京都間で並行して走るところをよく見かけて、当然のごとくあっという間に抜き去ることが多いローカル電車。米原で降りるついでがあったので乗ってみました。その前に米原でみかける鉄道総合研究所の新幹線試験列車3列車を間近にみる機会も。乗り換えに30分くらいあったのでぶらり散歩して写真撮影してみました。いつもは新幹線の中から遠目にみかけるこの3体。はじめて静止してみることができました。300X STAR21、WIN350と西、東、東海のそれぞれの試験車両が並んでるのが壮観です。見学できればいいのですが、残念ながらそのような雰囲気もなく、時間もあまりなかったので駅に戻って、いざ近江鉄道の旅に。八日市までのんびりとガタゴトゆられます。途中、新幹線と並行して走る区間は3回くらい新幹線とすれ違いました。結構長い平行区間に感じるのは単にこちらの速度が遅いからですかね。((+_+))八日市に到着すると5月に引退予定のあかね号が停車していました。乗れないのは残念ですが、引退前に見られただけでもよしとしましょう。ここで乗り換えて近江八幡まで。ここからはまたJRに戻り、新快速電車始発の野洲まで移動。そう本日のお目当ては新加速に新設されたAシートと呼ばれる有料車両に乗車すること。500円支払うとリクライニングしてWifiと電源コンセントが利用可能な、まさに関西弁でいうところのええシートなわけです。事前予約する必要がなく、着席できた時点で車掌が回ってきたら整理券を購入するという仕組みらしいです。料金設定しかり、関東のグリーン車よりかは割安感があっていいですね。で、まずはどんなものかと乗ってみようと。野洲が始発なので余裕で座れるだろうと思っていたら、同じような鉄男さんだらけ、長蛇の列ができているではないですか。まぁ、運行開始で、まだ1日4本しか運行されないという希少価値もあって、混雑必死のようです。入線した車両に順番を守って駆け込みますが、結局窓側の座席は着席できず。46席しかないので致し方なしですかね。まぁ、着席できただけでもよしとしましょう。シートテーブルの特権を利用して駅弁を食べる人、コンセントでスマホ充電をする人、さまざまですが、明らかに鉄分濃いような人たちだらけ、始発駅から満席になるのは後にも先にも今だけのような気がします。なんとか無事に新大阪に到着です。2019-03-21 09.58.372019-03-21 10.00.402019-03-21 12.58.022019-03-21 12.19.58

taka7107 at 19:50|PermalinkComments(0)

2019年03月18日

ちちんぶいぶい、豚味噌丼はうまかぁ。

西武新型特急001系ラビューのデビューにおっさんふたりで秩父旅。心によく利くおまじない、ちちんぶいぶいと、土屋太鳳がCMで歌うおしゃれな女子旅とはかけ離れてはおりますが、ツレのおっさんは別に鉄でもないので、ある程度グルメでも楽しんでもらわないとというわけで、秩父グルメで検索すると野さかというお店が豚みそ丼で有名なよう。小雨が降り始めた秩父駅から徒歩3分、傘をさしてレッツラGO!たどり着いた駐車場の大きなお店には長蛇の列ができているではないの。せっかくだし、時間もあるしと並んで食べることに。待つこと20分ほど、列の長さの割には早かった。やはり回転率がいいのでしょう。食券式でメニューを見ると、残念ながらビールなし。ラビューではいろいろと忙しいのでいっさいアルコールなしだったので喉もカラカラ。いっぱいのみたいところではありましが、ご飯だけで我慢。ねぎだくの並を注文しましたが、これが美味。並ぶ価値ありですわ。おなかいっぱいになったら、次は長瀞まで足を延ばすことに。SL運転日でないことは残念で、危うくSLを待って、列車を一本見送るところでしたが、運転日カレンダーで気づいて、急遽予定を変更。長瀞では、ちょうど雨がやんだのでロープウェイで山登りして梅園を見学することにしたのが、ロープウエィの駅につく頃に雨が降り出して、駅前の梅園を散策すること5分で下山。なんとももったいない見学でしたが、長瀞も雨が降ると行くところなし。岩畳は見たこと無いと言われたので、駅近なので歩いて見学、おみやげ物屋でやっと入手した日本酒の熱燗でほろよい気分で秩父まで戻る。駅前に新しくできた祭りの湯という日帰り温泉設備は、すごくきれい。高尾山口に併設されているのと同じような戦略ですね。休憩所には寝そべって個人個人でテレビが見られるディスプレイ付きのベットがあり、これが大人気。なんとか一席とれて爆睡してしまいました。帰りはまたまたラビューで池袋まで。今回は行きとは逆の先頭車の2列目。夜になると運転席のところの真後ろのガラス張りが曇りガラスとなって見られない状態に。運転に支障を来すからかと思っていたら、なんと、飯能でスイッチバックして先頭に変わると曇りガラスを透明モードにしてくれて前面展望可能に。写り込みの影響はないのでしょうかね。ただ、ガラスは透けるのですが、室内の照明でガラスに映り込んで、前面が全く展望できないということに。まぁ、夜は仕方ないですわな。それにしてもラビューは座席が全席黄色に統一されていて明るいこと明るいこと。夜、寝るには少し明るすぎるイメージはありますが、気持ちいい車内ではあります。電源コンセントが一人1つずつ装備されており、Wifiも使える。今時の特急列車で言うことなし。そして何より特徴の窓の大きさ。縦1350mm×横1580mmだそうで、こんな大窓みたことないですね。さて、来年は近鉄の新しい特急車両かな?楽しみですなぁ。

taka7107 at 07:38|PermalinkComments(0)

2019年03月05日

ラビューと百式、使える西武アプリ

先日乗車したラビューが001系とネーミングされた由来が、これからの100年を見据えた車両、その1番目なので100をひっくり返して001とのこと。単なる四季島E001形に対抗した訳ではないのですね。また00が∞とも読めるので無限大の可能性も込めてとのことらしいです。ちなみに、ガンダムの世界に百式という私が一番好きなモビルスーツがZガンダムに登場しますが、それもこれからの100年持つモビルスーツしたいという制作者の願い、形式もMSN-00100と001と100を組み合わせた形式にしていることなど、とても似ているように思われた。ひょっとして001系のネーミングには百式好きの想いもこもっていたりして。( ´ ▽ ` ) さて、JRをはじめ私鉄各社が出しているアプリ。アプリをインストールするとスマホの動作がもっさりして困るので極力不要なアプリはインストールしない主義。とはいえ、今回の西武新型特急001系Laview(ラビュー)の撮影会にはこのアプリをインストールして、電子チケットを発行しないと参加できないという仕組みになっている。なので、今回普段は絶対に利用することのない西武アプリをインストールして、いろいろとさわってみた。まぁ、一般的にお気に入りの駅を登録して、その駅の発車時刻表が、駅の案内表示板形式で表示されるというのはたいていの鉄道アプリと同じような感じ。デフォルトでは所沢駅を登録されるようになっている。まずは池袋と今回のイベントの西武球場前、その乗り換え駅となる西所沢、そして次回行く終点の西武秩父の駅を登録しておいた。そして、このアプリのおもしろいのは運行状況のところだ。まぁ、たいていどのアプリも路線図があって、その上をアイコンが表示され、列車がどの区間を走行しているかが分かる仕組みを提供しているのだが、西武アプリが他社と違うのは、そのアイコンをクリックして表示される列車の形式まで分かると言うこと。しかも同じニューレッドアローでも通常のもの、レッドアロークラシック、プラチナエクスプレス秩父Ver. プラチナエクスプレス川越Ver.と細かな形式まで細分化して表示。もちろん、L-Train、レッドラッキートレインなどのプレミアムなデコレーション車両まで表示されるのがありがたい。これだと撮り鉄するときに、今あの区間にいるのでもう少し待てば撮影できるとかが分かるので超ありがたい。おそらく鉄道好きの社員が要件として盛り込んだのでしょう。あっぱれですな。これを機会にいろいろなアプリを見比べてみたいなと思った。でもスマホはいやなのでタブレットで検証することにしましょう。

taka7107 at 07:47|PermalinkComments(0)

2019年03月04日

西武新型特急001系ラビュー(Laview)体験試乗会その2

5〜6年前にパリーグとの交流戦があって、そのときに来て以来の西武球場前駅。野球のイベントが無い限りは人出がないのか、こういったイベントにはうってつけの場所なのでしょう。撮影会を終えて、いざラビュー(Laview 001系)の車内に潜入。1号車は先頭車で、運転席の見学まではできず、途中で折り返すようになっている。内装は黄色に統一されてシートもすべて黄色。明るい印象だ。運転席の真後ろまではいけないので微妙だが、先頭のかぶりつきの席の下方まで窓ガラスが配置されているので、運転席の反対側、1号車ならCD席、8号車ならAB席は前面展望が楽しめそうだ。1号車が終わったら2号車から6号車くらいまで車内を見学。席が空いていれば座って自由に体験できる。座席は少し固め。リクライニングはもちろん、テーブルが背もたれと肘掛けの中に小さいテーブルが内蔵されている。向かい合わせにした場合に背もたれのものが利用できなくなることに配慮しているのだろう。小さなテーブルの真下には1席に1つの電源コンセント。これがありがたい。早速スマホとタブレットを充電。いやぁ快適。そして最大の売りの大型窓ガラス。縦135cm、横158cmとここまでの大きなガラス張りはみたことがない。微妙に周辺に行くとガラスの中に埋め込まれた丸のドットが大きくなって、小さい子に恐怖心を与えないための配慮がされているとのこと。う〜ん、いろいろと考えられていますねぇ。さすが女性の建築家がデザインされたことだけはありますね。あと、ひとつ気になるのは座席の肘掛けが薄いこと。グリーン車やグランクラスの座席はこの肘掛けが分厚いために高級感を醸し出すのだが、これが薄いと、少し安っぽく感じてしまう。まぁ、デザイン性重視と言われればそうなのかもしれないが、少し残念。そして上下に可動するヘッドレストもありがたい。レッグレストもあるといいんですけどねぇ。。。Wifiも使えるし、言うことなし。そして驚きはなにより、乗らないと分からない、発車時のなんと無音であることか。モーター音がほとんど聞こえません。現存のニューレッドアローとは大違いでした。モーター車でこんな感じなので、トレーラー車はほんとレールの継ぎ目の音しか聞こえないのではないでしょうか。そんなこんなで試乗会も堪能。クリアファイルにカタログ、マウンテンボトルなどのおみやげもついて満足満足。さぁ、次回はいよいよ、ダイヤ改正初日のかぶりつき堪能。楽しみ、楽しみ。14
53



taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)

2019年03月03日

西武新型特急001系ラビュー(Laview)体験乗車会その1

いよいよ西武の新型特急ラビュー(Laview)の試乗会の当日。鉄道ダイヤ情報によると東武70000系、70115Fの甲種輸送があるようなので、相模貨物駅の最寄り駅である大磯までお出かけ。無事写真に納められたのでいざ池袋へ。レッドアローの最初の停車駅、所沢まではたったの22分で到着。あまり乗る価値はないが、ラビューとののり比べという意味あいもかねて、まずは乗車。さすがに25年も経過すると内装も少し古く感じられる。雨天のため、空転運転することが多く、大きなモーター音をあげて108km/hまでのスピードをあげていた。最高営業運転速度は105km/hで設計されているらしい。一駅となりの西所沢で下車して会場の西武球場前までの狭山線に乗り換える。西所沢でレッドラッキートレインを拝むことができて、これまたラッキー。駅前のおいしいお蕎麦屋さんで腹ごなしをしていざ西武球場前へ。再度、駅に戻ってきた時にちょうどラビューの第二編成であるB編成に遭遇。すでに撮影会・車内内覧会は午前中から始まっているので、撮影会に利用されているのは第一編成のA編成ということか。西武球場前に到着したのは12時半。13時の会に申し込んでいたので、時間が少しあいた。外に出たら記念乗車券を販売していたので、購入。そして時間になったので再度入場。おぉ、Laviewとニューレッドアローのクラシック塗装バージョンが並んで停車。さすが撮影会だけに西武も大判ぶるまいですな。あいにくの雨なのに多くの人出。やはり子供連れが多いという感じです。ラビューは話題のニコニコヘッドライト状態になって、みなさんをお出迎え。スマイルトレインといい、会社のキャッチフレーズでもある笑顔を意識した演出ですね。それにしてもラビューの塗装が銀ぴかですごい。無塗装かと思いきや、一応アルミの上に塗装をかけているとのこと。自動車のホイールなどにはよくみられる仕様だそうだが、鉄道でこれを採用したのはラビューが初めてとのこと。そして、なんといっても前面の曲面ガラス。よくもまぁ、こんなガラスをつくったもんですね。あと、この曲面にあわせるワイパーがなかなか作りづらいそうで、フランス製のワイパーだそうです。雨なので後で出てくる試乗会ではそのワイパーの大活躍となったようです。撮影が終わると、いよいよ車内に潜入。続きは次回。20190303131101
46



taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2019年03月01日

ラビュー試乗会

雨が多い今日このごろ。お昼の散歩に支障が出てきている。歩数がかせげないので、是非ともお昼散歩しておかないとというのもあったり、先輩社員の闘病への願掛けもあり、お百度参り的に神社に足を運んだりというのも日課の一部なのだが、さすがに雨が降るととなってしまう。まずは歩数を稼ぐ、運動を最優先にということで、会社の階段降りをやることにしている。10Fのフロアから1Fまで階段を使って降りるという運動。1Fあたり20段くらいあって、それを4階実施するので800段くらいの下りで800〜1000歩くらいの歩数稼ぎはできる。それでもたったの1000歩ということで一日のノルマの12分の1でしかないのは実態。はやく、晴れて天気良く外をお散歩したいものだ。 さて、3月のダイヤ改正でデビューする西武の新型特急ラビュー(Laview)。なんとも奇妙な形ではあるが、実物をみるとやっぱりかっこよく思えてしまう。最初のイラストでみた時は、何これかっこわるが第一印象だった。でも実物になると。。。不思議なものだ。そういえば小田急のGSEの時もそうだった。まぁ、それはさておき、ダイヤ改正の初日の営業列車、一番列車ではないが、2番列車の先頭かぶりつきをキープできて、それだけでも十分なのだが、西武のサイトをみていると、なにやらその前に試乗会があるではないの?先週、西武百貨店の福袋で購入した人向けの試乗会があり、今週がチケットぴあで公式にアナウンス、販売されている試乗会。先行で申し込んでみたのだが、抽選にはずれがっかり。追加発売もあったのだが、その前にメルカリで探してみるとおぉ、あるではないの。というわけで購入してみました。というわけで、今週末にいよいよ初乗車。さすがにかぶりつきではないので、それは次回のお楽しみではありますが、いやぁ、まずは初乗車を堪能させてもらいましょう。\(^o^)/

taka7107 at 07:44|PermalinkComments(0)

2019年02月21日

ラビューが楽しみ

朝からくしゃみが止まらない。ここ数年、花粉を感じるようなことはなかったのだが。。。しかもダイエットで健康体になっているはずなのに、ここに来て花粉症再発?ちょっと解せない感じではありますが、事実そうなので、なんとか克服していかねばなりませんね。昔は春の情報処理試験の勉強にも支障が出るくらいで、今でも、試験の途中に花粉症やろうの鼻かみが気になって試験に集中できなかった思い出が。(-_-#) さて、ダイヤ改正の話。今年のJR東日本のダイヤ改正はあまり大きな目玉がない。北海道新幹線が140kmから160km/hに速度アップするため東京からの所要時間が4時間を切るという話はあれど、単なるスピードアップではねぇ。。。あとは上越新幹線にE7系がデビューするというのも。グランクラスは連結されるが、アテンダントのサービスはないとのこと。まぁ、時間が短い分、サービスよりも設備のみで満足してもらうという方向性でしょうか。それ以外は東海道線、湘南新宿ライン、上野東京ラインはまったく変更ないため、記事にもならないも様子。いやはや寂しいですな。一方、私鉄に目を向けると、西武鉄道があたらしい特急車両をデビューさせます。ラビュー(Laview)という大きな窓からの眺望を売りにして、先頭が丸形状で特徴のある特急車両。今までのレッドアローの車両とは全く異なる、いままでみたことのないようなデザインに魅了されます。というわけで、是非とも初日に乗ってみたいということで早速予約をば。3月16日(土)の7時が一番列車なのですが、さすがにそれには時間的に間に合わないため、その次の11時半発の列車です。しかも、先頭のかぶりつきが予約できてしまいました。写真をみる限り、運転室とのしきりがガラスになっているようなので、これは前面かぶりつきビューが楽しめそうな感じです。いやぁ、よかった、よかった。一昨年の東武リバティ、昨年の小田急GSEに続いての新型特急シリーズ。GSEも初日に乗車できましたが、今回も二番列車ですが、初日ということで楽しみです。

taka7107 at 07:26|PermalinkComments(0)

2019年01月21日

イベント列車も新造してよいのでは?

朝から底冷えのする寒さ。一駅手前で降りて歩くウォーキングも少し厳しくなってきた。まぁ、暦の上でも大寒の翌日なので寒くて当たり前ということなのだろうか。とはいえ、今日はまだましなはずで、今週の木曜日以降にまたまた寒波がやってくるとのこと。困ったもんですなぁ。。。 さて、先週の伊豆旅行の話。スーパービュー踊り子でいざ、伊豆急下田に向かうもロープウェイが運行中で大した観光もなくという感じではあったが、下田条約締結のお寺でおみくじの大吉がでたのでまぁ、よしとしましょう。その後、イズクレイルにて湯河原まで逆戻り。伊豆クレイルは2回目の乗車だが、ボサノバの生演奏も聞けて、いい列車だ。越乃※Shukuraという日本酒が飲める列車の中でもジャズの名前演奏が味わえたりする。あの列車を主ださせるような趣向だった。小田原が始発なのだが、将来的にはザロイヤルエクスプレスと同様に横浜発着にする計画もあるみたいで、人気になること間違いないだろう。快速列車なので18切符でも乗車できるということが売りでもある。そんなイベント列車をいろいろと作ってくれるのはいいのだが、いかんせん、どこぞの使い古しという改造パターンが多く、もう少し、新しく作ってみてもいいんじゃないと思ってしまうが、やはりイニシャルコストが大きくなってしまうのはかなりリスクなのだろうか?昨今の成功事例をみていると、大丈夫な気もするんですけどね。まぁ、スーパービューについては新車に置き換えということもあるので、そこに予算をつぎ込むのかしら。踊り子があずさ、かいじのお下がりというのが気にくわないですわなぁ。まぁ、電源とWifiは必須で、きちんとリニューアルしてほしいところですかね。

taka7107 at 07:28|PermalinkComments(0)

2018年10月16日

ん?京急Wingってこんな乗り心地だっけ?

京急の来年の卓上カレンダーが購入したく、品川立ち寄りで帰宅することに。品川についたとたんに東海道線の運転見合わせが発生。まぁ、これも縁ということで、京急で帰宅するべく、その場でWing号の予約を。15分後に発車する列車がすでに窓側の席がいっぱい。まぁ、300円で乗車できて上大岡まで停車しない、かつ必ず座れる、京急カードを持っていれば座席指定までできるという優位性を考慮すると売れますわなぁ。。。最近は土日のライナー運転的なこともやっているようで、ますます私鉄にもこの流れが普及してくことでしょう。かたや、JRはというと、湘南ライナーについては特急に格上げの予定もあるようで、それでなくても券売機でしか購入できず、車両は入れ替わるのだろうけど、今は185系のオンボロ車両。これで510円というサービスの悪さ。なんとかならないものでしょうかね。とはいえ、東海道線の線形を利用してか、速達性はすばらしい。京急の昨日のWing号のノロノロ運転の多いこと。また、ノロノロ運転でよく分かるのが、横浜から上大岡までの間の曲線が多く、保線状態がいまいちよろしくないように思えた。広軌であるので横揺れはあまりないのだが、上下にがたがたと振動して乗り心地がよろしくない。なんとか改良するすべはないものだろうか。こういった顧客の声を聞き入れるのがサービス業にとっては重要なこと。うちの上長がよく言うのは、きちんとコミュニケーションがとれていない、仕事になっていないという話。お客さんとコミュニケーションをとり、声を吸い上げることが非常に重要であり、システム等を作り、サービスを提供する場合にはかならず、要件定義、要求分析というフェーズにおいて、双方で合意する必要があるのだが、そのフェーズをなくして、先に開発ありきでものづくりをしてしまうので、不満が起きるということになるのだ。我々も社内向けとはいえ、サービスを提供している舞台もある。是非、サービスクリエイター、サービスマネージャー的な観点からきちんとお客さんと向き合ったサービス提供をしていきたいところ。

taka7107 at 07:42|PermalinkComments(0)

2018年10月12日

ライナー特急化は勘弁して

阪神17年ぶりの最下位を受けてやっと金本監督がやめるとか。もっと早く言えばいいのにねぇ。。。しかも、辞任ではなく解任。本人はまだ続投するつもりだったらしい。まぁ、若手を育て上げたという功績はあるかもしれないが、結果がすべてのこの世界。ロサリオという高いお買い物も無駄遣いに終わらせ、いつもの最後の最後での大失速はもはや責任逃れできるレベルではないでしょうね。まぁ、解説者としてくらいなかれ聞けるかな。おつかれさまでした。 さて、湘南ライナーの話。なんでもSNSで話題になっているというライナーが特急に格上げされるというお話。京王や京阪でも導入されて好評の座席定員制のライナーだが、JRの方はそうでもないのか。とはいえ、湘南ライナーは好評で、満員になる本数もそこそこある。ただ、昨今、乗客が少し減っているようにも思われる。上野東京ラインがつながり、東京始発でも座れなくなったここ数年。ライナーは人気になるかと思いきやそうでもないようだ。で、なぜ特急にかという噂の出所は、JRが最近、おだわらというような商標登録?をしているのが特急として名前に使うからでは?という話とか、中央線のE257系がリニューアルされて東海道線に投入され、185系が引退するにあたって、車両が更新されるその費用を捻出するためというような話。過去にも、常磐線や高崎線の方で新型車両への入れ替えでライナーが特急に格上げされたという前例もあって、不公平感をなくすためだという話がある。う〜ん、確かに前例があるのならと納得せざるをえないが、料金も700円台になると今よりも200円以上アップ。グリーン車の料金と変わらなくなってしまう。ただ、本当に700円台で済むのかという疑問もあって、並行して走る成田エクスプレスは大船までの乗車でも1000円以上はする。いやぁ、とにかく値上げになるのは困りますなぁ。あと最近品川を使わないので品川で飲んだ帰りしか関係ないのだが、日々の通勤で大崎から利用する湘南新宿ラインの混雑具合が深刻化している。大崎の駅ホームに人があふれかえって、大崎に到着する時点で満員でとても乗り切れないという状況。もっと本数増やして対応してもらわないといけないかもしれない。

taka7107 at 07:28|PermalinkComments(0)

2018年10月08日

4連休は鉄分吸収、虎分最悪

巨人には勝ってDeNAに負けて、DeNAにCSに行ってもらおうというのがベストかと思っていましたが、そうするとあと1敗もできない阪神にとって最下位が確定するようですね。なんともなさけないお話ですわ。それでももうどうでもいいですわ。あと4連勝は無理なのだからせめてゴミ売りにだけはCSに行かせんといてくださいな。 さて、金曜日もお休みにさせてもらったので4連休の週末でした。風邪を引いて体調がいまいちだったので結局、いつものジムに行ったのは今日1日だけということになりました。それでも体調がいまいちなので、軽めの運動にとどめた程度。昼飯は辻堂まで戻って、藤沢こなもん祭りなるものをやっていたので、屋台で購入したナンドックと湘南チャーメンなる、チャーハンっぽい焼きそば?というか焼きそばなんですが、原材料に湘南原産のものを利用すると湘南チャーメンと名乗れるのかよく分かりませんが、まぁまぁの味でした。まぁ、この4連休は特にどこに出かけると言うこともなく、たまった録画をみたりと適当な暇つぶし。ブラタモリで箱根湯本が特集されており、箱根登山鉄道が出てきたのでじっくり見入ったり、情熱大陸がカシオペアの向谷実だったり、はたまた鉄道フェスティバルに出かけたりと、鉄分はやや吸収できたでしょうか。とはいえ、虎の方があまりにもふがいなく、せっかくの虎テレの契約にもかかわらず、阪神の試合など一試合もみることなく終わりそう。なんともストレスのたまる4連休ですわな。こんな状態で明日から仕事とは酷なお話ではございますが、まぁ、気分を入れ替えてがんばっていきましょうぞという感じですかね。まぁ、夜は新ドラマのスーツでも見て気分転換しますか。

taka7107 at 17:08|PermalinkComments(0)

2018年10月06日

今年も鉄道フェスティバルへ(能勢電500型鉄コレゲット)

台風の影響はあまりなさそうで、朝から少し小雨はぱらついたものの、新橋に到着したころには天気もよくなっていた。日比谷公園に到着したのは10時前。去年は今年よりも30分前に到着していたようだが、はたしてこの30分が吉とでるか凶とでるかである。さっそく鉄コレの最後尾の列にならんで、整理券をもらう。もちろんお目当ては能勢電500型。なんとか2種類の整理券を1枚ずつゲットできた。能勢電の500型といえば、光風台に引っ越したばかりの昭和40年代後半から50年代にかけて、610系や1500系が投入されるまでの主力の車両。よく親父に連れられて乗りに行ったものだった。610系が導入される際にホームの幅を広くしたために、転落防止用のドアステップを取り付けたのが更新型と言われるタイプ。登場当時は2両編成だったものが4連となり、610系登場後の時には5連となっていたようだ。そんな思い入れのある、なつかしい車両がNゲージサイズで復活されるということで、去年は610系でもちろん、ゲットしたのだが、今年もこれはゲットせねばと先行発売となる鉄道フェスティバルにやってきた次第である。最後尾から並ぶこと2時間。やっと購入できました。去年は1.5時間ほどでゲットできていたようなので、30分早めの行動が30分の得をうんだようだ。来年は320型の鉄コレと期待して、また並びましょうか。それ以外にも、阪急と京阪にもそれぞれ30分くらいずつ並んでゲットしたのは、阪急が卓上カレンダー、京阪が、プレミアムカーのマフラータオル。どちらも実用的なので重宝しそうです。
2018-10-06 12.41.452018-10-06 15.57.372018-10-06 15.35.24

taka7107 at 19:38|PermalinkComments(0)

2018年09月27日

鉄会はお店のチョイスが最高でした。

昨日は、うちの会社から出向されていた方が3年ぶりに復帰されたということでの復帰の会。鉄仲間3人集まっての鉄会でした。お店は今回、私がチョイスすることになったのですが、品川で食べログランキングが高かった、日本酒バル蔵よしというところ。3.40のポイントなのでなかなかの高得点。コースを頼んでいて、九州産の本マグロと九十九里産のハマグリなど8品のコース。お刺身の本マグロはトロが最高にうまかった。ハマグリの酒蒸しもだし汁が最高においしい。でメンチカツが途中に挟まるのだが、ここで油物?ほんとにうまいの?と思いましたが、これが意外にうまくてびっくり。それ以外にも生ウニの手巻きとかも出て、8品すべてがうまくて、二人からも絶賛をうけました。品川にこんなすばらしいお店があったなんて。。。品川勤務の時ですら知りませんでした。いやぁ、すばらしい。日本酒の飲み放題は2000円と2500円の2コースあって、今回は2000円の安い方でしたが、それでもいろいろと楽しめてよかったですわ。いやぁ、ここは次回もまた使いたいところですね。 さて、肝心の話の内容としては結局、次回の鉄旅行は決まらず、また忘年会をして決めようという、なかなか決め手のないメンバーなので先延ばしとなりました。ちなみに、映画の話になったときに、二人がカメラを止めるな!を知らなかったので絶賛しておすすめしておきました。まだまだ認知度が低いようですな。

taka7107 at 07:29|PermalinkComments(0)

2018年09月12日

四国どたばた珍道中の旅その5

港山という駅をでると、次は終点の一つ手前の梅津寺という駅。海の真横にあるこの駅。プラットホームからひととびすれば砂浜に着地できそうな近さだ。この駅、何が有名かというと、あの日清、日露戦争で活躍した秋山兄弟の銅像があったり、ぼっちゃん列車が保存されている公園があったりと、さびれた駅にしては見所はあるのだが、なによりもあのトレンディドラマ、東京ラブストーリーの最終回で完治とリカがさよならをしたロケ地なのだ。この駅の近くの堤防で撮影されたラストシーンで、リカは気が変わったら同じ列車で帰ろうと一人先に駅に向かう。完治は思い悩むが、やっぱりリカとつきあうことを決めてホームに行くが、そこにはハンカチが結びつけられていて「バイバイカンチ」とかかれているという場面。完治は駅員さんに訪ねると、一本前の列車に乗って帰ったと。リカは最初からさよならするつもりだったのねという終わり方になんともせつなさを感じたものだ。平成3年なので27年前の作品。来週から再放送されると知って録画必須ではあるのだが、さすがに細かなところまでは覚えていない。ネットであらすじ検索をしてなんとなくよみがえってきた記憶である。その有名なラストシーンを撮影されたこの梅津寺のホームには未だに東京ラブストーリーロケ地と赤い看板がたてられており、何枚かのハンカチがそれにあやかってくくりつけられているのだ。当時大学生の時、トレンディドラマにはまり、ロケ地にも行ってみたいと思っていたあのころの夢がやっとかなった感じがして、まぁ、今回の珍道中は観光列車が2本とも運行中止になるというどたばたではあったが、このロケ地にこられたことでなんとか癒された感はある。次回こそは伊予灘ものがたりに乗って、青春18切符で有名な下灘駅にもいってみたいものだ。さぁ、あとはお仕事がんばって東京に帰ろう。

taka7107 at 07:34|PermalinkComments(0)

四国どたばた珍道中の旅その4

日曜日が大雨の影響ではちゃめちゃ珍道中となった四国出張。月曜日も午前中はお休みをもらっているので、観光に時間があてられる。日曜日からうって変わっていいお天気となった。とはいえ、月曜日は観光列車伊予灘ものがたりの運行はない。松山城も前回登城しているし、道後温泉に行ってお風呂というのも過去に行ったことがあるので、なんとも乗り気がしない。時間も無駄にするのもいやなのでせっかくというわけで、伊予鉄のりつぶしでもしてみようと。市内線という路面電車は過去にすべて乗り尽くしているので、今回は電車線。路線は3つあって、すべて松山市駅から発着しており、高浜線、横河原線、郡中線だ。そのうち、高浜線と横河原線は乗り入れをしているので、実質2路線ということに。まずは、横河原線に乗車して終点まで行ってみることに。来た車両は旧京王の3000系の車両。井の頭線で活躍した、有名な車両だ。車番は変更せずそのまま利用しているように見受けられる。途中で何本かすれ違うのがだ、700系という同じく旧京王の5000系の編成と、610系という能勢電にも過去にあった形式なので親近感が沸くのだが、あえて600系にしないところが不思議。これは京王のおさがりではなくオリジナル設計の車両らしい。なかなか斬新なデザインで20年近くなる車両だが古さを感じさせない。そんな観察をしながらあっというまに終点の横河原に到着。列車は15分に一本あるので、見送って次の電車で折り返しても良いのだが、なにか散策するような場所がありそうかというと何もなさそう。なので、ここはあきらめて、即来た電車で折り返し。今度は反対側の終点、高浜を目指す。乗り入れ線なので乗ったままで行ける。23駅あるので50分近くの旅になる。途中、大手町駅には、市内線と直行クロスする、ダイヤモンドクロスという鉄っちゃんが大喜びするスポットが。かつては阪急の西宮北口の駅で神戸線と今津線が複線同士のダイヤモンドクロスとなっていたが、こちらも同じ状態。かたや路面電車なので道路上でダイヤモンドクロスするというのは全国でもここのみだろう。クロスするときの音がが最高に気持ちいい。そのクロスした線路もまた、次の古町で、今度は単線になった市内線が電車線の複線を斜めに横切るという再クロスもみもの。伊予鉄はおもしろい。古町をでると、高架区間に入り、進行方向右手に大きなイオンモールが見えてくる。そして途中からは単線区間になってローカル感がもどってくるという形だ。そして、今回は終点の高浜に行く前にひとつ見るべきスポットがあるのだ。

taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)

2018年09月10日

四国どたばた珍道中の旅その3

どたばた珍道中その3。四国まんなか千年ものがたりは残念ながら運行中止。二日連続のようです。多度津までやってきましたが、ここで払い戻し処理を。で、急遽、伊予灘ものがたりに変更。なんとか往復で1席ずつとれました。これは松山と八幡浜を結ぶ観光列車で4年前から運行開始。非常に人気で、まんなかとちがって2両編成なので座席数も少なかったりする。奇跡的に当日の空き席があり、ゲットできれば、あとはいざ松山へ。まんなかに乗車の予定だったのでしおかぜの2時間乗車は指定席をばとかなり遅めの列車をとっていたのだが、それを次のしおかぜ3号に変更。なんでも岡山からの特急券で、しかも岡山を出発している列車なので予約がいれられないようで、少し若手の駅員さんを困らせてしまったが、先輩社員からの助言を得てなんとか発券してくれました。雨が一向にやむ気配がなく、外の景色もよろしくなく、まぁ、観光列車は景色だけじゃなく、車内でもいろいろと楽しめるからいいやと思っていたのだが、それでもやむ気配もなく、なにやら松山到着後、いやな館内放送を。特急列車が運行中止になっているとのこと。。。まさか。。。やっぱり伊予灘ものがたりも運行中止になってしまったようです。orz。まじかぁ、、、予約入れたときはまだ走っていたらしく、午前中の便は途中まで行って折り返したとのこと。なんてことなんでしょうかね。今回の珍道中は急遽いろいろと変更があって、どたばたしましたが、結局、サンライズ瀬戸に乗車できたくらいかぁ。。。でもまぁ、次回にリベンジということで、楽しみを残しておきましょう。ちなみに駅前のスーパー銭湯でのんびり入浴を楽しみましたが、大雨の影響でトイレが故障したらしく、これは長居無用と、早々とホテルにチェックインしました。( ´▽`)

taka7107 at 07:07|PermalinkComments(0)

2018年09月09日

四国どたばた珍道中の旅その2

どたばたの珍道中の四国旅。サンライズ瀬戸の車内で、岡山に到着。分割は一昨年くらいにみたので今回はいいやと売店でサンドイッチを購入し、食糧補給。車内でサンドイッチを食べながら瀬戸大橋にかかったところで、四国まんなか千年ものがたりの運行情報をチェック。というのも特急列車が阿波池田ー高知間で運行停止になっているし、この観光列車、当時に運行休止をホームページにアップする。昨日も四国地方の豪雨により運行中止となった。で、ホームページにはあがっていないのだが、Facebookのページに中止とアップされている。どういうこと?Facebookだけアップするのは変でしょう?でもまぁ、ただしい、情報なんだろうなぁ。。。今日も雨が回復するめどもなし、特急が運行になっているのだからなぁ。。。となると、この後の予定をどうするべかだ。当初は琴平まで行って、その後、琴電で高松に戻り、うずしおに走っている新型車両2600系に乗車するというプランを組んでみた。これだと、うずしお11号に間に合うようだ。ただ、この場合は徳島まで行って、また戻ってくるという形になる。しかも琴平で日帰り温泉に入れないから、それまでの時間ぷらぷらしなければ行けない。高松であれば、まぁ、関西から来れる機会も無きにしもあらずだ。それであれば、まだ運行休止になっていない松山の観光列車、伊予灘ものがたりに乗ってみるというのはどうだろう?一昨日の予約状況がホームページにアップされていて、△印なので何席かはあいている可能性がある。琴平まで行ってしまうと、また多度津まで逆戻りする必要があるので、ここは思い切って多度津で降りてみる作戦に。そして、みどりの窓口にかけこんだ。一人前の人も同じ、四国まんなかに乗車する予定だったようで払い戻しを依頼していた、しかも面倒なことをいいだして、中止なら岡山まで戻してよと。中止になるなら四国にくる意味ないとまたまた四国に対して失礼ないいかとを。ほんと、これだから鉄っちゃんは嫌われるんだろうな。やっと回ってきた順番で、予約を試みると、午後からの八幡浜編と道後編という、八幡浜と往復する列車が1席ずつ予約できた。まぁ、いずれにせよ、食事の予約は終わっているので、こちらも無理なのだが、まぁ、乗れるだけでも幸せというもの。\(^o^)/ありがたやぁ。。。

taka7107 at 10:52|PermalinkComments(0)

2018年09月08日

四国どたばた珍道中の旅その1

急遽決まった松山出張のため、準備ができずにどたばた。それでも前入りで四国まんなか千年ものがたりの往復予約がとれたと思っていたら、食事の予約が4日前までということを失念していて予約できないというちょんぼ。せっかくの観光列車においしい食事なしという始末だ。それでもサンライズ瀬戸が奇跡的に予約できたので、当日の朝一新幹線移動ではなく、1年ぶりの寝台特急によるプチゴージャス旅行に。東京駅で気がついたのが、この列車、季節限定の琴平延長運転だった。これはラッキーと車内検札の車掌さんに話をすると、高松も琴平も同じ料金なのでこのまま琴平まで乗ってもらっていいですよとの話。当初は高松で降りた後、四国まんなかの始発である多度津まで移動しても時間を持て余すので、途中の坂出下車、宇多津移動でスーパー銭湯に入る予定だった。ところが琴平まで行くのであればと、急遽予定を変更。琴平でまずは下車後の体をさっぱりと日帰り温泉を探す。おっ、二軒ほどある。ただホームページを見ると二軒とも日帰り入浴終了とある。外国人観光客が増えてキャパオーバーしてしまったのだろうか。変な憶測をしてしまうが、となるとやっぱり車内でひとシャワー浴びておくのが得策と、シャワー券は乗車時に即購入。みんな同じことを考えるのか、発車前にシャワー券行列が。それでも発車後しばらくは発売中だったが、午前様になるころには売り切れとなっていた。シャワー券も2枚購入したので安心と高をくくっていたら、肝心のタオル忘れてるやん。がーん、というわけで二度目のちょんぼ。ただ、まてよ、琴平までの延長運転は高松で27分も停車する。その間に駅構内にあるセブン−イレブンでタオルを買えば大丈夫じゃない?と。うどんを食べるのもいいけど、まずはタオルをゲットしてから。ちなみにうどんは岡山の売店でサンドイッチを購入したため、腹一杯でやめました。というわけで、停車時間にシャワーを。これが揺れないのでめちゃ快適。朝方で、琴平に行くようなひとくらいなので乗客も少なく、こんな時間にシャワーを使おうと思う人が少ないのかもしれない。これは裏技としていいですな。ただし、延長運転の際に使えることでした。次回からはちゃんとタオルを用意することと忘れないようにしないと。あと、サンライズは意外と最安値のソロがシャワー室とラウンジ近くで快適。ただし、部屋によって向きが違うので進行方向向きの方がよし。今回の9番は下りの場合逆方向になるのでいまいちでした。ただ、高松でスイッチバックするので高松ー琴平間のみ進行方向向きです。( ´ ▽ ` )

taka7107 at 09:12|PermalinkComments(0)

2018年08月25日

夏休み4週目鉄イベントは東京総合車両センター公開イベント

土曜日の恒例はジムがよい。今週はその前にJR東日本の東京総合車両センターでの公開イベントが。去年も見に行ったこのイベント、去年も結構暑かった思いがあるのだが、今年も同様に暑さが戻ってきた。去年は食堂で食べなかったので、今年こそはと行ってみたが、案の定席はなく、満席状態。となるとお弁当ですませるかということで、公開イベントの記念弁当を購入して食堂の外の日陰に座り込んで昼飯をば。それにしても人が多いですわな。食後に記念撮影のコーナーまで立ち寄ったら、これから並んでも撮影できませんとのこと。EF81とEF65だったかな。うちらの時代ならふつうにごろごろいた電気機関車が今では希少価値でもてはやされるもんなんですな。不思議な気分です。というわけでそれはあきらめてジオラマをみたり、つり上げ車両をみたり、グッズ販売のコーナーに行ってみたりとしましたが、まぁ、これといってすごいというものもなく、暑さもやはりハンパなくきていたので、ほどほどにして切り上げることに。その後戸塚までもどってジムで鍛えてきました。週1回のペースだとなかなか進捗はよろしくないのですが、昔に比べるとぽっちゃりお腹もなんとなく割れ目が入ってきたような気もしますな。6つに割れるのは遠い先かもしれませんが、まぁ、1年くらいがんばればなんとかなるでしょうか。がんばりましょう。

taka7107 at 15:19|PermalinkComments(0)

2018年08月19日

鉄道模型コンベンションに行くの巻

毎年8月は鉄道模型のイベントが連続するような気がする。コンテストにフェスティバル、そしてコンベンションだ。ビックサイト、阪急うめだ本店、ビックサイトという会場が東京と大阪に2分されるのだが、両方に縁のあるひとにとっては3週連続で楽しめるというわけ。で今回は帰省を終えて関東に戻っているのでコンベンションにいけるわけだ。去年、densyakoboさんの作品で非常に感銘をうけた、このコンベンション。関西の5私鉄と大阪環状線を省スペースで再現したBトレインのジオラマで、特に阪急うめだ駅の9線ホームはすばらしかった。今年は札幌の地下鉄を再現するとのこと、楽しみだった。で、訪れてみて最初に目に付いたのが、なんと能勢電の鼓滝駅を再現したジオラマ。私と同世代ぐらいの女性が再現したそうで、モデラーさんと能勢電談義に。私も実家が光風台で、お墓が鼓滝にあるのでこのセブン−イレブンよく使っているんですよなんて地元ネタで大盛り上がり。なんでも地元らしく、特に飲み屋さんを忠実に再現するべく、お店の看板とかも同一に再現したいそうで、お店に通い詰めて許可をもらったとか、1軒ならず、3軒も。それは単に呑みたかっただけかしら?なんて思ったりもしたが、まさかの能勢電ネタで盛り上がれるなんてとびっくりでした。それ以外では山陽電車の3050系を5編成ほど再現しているところなどもテンションがありまくり。dennsyakoboさんのところもみられたし、あとすごかったのは黒柳鉄道という昭和時代を再現したジオラマ。すきまなく埋め尽くされたジオラマには迷い動物とか、ヤクザの喧嘩が再現されていたりと、芸が細かいところがおもしろい。ある意味湯河原になる西村京太郎記念館のジオラマでいろいろな場所で殺人事件が発生しているような作り込みに似ていて楽しい。あとは、箱根登山鉄道の大平台のスイッチバックや早川橋梁の再現などは去年と同様。六浦高校の江ノ電のジオラマはコンテストで最優秀賞を受賞したことが展示されていた。これも定番の人気アイテムだ。さて、来年はまた何かおもしろいものがみられるでしょうか。20180818120829
20180818120426
20180818122205
20180818123204
20180818124234
20180818130456



taka7107 at 16:22|PermalinkComments(0)

2018年08月17日

新幹線はありがたい

新幹線はありがたい。本当は青春18きっぷで往復帰省しようと考えていたが、帰りは少し用事が詰まっていたので新幹線で足早に戻らねばならない。となると行きだけ利用すると残りの4枚をどこかで使い切らなければならず、それも結局休みもとれず暇もなく、結局のこしてしまうというもったいない結果になるだろうし、逆に休みが取れてでかけたはいいが、それはそれで別のお金を使うため高くついてしまうということもある。結局、新幹線でしゃっといってしゃっと帰るのが一番の安上がりなのだと。行きは時短できたので、乗れていなかった叡山電車のひえいにも乗車できた。帰りは急ぎで東京までいかねばならず、当初は9時の新幹線に乗る予定が、昨日の京セラドームで飲み過ぎて朝がつらくなるだろうと少し遅めにしていたが、延長になるようなこともなく、勝利の美酒でほろ酔い程度ですんだため、今朝もすっきり気分で1時間前倒しして乗れてしまった。これもエクスプレス予約というIT活用のたまもの。これがサマータイム導入とかになると、IT業界はいろいろとお仕事が増えるのでしょうが、それはそれで働き方改革に逆行する困りものでもある。しっかりと休んでこそのしっかりとお仕事というバランスが大事。もう去年のような激務のプロジェクトはごめんだ。

taka7107 at 09:47|PermalinkComments(0)

2018年08月14日

鉄道カフェ&カレー@春日野道

今日も朝から散歩タイム。昨日より30分早めに起きたので5時には出発ができて、2時間弱、たっぷりと歩くことができた。箕面森町の近くまであるいて、歩数は9000歩くらい。まずまずの成果だ。明日は箕面森町のみに絞ってもう少し先に行ってみることにしようかしら。。。 さて、今日の昼のお出かけは神戸方面に。昨日はバーを攻めたのだがいずれも昼間営業がなく玉砕。今回は鉄道カフェという分野で、三宮でカレーを食べさせてくれる鉄道ジオラマのあるお店。厳密には三宮ではなく春日野道。一駅くらい歩いてもたいしたことないのだが、この灼熱地獄の中を歩くのは無謀なので春日野道までしっかり乗車。春日野道なんて降りるのもかなり久しぶり。前に来た時を思い出せないくらいだ。駅を降りて北西に向かって歩いて10分弱。ついたお店は民家の中にある。お店に入ってお客さんは一組のみで親子連れだった。子供が鉄道好きなのだろう。或るカレーという、或る列車からネーミングをもらったかのようなカレーがおすすめだったので注文。ジオラマを堪能させてくれるのかと思いきやソファー席のままで少しがっかり。ジオラマはどうも殺風景だなぁと思っていたらおいてあった雑誌のこのお店を紹介した記事によるとプロジェクションマッピングでいろいろな風景が映し出されるらしい。なるほど、変わったジオラマの表現もあるもんですな。これなら気分によって風景を変えられるという楽しみがあるのですな。車両はVSEあり、エヴァ新幹線あり、阪急9000系、きかんしゃトーマスありとバラバラで、関西の私鉄車両にもう少し注力してほしい想いもあった。まぁ、そこそこに楽しめてよかったかな。

taka7107 at 20:32|PermalinkComments(0)

2018年08月04日

鉄道模型コンテスト2018に行ってみた

いやぁ、ひさびさにすばらしいねばりっぷりの試合を見せてくれました。いつもなら、5点差もつけられたら気力なくして完敗状態の我がタイガース。私もあまりにもつまらない試合にいつのまにうとうとしていたら、歓声があがるたびに得点がはいるではないですか。まぁ、それでも無理だろうと、またうとうとしていたのですが、いつの間にやら同点でま追いついた。ただ、そこからむっくりと起き上がり、さあ気合いを入れて応援しようとするとこれが点が入らず。なんでこうなるかねぇ。やっととれた押し出しの虎の子の1点もドリスが不意にしてくれ、延長戦突入。とうとうヤクルトに勝ち越されたときは、もう負けたと思いましたが、糸原、北条とよくがんばりました。まぁ、相手方のミスにつけ込んでの勝利ではありましたが、とにかく勝てば官軍。定着したくない最下位も脱出できて、よかった、よかった。早くせめてAクラスは安泰状態に持って行かねばいけませんわな。 さて、せっかくの週末なのでいつものジムにいってトレーニング。それが終わると、汐留で開催されている日テレ鉄道まつりに。ちょうど、11月30日に公開されるRailwaysの第3弾、かぞくいろの宣伝シーンで、南田マネージャー、ダーリンハニーの吉川、豊岡真澄などが出演しているトークショーでした。Railwaysのエグゼクティブディレクターなる方も登場し、なんでもAlways3丁目の夕日もこの方が撮影したとか。まぁ、あんま知らないひとですが、ありがたかったっす。 その後、ビックサイトに移動して、鉄道模型コンテストを見学。高校生たちががんばって制作するジオラマの甲子園ですな。娘の通う学校も出典していたのでちらりと見てみました。ブロックごとに高校が区分けされているのですが、Fブロックというところには東大寺学園あり、灘高かり、ラサールありとここは高校生クイズの常連高島か?とおもわせるような固まりがあって笑えました。内容的にはラサールが、先日訪れた仙巌園近辺を走行する鹿児島本線のジオラマをつくっており、集成館の反射炉が再現されているところがおもしろかったです。おぉ、こんな感じというのがわかるのがおもしろいですな。ただ、あの庭を再現してくれればもっとすごかったのですが、そのまではスペースの関係で無理だったのでしょう。それ以外では安土城を再現したジオラマがありました。自分も高校生の学園祭の際、徹夜で大阪城を作成した記憶もあって、なんかものづくりの情熱を思い出しました。いやぁ、なかなか楽しめたコンテスト。果たしてどこの高校が優勝するのでしょうか。

taka7107 at 06:42|PermalinkComments(0)

2018年07月25日

GSE第2編成のかぶりつきも制覇\(^o^)/

まぁ、予想はしてましたよ。もっとひどい予想だったので2点差なら許せるか。。。って許せるわけ無いやろう。何回負けたら目が覚めるねん。甲子園5連敗、広島戦6連敗って、どんだけあほやねん。ちょっとは学習しろや。ハマスタではそこまでいらん点をばかすかとりながら、ちょっとええ外国人のピッチャー出てきたらまったくあきまへん。クリーンナップが打たへんから点が入らへん。もっとコンスタントに打ってくださいよ。大量得点で快勝したときに打つから、やっぱり売ってくれるやと勘違いしてしまいますが、そんなときは休んどきなはれ。ほんまに必要なのは接戦の時に打てるかどうかや。ほんまたのんまっせ。 さて、そんなしょうもない試合をラジコで聞きつつ、負け試合はバカープの攻撃なんてのは見たくないので阪神の攻撃の時のみ虎テレで映像もみつつの帰宅。早くかえって家でのんびりと行きたかったのだが、ちょうど一ヶ月前にGSEのかぶりつき座席の予約に成功。7/11から第二編成が運行を開始しており、もし、その第二編成にあたれば、第一編成と併せて両編成ともにかぶりつき席制覇となる。18:15のホームウェイはいつもすぐに満席になるので、21:15新宿発の最終の一本前のホームウェイ。さすがに発車前まで空席ありでした。夏休みの人も多いのかしら。。。まぁ、とにかく予約は1ヶ月の発売の瞬間勝負でゲットできているので、今日は乗るだけ。発車の10分ほど前に入線してきたGSEはお見事、第二編成でした。\(^o^)/ 小田急の車番の付け方が少し変わっているのか?てっきり70001Fと70002Fかと思いきや、先頭車両はクハ70352となっていた。まぁ、下一桁の2で第二編成とわかるのだが、どうも規則性的に付随車は下二桁が5となるようだ。下三桁目の3が不思議ではあるが、モハ(小田急ではデハ)とクハ・サハのユニットで0,1,2,3とかをつけていくのかな?不思議なナンバリングである。まぁ、それはさておき、第二編成のかぶりつきを堪能。来週も予約できているのだが、達成できたので早めのホームウェイに乗車変更するかなぁ。。。

taka7107 at 07:28|PermalinkComments(0)

2018年07月11日

時差Biz特急

さすがに九州からの新幹線は腰が痛くなる。しばらく家を空けていたのでいろいろとやることがいっぱいたまっていた。メルカリで売れたものの発送、メルカリで買ったものの到着確認、チケットストリートで売ったチケットの雨天中止の払い戻し処理などなど、一気にやってたら結構遅くなってしまいました。それでも定刻に起きて、昨日梱包したメルカリの商品をコンビニで発送処理をすませて、一段落。 さて、時差Bizの話。今年から時差Bizライナーに続いて、時差Biz特急なるものを走らせはじめた東急さん。せっかくなんで朝の時間を使って鉄分吸収。東横線を走る時差Biz特急は横浜中華街を始発に、横浜を6:23発、渋谷6:52着、その先は臨時の通勤急行になって副都心線に乗り入れ、和光市まで行くダイヤになっているとか。もう少し鉄分の濃い人だらけかと思いきや、写真を撮る人もおらず、横浜からも着席できるくらいの混雑具合。年中時差Bizしていて、上野東京ライン、湘南新宿ラインで結構な混雑ぶりを体験している私にとってはとても魅力的な混雑具合。これぐらいなら本当に快適な通勤ですやん。JRもがんばって導入してちょんまげといいたいところだ。しかもポイントためるとなにやら午後の紅茶がもらえるとかのキャンペーンもやっていたりと、早起き通勤者の支援具合がすばらしい。時差Bizをもっと広めて、早起きは3文どころかもっともっとお得であることを浸透させてほしいなぁ。

taka7107 at 07:26|PermalinkComments(0)

2018年07月10日

DENCHA(BEC819系)に乗車

みずほに乗り損ねてやってまった私。九州に上陸して、集合時間にまで余裕があるので寄り道をば。筑豊本線(最近は福北ゆたか線とか言うらしい)と鹿児島本線がクロスする折尾の駅は、駅の構造が複雑で、それを案内する高校生だったり、駅弁の売り子がいるということで有名な駅ですが、どうも高架化の工事にともなって事情もかなり変わっているよう。まずはそこにいって、名物のかしわめしでも購入し、その後、筑豊本線の北側の若松の終点までいって、そこから折り返して直方までというルートを描いていた。というのも筑豊本線に走り出したBEC819系という車両が通称DENCHA(でんちゃ)と言われる、蓄電池車両。交流区間ではJR東日本のEV-801系より早く走り出したという日本初の電車なのです。若松ー折尾間は非電化なのでかつては気動車が、今ではこのDENCHAがパンタグラフを下げて走っています。その列車に乗りたくて、まずは若松を目指そうと、戸畑からフェリーで対岸に渡るというルートを選んだところ、どうも電車が遅れてしまって、接続が悪く断念。なので、まさにDENCHAで若松へと思ったのですが、それよりも先に直方行きがやってきていて、なんとその車両がDENCHA。今になって相当量投入されていることを知ったのですが、もし1編成かないのであれば、これはレアとうことで飛び乗ってしまいました。というわけで、直方行きが決定。DENCHAの写真はばっちり撮れたのでまぁ、満足でしたが、直方の帰りに選んだのが筑豊電鉄の乗車。このため直方から筑豊直方まで歩く必要があるのですが、これが結構失敗。かなり距離がある上、この炎天下の灼熱地獄。まじで死ぬかとおもいました。筑豊電鉄もかぶりつきで楽しめて、そろそろ時間になったので、いざ博多へ。黒崎からソニックで一気に博多まで。なんでも博多ー小倉間って新幹線と在来線では営業距離にギャップがあるため、区間変更件(150円)なるものを購入する必要があるそうな。う〜ん、昔も払っているはずなのだが滅多にこないので忘れちゃうよねぇ。。。とりあえず、鉄分充実したので仕事にも身が入ります。( ´▽`)

taka7107 at 14:51|PermalinkComments(0)

2018年07月08日

せめて光風台まで運転しよう

土曜日は一日雨。少しやんだのでお散歩に出かけるも途中で降り出して速攻帰宅。体にかびが生えそうな感じで気持ち悪かった。今朝になって青空も出てきた。これは散歩にいかねばと6時半からいざ出発。町内を回ったあとは能勢電の状況が気になったのでのりに行くことに。まったくの通常運転に戻っていて少し拍子抜け。一の鳥居にでる道の通行止めも解除されていました。結局、妙見口まで乗車して、いつもの徒歩コースで帰宅。水が道路に流れてでくるところも多少あったが、まぁ通常を取り戻した感じがします。 さて、能勢電の話。大雨で山下から妙見口で運休になっていた。バスの代替運転でもしてくれるのかと思いきやそれもなし。しかたなくタクシーで実家まで帰りましたが、どうも腑に落ちない。なんでも光風台とときわ台の間で土砂崩れの可能性があるとか。であれば、せめて光風台まで運転しない?と。単線区間になるので途中の笹部ではすれ違いもできなく、折り返し運転になるが、光風台の駅は2線使える訳だし。乗車と下車でホームを分けるのであればトンネル内で折り返しというのもありだ。まぁ、そこまでやるのは大変なら川西能勢口行きのホームだけでも利用すればいいだろう。とにかく光風台までたどりつけば、ときわ台、妙見口、箕面森町の人たちはなんとかでできるのだ。もし次回同じような事態に陥った場合はぜひとも検討してもらいたいところだ。まぁ、笹部、光風台の間で土砂崩れの危険性がある場合はこの限りではないけどね。

taka7107 at 11:49|PermalinkComments(0)

2018年06月30日

歌舞伎の隈取フェイス、都営浅草線5500形デビュー

いやぁ、今日は快勝となりそうですなぁ。せっかくスワチケの会員になったので神宮のチケットもとりやすくなったのですが、さすがに当日になると売り切ればかり。金曜日も行きたかったけど、見切れ席という、障害物のあって見づらい席であっても売り切れという形なので無理でした。まぁ、負け試合はみなくてよかったのですが、今日は売り切れ、日曜日はさすがにナイターだと翌日応えるの少しあまり気味ですが、外野席(レフト側)は完売となってました。まぁ、蒸し暑いし、家でゆっくり観戦しようとこの3連戦はあきらめた次第であります。 というわけで、今日は朝から都内までお出かけ。都営浅草線の5500形が営業運転初日なもので、これは乗っておかねばという感じです。twitter情報によると本日は泉岳寺と西馬込の間の往復のみの運用らしく、では出会える可能性もでかそうだと、五反田までは定期を使って、その後都営線に乗車。1本見送ったら次の列車は5500形でした。まぁ、カメラマンがいっぱいいるのでそろそろ来るのだろうなということは分かっていましたが。。。泉岳寺まで乗車して、その後泉岳寺から中延まで乗車。車内は新車の香り。LEDを使っているので明るいですわ。中延まで乗車して、ぶらりお散歩。食べログで高評価のそば屋さんに。予約されてますか?と聞かれたのでいいえと答えましたが、こころよく用意してもらえました。昼のみセットを注文して焼酎でほろよい気分。いい感じでございました。その後、戸塚まで戻って、いざジムへ。ランニングマシンを中心に1.5時間ほどがんばったあと、お風呂に入ってさっぱりと。ジムがこんなに気持ちがいいなんて思わなかった。う〜ん、いままでの自分ならありえない行動ですが、健康に目覚めると、気分のもちようも変わってきますな。いいことだと思います。なかなか満足な一日でした。

taka7107 at 19:57|PermalinkComments(0)

2018年06月22日

次回の鉄旅をどうするかが問題だ

いやぁ、ほんまになんで勝てないかねぇ。糸井のあの守備。バッティングがええので帳消しにしてくれますが、バッティングええんやから、もうすこし守備もがんばれよといいたくなる。桑原がいまいち打たれますしねぇ。とにかく貧打ではだめでしょう。朝からてんこ盛りで、オリックスの勝率と阪神の勝率を足すとちょうど1になると大騒ぎしてましたが、単に、勝ち数と負け数の合計が一緒になるだけであって、まぁ、交流戦という18試合に限ってみればぜんぜん珍しいことではないですわな。 さて、鉄旅の話。次回の鉄旅をいつ、どこにしようかという企画段階なのですが、3人の好みがばらばらなのが難しいところ。一人は一度乗った列車にやたら乗りたがる、僕ともう1名は一度乗ったのよりも、また別のものに乗りたくなる。まぁ、それにつきあって越廼Shukuraは2回も乗ったし。。。まぁ、あれはあれで、お安くて日本酒がいっぱい飲めてとかなり楽しい列車ではありますがね。で、私的には次回は四国で伊予灘ものがたりや、四国千年まんなかものがたりなどに乗車したいところですが、あまり乗り気じゃないみたい。ローカル線をつかって、時刻表をしらべない、ローカル路線バスの旅のようなワクワク感を味わいたいという感じだ。まぁ、それもおもしろいとは思うが、学生ではないので時間がもったいなくだ。あとは昔、途中で運休になって断念した会津鉄道のお座トロ展望列車にのるという案もある。リバティにのれば、会津鉄道へのアクセスもさほど悪くなく、いい案かもしれない。さて、どうしますかねぇ。。。って、またたぶん私が企画しなきゃいけないんでしょうなぁ。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年06月18日

京浜東北線南行き切り替え工事完了

う〜ん、せっかくええ調子で逆転勝ちした翌日にこの大敗。日曜日に負けられると、月曜日からの仕事に影響するから勘弁してほしいなぁ。。。パリーグダントツ最下位の楽天ごときにやられているようではまだまだあきませんわ。ナバーロが入団して打線にテコ入れできるかどうかが鍵ですかな。それにしてもポンコツ、ロサリオはいつになったら復活するのかしらね。給料泥棒もほどほどにしてくれい。 さて、今週末に品川で実施された京浜東北線の切り替え工事。品川駅の4番線を利用していた京浜東北線の南行き線をお隣のホーム5番線に移設するという工事です。それだけでなく、いままで、田町までの間を山手線の外回りと平行して走っていた線を、上野東京ラインの北行き線と沿うような形で平行させ、話題の山手線30番目の新駅(名前募集中で、とりあえず泉岳寺で応募しておきましたが)の真横を通過して走るという新路線に切り替える一大工事でした。さすがに工事の模様を見に行くほど暇ではないので、そこは見送りましたが、工事の終わった状況はいち早く早くしておきたいもの。路線の撮影は上野東京ラインのグリーン車2階席からの撮影が眺望よく撮れて最適というわけで、カメラをもって動画で撮影。その後、新橋から折り返して品川までの間は京浜東北線の南行きの運転席かぶりつきで撮影。さすがにまだ鉄ちゃんがいっぱいいて撮影できないかと思っていましたが、誰もおらず、独占撮影ができて満足。山手線新駅の真横を通過するときは少し感動。また、京浜東北線の北行きが山手線をまたいで田町に行くポイントが品川ー新駅間ではなく、新駅ー田町間であること、しかもかなり完成していることまで確認できました。今までは品川ロケで働いていて会社から品川駅の様子が上から見られたので把握できていたのが、五反田に移転してからはすっかり疎くなっていたのでこの様変わりには少しびっくりでした。いやぁ、山手線新駅はどうなるのか、楽しみですなぁ。。。

taka7107 at 07:35|PermalinkComments(0)

2018年06月03日

いさぶろう しんぺい SL人吉と観光列車は見て楽しい、乗って楽しい

最高地点駅の矢岳をすぎるとあとは下り坂。途中、三大車窓でいったん停止をする。さすがにすばらしい景色。今日は天気もよく、普段はあまり見ることのできない桜島もうっすらと見えた。その後、スイッチバックの駅の真幸駅に到着。鉄道的な意味はあまりないが、名称に幸せが入っていて、真の幸せに通じるというこじつけで、幸せの鐘が設置されていたりと観光客のこころをつかむ営みがされている。その後吉松に到着したところで、駅弁を買おうとすると売り切れという想定外に。天気もよかったので散歩がてらに駅に仕入れをしているという店舗の方に歩いて行くもお店の方がしまっていて無駄足で引き返す羽目に。まぁ、これも旅のいいずっこけ思い出となるのでよいかと。で今度はまた同じ列車で人吉まで引き返し。行きと違って、帰りは全席が埋まるほどの満員状態。どうやら、鹿児島側からはやとの風にのって乗り継いできたお客さんが多いようだ。そういえば6年前にやってきたときはそのルートで楽しんだのを覚えている。人吉で、あまりにも暑くなったので、どこに行くという気分にもなれず、SLの移動の様子を鉄道ミュージアムで観察することに。で、最後の観光列車はSL人吉にて熊本まで戻る行程。3両連結の最後尾で展望台のすぐ近くなので便利がいい。2号車に売店があって、ミニ焼酎などを販売している。一人一本ずつ購入したが、私はそれでも足らず、また1本追加購入してしまった。銘柄は忘れてしまったが、なかなか飲みやすくおいしいお酒でした。次回、いつ乗車するかは分かりませんが、覚えていたらまた飲みましょう。やはり鉄旅の楽しみは飲み鉄。車とちがって運転しなくていいからほんと気分が楽でいいですわなぁ。。。ちなみにこのSL人吉。思えば、SLあそぼーいという豊肥線を走っていたころにも一度乗車したことがあり、これで3度目。大正11年生まれのかなり高齢のSLではありますが、まだまだ現役でがんばっておるんですわなぁ。。。すばらしいことです。いやぁ、熊本、肥薩線の旅。いい旅でございました。
20180602105720
20180602103022
20180602111957
20180602130945
20180602155511



taka7107 at 16:08|PermalinkComments(0)

2018年06月02日

かわせみ やませみを制覇

熊本での半期報告が終わったあとのお楽しみはもちろん鉄旅。鉄道仲間も一緒のお仕事だったため、今回はめずらしくおっさんふたりの旅に。事前の綿密なる計画のおかげで、人吉までの特急かわせみ やませみの指定席をゲット。これはグッジョブと思っていたら、なんといけてない座席。1号車3番は窓がせまいという最悪の席。それにくらべて自由席はがらがら。ここはもう自由席に移動するしかないですわな。特にアテンダントさんにも文句を言われることなく大目にみてくれたようです。さっそくデコポンヨーグルトなる焼酎ドリンクを購入してほろよい気分に、八代を出ると球磨川が接近してきてずっと併走する形に。この景色がすばらしく美しい。流れが遅いので水面が鏡のようになって上の景色が上下対象で水面に写るという絵に描いたような景色が展開されて、その美しさに思わず心を奪われます。途中で川を渡り、川が反対側になるのだが、自由席はがら空きなのでどちらでも自由に移動が可能。ほどなく人吉に到着。1時間後にやってくるいさぶろうに乗り継ぐのだが、それまでの時間は、MOZOCOとかいう水戸岡デザインの鉄道ミュージアムに。肥薩線の鉄道遺構に関する情報や、次にのるいさぶろう しんぺいや大畑のループ線、スイッチバック、矢岳の三大車窓に関する情報などが提供されていて役に立つ。また帰りに乗車するSL人吉のターンテーブルの時間や、どのように線路を移動するのか、時間は何時なのかなど、ほしい情報がチラシとして提供されているのも使えていい。あっという間に1時間がすぎて、いさぶろうの乗車時間となった。大畑までの登りは時速20〜40km/hののろのろ運転。10分ほど停車した後はスイッチバックからループ線に入るという鉄道ファンにはこの上ないおもしろさが詰め込まれている。ループ線で上ったところから、さきほどの大畑駅が見下ろせるというのもおもしろいところ。さらにのぼりつづけて肥薩線最高地点の矢岳駅に到着。ここからは一気に下っていざ、吉松を目指す。
20180602091514
20180602102023



taka7107 at 15:52|PermalinkComments(0)

2018年05月02日

やませみ、かわせみが予約とれた。\(^o^)/

いやぁ、いい試合でしたねぇ。まさかこんなに快勝できるなんて、さすが秋山。あっぱれでございます。残念ながらあとすこしのところで完封を逃してしまったのは、本人曰く、自分らしいといいますが、ほんともったいないです。次回の登板にさらに期待したいと思います。是非、広島もしくは巨人相手に完封してくれればとても気持ちのいいこととなるでしょう。よろしくお願いします。 さて、5月末に熊本に行けることになり、その際の便乗鉄旅ということで、チケット予約。九州の観光列車は、ななつ星以外はほぼすべて制覇しているのだが、新しくできたやませみ、かわせみはまだ乗っていなかった。是非これに乗りたいということで、えきねっとの事前予約で挑戦。本日その結果通知が来ており、無事取得できました。しかもくまがわが長く望める奇数席でとれており、さすがに一週間前の5時半に予約した甲斐があったというもの。熊本から人吉まではやませみ、かわせみで、その後、熊本からやってくるいさぶろうに乗り継いで、ループ線、スイッチバックを堪能、吉松まで行って、また戻ってくると言うスケジュール。人吉からはSL人吉ですが、まぁ、これには何回か乗ったことがあるので自分的には飲み鉄でのんびりと楽しむという感じでしょうか。いやいや、とにかく予約ができてよかったです。あとは二日目の旅程をどうするかですな。足を延ばしてく鹿児島で、西郷どんのゆかりの地探索などを模索しております。う〜ん、楽しみですなぁ。。。

taka7107 at 10:52|PermalinkComments(0)

2018年04月15日

東急6020系

朝から暴風雨。とはいえ情報処理の試験があるので出かけないわけには行かない。車で送ってもらおうかとも思ったが、まぁ、それも申し訳ないのでとりあえず駅までがんばって歩くことに。これが失敗。ハンパない風に歩いて数分で傘の骨が折れた。傘がひっくりかえること数十回、もう傘をささなくてもと思ったが、ささなければ、ささないでびしょびしょになり、レインコートにしておけばよかったと後悔したところで先に立たず。目の前をバスが通り過ぎ、おぉ、あれにあわせて家をでていれば楽できたのにと思いつつも、結局駅まで歩いて、びしょびしょもびしょびしょ、もう、やる気が一気に失せてしまいました。とはいえ、試験会場に向かう際に東急大井町線に乗車したのだが、新型の6020系に遭遇。おぉ、これにはテンションあがります。新車の香り、ヘッドマークはデビューの文字が刻まれておりました。7両編成なので、急行にしか利用しないみたいですな。座席指定制の列車も走らせるということですが、大井町から溝の口だとあっという間な気もしますけどね。どれくらいニーズがあるのでしょうか。と思ったら、溝の口から長津田まで延長するようですが、おもしろいのが座席が40席程度のみが指定制とのこと。指定席と自由席が混在する列車が走るということですね。これはなかなかおもしろい取り組みですな。来年の3月ということでまだまだ先の話ですが、楽しみにしましょう。

taka7107 at 07:19|PermalinkComments(0)

2018年04月11日

レールがつなぐ一本列島30周年

レールがつなぐ一本列島。30年前、国鉄がJRに代わり、青函トンネルが開通、そして瀬戸大橋も開通という形で、まさに日本列島が一本というか二本のレールでつながれることとなった。そのときの時刻表のキャッチコピーがこれ。覚えている方も多いかもしれない。私はこのキャッチコピーが強烈なインパクトをもち、言葉の重みというか、伝える時のインパクトの重要性を再認識し、そんなお仕事が将来できればなぁと、電通や博報堂といった広告代理店の仕事に興味をもったのもこの頃だった。まぁ、今となっては、こんな会社にそもそも入社できるような実力もないし、かりに入社したところで、プレッシャーに耐えかねて、退社するか過労死するかのどちらかだっただろうと思っている。ただ、将来を思い描くとき、こういったインパクトのある言葉が思考を左右するというのは当たり前のことで、頭から離れないのは事実。30年の時を経て、鉄道雑誌でこの言葉を目にする度に、あぁ、あのころ、こんなこと考えていたんだなぁと思だして懐かしい限りだ。あれから30年、長いようで、早い30年でした。そういえば、瀬戸大橋ができたときに、瀬戸大橋博覧会があって、そこにも一人で出かけた気がする。瀬戸大橋をわたる度に、そんなこともあったなぁとその跡地をみて思い出すのだが、いまやその面影もないくらいかわっている。

taka7107 at 07:19|PermalinkComments(0)

2018年03月27日

GSEのかぶりつき

GSEのかぶりつきに乗車。なかなかとれなかったプラチナチケットで、夜の運行でやっとこさとれました。さすがに最前列の2席以外の先頭車はあまり混雑することもなくの乗車率だった。網棚が無い分、天井がたかく広がっているとのこと。言われてみればそうなかなぁ。しばらくVSEにも乗っていないので感覚を忘れてしまった。今回座ったのはB席。これがA席もしくはD席だと目の前にガラスを支える柱があって見晴らしがよろしくないという感触を受けた。せっかくの展望席なのでもう少し、この柱をなんとかできなかったものだろうかとも思うところだ。夜の乗車だったのか、残念ながらミュージックフォーンが聞こえない。う〜ん、これは残念きわまりない。次回は昼間の乗車で景色を堪能したいところだ。とはいえ、駅の照明がきれいに見えて写真写りはなかなかよかった。GSEの車内のWifiでは展望席の動画が見られるのだが、どうもAndroidだと動画がうまく動かないように思われる。ChromeのせいなのかとおもってEdgeとかもインストールしてみるもののダメ。先週乗車した際に鉄とものiphoneでは問題なく閲覧できていたので残念きわまりない。Android向けにうまく作り込まれていないのだろうが、いやぁ、ちゃんと動作試験してほしいものですよ。

taka7107 at 07:16|PermalinkComments(0)

2018年03月20日

能勢電N7200デビュー

一気に寒くなった。しかも雨。4月の陽気から一転して真冬になるってどういうことよといいたいところだが、これが天気の難しいところ。誰にも文句が言えないところがつらいですな。こんな天気が二日間も続くようなので困ったもんですわ。 さて、久々の大阪出張。能勢電にN7200こと、7200系がデビューするとのことで、都合よくイベントに遭遇できました。能勢電初のVVVFインバータ、4連では初のワンハンドルマスコン、アイボリー塗装、さらにはゴールドライン付きという見た目でもインパクトのある編成。先頭車の乗務員室入り口の上にはゴールドラインの段差があり、それがNを表現していたりとか芸が細かいです。その後ろにある窓の下にはN7200というロゴが金色で入れられているので一目瞭然。とはいえ、車番にNとは入らず、いったいどっちが正式な形式なのかもよく分からないというなんとも不思議な編成です。車内には大型ディスプレイを搭載してこれまた今の通勤車両には標準装備となるようなものには対応しているよう。あとはWifiに電源コンセントとなるわけですが、本家の阪急が導入していない状況ではまだまだ先の話でしょうか。2018年度にももう1編成登場するとのこと。1700系の置き換えとなるようで、今後も注目の車両ですな。

taka7107 at 07:22|PermalinkComments(0)

2018年03月18日

GSEデビュー当日、初乗車

土曜日は新型小田急ロマンスカー70000形、GSE(Graceful Super Express)のデビューの日。ちょうど一月前の10時になんとか予約ができた。とはいえ、始発列車は満席で、同日の何本か目のはこね31号。新宿発の箱根湯本行き。せっかくのなでもう1席予約しておき、鉄道仲間の方があいのりするというのであれば、同行しようと考えていた。いつもの鉄仲間のお二人にお声掛けをしたら意外にも好評でご一緒することに。新宿駅で待ち合わせして、GSEの旅に。入線は15:27。入線時のミュージックホーンは録音しないとというわけで、動画に撮影。うまく録音もできました。VSEやMSEとの違いがあるのかないのか。違いは不明でした。新しくできた複々線を横にみながら、走る新しいロマンスカー。途中、新百合ヶ丘、町田、相模大野、本厚木、秦野など、いろいろ停車駅の多いパターンでしたが、降りた分、乗車してくるということで運行初日はとにかく鉄ちゃんが乗りたくて部分乗車でもという気分だったのでしょうか。車内のWifiで先頭車両の映像がみられたり、コンセントがついていたりと、昨今の特急列車やグレードの高い列車には当たり前の装備が導入されています。先頭車は特にしきりがないので座席から少し背伸びをすれば前面展望が楽しめたり、開放感があってかなり車内が明るいイメージあり。中間車両においてもガラス張りでの仕切などがかなりの透明感、開放感を与えており、明るい雰囲気を醸し出しています。窓も1m窓ということで高く感じますね。VSEと同様に人気車両になることはまちがいないでしょう。ただ、私的には外観のデザインはVSEがやっぱりかっこいいなぁとおもいますねぇ。20180317172040
20180317154806
20180317164536



taka7107 at 10:39|PermalinkComments(0)

2018年03月08日

ロマンスカー通勤で複々線を体験

激動の4月を迎えることに。いやいや、まさかこんな人事になるとはという結末になりそうだ。もはや今やっている案件の責任者が誰もいなくなってしまう。そして一人残されるという最悪の構図になりそう。おそらく支援してくれそうな人もいないという状態に。最大の逆境ではあるが、これをチャンスにかえることができればいい経験とも言えるのかとくらいに考えるしかないですわな。とにかくプラス思考が大切なので、何事も前向きに考えていきましょう。 ということで、何か少しでも楽しいことがないとという訳で朝の通勤にロマンスカーを使ってみるということに。朝6時14分、藤沢発えのしま66号は毎月1ヶ月前の10時に発売になるのだが、発売と同時にほぼ全席売り切れてしまうようだ。なので今回も1ヶ月前から購入してやっとかぶりつきの席がゲットできた。10号車が新宿側の先頭車で14番がかぶりつき。A〜Dまでの4席あるが、ABが進行方向左側なので運転席がなく眺望がいい。また、運転席の後ろは朝の時間でも運転に支障があるため、遮光カーテンが張られていっさい見えない状態になる。今回はB席なのでカメラを構えてスタンバイ。もちろんねらいは梅ヶ丘から代々木上原間の複々線の状況を撮影すること。藤沢駅を定刻に出発するもがら空きの状態で出発。途中、大和と相模大野に停車するが、大和で半分くらい、さらに相模大野から満席になるという感じだった。車両はエクセアルファ。複々線のダイヤ改正前なので一番余裕のあるダイヤだと思っていたがやはり朝の通勤時間帯は遅延が発生していた。それか複々線に最適化されていないから逆に遅延になってしまうのかが不明ではあった。まぁ、もともとこんなのろのろ運転になることは折り込み済みでのダイヤだったのかもしれない。まぁ、久々に鉄分満載で出社できたので少しリフレッシュできました。

taka7107 at 08:38|PermalinkComments(0)

2018年02月25日

GSEかぶりつきゲットできた。\(^o^)/

カーリングで日本が銅メダルを獲得。もぐもぐタイムというおやつの時間があったり、そだねーというしゃべり方がなまっていてかわいいと流行語大賞じゃないのかと話題になったりとなにかと癒し系なカー娘たち。厳しい戦いの中であって、対戦相手のイギリスのような厳しい表情しかしない中で、ほのぼの、和気藹々と試合を進められる日本チームはすばらしいことだと思います。是非、仕事の面でもみならって取り入れたいのですが、今はそこまで余裕がなく、どちらかというといつもぎすぎすしてしまう。反省せねばと思いつつもなかなか難しい話です。 さて、金曜日は私のグループの昇進者のお祝い会。週に2回も飲み会となって少し厳しい状況ではありましたが、まぁ、なんとか乗り切れました。帰りはロマンスカーを予約しておいたので二次会の途中できりあげて新宿へ。話題のGSEカフェを探して、コーヒーを一杯。すぐに時間になってしまい、GSEの座席もVRゴーグルも堪能することなく、スタンプラリーのスタンプだけ押して帰るという羽目に。でもGSEのコースター(紙製ですが)とボールペンはゲットできたのでよかった。翌日の土曜日に行ったらすでに配布終了とのこと。人気なんですな。そんなGSEですが、今週一週間、10時になったら予約する毎日ですが、なかなか予約できません。結局平日のホームライナーは月曜日の後方展望席としてかぶりつけたのが1回かぎり。前方展望席は全滅でした。そんな前方展望席について、本日やっと、しかもホームライナーでかぶりつきをゲット。やっと、やっとの念願達成ですわ。ただ、夜中なので景色がねぇ。。。また昼間もがんばってとってみましょう。

taka7107 at 16:14|PermalinkComments(0)

2018年02月24日

京王ライナーに乗るの巻

木曜日から走り始めた京王ライナー。京王電鉄初の有料制全席指定列車です。座って帰れる列車ということで昨今、いろいろなところに導入されているライナーですが、とうとう通勤電車のイメージしかない京王にもいよいよライナーの導入とあいなりました。そんなことなら早速乗らねばと本当は木曜日の朝一から予約したかったのですが、前日の飲み会や、仕事があまりにも激務すぎて朝は意識ももうろうと。そんな余裕もなく、しかも夜は遅くまで残業となると平日は乗る暇がありません。なものんで、導入後はじめての土日となった今日、新宿まではるばるお出かけ。まずは昨日も立ち寄ったGSEカフェで、VR体験をば。GSEの座席にも座れて満足満足。ただ、昨日はコーヒーを頼んだらもらえたGSEのコースター(紙製ですが)とボールペンはもはや配布終了とのこと、残念ですわね。で、肝心の京王ライナーですが、18:20発の橋本行きに乗車。座席はクロスシートになっている。電源コンセントは座席の後ろについているだけなので、最前列になった座席の人には用意されないようだ。優先座席は横向きでも利用できるようになっている。車内にはWifi提供の文字と空気清浄のナノイーのマークもついている。LCDのディスプレイで広告が表示されるなど、最近よく見かける装置は標準的に搭載されている感じだ。ただ、いけてないのが、クロスシートに転換されたときに横の窓枠と位置があわず、最前列の4Dという席では窓が半分しかないというお粗末さ。夜なので景色はほぼみれないのだが、寂しい限りでもある。あと最前列だと電源コンセントも利用できないのはいかがなものか。新宿を出て駅4つで終点の橋本に到着。40分もかからない、速達制の高い列車であることは確か。通勤者には重宝しそうだ。

taka7107 at 22:00|PermalinkComments(0)

2018年02月17日

GSEの予約が始まった

本日10時は来月3/17にデビューする小田急70000形GSEのチケット発売。時刻とにらめっこしながら、10時きっかりにeロマンスカーのページにログイン。ねらいは新宿発ではなく、のぼりの箱根湯本発の方。下りが殺到しそうなのでそちらに照準を定めていざ!ところがどっこい、やはりログインした瞬間に全面展望席はすべて0。他の遅い便で唯一2席くらい空いていたものの、購買処理をしている間に満席売り切れ状態になってしまう始末。う〜ん、やっぱり難しいですなぁ。というわけで、一般席を予約するしかありませんでした。でもまぁ、予約できただけでもよしとしましょう。これから数日間、全面展望かぶりつきをねらって毎日予約の日々ですかね。小田急は複々線の開通あり、GSEありと3月はイベントが目白押し。とはいえ、4月の試験の勉強もしなければいけず、また仕事も繁忙期で大変な状態になる時期。3月にダイヤ改正ってのをやめてほしいんだよねぇ。せめて6月くらいにしてくれれば一番暇でいいのだけれど。。。


taka7107 at 11:21|PermalinkComments(0)

2018年02月12日

相鉄厚木線がおもしろい

三連休の最終日。せっかくの連休なのでどこかにお出かけといきたいところでしたが、あいにく、嫁の仕事と娘の部活ということで、時間があるのは私だけ。とはいえ、明日からの激務に向けて緩和策をいろいろと講じなければならず、結局少し仕事をしておくことになるのか、ぜんぜんお休み感の無い一日となりそうだ。 Youtubeで相鉄20000系をみていると、どうも搬入された厚木線という路線が話題になっているようだ。かつて、貨物輸送などがあった際にはかしわ台から厚木操作場までの間の厚木線と呼ばれる路線が活用されていたようだが、それもなくなり、今では、相模線と接続されて、新型車両を搬入する場合だけ利用されるとのこと。Youtubeの画像では、その20000系のメディア向け公開の際に、かしわ台駅から厚木操作場までの間運行されたらしく、その模様がアップされていた。かしわ台駅を出た列車は渡り線をわたって上り線に移動、さらに分岐して単線の路線へと入っていく。小田急線をまたいで右手からは相模線が接近してくる。合流したところに厚木操作場という数本の留置線が出てきて、一番端の線と相模線がポイントでつながるという構造になっているようだ。昔の画像ではイベント列車も走っていたようで、正直、そういった利用しか今はされていないというのが残念でしかたがない。海老名駅ができてからは利用されていないとのことで、なんとももったいない話だ。しかしまぁ、いろいろと解説してくれる画像はありがたいもので、これをみているとついつい時間を忘れてしまうものだ。

taka7107 at 14:19|PermalinkComments(0)

2018年02月10日

相鉄20000系撮影会

昨日はトラブル対応でへとへとに。やはり朝の3時半起きという生活のリズムをくずされるのが一番応えるところだ。なので今日は少し長めに睡眠。爆睡して記憶がないくらいに寝た感じだ。今日は仕事のことは一日わすれてリフレッシュに。鉄分を吸収するべく、相模大塚駅までお出かけ。そう、本日は明日から相鉄で走り始める20000系車両の撮影会、展示会が開催されているのだ。撮影だけでなく車内にも入れるというのがうれしいところ。一編成展示されている周りのあちこちに人だかりができて大盛況。家族連れが多い感じだ。ヨコハマネイビーブルーをまとった20000系の前面は通勤電車というよりは水戸岡デザインの観光列車のよう。高級感あふれる感じですわ。味気ない通勤電車のイメージを一新するまったく新しい相鉄といった感じ。東急線に乗り入れるために製造されたようで、JR線への直通車両はまた別途作成されるようで、これまた楽しみです。車内はユニバーサルデザインシートという、通常よりも少し浅めで座面の高いイスが用意されている。立ち上がり必要な手すりも中座席にもつけられており、なかなかユニークだ。おとしよりや妊婦などがちょい座りによく、立ち上がりにかかる負荷を軽減するというものらしい。よく考えられていますな。それ以外では鏡が復活したり、Wifiが搭載されたり、透明ガラス素材の入り口背もたれが搭載されたりと、なかなかいい作りになってますわ。こんな通勤車両で通勤できる相鉄沿線の方が少しうらやましいですな。JRももう少し車両づくりに注力してほしいですな。 で、相模大塚は終わって、久々に南林間のキングスというステーキ屋で昼食。ダイエット以来一度も行ってなかったのでひさびさのステーキを堪能。大満足で、仕事のストレスが少し解消されたかな。仕事が忙しすぎて食事があまりできず、もうダイエットしたくないのに体重が減るんで土日で食べまくって挽回します。

taka7107 at 15:53|PermalinkComments(0)

2018年02月03日

ヨコハマ鉄道模型フェスタ

休日出勤はなんとか免れたが、先週一週間の疲れがたまってつらかった。とはいえ、いつも休日でも7時におきる週間がついてしまったし、家でごろごろするという習慣とはおさらばしたので、早々に準備をしてウォーキングにお出かけ。藤沢駅まで歩いていくのだが途中でおなかがすいたので昼飯をば。今日は節分なので、セブン−イレブンでミニサイズの恵方巻きを購入して恵方に向いてもくもくと食べる。なかなかうまかった。これで今年も多くの福に恵まれたいものです。藤沢駅までついたら、横浜の桜木町までお出かけ。鉄道イベントとしてメモしていたヨコハマ鉄道模型フェスタに。入場無料のイベントで結構盛況ではあるが、今年はどうも盛り上がりに欠けているように思う。大きなジオラマも3つ程度。昔はもっといっぱいあったような気がするのだが気のせいか。そういえば、松阪屋で毎年開催されていた鉄道模型ショーも去年は開催されてなかったと思う。鉄道模型という趣味自体市場として盛り上がりに欠けているのか少し残念な気がした。なにか、これはいいというものもなく、リバティやGSEなども模型化の予定というポスターはあれど、モックアップのプロトタイプすらないので完成度は不明。残念ですな。まぁ、目標の1.2万歩は達成できたのでまぁ、よしとしましょう。 35193716

taka7107 at 21:01|PermalinkComments(0)

2017年12月23日

E353系、スーパーあずさ11号、新車2番列車に乗車

朝から新宿までお出かけして、今年最後の鉄分吸収。本日から運行を始めるスーパーあずさのE353系に乗車するのであります。チケットをなんとか予約できて、1番列車ではなく、2番列車なのですが、新宿から八王子までの30分間を乗車することに。本当は485系の宴でいく貨物線列車の旅を予約していたのですが、家族のクリスマスパーティ&娘のお誕生日会のお祝いが1日前倒しとなってしまったのでこちらはキャンセル。18時代のE353系を予約していました、2番列車に急遽ふりかえ、通路側の座席でしたが、あいているだけでもありがたいもの。写真撮影も、最初は人の多さになかなか自由には行きませんでしたが、1番列車ではないだけにさすがにそこまですごいこともなく、すんなりと撮影できました。列車のモーター音は堪能。電源コンセントも完備されていて通勤・通学にはいい感じですね。もちろん観光客にとってもありがたいことだとは思います。振り子式のE351系とはちがって、空気バネ式の車体傾斜装置を装備し、傾斜角度は前者が5度であるのに対し、これは1.5度とかなり少な目。乗り心地を改善し、しかも到達時間を維持するというすばらしい技術力の向上です。ただ、今回の八王子までの間にはその恩恵にはあやかっていないようです。次回、乗車する際にはぜひともフル区間を堪能したいところでありますね。

taka7107 at 13:44|PermalinkComments(0)

2017年12月09日

キップで買えない価値がある、貨物線を走行!お座敷列車「宴」で行く!関東貨物列車の旅

今日もお休みなのでお散歩デー。いつもは駅からハイキングを2週連続でこなしたのだが、結構時間がかかってしまうので少しもったいない。というわけで、今日はご近所散歩ということで茅ケ崎までの歩きとした。ご褒美は北茅ヶ崎にある日帰り温泉施設でひと風呂浴びること。これがやはり一番の楽しみだ。これで茅ケ崎ルートも開拓ということで、1時間ちょいの散歩にはちょうどよいということが分かった。
さて、鉄旅の話。今月の23日に、クラブツーリズムが主催する「キップで買えない価値がある、貨物線を走行!お座敷列車「宴」で行く!関東貨物列車の旅」というものに申し込んでいた。行程としてはJR池袋駅集合→山手貨物線→りんかい線→京葉線→外房線→譽田→外房線→総武本線→新小岩→新金貨物線→松戸→常磐貨物線・常磐線→山手貨物線→横須賀線→逗子→横須賀線→根岸線→高島貨物線→横須賀線→品川と、走行距離240km超で実に9時間のツアー旅行なのだが、とても楽しみだった。ところが、残念ながらキャンセルしなければいけない事情に。前回も確かキャンセルしただか、追加で申し込みのお誘いがきたが、申し込めなかったかでとことん、このツアーには縁がない。う〜ん、残念。次回こそは。


taka7107 at 19:58|PermalinkComments(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい