鉄道

2017年12月09日

キップで買えない価値がある、貨物線を走行!お座敷列車「宴」で行く!関東貨物列車の旅

今日もお休みなのでお散歩デー。いつもは駅からハイキングを2週連続でこなしたのだが、結構時間がかかってしまうので少しもったいない。というわけで、今日はご近所散歩ということで茅ケ崎までの歩きとした。ご褒美は北茅ヶ崎にある日帰り温泉施設でひと風呂浴びること。これがやはり一番の楽しみだ。これで茅ケ崎ルートも開拓ということで、1時間ちょいの散歩にはちょうどよいということが分かった。
さて、鉄旅の話。今月の23日に、クラブツーリズムが主催する「キップで買えない価値がある、貨物線を走行!お座敷列車「宴」で行く!関東貨物列車の旅」というものに申し込んでいた。行程としてはJR池袋駅集合→山手貨物線→りんかい線→京葉線→外房線→譽田→外房線→総武本線→新小岩→新金貨物線→松戸→常磐貨物線・常磐線→山手貨物線→横須賀線→逗子→横須賀線→根岸線→高島貨物線→横須賀線→品川と、走行距離240km超で実に9時間のツアー旅行なのだが、とても楽しみだった。ところが、残念ながらキャンセルしなければいけない事情に。前回も確かキャンセルしただか、追加で申し込みのお誘いがきたが、申し込めなかったかでとことん、このツアーには縁がない。う〜ん、残念。次回こそは。


taka7107 at 19:58|PermalinkComments(0)

2017年11月09日

鉄旅2017(秋田・青森・岩手)3日目その3、そして次回へ

新しいプロジェクトにつっこまれて残業が増えてきた。朝からグリーン車使ったり、ちょっといいお店で朝食を食べたりと少しだけストレス解消してから出社しないとなかなかやってられない状態になりそう。今週もあと二日かぁ。。。がんばるべ。 さて、旅行三日目の最終行程。リゾートうみねこもかぶりつきをそこそこ楽しんで、あとは海に向かって45度回転してとめられる変わったシートを堪能。キハ48のディーゼル音も楽しめてよい感じだ。ただ、日も暮れてきたので海の景色はいまいちでした。八戸に到着し、乗り継ぎは10分もない感じ。3連休の最終日とあって東京に帰還する人たちではやぶさは満席状態だった。列車が遅れることもなく、無事、上野に到着。辻堂まで戻るには東京まで行くと座れないため、いつも上野下車と決めている。なんとか無事自宅に戻れて旅のすべてが完了した。今回の旅は、企画も大変だった。当初行く予定の日程ではリゾートしらかみがとれなかったのだ、敗因は青春18きっぷの期間に設定してしまったこと。ただ、もしその時期にいけてたとしても例の秋田の大地震(震度5弱)が発生した日なので、大混乱で、しらかみとかも運休になっていたかもしれない。しかもリスケできたおかげで三連休パスが使えて大幅に料金削減となった。きっぷもパスで自動改札が通れる簡単なものなのですごく便利。経路がかかれた長い乗車券を窓口から通過しないといけないとなるとそれは時間のロスになるので本当にありがたいパスだった。あと、面倒なのは3人が同一の行程でないということ、2日目で一人が脱落となると、その人だけのきっぷとか、その人だけの会計とかが発生する。毎度毎度、私がそのあたりも考慮したプランなどすべて私の方でやっているのだが、次回からはそろそろ他の二人にお任せして旅を楽しみたいところです。でもまぁ、こんな鉄旅についてきてくれるだけでもありがたいのでまたがんばって企画しますかねぇ。。。

taka7107 at 07:38|PermalinkComments(0)

2017年11月08日

鉄旅2017(秋田・青森・岩手)3日目、その2

すてきな料理に、すてきな景色と最高のシチュエーションを提供してくれるTOHOKU EMOTION。2013年から走り出して4年が経過しますが、まだまだ真新しく、車内もぴかぴかの状態。水戸岡さんとはまた違ったテーストで、明るい木の造りとは反対の暗くシックな感じで高級感を出すという奥山さん風のアレンジがされているのがよく分かります。2号車のライブキッチンは調理されている場面が目の前で見られるのでこれまた楽しいところ。1号車の個室はすべて海向きということで、こちらもよかったかもしれません。去年乗車したリゾート雪月花もあれはあれで運転席のすぐ後ろの特別席に乗車できてとてもよかったのですが、そこそこの値段もするので、どちらかといえばTOHOKU EMOTIONの方がお得感はありますな。ただ、行く先が久慈というところが、あまちゃん好きなら申し分ないのでしょうが、それ以外にあまり魅力がないところなので行った先での時間つぶしが問題になるかもしれません。そういう意味でランチコースで行って即、デザートコースでかえって来るというのもありかもしれませんな。そんな訳でおいしい料理とすてきな景色、これは海と山は紅葉でしたが、それを堪能していたらあっという間に2時間が終了。これはまたもう一回乗ってみてもいいかもと思いました。味が最高でした。雪月花は料理はまずまずですが、なによりスイッチバックなど鉄的な楽しみがあるのでこれもまた乗ってみたい気はしますが。。。で久慈でなにをするかですが、昨日の津軽鉄道と同じく、イベントが開催されており、駅前ではいかやきなどの屋台が。ダイエット中の私には、おいしい料理いただいて満腹なためまったく興味なし。せめていろんな鉄道グッズを売るなので鉄ちゃん向けのイベントならよかったのですが。。。というわけで、腹減らしにウォーキングすることに。まずはあまちゃんハウスを見学。リニューアルされていたので場所が変わったような気もするなぁ。展示物がなにが変わったのか、ジオラマも前のままだしよくわかりません。その後は街の散策に、喫茶リアスのモデルとなった喫茶店の前まで行きましたが、入ると何か食べないといけないので今回は見送り、その後、道の駅まで歩いてまた駅に戻るという軽めの歩きで終了。その後、三陸鉄道の新しい駅、十府ヶ浦海岸へ。真新しい駅ではありますが、周りに集落があるわけでもなく巨大な防災堤防があるくらい。夏は海水浴ができるのかしら。謎の多い駅ではありました。滞在時間5分で見学終了。リゾートうみねこに乗車するべく久慈まで帰還。無事、うみねこに乗り継げて八戸線を戻っていく行程でした。続く。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2017年11月07日

鉄旅2017(秋田・青森・岩手)3日目、その1

リゾートしらかみの3兄弟を制覇し、充実した二日目を完了。明けた最終日3日目は八戸に向かいます。その前に朝の散歩ということで、5時おきで部屋の風呂に入って準備万端。張り切ってフロントに降りたらなんとどしゃぶりの雨じゃないですか。これは散歩は無理とあきらめて、部屋に戻りブログでも書くことに。ふと外を見ると、雨がやんでるではないですか。もう降らないだろうとかさもおいていったのが失敗。前日と同様に、本日も車両基地散歩。盛岡車両センターの青森支社として津軽線の脇に存在する車両基地は歩くと40分くらいの距離。タクシーででかけて戻りを歩くというパターンです。車両基地をまたぐ陸橋から写真撮影をば。East i-Dとは秋田ですれ違ったのですが、ここで眠っていたようです。485系のはつかりに利用されていた車両なども発見ですが、それほど驚きのものはなかった。やはり秋田の新幹線と在来線が混在する感じの方がおもしろくて新鮮ですな。というわけで早々と切り上げて歩きモードに入ったのですが、ここから雨が激しく。う〜ん、傘をもってこなかったことを悔やみます。結局途中の道でタクシーを捕まえて、そのままホテルに戻る羽目に。体も冷え切ったので2Fにある大浴場であったまりました。その後、待ち合わせをして、青森、新青森を経由して八戸まではやぶさ14号にて移動。さぁ、ここから本日のメインイベントである、TOHOKU EMOTIONの旅のはじまりです。10分まえにしか乗車はできないとのことですが、リゾートあすなろなどが停車していたりするのでホームに入って写真撮影をば。エモーションも乗車可能となった時点で乗り込み、今度は車内を撮影に次ぐ、撮影。しばらくするとディーゼル音をうならせていざ、八戸線を久慈を目指して出発です。さっそくウェルカムドリンクとしてシャンパン風のノンアルコールで乾杯。いやぁ、これは楽しみ、楽しみ。とにかくライブキッチンを2両目に挟んでいるため、お弁当とは違うお皿に盛りつけられた料理が運ばれてくるということで見栄えがすばらしいんですわ。続く。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2017年11月06日

鉄旅2017(秋田・青森・岩手)二日目その3

鉄旅2日目、その3。津軽中里駅は津軽半島のなかほどに位置するため、風が強く、気温も低め。転車台の回転イベントもひとまわし体験するともう寒くて外にはでていられない感じだった。シュークリームのお店にも行って、食べて、また駅に戻ってきて一息を。駅舎内にはNゲージの運転体験ができるようで、すごい数のNゲージ車両を走られている状態だった。中でもおもしろいのが、はやぶさのフル編成や、トワイライトエクスプレスのフル編成、北斗星のフル編成など長大編成を走らせるは分かるが、津軽鉄道の走れメロス号が12連で走っているということ。実物は5両しか存在しないオレンジ色の走れメロス号が東海道線の10両を越える長大編成というのが笑える。カラーリングがオレンジベースに緑の帯なので昔の能勢電の1700系登場時カラーリングに似ていてとても親近感のある車両ではある。そんなこんなで1.5時間はあっというまにすぎて、また今度は五所川原まで戻ることに。ここからはリゾートしらかみの第2弾で青池編成に。ブナ編成と同様のハイブリッド車両であり、真新しい車内はとてもきもちいい。弘前まで30分強であっという間の時間だった。途中川部の駅でスイッチバック、進行方向が逆になるのだ。秋田から青森までフル区間乗車すると、東能代、川部、弘前と3回もスイッチバックする列車。まるで箱根登山鉄道のようだ。川部では鉄旅メンバーの1名が帰宅の途に。なんでも今日中に帰らないといけないそうな。大変ですな。うちらは弘前で温泉にのんびり。当初は弘南鉄道に乗車して日帰り温泉施設に行く予定だったが、なんと落雷により、弘南鉄道は運転取りやめ中。こんなアクシデントも旅の醍醐味である。急遽調べてもらった日帰り温泉でのんびり。ただ、片道30分近く歩く場所だったので大変だった。かえりは100円バスで楽々、もう少し調べれば行きも楽々でした。さて、2日目の最後は、リゾートしらかみくまげら編成で青森まで。これで秋田ー青森のフル区間を3つの編成すべてつかって乗車するというノルマを達成。いやぁ、すんばらしい。その後は宿にもどり、青森のホタテなどを中心に海鮮を楽しみました。いやぁ、充実した一日でした。

taka7107 at 07:24|PermalinkComments(0)

2017年11月05日

鉄旅2017(秋田・青森・岩手)二日目、その2

鉄旅2017二日目のその2。海沿いを走る五能線のリゾートしらかみ1号、ブナ編成。先頭車両の展望席すぐ後ろの海側というこの編成の中でもっともいいポジションの座席をゲットできてテンションあげあげ。あいにくの天気は曇りでインスタ映えするほどの画像は収められませんが、海の景色は絶景きわまりなし。これだけの海沿いで、絶景箇所は低速でゆっくり走ってくれる列車も数少なく、貴重、なので人気の列車ということがよく分かりました。途中のウェスパ椿山とかからは不老不死温泉に行けるなど観光が充実しているため、乗客もいっぱい乗ってきたりします。五能線の中で一泊するというのが観光の定番のようですが、我々の目的はあくまでも乗り鉄のため、そこは通過。先頭運転席でのかぶりつきなどを堪能するわけです。昼ご飯は、朝をいっぱい食べたのでさほどおなかもすかず、深浦のマグカツドックという、マグロカツをパンにサンドしたご当地B級グルメですませます。残り2つを売り子さんからゲット。あやうく完売してしまうところでした。あと斜陽館という太宰治の記念館の名前をネーミングした日本酒で景色を見ながらほろよい気分。レンタルサイクルを借りる予定もあったのであまり飲めなかったのですが、結局雨模様になるかもということ、寒そうというのもあってはやばやに自転車は断念し、割り切って呑み鉄に。いやぁ、やっぱりこれが一番いいですなぁ。ほんとはもっと呑みたかったのですが、そろそろ乗換駅の五所川原に到着。その前に、津軽三味線の演奏も展望席で開催されるため、間近に聞こえて、最高でした。いやぁ、まんぞく、まんぞくのリゾートしらかみでした。で、途中下車して、跨線橋を渡り、津軽鉄道に乗車。ストーブ列車でないのが残念ですが、走れメロス号でめざすは終点の津軽中里駅。よくありがちな高校生で満員の通学列車となるはずのない土曜日でありましたが、やっぱり部活があったのでしょうか。残念ながら満席状態。でもそれも二駅でほとんどの人が下車。そして、途中の金木駅はさきほどの斜陽館のあるところなのでここで観光客のほとんどが下車して、かなりがら空き。女性のアテンダントさんが乗車しているのですが、ほぼ専属のようにいろいろと教えてくれます。なんでも今日は津軽鉄道のイベントで鉄道カフェなるものを開催しており、転車台手押し回転や、駅舎内での写真展示、鉄道模型などもやっているとのこと。少しあるけばおいしいシュークリームのお店もあるようなのでとのこと。ただ、斜陽館までサイクリングで戻るのは厳しそう、十三湖までのサイクリングもほぼ不可能であることも教えてもらったので助かりました。というわけでアテンダントさんおすすめの時間の過ごし方で帰りの列車の発車待ちと、1時間半あまりを暇つぶしすることとなりました。続く。

taka7107 at 08:23|PermalinkComments(0)

2017年11月04日

鉄旅2017(秋田・青森・岩手)の二日目

おっさん3人の鉄道旅2017。二日目は秋田から出発。僕だけ一人早く起きてというか、他の二人は基本夜型なのでぜったいについてこれないらしいが、5時おきで支度を整えて秋田車両センターまでタクる。車両がみたいという事情をふまえて、小高い陸橋まで案内してくれる運転手さん。地元の方とのふれあいも旅の醍醐味ですな。陸橋からこまちのE6系が4編成ならんでいるところをパチリと撮影。この車両基地は、新幹線と在来線が並んで同一レベルで収納されているところがすばらしい。もちろん、線路の幅が標準軌と狭軌で違いはあるのだが、営業線も複線に見えるが、単線x2という組み合わせ、車庫も新幹線用の箇所と在来線用の箇所に区分はされているが、となりどおし。営業線からまたがないといけないため、標準軌と狭軌がクロスするポイントなどもあってめずらしい。陸橋から新幹線を納めたら、今度は側道を歩き、リゾートしらかみ青池、ブナ、クルージングトレイン、いなほ車両などを見学。しばらく行くとまた別の陸橋があり、そこからは屋根付きの車庫に入ったACCUMが見られる。まだ、新しい車両なので雨風で汚れないよう大切に扱われているのだろう。おもしろいのがその車庫は5線あって、3線が標準軌で新幹線、2線が在来線という同じ車庫の中でも2つの軌道があるというもの。これまたおもしろい。朝の散歩もしっかりとできたので昼食をホテルでとって、いざ集合して秋田駅へ。 今日のメインイベントでもあるリゾートしらかみ1号、ブナ編成で五能線を経由して五所川原まで向かいます。東能代までは進行方向が逆ではしり、そこでスイッチバックして五能線へ。奥羽本線はさすが90km/hほどの快調なペースで走ります。ハイブリッド車両なのでエンジン音はしますが、至って静音。さすが最新型の技術が詰め込まれてますな。さすがに五能線は長い区間走るため、ACCUMのような蓄電池車両にはできなかった模様。それでもちいさな蓄電池は搭載しており、運転席のモニターをみれば、蓄電されているのがよく分かる。このモニターも車内に映し出してくれればいいのですが、さすにがマニアックすぎて、先頭車の展望映像の方がうけがいいのでしょう。そんなこんなでいざ、五能線に入線。最初の停車駅は能代で、1号では駅に下車してバスケットのシュート体験ができます。みごとにゴールすると秋田杉の乗車記念ポストカードがもらえるという得点つき。早速チャレンジして、みごとゴールでゲットできました。ちなみに他のふたりは失敗して、私だけ成功。確率的には5人に一人くらいが成功しているような感じでしょうか。いい気分で列車のもどり、今度は海沿いの絶景をはしる五能線へと景色が変わります。続く。

taka7107 at 08:07|PermalinkComments(0)

2017年11月03日

鉄旅2017 小坂レールパーク、EV-E801系ACCUM

年に一度のお楽しみの鉄旅。いつもの3人のおっさん連中で、今回は東北の旅2泊3日へ。まずは東北新幹線で盛岡をめざします。ハプニングがあったのは集合の際。3人のうちの一人はいつもLINEに既読がつくのが遅い、少しやきもきさせる系の人。なので今日もそのたぐいかと思いきや、一向に既読にならずかなり心配な状態に。もしや寝坊?ともおもってショートメールも送ってみた。しばらくして反応があり、なんでも昨日の夜にいろいろと寝不足になる要因があって、夜更かししていたら朝起きれず大慌て。なんとか列車にはまにあったが、それまで一度もスマホの着信に気がつかなかったとのこと。う〜ん、せめて朝一起きてスマホみて、既読にするくらいやってくれないとほんとに連絡とれないこまったちゃんになってしまう。まぁ、旅行の前夜までぎりぎりに遊びたいという懲りない人なのでなおらないんでしょうな。まぁ、それも含めて楽しい方なのでご愛敬ですわ。で、集合もなんとかでき、いざ盛岡へ。到着したらこまちの発車を見送り、レンタカーの場所に。車の運転も快調に、紅葉のきれいな中、やってきたのは小坂レールパーク。旧小坂鉄道の小坂駅を鉄道パークにして3年前にオープンした施設。機関区の中にはJRのDD13と同系列のDD130形など計4両の機関車とラッセル車などが展示されていたり、寝台特急あけぼのの車両が4両あって、一部は宿泊施設となっていたり、レールバイクなる保線用の車両に乗る体験ができたりとなかなか楽しめる施設になっている。そんなので1時間強楽しみ、また車をとばして今度は大館駅に到着。ここでレンタカーを返却して、秋田行きの普通電車に乗車。途中の大久保という駅で下車してタクシーで男鹿線の上二田という駅に向かう。ここで、男鹿からやってきた交流蓄電池車両のEV-E801系に初乗車。基本的には烏山線のEV-E301系と同じ蓄電池車であるが、直流ではなく交流の20,000Vを利用するものであるということ。また男鹿線という特徴を利用して、なまはげの青と赤で2両それぞれ塗り分けられているという斬新なデザイン。名前は烏山線と同様にACCUMという列車名を冠している。終点の男鹿には烏山と同様に集電装置があると記載しており、それも見学したかったが、今日は運行時間の関係上、上二田から秋田までの乗車がせいいっぱいとなった。秋田に到着して夕食はきりたんぽをば。これがなかなかいいお店で食べログでも3.5以上の評価。今日は朝一のヒヤリハットはあったものの、なかなかいい滑り出しで満点の一日でした。明日はいよいよリゾートしらかみに乗車。

taka7107 at 22:01|PermalinkComments(0)

2017年11月02日

札幌の路面電車、地下鉄、札沼線を楽しむ

久々の北海道。仕事ではおそらく初めてだろう。北海道支店の場所も建物も知っていたが中に入ったことがなかったのでよかったかも。せっかくの北海道、札幌ということで、一番の楽しみは路面電車のループ体験。どうなっているのだろうか?と思ったら、他の既存の場所が道路の真ん中を路面電車が走るのに対し、今回新設された区間は道路の端になっている。なのですすきの駅や西四丁目駅から通りに入るところのカーブが内回りと外回りで半径が変わるのが目に見えてわかりおもしろい。間に新設された狸小路駅は道路の端なので駅を作るのもさほど難しくなく、道路の中央まで渡らないと路面電車に乗れないということもない。また、もう一つ変わっていたのは低床車が導入されているということ。通称ポラリスという名称の3両の車両はA1200形という形式のようだ。おもしろのは最近の低床車と同様に運転席は近代化されているのだが、マスコンハンドルがワンハンドルタイプではなく、昔のノッチ式であること。妙にノッチのところだけがレトロ感あっておもしろい。ちなみに現状3編成導入されていて、だいたい1時間に1本くらいはポラリスで運用されているようだ。今回、朝の散歩がてらに乗車に来たので朝の7時台に乗車。これがまた1両の旧型の路面車両に乗車したのだが、通勤ラッシュで満員状態。これはさすがにつらいですな。ポラリスの導入が期待されるところです。あとは地下鉄も少し堪能。札幌の地下鉄といえば、ゴムタイヤ式が特徴。ガタン、ゴトンというレールの継ぎ目を通過する音がないのが少し違和感を覚えます。南北線は第三軌状、豊水線、東西線はふつうの架線式と集電方式もちがうところもおもしろい。豊水線は2015年あたりから導入された9000形という新車が走っていて内装も真新しい感じだ。あと、今回はじめて、札沼線にも乗車。札幌から石狩当別の間の40分弱だが、しばらく高架区間を走った後に石狩川を越えると北海道独特の風景がでてきたりとなかなか楽しめました。

taka7107 at 07:27|PermalinkComments(0)

2017年10月24日

11月の鉄旅に向けて

五反田に移転してはや3ヶ月。早いもんですなぁ。品川駅で降りることも滅多になくなりましたが、やはり出張の際には新幹線に乗車するためには使います。今日も姫路に行かねばならないため、利用予定ですが、その品川駅が、乗降客数で渋谷を抜いてランキング5位に躍り出たとのこと。新宿、池袋、横浜、東京、品川、渋谷という順番らしいが、まぁ、渋谷は東急東横線、地下鉄副都心線の相互乗り入れで通過駅になってしまったので仕方がないでしょうな。一方の品川は新幹線の品川駅開業はずいぶん昔の話ですが、昨今の上野東京ラインで常磐線の終着が品川になるなど、乗降客が徐々に増えているようです。今後も、リニア地下駅の開業なども予定されておりますます増加傾向。元品川駅ユーザーとしては少し誇らしい感じがします。 さて、11月の鉄旅の計画がほぼ固まりました。最終的なチケットの手配状況などをLINEで鉄旅仲間さんに通知。決まっていないところは昼飯をどうする、晩飯をどうするなどくらい。秋田、青森方面なので暖かい鍋、きりたんぽは別に好きではないのでどうでもいいが、おいしい比内地鶏の焼き鳥や親子丼なんてのは食べたいところですな。駅弁でもとりめしが人気のよう。そういえば、大館駅の特製とりめしは予約して寝台特急あけぼのでうけとるというのが鉄ちゃんの中では結構定番らしかったようです。あとは、津軽中里という津軽鉄道の終点駅で折り返しの電車待ちで1.5時間の待ち時間でなにをするかなどだ。無料のレンタサイクルがあるのでそれを借りるとうのもありかもしれない。まだまだつめなければいけないところはあるので今週末つめて、翌週いよいよ旅立ちです。

taka7107 at 07:34|PermalinkComments(0)

2017年10月13日

新型車両試乗会は来年5月とな。( ;´Д`)

実家での在宅勤務が終了して、神奈川に戻る。この時間帯は東海道新幹線が非常に混雑するようで、せっかく窓側のA席をキープできたのに、B席に座ってくる人がいて圧迫感を。しかも子供連れなので寝ようにもゆっくり寝てられない。しかたなく、おでかけ転送した録画もので楽しむことに。ブラタモリとか数本消化できたのと、鉄オタ選手権なる大阪の実家で録画したNHK大阪の番組で近鉄編があったのでそれも堪能。高安車庫からしまかぜで上本町に、アーバンライナーで西大寺へ、41個もある転轍機を堪能した後は橿原神宮前駅へ。橿原神宮駅駅だったといううんちくを知り、ここで台車を履き替えて五位堂車庫に吉野線の車両が運ばれるということも勉強になりました。最後は青のシンフォニーで阿部野橋までというなかなか豪華、うらやましい設定の限りでした。そんな番組も見終わって、やっと品川経由、湘南ライナー乗車で辻堂の自宅に到着。家に到着すると神戸市からのふるさとう納税返礼品が。おぉ、待ちに待っていた新型車両試乗会の案内か?と思いきや、大きさからして鉄道コレクション。市営地下鉄1000形の鉄コレ3両セットが届いてました。1000形ではなく、新型車両の鉄コレがほしいところでした。残念。しかもお知らせが同封されており、試乗会については来年の5月に開催予定とのこと。う〜ん、ちょいと気の長い話でございますなぁ。気長に待ちましょう。

taka7107 at 07:24|PermalinkComments(0)

2017年10月12日

能勢電1500系を見たくなったら

実家の近所を朝から散歩。吉川ケーブルの近くに能勢電1500系の車両を譲り受けて設置している神社があることを思い出してそこに行ってみようと。妙見口の駅の横道を吉川ケーブルを目指して歩いてみる。昔、地図で見たときはそれほどでもないだろと思っていたが意外や意外、結構距離があります。しかも坂道がいつのまにかきつくなってくるし、最高気温29℃まであがるという10月らしからぬ天候に、もう見つからないからやめようかと思っていたが、地図で見たらもう少し。ここであきらめたら悔いが残りそうだったのでがんばって上ることに。左の道に曲がり、また急な上り坂をあがると、おぉ、1552の車両の先頭部分が。運転席の部分だけなので、戦国武将のさらし首のように思えて少し気持ちが悪いのだが、まぁ、個人宅というか神社の神主さんのおうちですかね。そんなところに1両まるまる設置するのは難しいのでしょう。でもまぁ、1500系を見たくなったらまたここにくればいいというだけでもありがたいです。できれば塗装を最後の姿ではなく登場時のクリーム色を窓枠にまとった、通称ティラミスカラーにしてくれるといいのですが。。。

taka7107 at 07:14|PermalinkComments(0)

2017年10月11日

能勢電610系と1500系を並べると青春時代がよみがえる

別件の出張が入ってしまいいけなくなったクライマックスシリーズ第3戦のチケットの引き取り先が決定。最初にお願いした会社の人はNGだったが、今日、別の人に相談してみたら二つ返事でOKとのこと。さっそく郵便局に出かけて速達の手配をしたので明後日には本人に届くことでしょう。あぁ、よかった、よかった。それにしても、私がいけないのは何よりも残念ですわ。 さて、能勢電の話。実家に用事があって、先日購入した能勢電610系と中学生くらいのころに制作した1500系の車両をみつけ、ならべてみた。あらためて、昭和後期の能勢電の風景が蘇り、大満足。これで川西能勢口駅のジオラマなんかあったら最高でしょうな。作ってみたいとは思いますが、財力も時間もないので、Nゲージの直線レールを4本ひっぱり出してきて、それの上にディスプレイするだけで満足することにしました。やっぱりこの2つの新旧の顔がすばらしいですね。レトロな感じから一気にスマートな顔立ちに、扇風機の非冷房車両から、冷房車両に。そして15m級から19m級に一気に大型化というこの格差がたまらないです。こうなるとやっぱり610系は2セットで4連ではなくもう1セット購入して5連にしたくなるところです。わが青春時代の能勢電、610系の引退から25年がすぎたとのこと。時代の流れの速さをつくづく痛感しました。

taka7107 at 21:11|PermalinkComments(0)

2017年10月08日

能勢電610系鉄道コレクションが買えました。\(^o^)/

朝から気温があがる一日だった。今まで寒かったのが嘘のように、夏日になった。日比谷公園におでかけして、鉄道フェスティバル2017に参加。お目当ては、能勢電610系の鉄道コレクションの購入。通信販売でも購入できるようになるのだが、フェスティバルで売り出し開始ということで、気になるので行ってみた。能勢電の610系といえば、子供の頃、1500系が登場するまでの間のエース的な存在の車両。610、660の非貫通の先頭部分や、とりわけ好きだったのが612という先頭の面構えにHゴムを使わない、貫通形の車両。雰囲気的にはその前のモデルの320形、380形、500形に通じるようなタイプだ。今回の鉄道コレクションは660と612の組み合わせタイプのAセットと、617等のHゴム仕様の2次車となる先頭車と運転台のない中間車のセットであるBセットの2つ。AとBの組み合わせで4両編成時代の617の編成が組めるようだ。本当は612Fが組みたいところだが、これはお財布との相談で致し方なし。10時発売開始のところ9時半から並んでなんとか購入できました。いやぁ、よかった、よかった。しかしまぁ、昨今のおもちゃは高いですなぁ。2両で3500円ですか。Bトレの方がもう少しやすい気はするのですが、昔だったらNゲージの動力車が購入できる値段ですんわなぁ。

taka7107 at 17:51|PermalinkComments(0)

2017年10月05日

リゾートしらかみの事前予約作戦、大成功\(^o^)/

来月、いつもの鉄メンバーで出かける予定の鉄旅が1ヶ月前にせまり、いろいろと列車を予約中。3連休なので満席になってしまう可能性があり、数ヶ月前に予約失敗した二の舞になってしまうのだ。そこで、えきねっとの事前予約をフル活用。最初はどうしても予約が必須のリゾートしらかみを1ヶ月のさらに1週間前の朝5:30に予約。これが最速の予約となる。そして、その後ふと気がついて、これはすべての列車を予約しておかないと1本乗り遅れても大きく予定が変わるので大問題と気がついて数日前に事前予約を実施。その結果が、ここ2日間で続々と帰ってきてる。1日目は盛岡までのこまち。乗れないと出鼻をくじかれてしまうので、とにかく座席にこだわりをなく予約を入れる。するととれるにはとれたが、こまちは2列+2列なので3人での乗車だとどうしても分かれてしまう上、今回の結果は窓側が1席もないという悲しい結果となっていた。そこで、こまちではなく同じ時刻のはやぶさに変更。すると3列+2列なので余裕で空いている状態。車体も広いし、秋田に行くことがないのではやぶさの方がいいですな。当初の予定では秋田だったのでこまちにしてしまっていたのでしょう。まず、これはOK。そして、次の日の予約で今回の旅の最大の楽しみどころとなるリゾートしらかみ(ブナ編成)の座席。事前予約の結果はというと、一番とりたかった、1号車の1A,1B、2Aと座席表で指定はできなかったのだが、まさに希望していた座席がゲットできました。これはラッキー。事前予約でも一番早い1週間前の5:30に申し込めば、よい席から割り当てられるのでしょうか。まぁ、たまたま一番の若番の座席だから割り当てられただけかもしれないですけどね。ちなみに、2Bの座席も別途押さえておいて3名で4名を占有できる状態に。4時間弱の列車旅なので快適に行きたいところでしたが、ほんと最高の結果となりました。あとは当日、お天気に恵まれることぐらいでしょうか。

taka7107 at 07:29|PermalinkComments(0)

2017年09月26日

さよなら103系、大阪環状線、ひとつの時代の終わり

はぁ、なんともいけてませんなぁ。。。3試合連続完封負けなんて。。。ほんまに大丈夫やろか、不安になりますがな。。。さて、大阪環状線の話。さんざん、こけにしてきた103系がいよいよ10月3日をもって引退するとのこと。山手線ではもうその3世代後のE235系が走り出しているという現実があるのに、未だに103系とはお粗末な話です。なので大阪環状線に限ってはもっと早く現役引退し、他のローカル線で走ってくれていればとの思いはある。ただ、国鉄形の通勤電車はどうしてもごつごつして不格好で昔から好きになれなかった。それに引き替え、関西の私鉄の車両のなんてスマートなこと。カラーリングもセンスがあります。そんな不格好でオレンジ一色、まったくセンスのかけらもない103系ではありますが、最後と言われるとやはり寂しい思いは感じられます。201系も来年いっぱいとのことでこれですべて323系に統一される大阪環状線。ひとつの時代の終わりのような気がします。

taka7107 at 14:15|PermalinkComments(0)

2017年09月03日

京阪プレミアムカーはなかなかすんばらしい\(^o^)/

ついに5連勝で力尽きてしまいましたか。。。。残念。それでもまだマジックついてないので残り試合がんばりましょう。すべては火曜日の直接対決が勝負ですな。
さて、せっかくの関西ということで、先日、走り始めた京阪の座席指定車、プレミアムカーを体験。サイトが立ち上がると同時に会員登録をば。プレミアムカークラブというサイトで座席の予約が可能になる。14日前から発車3分前ということでかなり余裕をもって予約ができ、しかも何回かは無料で変更も可能というもの。今回は時間の関係もあって、400円で乗車できる区間の最大である淀屋橋−樟葉間だけとした。サイトを見るとどうも座席によっては窓枠がじゃまになったりする可能性があるとのこと。確かにネットで体験記などを読んでいると同じようなことが記載されていた。プレミアムカーの紹介ページの上面から見た図によれば、出町柳方面に向かう場合は5,7,9、淀屋橋方面に向かう場合は4、6、8がよさそうな感じ。さっそく7C(A,Bが二人席でCが一人席)を予約しておいた。9:10の特急に乗車する予定だったのだが、早めに到着したので、2本くらい前倒しに変更しようとしたらやっぱり上述の良い席と思われるところは満席。ほかはあいているのだが、せっかくなので良席で楽しみたいところだ。なので1本だけ前倒して、8:50発の特急に乗車。10分ヘッドで運行される特急。あれ?9:00ジャスト発は?と思ったら快速特急「洛楽」であり、今は全列車3000系による運行なのでプレミアムカーなしのようだ。ではなんでシステム上快速特急の名称が現れてくるのか?3000系にも将来プレミアムカーを連結する予定なのだろうか?
で、さっそく乗車して車内撮影をば。みなさんたいてい目的は同じで5割以上は鉄っちゃんでした。電源コンセントあり、Wifiあり、アテンダントもついていてこれで400円。ヘッドレストもある豪華なシート。欲を言えばフットレスト、レッグレストまでは無理だったのだろうか。さらに欲を言えばダブルデッカーにして各席にテレビをつけて、プレミアムダブルデッキテレビカーなる京阪の魅力を満載にした特別な一両になったかもしれない。ぜひ、今からでも遅くないのでご検討いただければ。今回のプレミアムカーは3000系用につかっちゃえばいいでしょ。(^◇^)
40190305


taka7107 at 22:49|PermalinkComments(0)

2017年08月24日

鉄道模型コンベンション

サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ〜♪というオフコースの歌にあるとおり、二日間の連続サヨナラ試合。いやぁ、見ていて気持ちがいいですなぁ。よくぞやってくれましたDeNA。バカープ相手にすがすがしい勝利おめでとうございます。今日もサヨナラで是非、3タテ食らわしてやってください。こちらはヤクルト飲み干して自力優勝復活させますんでなにとぞ。その後はじゃんじゃん、まけてゴミ売りに逆転されない程度に3位キープでお願いしますね。
さて、鉄道模型コンベンションの話。いつも7月末くらいに開催されている銀座松阪屋の鉄道模型ショウが今年は開催されなくて寂しい思いをしていたが、お盆明けの3日連続で今年も鉄道模型コンベンションは開催された。東京ビックサイトでの開催なので少しお出かけは面倒だけど、時間もあったので行ってみた。今年はと東海道がテーマということであったが、そんなに意識されていたかなぁという程度。一番目についたのは関西のJRおよび私鉄をすべて網羅したBトレインのジオラマ。阪急梅田駅の9線、阪神梅田駅の4線、近鉄なんば駅、京阪淀屋橋駅、南海なんば駅などすべての私鉄のターミナルが網羅され、地下には御堂筋線、それらのターミナルをつなぐように円周状に大阪環状線が再現されていておもしろい。モデラーさんのインスタグラムをフォローさせてもらったので今後の作品に期待できそう。それ以外では姨捨駅のスイッチバックのジオラマ、江ノ電、箱根登山鉄道のジオラマは相変わらず目を引きますな。また来年にも期待したいところですわ。


taka7107 at 07:48|PermalinkComments(0)

2017年08月21日

家族旅行(八ヶ岳編 三日目午後)

大月の到着予定時間がぎりぎりだったのでちょっと不安だった。とはいえ、駅前のTimesに駐車できたので急ぎ足で富士急行の大月駅を目指す。すでに列車は到着ずみ。赤色で流線形のボディがかっこいい。車体はぴかぴかでところどころに記載されているロゴはいかにも水戸岡デザインの象徴のような字体。先頭車が予約席なのでそちらに急ぐ。車内はまたいつもの水戸岡デザイン。ふんだんに木材を利用し、格子もあちこちに見られる。おみやげ物や、風土品を展示するショーケースもよくある形。予約していた4人ボックス席に乗車して発車を待つ。しばらくして発車。アテンダントの方が説明をしてくれて、フリードリンクおかわり自由であることを紹介してくれる。夏期限定の色の変わるカルピスなるドリンクを注文して50分弱の鉄旅を堪能。残念ながらまたまた景色がいまいちで雨こそ降らないものの富士山は完全に雲にかくされて、裾野が一部見える程度。富士山ビュー特急という名に反してまったくビューできないというありさまに。それでも、おかわり自由のドリンクサービスがとてもお気に入りだった娘。そこそこ楽しんでもらえたので助かった。帰りは普通電車でのんびり下山。本当はフジサン特急か富士登山電車で下山できればよかったのだが、あいにくすべての特急などが運行を終了している時間だった。さてさて今回の家族旅行は天気にまったく恵まれない行程となってしまったが、まぁ、それなりには楽しめたのでよしとしましょう。

taka7107 at 07:36|PermalinkComments(0)

2017年08月19日

HIGH RAIL 1375

車内は満席。小海から乗車したのは私1人だった。みなさんはフル区間の小諸−小淵沢を乗車するという感じだろうか。キハ110からの改造とは思えないほどのきれいな車内に、モチベーションも上がる。座席には星座がプリントされたシートとなっていて、見た目も美しい。車内ではオリジナルグッズの販売やWifiのコンテンツも提供されている。特にWifiではインターネットに接続できるわけではないが、季節の星座に関する情報や、なにより、先頭車両のライブ映像が手元で見られるのがすばらしい。レタスなのかキャベツなのか高原野菜の畑に囲まれたのどからな田園風景を見ながら列車はJR鉄道最高地点の野辺山の先にある踏切を目指して走る。残念ながら、今回は最高地点を通過できる切符が購入できなかったので、野辺山で下車して、車でおっかけ、最高地点の記念碑とともに写真に収めることができた。まぁ、これも乗っていないから取れた一枚だろうということでそれで満足しておこう。
4317423252-1


taka7107 at 10:55|PermalinkComments(0)

2017年08月15日

リスケ先の鉄旅は万全に

蒸し暑い。お盆休みに入って、暑いのは仕方がないのだが、雨が降ってジメジメしている。どうやらお盆の週はずっとこんな天気が続くらしい。せっかく八ヶ岳のほうにでもでかけて避暑を楽しもうかと思っていたのだが、結局そちらでも天気が悪いようでうんざりだ。
さて、9月の鉄旅だが、結局リスケをせざるを得なかった。せっかくのリゾートしらかみが1,3,5号と全滅となれば致し方のないところ。まぁ、レストラン列車のTOHOKU EMOTIONも食事コースがとれなかったのでちょうどよかったところか。いかんせん、青春18きっぷが有効な期間に旅行を設定してしまったのがそもそものミスだったかもしれない。というわけで、今度のリスケ先は11月の3連休の日。これだと3連休パスが利用でき、宿もレンタカーも予約はばっちりとれた。あとは、TOHOKU EMOTIONの予約を発売日に申し込むのと、1か月前の10時にリゾートしらかみの予約ができればというところである。今度こそは万全の準備をもって取り組みたいところだ。


taka7107 at 16:19|PermalinkComments(0)

2017年08月13日

SL大樹・日光詣スペーシア・東武70000系 その3

鬼怒川温泉でも機回しをじっくりと見たかったのだが、昼飯を食べてないのでまずは食事することに。鬼怒川温泉では、どうやら、機関車を切り離し、SLだけ転車台にて転換、DLは別の線から入れ替えというのをやっているようだ。待避線がないのでしかたないのだろう。ただ、転車台は新たに作られ、駅前広場設けられているところが、観光客を意識した作りで非常によろしいって感じかな。
転車台ショーでは3度ほど写真撮影のために停車するなど下今市とはまた違った形で、しかも案内放送付きというのがおもしろかったりもする。まぁ、見るべきものは見たのであとは食事ということで腹ペコで入ったお店。親子丼と生ビールを頼んだが、まぁ、味はまぁまぁ、こんなもんでしょうという感じだった。食後に食べたソフトクリームのほうがうまかった。帰りはリバティでスマホを充電しながら帰る予定だったが、ソフトクリームの店で充電もできて問題なかった。あとは東武ワールドスクエアの駅に乗車してみたかったので行ったのだが、これまた駅前に何もなく、即効鬼怒川温泉に戻ることになった。そして最後はリバティ。新しい車両はきもちがいいもの。これも満席だったが、あらかじめ予約していたので1Aといういい席だった。ただ、昨晩からの疲れがたまっていたのかまたまた爆睡。あっという間に北千住に到着。新型の70000系を撮影したかったので浅草ではなく、北千住で下車。無事撮影できて、あとはJRで辻堂まで帰着。いやぁ、結構疲れましたわ。

taka7107 at 20:37|PermalinkComments(0)

2017年08月12日

SL大樹・日光詣スペーシア・東武70000系 その2

大樹3号は13時発。それまで1時間半弱あるのだが、その間に、SLを逆方向に連結する機回しと、SLの整備点検が必要となる。まずは、乗客を降ろしたあと、すぐに南栗橋方面に列車ごと出発。プッシュプル編成なのでSLの汽笛が鳴った後、プッシュするDE10 1099の汽笛も鳴るのがおもしろい。列車は踏切を渡り切ったところで停車。再度、DLが先頭になって戻ってくるのだが、待機線のほうに入線。その後、SLとATS装置を搭載しているヨ8000の車掌車をセットで切り離して転車台に入線。くるりと回されて機関庫に入庫。機関庫は側面がガラス張りになっており、整備点検の様子が見られるところがおもしろい。DLは転車台を使うのだが方向転換までするわけではない、ともすると転車台の線を利用する必要もないのだが、ここはある意味ショー的な要素があるのだろう。正直、鬼怒川温泉で転車台に乗るのはC11だけであったりする。DLを先に付け替えし、その後、点検を終えた主役のSLが登場。転車台広場の真横をSLが走り、手が届きそで大迫力だ。SLを連結すると再度、南栗橋方面にDLの先頭で引き戻り、再度、ホームに入線してくるという機回しになっている。SLの乗車自体は他のものと大差なし。アテンダントが居て、乗車記念証を配ったり、車内限定のキーホルダー、アイスクリームなどが販売されたとりといった感じだ。もう少しアテンダントの景色の解説などもあっていいかと思ったが何もなかったのは残念。30分ちょっとなのであっという間の時間である。鬼怒川温泉に到着したら、今度はまた転車台ショーとなる。

taka7107 at 20:36|PermalinkComments(0)

2017年08月11日

SL大樹・日光詣スペーシア・東武70000系 その1

山の日ができたおかげで8/14からの一週間というか5日間をお休みにすると10連休となる今回のお盆休み。毎年、帰省はせずに家族旅行に出かける予定。とはいっても今年は娘の部活の予定がわからなかったので特に計画はしていないかった。なので長期の旅行はおあずけ。まずの初日は一人楽しませてもらう。
昨日から走り出した東武鉄道のSL大樹の予約が取れた。鉄仲間にお声がけをしたものの、別の予定があるとのことで、かといって家族で行っても喜ばれはしないので、もったいないけど2枚はリリースして、1枚のみでお出かけ。せっかくなので日光詣での金ぴかスペーシアで行きたいと思い、こちらも事前に予約。前日の東京ドームの観戦明けなので少しつらかったが、なんとか早起きして8:30のスペーシアけごんに乗車できた。列車の中ではほとんど爆睡。予定より早い列車なので下今市でかなり時間をつぶすことになる。SLは鬼怒川温泉に出たところで見れるわけでもないので、スペーシアを終点の日光まで乗車して、そこで時間をつぶすことに。とはいえ、雨も降っていて駅前は食事処はあれど、営業していなかったりといまいちだ。結局、あげゆばまんじゅうとクレミアという高級ソフトクリームを食べて戻ることに。ちょうど、日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷという好都合なものがあったので購入。日光・下今市・鬼怒川温泉駅で硬券の入場券を購入したら、それを張り付けられるようになっているので、入場券も同時に購入。これをつかって次は下今市まで戻る。そしてここでもまた入場券を購入。あとは鬼怒川温泉で忘れないように購入するだけでコンプリートできる。下今市ではSLの博物館などもできあがっていた。SL広場は先日お披露目に来た時よりもきれいに舗装されていて転車台エリアもきれいになっていた。そして、定刻通り、SL大樹が鬼怒川温泉から戻ってきた。

taka7107 at 20:34|PermalinkComments(0)

2017年08月10日

リゾートしらかみ全列車満席

来月の鉄旅、1ヶ月前ということで列車の予約をという訳で10時のみどりの窓口の列にならぶ。五反田に移ったので品川のように大きなみどりの窓口が利用できるわけではないので少し不利かなぁと思っていた。五反田駅の窓口は2つ。あまり行列はできていない、まだ時間があるので品川に向かうことに。ここまでは定期区間だからお金はかからない。品川で下車して、みどりの窓口にいって失敗したことに気がついた。そうだ、品川は窓口が多い代わりに行列がハンパないくらいあるんだった。この列に並んで購入すると10時をかなり回ってしまい、不利になる。というわけで、一駅戻って大崎へ。ちょうど10時1分前に到着、窓口は2つだが、1つは閉鎖。10時マルス打ちのための列なのか。まぁ、そこは仕方がないにして並んでいるのが1人なので、まぁ、その後ろなら大丈夫だろう。10時は回ってしまったがほどなく順番にさっそく、最優先のリゾートしらかみの予約をば。8時20分発の1号の先頭かぶりつきを予約しようと張り切って座席指定でお願いしたら、なんと1号、3号、5号のすべてのリゾートしらかみが満席との回答。が〜ん、まさかの事態。リゾートしらかみ大人気じゃないの。というか、パッケージ旅行?とも思ったが、よくよく考えたら18きっぱーだった。この列車は18きっぷで乗車できるので大人気のようだ。あ〜、そもそも旅行時期の設定がまずかったということですな。というわけで、今回の旅行はリスケすることに。う〜ん、いろいろと予約の手配までしたんだけどねぇ。。。

taka7107 at 07:53|PermalinkComments(0)

2017年08月08日

スペーシア日光詣を外した( ;´Д`)

台風5号がノロノロとやってきている。関西のお客さんは早々に撤収指令が出たようで昨日は午後から誰もいないという状態に。関東にも近づいてきてはいるがいかんせんノロノロ。時速25km程度でまったく速度があがらないという困った状態になっている。それでいて雨がすごいという。北に抜けるのかと思いきや、予想では進路が東に変わるという急変ぶりも予測がつかないところ。困ったもんですわなぁ。。。 さて、SL大樹に乗車できることになったのだが、せっかくの日光。いままで乗車したことのない日光詣のスペーシアでいきたいところ。毎週月曜日にスペーシアがどの車両で運行されるかという情報が東武鉄道のサイトにアップされるのだが、昨日アップされた。困ったことに特急スペーシアきぬがわがその日に該当されないことが判明。せっかく行きも帰りも予約していたのに残念。しかたなくキャンセル料をはらって、キャンセル。あらたに別の列車を予約するのだが、それが浅草発の方なので少し不便。しかも朝の時間が早いのだ。前日東京ドームで野球を見るのだが、早めに切り上げないと翌朝がつらいというパターンになりそうだ。う〜ん、いけてない。まぁ、当日までわからないよりかは遙かにましですけどね。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2017年08月06日

リゾートしらかみの座席予約

いやぁ、暑い。外は日差しが強すぎて外に出ようという気すら起こらない。台風が来ているらしいが、のろのろなので月・火あたりに直撃とかなると出社に影響するので困ったもんですわ。
さて、鉄旅計画の話。今回の鉄旅のメインは五能線のリゾートしらかみ。この列車のブナ編成があたらしく製造されたハイブリッド気動車になっている。先行して走っている青池と同じ仕様で作られているようだ。で、このブナ編成の座席予約がいよいよ1か月前から始まるので、どこに座るかを万全に決めなければいけない。指定席とコンパートメントがあるようで、コンパートメントは本当に壁で仕切られており、その横にある窓はすべて海側に向いている。大型の窓とはいえ壁で仕切られているので眺望がいまいち。一方、普通の指定席は仕切りの壁もなく、眺望もすぐれている。ただ、海側と山側に分かれるので、是非とも海側をとる必要がある。あわよくば、先頭車両のかぶりつき、ここには展望席があるのでその後ろの座席で3席もしくは4席をおさせて占有できるとちょうどよいのだ。というわけで、1か月前の10時が勝負かな。がんばろう。

taka7107 at 12:14|PermalinkComments(0)

2017年07月25日

ひさびさのあさぎり

日曜日は家で退屈しそうだったので、18切符の旅に。当初、伊東でTHE ROYAL EXPRESSを見ようと思っていったのだが、どうやらこの日の運行はダイアが違うようで、みごとにはずれ。なんの収穫もなく、ただ、伊東でおいしそうな飯屋に入って、漁師飯をいただく。これが結構うまかったのでまぁ、満足。熱海まで戻って、このまますんなり引き返すのはもったいないので沼津まで行き、そこから御殿場線に。しばらくはローカル線の旅もよかったのだが、これが2両編成しかなく、かなりの混雑具合。せっかく座れた席も、ベビーカーに乗った子供がわがまま言い放題でとてもじゃないがゆっくり寝ていられない。ベビーカーに乗りつつも、電車の座席に座りたい、ママの膝じゃなくて一人で座りたいなんていっちょ前のことを言いうもんで、仕方がないので席を譲ってあげた。ずっと横に立っているのもつらくなり、御殿場駅で見かけたMSE。おお、あさぎりに乗るという手もあったと、御殿場の次の、あさぎり停車駅である駿河小山という駅で下車。ここで失敗したなぁと思ったのはなんと無人駅。小田急のインターネット予約では御殿場−新宿間のみしか特急券が購入できない。で、駿河小山に降りたらそこできっぷが購入できると思ったらなんと窓口が閉まっているではないか。ロマンスカーは停車するようで、時刻表にも乗っている。しかも時刻表の下のほうに注意書きで、特急券をあらかじめご購入ください。全席指定で、乗車後、車内での購入はできませんとな。なんてこったい。まぁ、これはやっぱり乗ってから買うしかないと思って、しばらく電車まで時間があったので、改札を出て、帰ってきたらいつの間にやら窓口があいていた。おぉ、そういうことか、あさぎりの時間に合わせてだけあく臨時の窓口なのね。ゴルフ帰りのお客さんなのか、けっこうな乗客の数。こんなへんびな駅でもこれだけ乗客が乗るのかという驚きだった。久々のMSE、松田での小田急線連絡も堪能し、相模大野までがあっという間ででした。でも、車内販売がなかったのは残念。せっかくチョイ飲みセットでいっぱいひっかけるのが楽しみだったのに。。。
48415006

taka7107 at 21:35|PermalinkComments(0)

2017年07月16日

鉄道居酒屋LittleTGV

金曜日は職場の鉄仲間との鉄飲み会。初めて秋葉原の鉄道居酒屋LittleTGVに。鉄道とメイドカフェを合体させたようなお店。お店の中に鉄道部品の展示が盛りだくさんや、Nゲージのジオラマがあるのはもちろんのこと、メニューが路線図だったり、カクテルなどに路線や私鉄の会社名が使われていたりと面白さ満載。飲みが連チャンなのでノンアルの阪急電車を注文。マルーン色のドリンクがやってきましたが、どちらかという京急色。(>_<。)料理もうまく、鉄心満載、メイドさん?(乗務員?)のサービス精神も満載でとても満足な一時でした。ちなみにここでは、ビール一杯ではなく、一両と注文する必要あり、からになったお皿は「回送しま〜す」といって引き上げてくれます。うーん、こりゃやみつきになりそう。(^o^)

taka7107 at 17:17|PermalinkComments(0)

2017年07月12日

SL大樹の予約が取れたぞ\(^o^)/

いやぁ、いい試合でございました。14安打10得点。開幕投手のメッセがきっちりおさえ、4番が2ランホームラン。実に130打席ぶりって。。。上本もすばらしい、あれだけ粘ったあとにホームラン、そして4打数4安打。3ベースが出ればサイクルヒットというところでしたが、体力不足ということで途中交代になったようですね。広島も負けて1ゲーム縮まり、いいことづくめ。うしゃしゃ。\(^o^)/
さて、SL大樹の話。8月10日から運行開始の東武に復活するSL大樹、C11207号機。初日は平日の木曜日なのでやめておこうと思い、その翌日11日は祝日の金曜日。これならのりにいけるだろうと、ダメもとで3席予約。予約はネットでメールを送ると、予約の結果が帰ってくるという仕組みになっている。朝の5時に予約して、メールが帰ってきたのは昼前。さっそく鉄仲間にLINEで行くかどうかを伺ってみる。検討するの返信は早かったが、その結果が未だに返ってこず。う〜ん、困った。SLの発車駅である下今市までは金色スペーシアの日光詣には乗りたい。とするとその列車も予約しなければいけないのだが、1名なのか、2名なのか、3名なのかが確定しないと予約できないし、キャンセル料もバカにならないのだ。そして行きが日光詣なら、帰りはリバティでスマホ充電しながら帰宅できるのがちょうどよいというのもある。これまた予約せねばならない。どうせ、金曜日に会うからそのときに返事でいいやと思っているのでしょう。メールで送るとなかなか読まない。LINEで送ると既読になるが返事もこない。どうやって連絡すりゃいいのよと。電話するのもねぇ。困った人たちが多いんですわ。やれやれ。

taka7107 at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年07月08日

鉄旅検討中

今週の金曜日は鉄の飲み会。そろそろ次回の鉄旅の企画をしなければということで、日程の確定と、方面の確定をしなければいけません。というわけで、おそらくまた誰も企画しないパターンになるので、2つほど企画してみました。1つめは五能線に乗車する旅。五能線といえば、リゾートしらかみ、できれば新しいブナ編成を乗車したいところです。あとは秋田の男鹿線に登場した蓄電池電車アキュム。烏山線のEV-E301系には乗車しましたが、今回は直流ではなく交流用のEV-E801系。これも楽しみです。あとは津軽鉄道。さすがにこの時期はストーブ列車はなさそうでした。終点でバスに乗り継いで、JR津軽線もしくは北海道新幹線をめざします。うまくいけばリゾートあすなろ2大半島終着駅号に乗り継げそうな感じでした。あとはTOHOKU EMOTIONにも乗りたいところであります。とてもよくばりなプランなのでどこまで実現しそうかはこれから詳細検討をば。旅行はプラン立てるのが楽しいですな。


taka7107 at 16:09|PermalinkComments(0)

2017年07月03日

泉北ライナー 泉北高速12000系(金ぴか車両)

いやいや、あっぱれあっぱれ。二日連続でHEROインタビューの大山君。しかもあの守備はすばらしかった。ホームでのクロスプレーをはじめ、あの回のすべてのアウトに関与していましたね。ほんとすばらしい。8連敗のあとの2連勝ということでこれで調子にのってほしいところ。好調のDeNA戦ですが、なんとかなるでしょう。まぁ、それにしてもめざわりな広島がほんとうざいですわ。
さて、そんな野球もみたいところでしたが、猛暑になりそうなのでやめました。ここは涼しく乗り鉄を堪能しようと、かねてから気になっていた泉北高速の12000系、金ぴか泉北ライナーに乗車することに。通勤用の列車なので土日の運転はないのかと思いきや、調べてみるとあるではないですか。しかも10時18分に難波発というちょうどいい時間帯。これは乗らねばと大阪難波へと。特急券うりばで聞いてみると、今のところ変更の予定はないので泉北高速の12000系で運転される予定とのこと。座席の希望はありますかと言われたので前面展望かぶりつきのできるところを希望したら空いてました。というか実はこの列車、かなりのがら空き状態。ネットでしらべて後でわかったのですが、不評なようです。要は不要の優等列車と比較しても所要時間は変わらない。難波から29分しからかからないのに510円。そしてなによりこの列車が走ることで前後のダイヤが空きすぎて迷惑というのがあるようです。とはいえ、車内は、外装の金ぴかに併せて、壁紙も金ぴかと、ここは北陸新幹線の二番煎じ感が否めないですが、まぁ、それはさておき。あと座席には電源コンセントもありますし、なかなか贅沢な時間を味わえます。ヘッドレスト付きの座席でもありました。う〜ん、あまり不評なら減便されそうですなぁ。image


taka7107 at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年07月01日

トワイライトエクスプレス瑞風

お客さんとの懇親会を終えて、翌日はフリー。というわけで、かねてから楽しみにしていたトワイライトエクスプレス瑞風を見に行くことに。宮原操作場近辺を歩いてでかけるもどこにも停泊している様子なく、がっかりしたところ。十三まで2.6kmの徒歩をして、阪急で梅田、大阪駅へ。ヨドバシカメラの連絡通路が最近開通したという話題の場所を撮影して、いざ大阪駅構内へ。10時ごろに到着したら18分発の瑞風はすでに到着ずみ。結構早めに入線していたのでしょうか。料理の食材などを搭載する時間が必要だからですかね。さすがに人気の列車、撮影する人がいっぱいいましたね。11番線から撮影するとちょうど、足まわりの台車まで撮影できるのでこちら側にも結構いたのですが、ちょうどサンダーバードが入線してしまい、残念ながら撮影できず。時間ももったいないので発車ホームの10番線から間近に車両を眺めることに。車両は瑞風カラーといわれる濃い緑色。ぴかぴかにひかりすぎて、正面から撮影すると必ず写り込んでしまう形になります。ななつ星の時もそうだったことをよく思い出しました。感想としては意外とエンジン音がうるさいということ。ハイブリッド気動車とはなっていますが、車種もキハ87系寝台気動車なので。おもしろいのがラウンジのキラという車種があることかしら。それ以外は展望ありのキイテや、キサイネ。4M6Tの10両編成だそうです。いやぁ、いつかは乗車してみたいですが、さすがに豪華な価格設定すぎてきびしいですな。廉価版が出るようなのでそちらに期待しますか。

taka7107 at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月13日

次回の鉄旅行計画その2

次回の鉄会に向けての妄想旅行その2。近畿地方で行きたいとこならというわけで、水戸岡車両の丹後の海がある。ただ、この路線はかつて鉄旅行で行ったことのある場所なので、まずないかなぁと。あとは京都鉄道博物館はあるが、3名のうち2名は体験済み。青のシンフォニーに乗車も、僕自身が体験済みなので新鮮味に欠ける。
次に四国地方。今回新しく走り出した四国まんなか千年ものがたりや伊予灘ものがたりといった観光列車が真新しい。気動車王国であることから2人が喜びそうだ。中国地方となるとラマルしまなみとかがあるが、これも体験済みなのでう〜ん、という感じだ。9月以降だとSLやまぐち号の客車がリニューアルされるので、それもありかもしれない。中国地方であればサンライズ出雲での移動というのもあるので、それも楽しめるひとつにはなる。最後は九州。新しく走り出したかわせみやませみは魅力的。九州はブルートレインがあればそこまでの移動が楽しめるのだが、それも廃止となった現在は飛行機が必須となりそうですなぁ。さて、どこにいくか、何に乗るか、議論しましょう。


taka7107 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月12日

次回の鉄旅の妄想を。

次回の鉄会の日程が決定。来週の金曜日に開催されることに。次回の鉄旅行の素案を出さなければ行けないのだが、どこに行くかなぁと言う感じだ。北から行くと北海道だが、北海道新幹線はすでに乗車したことあるし、あまり魅力がない。次に東北だと五能線、津軽鉄道ストーブ列車、TOHOKU EMOTION、フルーティア、みのり、とれいゆつばさといろいろと魅力的な列車がある。関東ではSL大樹、小湊鉄道の里山トロッコ号、いすみ鉄道のいせえびレストラン列車、ザ・ロイヤルエクスプレスも登場しているかしら。中部・東海では小海線にあたらしく登場するハイレール1375で小海へ。小海は新海監督の故郷であり、君の名は。や星を追う子の聖地でもあるので、それも楽しめる。メンバーのOさんは、上田でサマーウォーズの聖地に行きたいようだが、あの映画はいまいちで好きになれなかったですからねぇ。。。まぁ、前回も上田は行っているし、個人的にも真田丸つながりで上田城にも行ってるし、今回はパスかなぁ。天竜浜名湖鉄道で、直虎の聖地もというのがあるが、これも楽しめるのは私ぐらいなので却下されそうですな。ナイトビュー姨捨で四季島用につくられた更級の月が使えるのかしら?であればこれもありかと思いますが。昼間の姨捨は何度も経験ありますが、夜景はないのでこれもいいかもしれませんね。う〜ん、旅行前の妄想が一番楽しいですわ。続きはまた明日妄想しましょう。

taka7107 at 07:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月08日

サンライズ出雲92号で家族3人初寝台特急の旅

タイガースの5連勝、3タテ、首位キープとすばらしい成績を収め、ゴールデンウィークを締めくくってくれました。こんな最高のゴールデンウィークは記憶にないくらいですね。とにかく0−9からひっくり返した試合をはじめ、昨日は6−0と完封リレーと痛快この上ないですわ。このままの調子で苦手な交流戦の前に少しでも貯金を増やしておきましょう。
さて、USJの続き。おみやげも購入し、あとはゴールデンウィークの最後のしめくくりのお楽しみ、寝台特急での帰京です。大阪駅22時29分発のサンライズ出雲92号という臨時の寝台特急を予約。人気の列車でなかなか予約がとれないのですが、今回は、1ヶ月前の発売日に並びなんとかゲットできました。それでもサンライズツインは人気でこれは予約がとれず、シングル1つにソロ2つという形に。22時20分頃ホームに到着したときにはすでに列車は到着済み。どうやら、かなり早めに入線し、ずっと停車しているようですね。あちこちに写真を撮影する人がいました。確かに大阪駅に、瀬戸・出雲ではない、7両編成の出雲が入線するのはこの臨時のサンライズが走るときのみ。このGWでも2日間くらいですからかなりのレアなのでしょう。表示板などを撮影して列車に乗車。それぞれの部屋がばらばらなので、部屋に案内。嫁は広いシングルがいいというので譲りました。娘は上段のソロがいいということで、私ははずれくじの下段のソロ。やはり狭いですが、まぁ、慣れているので大丈夫。娘から、何回かLINEで空調の止め方とか、電気の消し方とか聞かれるも、即答して分かってもらえたみたい。あとは、虎テレのハイライトで今日の試合を振り返りながら流れゆく夜景を酒のつまみに祝杯をば。最高の気分で眠りにつけましたと書きたいところですが、毎度のこと、寝台特急では眠れないので、単に横になるという感じ。それでも少しは眠れた感じです。無事に二人とも朝起きれて、乗り過ごしなく横浜で下車。家族3人の初寝台列車の旅が終わりました。
11
34
42


taka7107 at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月04日

SL大樹

分割の録画と写真もダブル撮影できたので、次なるターゲットはSL大樹。C11207号機です。今日は下今市の機関区がオープンということで、そのためにSLもお披露目となったようです。新機関区には新たに転車台が設置され、ここで方向転換されるようです。下今市と鬼怒川温泉の区間を30分強かけて運転するこのSLは8月10日に運転初日を迎えますが、その準備として今回、下今市と鬼怒川温泉に転車台を設置したようです。下今市は長門市から、鬼怒川温泉は三次からそれぞれ転車台をゆずりうけたとのこと。塗装がきれいにされているので新造されたかのように見えます。機関区までは駅をでてぐるりと回って踏切渡ってと徒歩7〜8分はかかるところ。たどり着いたので中に入ろうと思ったら一般公開は13時半からということで、時間があり、昼飯もまだだったので、近くの喫茶店らしきお店で昼食を。日光の地ビールとビーフシチューを堪能。結構うまかったです。マスターとも鉄ネタで盛り上がれて楽しかったですわ。食後、いざ機関区へ。SLもいっぱい写真が撮れて満足な一日でした。
1849020409

taka7107 at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月03日

新型東武特急リバティ(Revaty)

GWのカレンダーに1日年休をくっつけて6連休に。初日の今日は乗り鉄の旅。まずは銀座線の特別仕様車に乗って、浅草まで。ここから、今日のメインイベントは東武の新型特急リバティに乗車。3連が基本編成のこの新しい特急列車は下今市で分割して、日光にいくリバティけごんと会津田島に行くリバティ会津になります。今回乗車したのは先頭を行くリバティ会津の1号車1番D席。VSEなら展望席かぶりつきの特等席ですが、あいにくリバティに展望席はないのです。前はおもいっきり壁。残念。今回の旅の目的は、終点ではなく、途中の下今市で分割と連結を見ること。人気の列車なので満席で、かつ隣が外国人観光客の赤ちゃん連れだったので、ちょっと窮屈でしたが、普段だったら快適な2時間ちょいの旅だったでしょう。あと車内販売がないので事前に購入しておくことが必要か。スペーシアであれば3号車に販売設備があるのですけどねぇ。。。残念。どちらかというと通勤特急向けですわ。といろいろと思っているうちに下今市に到着。4号車で下車したので即、分割場所をゲットできて録画ができました。と、ふとその先をみると、SL大樹が止まっているではないですか。これには思わずびっくりでした。
3905

taka7107 at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月02日

東京メトロ13000系、1000系特別仕様車。

9連休とまではいかなかったが、1日年休をくっつけて後半戦の6連休の始まり、始まり。まず、第一弾は、東京メトロを堪能。新型車両の日比谷線13000系に乗車。ネットで運行情報が公開されているのですぐに遭遇できてありがたい。何本まっても来ないなんてことがないので時間の節約になるのだ。LEDライトでまぶしいくらいに明るいヘッドライト。写真には不向きですね。恵比寿から北千住までのほぼ日比谷線全線をかぶりつきで完乗。それにしても日比谷線はカーブが多く、くねくね状態。地下線内ではせいぜい60km/hなのでかなりノロノロ感がありますわ。今までの8両編成3ドアから、7両編成4ドアに変わることから、停車位置なども変わり、多少混乱があるみたい。これから2年間かけて導入され全車両03系から置き換えられるようなのでそれまでの辛抱ですかね。あと、銀座線の1000系特別仕様車。内装が木目調でより昔の1000形に近づいたとのこと。木目調で内装が阪急電車ににているともネットで話題になっている。こちらはネットで情報公開されていないため、運試し。全40編成ほどあるなか、2編成のみなので運が良くないとお目にかかれない。今回も3本見送ってやっと遭遇。浅草の終点まで乗車できればその後ゆっくり撮影できたのだが、上野どまりで車庫に入ってしまうようだった。残念。
5308045942

taka7107 at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月01日

京急WING号、本日から座席指定制に。

本日から京急ウイング号が座席指定制に変更になるとのこと。窓側とか通路側とかを選んで乗車できるそうな。できれば座席番号指定にしてかぶりつきで楽しめる場合のみ乗車ということを選択したいところだが、そこまでは難しいようだ。VSEのように人気になるはずなのになぁ。。。残念。早速申し込んでみた。今までクレジットカードが京急のカードしか無理だったのが一般のクレジットカードも受付が可能になったのがすばらしいところです。ただ、京急の2100形はテーブルがついてないこと、窓枠が水平でないことから飲み鉄帰宅にはきわめて不向きでありますから、この部分が改善されればもっともっと人気になると思うんですけどね。でもサイドビューのかっこよさは抜群。京急の中ではダントツで一番すきな車両。おんぼろの185系のライナーでの帰宅とはテンションが変わります。連休の中、出社せねばならないこの理不尽さをなんとかこれで乗り切っていきましょう。いやぁ、京急はすばらしいですな。

taka7107 at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月08日

S-Train

先週乗車できなかったS-Trainに乗車。豊洲から石神井公園まで40分強。途中駅では下車できない湘南ライナータイプになっています。途中、有楽町、飯田橋と停車して、池袋は通過。地下鉄線内はそれほど加速できるわけもなくのろのろ運転状態。西武線に入ると一気に加速という感じで、あっというまの時間でした。車内は新車のにおいがしていい感じ。電源コンセントとフリーのWifiが利用できてるのもよいところ。ところが、各駅停車にも利用する車両なので座席がリクライニングすることもなく、またテーブルがないので飲み鉄帰宅する人にはちょいと厳しいか。カップホルダーはあるけれどといった感じだ。豊洲から乗車した時の乗車率は2割程度。早い時間帯の列車だったので帰宅ラッシュに間に合っていないのか。今後どれだけユーザが増えるか見ものですな。
49560108

taka7107 at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月30日

サンライズ瀬戸・シングルデラックス

松山出張の行きは時間的に余裕がなく、しかも朝から打ち合わせがあったので前乗りもできずで残念なことに。結局伊予灘ものがたりも予約がとれなかったので前乗りできたところで見るところは知れているが、まぁ、下灘駅の夕日などはゆっくりみれたかも知れない。また時間のある時にゆっくりと来よう。で帰りは飛行機ではなく在来線を。1月に乗車したところではあるが今回もサンライズ瀬戸に。前回は山陰の方に立ち寄る予定だったのでサンライズ出雲で、結局当日に大雪のため岡山からの途中乗車になってしまったが、今回に限っては高松の始発から東京終点までのフル区間乗車となりました。しかも人気のシングルデラックスがとれたのでこれは楽しみ。松山からの移動はいしづち・しおかぜを利用。8600系に乗車できて満足でした。これ普通座席でもコンセントが常設されているのでスマホの電池がやばく、しかもモバイルバッテリー持ちもコネクタを忘れてやばい状態でしたが助かりました。丸亀でいったん下車して、そこから先は別途特急券が必要になるので各停とマリンライナーを乗り継いで高松へ。サンライズを始発乗車する準備は整いました。結局、シングルデラックスにはひげ剃りがついてくるので不要でしたが、念のため5枚刃のそりやすいものをコンビニで調達。あと朝飯も調達して乗り込み。2Fなので階段を登って部屋に入ると、これがなかなかすばらしい天井は少し低めで背の高い外国人だと頭ぶつけそうですが私には問題ない高さ。なんといっても机と洗面台が設置されているのがうれしい。机に座ってパソコンで2時間ほど仕事もできたし。今まで乗車した、シングルツインやシングル、ソロとは違いますわなぁ。これはいい、一度乗るとやみつきになりそうですわ。image
image


taka7107 at 07:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月24日

北斗星A個室寝台に泊まる

年度末、何件決裁する必要があるんだというくらいだ。その上、居室の鍵の管理やら、事業計画の資料作成やら、はたまた反省会の電話会議やらでもうてんてこまい。これ以上、よけいな仕事を振らないでちょうだいといいたいところだ。まったくもって、案件もやり、総括的なこともやりと人手不足もいいところ。案件だけに集中している管理者がうらやましい限りだ。
さて、そんなさなか夜間作業もあったので今日はトレインホステル北斗星にお泊まり。なかなかとれなかった2部屋しかないA寝台がとれた。開放寝台と違い、個室形式になっている。とはいえしきりは鍵のかかるドアではなく、単なるカーテン。う〜ん、そこはいまいちですな。とはいえ、本物と同様にテーブルとイスも用意されているので、車窓は駅前のうるさい道路でしかないのだが、少しでも旅行気分を味わいながら過ごすことができた。ただ、ベットがやはり狭くて使いづらいですなぁ。今日なんかは寒いので上布団がずりおちて風邪引きそうなくらい寒かったですわ。夏場に限りますな。

taka7107 at 06:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月03日

EXEαに乗車

残業時間のある平日に久々に残業なしで帰宅ができた。しばらく鉄分吸収していなくてストレスもたまってきたので、ロマンスカー帰宅をば。そう、3/1から運転を開始したロマンスカーEXEαに乗車。EXEをリニューアルし、今までの金色塗装が銀色で赤帯塗装に変更。金から銀なので格が下がった感があり、どうせなら別の色にすれば良かったのにとも思う。さすがに走り始めたところなのか先頭車両は鉄な人が多く、写真をとっている人もいっぱい。車内は内装が大きく変わったこともあり、新車の香りが強烈にする。かぶりつき席は予約ずみであったが相模大野をすぎるとほとんどの人が下車してしまうので、最後の藤沢までの間はかぶりつきを堪能。とはいえ、作業員が同乗し、かぶりつきせき前にすわったため前面展望があまり楽しめない。まぁ、前のEXEの時から前面展望はいまいちな車両。3月の末くらいにかぶりつき席を予約できたのだがあまり望みが薄い感じだ。とはいえ、ひさびさの鉄分吸収でストレスも少し解消。徐々にリハビリしていきましょう。
054708

taka7107 at 07:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月24日

瑞風披露

う〜ん、飲み過ぎた。支店の方が来られたので懇親会ということで飲み会。2次会もあったので輪をかけて大変でした。連日のトラブル対応で、飲むことに慣れていなかったのでよけいにまわりが早く、それがよろしくなかったのでしょう。例のごとくおなかの調子も悪くなるし、頭も痛いし、いいことがない。
さて、こんなときには少し気分をかえてということで、新しい観光列車、瑞風の話。昨日、黒い瑞風から本来の色である濃い緑色、まさにトワイライトを継承するあの色に変わった瑞風が報道陣に発表されたとのこと。内装の豪華なこと、風を感じるための展望デッキとすばらしい仕上がりですわ。東の四季島はトランスイートという名前のとおりスイートしかない形であるが、西の瑞風は一人でも利用できるソロのような部屋が1編成に2部屋あったりとつくりはこちらの方がありがたいかもしれない。九州のななつ星の成功をまねて作られた列車ではあるが、あたらしい観光列車が走り地域振興になるのは大いによいこと。できればもう少し手頃に乗れる寝台列車を復活させてほしいところではありますが。

taka7107 at 07:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月06日

まったく改正されないダイヤ改正

品川駅に今度のJRダイヤ改正のパンフレットが置かれていた。3月4日ということで今年は3月の中でも第1
土曜日ということでめずらしい形となった。中身をみてみると、これがまたびっくりするほど改正内容がしょぼい。というか、とってつけたような改正で、ほとんど変化なしというのが総論だろう。東北新幹線ははやぶさが1往復増発。上越・北陸新幹線はそれぞれ1本ずつの時刻変更。上野東京ラインにいたっては土日運行の10両編成の1本を15両編成に変更するのみという。なんてこったい、土日の運行はいいから平日の朝の10両編成で激混みの列車はなんとかしてくれないのかい?という感じだ。改正がないということはほぼ完成されたダイヤであり、乗客の不平不満もすくなく、最善の状態にあるということをいいたいのでしょうか。上野東京ラインは接続されて便利になったのはいいですが、やはり混雑がすごくなってしまったところがあり、そこは改善してもらわないと困るんですけどねぇ。。。

taka7107 at 07:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月05日

キンメ電車

夜は11Fのブックカフェでお酒を飲みつつのんびりと。足下に砂を敷き詰めた、ビーチをイメージしたカフェ。こんなのみたことないだけに少しびっくりですな。子供は大喜びかもしれません。夜景も最高、これで花火があればというところですが、花火の日は予約も取りにくいのでしょう。
で翌日は、hinaがウォールクライミングをしたいとのことで朝から予約に並ぶ。昨日もやりたかったみたいなのだが、夕食の時間などタイミングがあわず、今日に見送りとなっていた。朝一番にならんだので一番にできたが、これまた朝ご飯とのタイミングが微妙で、もう少しずらしてくれればなぁという感じではあった。まぁ、hinaも満足できたようなのでなにより。チェックアウトが12時なのでそれまで温泉に入ったりとまたまたのんびり。テレビの前にあるオットマンに足をおいて横になるのがこの上なく気持ちいい感じでした。
ホテルをチェックアウトして熱海駅に向かう。ここから辻堂まで一本で帰れるのだがそれだとつまらないので、昨日から運行を始めた伊豆急リゾート21のキンメ電車に乗車。キンメ鯛のように真っ赤に塗られた列車に乗って宇佐見まで。3号車はキンメダイ博物館になっており、金目鯛に関する解説や展示がなされている。それ以外の車両は各町の観光案内がそれぞれの号車ごとにされているというつくりになっている。リゾート21なので普通列車として運行され、特急料金も不要なためとてもお得。車内は結構満員状態となっていました。リフレッシュできた週末でした。

taka7107 at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月21日

鉄会新年会のあとは北斗星へ

事業部の鉄仲間で新年会を実施。いつもは品川のガストと決まっているのだが、今回は気分を変えて、東京駅で。お店を探してくれた本人が場所がわからないと迷子になる始末で、こちらは先に店に入って待ちぼうけ。まぁ、それでも15分くらいのロスなので大したことはなかった。というよりも、もう1名が遅れてやってくることが決定していたので慌てる必要もなかった。話の内容は鉄な話題というよりも今の業務の話が中心に。ちゃんと新年会も事前に話題を準備していかないと、変な方向に走ってしまうということがよくわかった。というのも私以外の2人は、どちらかというとそこまで鉄ではなく、昔鉄というやつ。最近の鉄な事情をあまり知らないというか、興味がないというかな感じなのだ。となるとどうしても今の仕事の話なんかが中心となってしまうのも致し方ない。もと、同じ事業部に居たメンバーで2名ともグループ会社に出向の身なので、そちらの仕事の話が中心になってしまう。2名とも同じ施策の一環でグループ会社の支店に行き、営業やSEの仕事をしているため、2名とも話がよくわかり、うちとけられるのでしょう。まぁ、懇親が深められれば程度の飲み会でした。その後、2回目になるホステル北斗星に宿泊。今回も個室はとれずに開放寝台の下段でした。それにしても、このホステル、安いのはいいが、一日中、ずっと寝てる人が居て、この人は一体何をやっている人?というような人が居たり、グランシャリオという食堂を模したラウンジはエアコンが壊れて極寒だったりと、今回はあたりがよろしくなかったですな。次回は個室寝台に泊まりたいところです。

taka7107 at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月20日

シングルツインの魅力

やっと走り出したサンライズ瀬戸・出雲の東京行き。この列車おもしろいのはのぼりとくだりで必ず先頭が瀬戸になるということ。つまり下りの場合、瀬戸が先に岡山で切り離されてさよならするパターン。分割シーンを見られるのは出雲の乗客のみ。そして、逆に上りの東京行きも先頭は瀬戸なので、瀬戸が先にホームで待っていてあとから出雲がやってくるというパターン。なので、連結シーンが見られるのは瀬戸の乗客のみということになっているのだ。なかなかおもしろい、事象ですな。とするとサンライズ出雲・瀬戸という表記ではなく、上りも下りもかならずサンライズ瀬戸・出雲なんでしょうか?あとで調べてみよう。というようなことを考えながら、もう真っ暗ではあるがながれゆく景色を眺める。乗車したのはシングルツインという最大で2名泊まれる客室。ほんとうはシングルデラックスを希望したのだが、1編成(瀬戸と出雲で2編成)あたり6室しかないので大人気。いつも満室になるのでしょう。みどりの窓口に5回以上ならんだが、いずれもキャンセルは出ませんでした。次回こそはここに乗りたいところ。それでもシングルツインもなかなか。気分におうじて、上下のベットを使い分けられるし、広々としている。下段ベットから上段のブラインドが遠隔操作でおろせるというのは一人で利用する場合の利便性を考慮してあるのでしょう。すばらしい。ただ、部屋がすべて列車の車端にあり、台車の近く。音と揺れが他の客室に比べるとひどいような気もします。滅多に乗るものではないから比較のしようがないのですが、上段ではさらに揺れるしと気になりポイントが結構ありました。

taka7107 at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月19日

三度目の正直

久しぶりのサンライズ出雲・瀬戸に乗車して帰宅の旅。本当は出雲市の始発駅から乗りたかったのだが、大雪の影響で伯備線で山陰入りをすると帰れなくなる可能性があったのでやめてしまった。せめて岡山で連結のシーンは楽しもうということで、極寒のホームにも関わらず多くの見物客と一緒に連結を満悦。さぁ、暖かい車両に乗り込んであとは個室を楽しもうと思っていた矢先の事件。なかなかドアが空かないので最後尾にいた車掌さんに話を聞いてみると、なんでも連結がうまくいかなかったので再度やり直すとのこと。なんでも連結器の中に入り込んだ雪だか水だかが、凍結すると電気系統がうまくつながらないようで、雪などを払って再度がっちゃんこするらしい。で、この場合は後ろにくっつける出雲のドアは開閉しないで、いったん車両をバック。その後、前進して連結のやり直しをやるようだ。で、一回やりなおしたのだが、うまく行かなかった模様。これは想像だが、おそらく出雲側のついていた雪が原因なのだろうと払ったがだめで、2回やったのは、今度は瀬戸側の方も念のため払ったらうまく行ったというパターンではなかろうかと考えてみた。2回のやり直し、トータルすると3度目の正直というやつであります。これでやっと出雲側もドアが開いて乗車できるのだが、連結後、ブレーキテストを実施するとのこと。これで失敗すると、もういちど、ドアを締めて、再度連結だとか。いやぁ、今回はそこまでなかったけど、なかなか貴重な場面に遭遇して楽しかったですわ。いざ、東京へ。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい