ふと思うこと

2019年05月15日

働き方改革は喫煙所をなくすことにもメスを入れるべき

いやぁ、ほんまに心地よい朝ですな。今日は気分がよすぎて、朝はコンビニでデイリーを購入。グリーン車に乗って快適通勤。ドヤ顔で新聞を大広げして気分はこの上なくいい感じ。まぁ、とにかくすばらしいヒーロー糸原のタイムリーもあるが、青柳、ジョンソン、球児、ドリスとつないだ投手陣がGの打線を封じ、そしてなにより坂本の記録を途絶えさせたことがすばらしい。ざまぁみろという感じですわな。あ〜、ほんま気持ちいい。中でもジョンソンの7回登板が圧巻でしたな。すばらしいピッチング。まったく打たれる気配なしです。今日も岩田なんで、防御率1.30の男がやってくれるでしょう。菅野なんかへのかっぱ。がんがん打ちまくって連勝と行きましょう。残念ながら2試合しかないのがもったいないなぁ。6連戦やってくれたら6タテでチャラにしてやったものを、はっはっは〜\(^o^)/ さて、仕事の話し。わたし、定時で帰ります。のドラマに出てくるさまざまな仕事に対する価値観がネットで話題になっている、というか私がこのキーワードを書くのでその話題がポップアップされてくるだけというのが正しいことなのかもしれないが、まぁ、いずれにせよ働き方改革という名のもとに仕事のあり方を見直すべきだという風潮にあるのは確かだ。働き方改革で残業が減ったという人は60%ほどあるとのクイズ番組での統計を見ると、まぁ、いままでいかに無駄な残業をやってきたのかと思われる。残業というなのだらだら仕事もあったのだろう。気になるのはやはり喫煙者。たばこ休憩は分からなくもないが、それを仕事時間にカウントするのはいかがなものかと思う。ちゃんとタイマーで計測して、労働基準法で与えられた休憩時間内に合計時間をおさめてくれないと、喫煙者だけストレス発散なのでとお休みできるのはいかにも不公平。ほんと喫煙場所をなくして、全社禁煙にしてみるのはどうなのかと思う。それで会社を辞めるようなひとがいれば、その人たちは正直だらだら仕事をする傾向が高いので辞めてもらって大歓迎。ほんと、仕事とたばこどっちやめます?くらいの厳しい世の中になってほしいものだ。

taka7107 at 07:18|PermalinkComments(0)

2019年05月13日

モチベーションx体調が大切

連敗はきついですなぁ。。。月曜日の朝なのにモチベーションがあがりませんわ。しかもバカープに3位に並ばれて気分も悪いし。。。まぁ、なんとかがんばって行きましょうか。 さて、モチベーション自体はいろいろな環境変化によって影響を受ける。それはタイガースの試合結果であったり、仕事によるストレスとかもあるだろう。それ以外にも普段の日常におけるほんのふとした出来事など要因は様々。ただ、それは致し方のないことで、そのモチベーションを高く維持していくことが管理能力のうちの一つ。とにかくプラス思考で考えるというのがそのうちの一つだろう。タイガースの連敗を連敗ととらえるのではなく、明日からの連勝のための必要な負け、とにかくゴミ売りさえ倒せばいいのだと言い聞かせるなどもある。 一方で、体調の方はモチベーションも絡むが、ある程度は一定に維持することができる。それはやはり規則正しい生活をすること。とにかくいつも同じ時間に同じことをする。すなわちルーチンを守るということがなによりなのだ。一日12000歩を歩くと決めたことは必ずやる。達成できない日もあるが、まぁ、ある程度でも近づく努力はする。仕事も分散して、根詰めてやらないことが大事。明日にできることは明日に回し、日々の業務量を調節し、一日でやりきろうなんて思わないこと。なにより、食事や睡眠、運動の時間を変則的にすることによって体が違和感を覚えないようにすることが大切だと思う。そしてなにより継続すること。続けないと意味がない。そしてダイエットにも通じることだが、計測すること。なぜこの体重になっているのかをきちんと考えられるように記録として残しておくことが必要。食べ過ぎて運動しなければ当然体重は増えるし、どちらか一方だけでも増える要素にはなる。そういうコントロールをきちんとすることによって体調は維持されるのだ。体調xモチベーションの両輪がうまく回らないと日々の生活はうまくいかないのだと考える今日このごろだ。

taka7107 at 07:22|PermalinkComments(0)

2019年02月05日

上司と部下のコミュニケーション不足

花粉症とインフルエンザがダブルパンチでやってくるらしい。インフルエンザでやられた鼻の粘膜に花粉がくっついて重症化するというのがその理由のようだ。粘膜には湿気が必要なのでマスクをするといいとのことなのだが、どうもマスクは逆にその湿気が気持ち悪くてなかなか積極的につけられないのが実状だ。 さて、仕事に対する責任感の話。会社において、刑事事件とかにならない限り、たいていのことは部下のやったことは上司が責任をとるのは当たり前の話。ただ、いくら教育してもうまくいかないという事例もあるようだ。とはいえ、組織の構造上としては上司がそれでもなんとかする必要があるもの。ただふつうはそのなんとかすることを必死にやりましたとアピールするのはどうだろうと思ってもしまう。当たり前のことを当たり前のようにさらりとやってのけるのが美徳のような気もするのだが、いかにも苦労してやりましたと言われるとなぁ。。。となってしまう。たまたまあたった部下が悪いということもあるが、本当はもっといろいろと接する方法もあるだろうに、それをやらないで。。。結局はコミュニケーション不足ということに片づけられるのだろうが、それすら、私はコミュニケーションをとろうとしたと主張されるとね。いずれにせよ、再発防止とかは考えなければいけないのでしょうが、いったいどう再発防止とすることやら。

taka7107 at 07:21|PermalinkComments(0)

2019年02月03日

「継続」と「計測」は力なり

ダイエットよく続くねぇといわれることがある。いまとなっては別に我慢しているわけではなくむしろ楽しんでいるのでそりゃ続くわという感じである。確かに、最初始めたころは食事制限で、脂っこいものは一切食べなかった。たとえば、ラーメンやポテトチップス。どちらも大好物だったが、炭水化物や油の塊のこの2種については皮下脂肪だけでなく内臓脂肪の原因に。ラーメンはそばに、ポテトチップスは食べないという置き換えをするとそれほど苦にはならなかった。何も食べれないわけではなく、ラーメンが食べたいなぁと思ったときはぐっとこらえてそばにする。ポテトチップス自体はおやつはたべないと割り切ればあきらめられる。そして、なにより体重や体脂肪率を計測することが大切。数字でかかれば、我慢したことによって数字が下がっていくという喜びを覚える。体重はみるみるうちに減少していく。食べ物も、野菜中心に変えたり、そばも春雨とかに変更するとさらにカロリーも下がってそれらに変えることによって体重という数値に反映される。まさに継続だけでなく、計測も力なりなのだ。そのためにはGoogleFitなどの測定サイトを利用したり、私の場合は会社が用意してくれているサイトに手間ではあるが登録する。その手間がまた大切で、GoogleFitはすべて自動登録なのだが、体脂肪率までは登録されなかったりする。どこかのサイトをみればすべてがわかるという意味では、会社が用意してくれたサイトは重宝するのだ。最近どれくらい歩いたかという最新データはGoogleFitで確認し、過去はどうだったかというのでは会社のサイトという使い分けがいいのかもしれない。とにかく計測することが大切ですな。

taka7107 at 10:13|PermalinkComments(0)

2019年01月30日

今年の目標は血糖値を下げること

今年の目標を何にしようかと考え中だった。健康面という意味では、昨年がんばってやったダイエットの体重を維持すること。まぁ、これはここ1年近くキープできているため、さほど難しいことではない。では、それ以外にどうしようかと昨年受診した人間ドックで唯一赤い数字になっていた血糖値。平常時の血糖値は99以下であることが望ましいのだが、101と2だけオーバーしている。また、HbA1c(ヘモグロビンアーワンシーというらしい)の値が5.6とこれまた赤字。この2つの数字をなんとかしたいなと思っている。血糖値を下げるには、もしくは糖尿病予防にはという記事を読んでいると出てくるのはコーヒーをブラックで1日5杯飲むとよいというのがあった。これは確かにコーヒーの延命効果は統計学的にもあるらしいので間違いなさそう。しかもコーヒーは好きなので苦にならない。昔は缶コーヒーを良く飲んでいたが、あれは砂糖の固まりで逆効果。なので、あくまでもブラックにこだわってである。あと、血糖値をあげるのが塩分なので、塩分控えめにはもちろんなのだが、塩分を下げる働きをするのがカリウムというミネラルらしい。海草類に多く含まれており、わかめ、こんぶ、ひじきなどでとれるそうな。わかめだけは好きになれないので、困り物だが、こんぶ、ひじきならなんとかいけそう。あと、いつも飲んでいる野菜ジュースの中にもカリウムが770mgも含まれていることが判明。接種目標の1/4程度はこれで補給できていることになるが、それ以外にも毎日とれるもので探す必要がありそうですな。ちなみに、先日の食後の血糖値の上昇の話で出てきたGI値、やはりご飯は白米をやめて玄米とか五穀米とかがいいらしく、ここも要検討。昼飯をカップライスというどんぶりものに変更しているのだが、いつも日替わり弁当で白米を半分しか食べないのに、このカップライスだと量が少ないので白米を全部食べてしまう。う〜ん、これはいかん。

taka7107 at 07:17|PermalinkComments(0)

2019年01月28日

ミステリー列車が消えたのような作品を是非

大坂なおみの全豪オープン優勝で世界ランキング一位達成と言うのは本当にすばらしい成果ですな。こうなったらグランドスラムも達成してほしいところ。ますますの活躍を期待します。なおみ節にもみがきがかかってますます愛されるキャラになってほしいものです。一方の大相撲は玉鷲が優勝したとか。そしてなにより大きなニュースとして嵐の解散が速報で流れました。なんともそわそわ、ざわざわとした週末になりました。 さて、西村京太郎さんの話。先日、湯河原でご本人にお会いして、お話させていただき、サインもしていただいたのですごく親近感が沸くので、サインしていただいた本(京阪宇治線の話)とサンライズエクスプレスの殺意という本を続けて読んでみた。ただ、いずれも、トラベルミステリーなのだが、時刻表トリックはなければ、列車が絡むから何かというのがいっさいない。十津川警部と亀井刑事のコンビで事件に挑むという定番のストーリーをみているだけの安心感だけがあるという感じだろうか。もはや、サザエさんとかちびまる子ちゃんの領域となり、たとえ、同じようなストーリー、昔聞いたことのあるような話であっても、まぁ、このコンビが出てくるからおもしろいし、安心して読んでいられるという形になる。なので正直おもしろいかと言われるとわくわく感に乏しいのが残念。まぁ、年間12冊以上、月1冊以上のペースで執筆するのなら致し方のないことでしょうか。それにくらべて先日録画されていた昔の作品、ミステリー列車が消えたはおもしろかった。国鉄時代に行く先不明のミステリー列車がブームとなっていたころの話で、向日町車両基地や垂井町の東海道線の上下線分離などを使った鉄分満載の内容。もはや、ここまでの作品は今では作れないのかもしれないですが、是非、そちら方面の濃い展開を期待したいところです。

taka7107 at 07:19|PermalinkComments(0)

2019年01月22日

アンガーコントロールの必要性

眠い。昨日、かなり悔しいことがあり、その悔しさで眠れなかった。まぁ、その話はまた別途書くことにして、とはいえ、感情をコントロールするということは非常に大切。なにか、不具合があったとしても常に自身の感情をコントロールして、その感情を人にぶつけないということが上位のマネジメント層になると要求される。人間だから感情をぶつけるのは当たり前という人もいるだろうが、それでは社会は成り立たない。そもそもその感情に至った原因を考えてみなければいけない。たいてい、その発端を人のせいにするのでほかのひとに当たるということになるのではないだろうか?メンタルマネジメントという我が社の育成のバイブルのような著書には記載がある。人に期待するからその成果が出せなかった場合にしかるのだと。期待しなければ、自分でやらなければいけないと思うし、期待通りに動いてくれないとなげくこともない。人は変えられない、変えられるのは自分だけという、すべての出発点を自分に置き換える。すべてうまく行かないのは人のせいではなく自分のせいだと考えると人への怒りも感情のぶつけもなくなるだろう。特に社会人通しの人間関係になればなおさら。よく朝から機嫌の悪い人がよく居るのだが、たいてい、そういった人はその機嫌を誰かにぶつける人も居たりする。自宅でなにがあったか知らないが、家庭の事情、個人の事情を会社に持ち込んでほかの人にあたるのはもってのほか。小学生レベルの対応ですわなぁ。。。私もこの悔しさをコントロールしていかなければいけない。がんばろ。

taka7107 at 07:18|PermalinkComments(0)

2019年01月17日

震災から24年、あのときの記憶は今。

24年前の今日、阪神淡路大震災を東灘区住吉宮町のアパートにて経験。飛行機が落ちたのかと思うようなしたからの突き上げに、当然目は覚めるがなにが起こっているのかさっぱりわからず、天井から電灯が落下して頭に当たるわで、それはもうすごい状態だった。部屋の中は本当にひっくりかえしたような状態に散らかり、扉も半開きだが傾いたためか開かず、すぐには外に飛び出せなかった記憶がある。外はまだ暗い状態ながら、当然、みなさん外に出てきて話し合い、安心を確かめ合う。同じアパートに同居していた友人は2Fに住んでいて真っ先に逃げたようで、その後しばらくして出会うのだが、なんで、1Fの俺に声をかけてくれなかったのか、未だにそりゃねぇだろう?と思うことはある。( ´ ▽ ` ) その後、近くの崩れた家で人が下敷きになっているという話があって、近くの大人はみんなかり出されて救助に。うもれたおじいちゃんに、とにかくがんばれよーと声をかけた記憶が未だに残っている。その後、実家になんどか連絡してやっとつながり、実家は花瓶が倒れた程度でとのことで安心したし、向こうもニュースで映像が流されていないのか?「今日は学校に行くのか?」などと親父が寝ぼけたことを言っていたのを未だに覚えている。その後、2Fの住人である友人Kが三田に実家があり、そこまでなら車で行けそうだと言うことで、そちらに避難させてもらうことに。実家に帰ろうにも阪急・JR・阪神のすべてがストップしているので無理だったのだ。その後、3〜4日三田のKの実家にお世話になることに。風呂場で頭を洗うと、地震の時の揺れがフラッシュバックしていつまでも消えないという初めての体験を今でも忘れない。1000年に一度規模の地震と言われ、貴重な体験と思いつつも、20年も経たないうちに、東北・関東で大震災あり、そして、近年では、熊本であり、北海道であり、大阪市内でもあったりする。もはや1000年に一度なんてことはなく、いつでも起こり得る規模なのだと覚悟するしかないのでしょうね。地震大国に住む我々、過去の震災で学んだ教訓を生かして、25年目の第1歩を踏み出していく必要がある。来年は四半世紀の区切りの25年にもなる。記憶を風化させないようにしないといけない。

taka7107 at 07:37|PermalinkComments(0)

2019年01月10日

働き方改革ならぬ、受験改革も

いやぁ、ほんと寒い。今朝の関東はほんとうに冷え込んでいるようだ。栃木県の日光の近くでー15.6℃とのこと。鼻毛も凍る寒さだそうだ。横浜は関東の中でも一番暖かい。やはり気候のいいところのようだ。いまから埼玉方面に住みたいとは思えない状況だ。 さて、朝の通勤電車の模様。飲み会のあとは朝がつらいためグリーン車を使うことがある。今朝もその一環で、つかってみたのだが、今日は中学校の受験があるのか、受験と思われる親子連れが多くグリーン車に乗車してきた。年に数回しか見かけないような光景で、あぁ、この子たちの運命が今日の成果となるんだなぁと思うと、とにかくがんばれといいたくなる。今までの成果がためされるとき、昨今猛威をふるっているインフルエンザからのリスクを避けつつ、最低減のストレス低減で受験地に臨むというスタンスなのでしょうね。昔のぎゅうぎゅうづめの通勤電車にもまれて受験しなければいけなかった我々の同世代の人たちがみたらなんていい時代なのでしょうとなりますわな。いずれはこんな受験の仕組みも代わって、サテライト受験や自宅受験というのが可能になるのでしょうかね。働き方改革ではないですが、受験改革、勉強改革というのはいずれ起こり得ること。今年そうなるかどうかは別にして、いずれは手書きの試験はなくなって、スマホやパソコンでの受験となっていくような。。。とはいえ、これがなかなか実現しないのはなぜか。教科によって文字入力の壁があるからですかねぇ。。。仕事ではほぼ手書きの文化はなくなりましたが、資格試験のために手が腱鞘炎になるくらい、毎回論文を書かなければいけないあの仕組みをとにかく早く変えてほしいものです。

taka7107 at 07:20|PermalinkComments(0)

2019年01月08日

寒中見舞いのテンプレートが1種のみだった

今年は喪中のため年頭のご挨拶は欠礼ということで、欠礼状を送ったところ、案の定、年賀状はほぼ0となってさみしい。1枚だけ、欠礼状を出していなかった、おばさんの娘さん?という少し離れた縁の方から1通だけ届いておりました。欠礼状を出していないので、寒中見舞いくらいをお返ししておきますかね。いままで、欠礼状をいただいた場合は、なにもせず、年賀状も出さずということだったが、欠礼状を出す側の身になってはじめてわかる、年賀状がもらえない寂しさ。年賀状が減っているというのもあるが、これはやっぱり日本の文化として残してほしいですね。LINEでお年玉くじを送りあうのもいいですが、写真付きで一年の様子がよくわかる年賀状をもらえると「あぁ、あの人も元気でやってるんだなぁ。。。自分もがんばろう」という気分になれるわけですね。確かに作るのは面倒で、手書きもつらいのではありますが、かける限りは続けていきたい日本の風習だとあらためて気がつきました。 ちなみに、郵便局で寒中見舞いとなる印刷済みのはがきを購入しようとしたらすでに販売期間が終了とのこと。そんな早くなくなってしまうのか。仕方ないのでインクジェットの寒中見舞い用という切手のデザインが胡蝶蘭だか何かになっている青色系の落ち着いたデザインのはがきを購入。自宅に持ち帰って印刷することに。新しいSurfaceに筆まめとかをインストールするのは手間なので、もうWordのテンプレート印刷でいいかと探してみると、暑中見舞いはいっぱい出てくるのに、寒中見舞いのデザインが1種類しかないということに気がついた。暑中見舞いを出すほどの筆まめではないので、まず使わない。そもそも、暑中見舞いを書くような人はこのソフトは使わないのでは?と思ってしまった。う〜ん、ニーズをはき違えているように思われたのだが、一応マーケティングはしているはず。でもなぁ。。。まぁ、とにかく印刷して投函済み。これで一仕事終了だ。

taka7107 at 07:31|PermalinkComments(0)

2019年01月03日

我が家の家紋発見?

父の遺品を整理していたら何やら家紋のついた風呂敷が出てきたそうだ。我が家の家紋はずっと五三の桐だと思っていたのだが、見たことのない文様が風呂敷に記載されている。ネットで調べると、家紋が山ほど出てくる。200〜300種類で5000個以上の家紋があるとする情報から、2018年現在で20000以上あるというサイトもあり。いずれにせよ、とんでもない家紋の数があるということは確か。確かに、五三の桐ですら、外に丸があったり、なかったりとこれだけでも数えきれないほどの種類が。てっきり、五三、五七、葵、とあっても20種類くらいだろと思っていたらとんでもない数でした。そんな途方もない数の中から図形を探すのは至難の業ではあったが、根気よく探すとたどりついた。この家紋はどうやら、「離れ剣片喰(はなれけんかたばみ)」もしくは「総陰の剣片喰(そういんのけんかたばみ)」のいずれかだろうということが分かった。片喰という植物の葉の形の間に剣がかたどられた図形になっている。武家に愛されたとか、長曾我部や宇喜多が使っていたという説が記載されている解説あり。はたして我が家の家紋はこれが正解なのでしょうか?もはや知るのは亡き父のみ。2019-01-01 13.13.57

taka7107 at 21:03|PermalinkComments(0)

2018年12月27日

時間と空間に余裕を。

今年最後の出勤日。自宅に香典返しの会社で配る分が届いたのでそれをもって会社に。袋が合計5つあるのだが、5つは持ちきれず、3と2に分けて、今年と来年でということになった。のりとかお茶漬けなので重くはないのだがかさばるのが困りもの。やっぱりカタログギフトぐらいにしておくのが無難だったかなぁ。。。 さて、今週の土曜日に父の四十九日の法要を迎えるにあたって帰省するのだが、今晩から大寒波がやってくるようで、明日の新幹線がきちんと動くかが心配ですな。とりわけ、娘が陸上の納会に出たいからと昼の新幹線に妻と二人で帰省することになっているのだが、今から考えたらやめておけばよかったと。新大阪からタクシーにのって帰ってくるようにとは伝えているが、大阪が雪となると、道路は大渋滞でタクシーもつかまらない可能性がある。う〜ん、大丈夫かな。 とにかく時間と空間には余裕をもたせることが何よりで、特に時間に余裕がないとストレスに跳ね返る。通勤もぎりぎりの勤務時間に間に合えばいいなんてのはもってのほかで、1日一回のブログの時間を十分に堪能するために、余裕を持って始業前の1時間の余裕もあったりする。その時間でウォーキングもできたりする、とにかく、時間に余裕があることは無駄ではなく、とにかく+になることの方が多い。時間が間に合わずに走ってころんでけがするなんてことはもってのほか。一番あってはならないことですからね。今年はなにかと大変な一年でした。前半は余裕のないプロジェクトに振り回され土日はほとんど仕事でつぶれる始末。後半はその分、だいぶ楽させてもらいました。おかげで、父の看取りこそできませんでしたが、葬儀も滞りなくあげることができたし、その後に手続き等も順調にできたのも仕事に余裕があったからですな。とにかく、時間と空間に余裕をもって計画的に実施していくこと。これは来年も再来年も続けていきましょう。

taka7107 at 07:46|PermalinkComments(0)

2018年12月26日

年賀状じまい

年賀状じまいというのがあるらしい。確かにうちの実家も年賀状をやめてから数年経っている。高齢になると文字を書くのもつらくなるというのが理由のようだ。今の高齢世代では中にはパソコンが使えるので印刷してという人もいるのだろうが、それならいっそのことメールやLINEでという風になってしまうのだろう。今年は特に平成最後の年賀状ということで、これを機に年賀状じまいをする人が平年の5倍もあるという。寂しい限りではあるが、これも時代の流れなのだろう。子供の頃は、年賀状を作ることがなにより楽しみだった。プリントゴッコで、原画をつくって、版画のようにペタペタと印刷していく。至ってアナログで、インクが減っていくと薄れて印刷されたり、強く押しすぎると台座がずれて、二重写りしたりと、一枚ごとに仕上がりが違うというのは手作り感あふれていた。それでもやはり版画なので表現力は乏しく、それがパソコンになって格段にカラフルになる。写真をふんだんに使って、一年間の振り返りができて作っていて楽しいものだった。そしてなんとか元旦に届くようにクリスマスのお休み前までにがんばって書き上げて投函。あとは元日に逆にもらうものを楽しみにするというのがあった。今年は喪中なので年賀状のやりとりができないのは残念で、おそらく、年々フェードアウトしていく人もいるだろうから、減っていくことは致し方ないのかもしれないが、なんとも日本の風物詩がなくなっていくというのは寂しい限りですな。

taka7107 at 07:25|PermalinkComments(0)

2018年12月24日

メリークリスマス\(^o^)/

メリークリスマス。クリスマス・イブはクリスマス本番の夜ということで、決して、クリスマスの前夜という意味ではないですというのがぼーといきてんじゃねぇよでおなじみのチコちゃんでやってましたね。勉強になります。イブ・イブなんてのはありえないってことですわな。 さて、そんな年の瀬で、今日は振替休日。OK Google ,メリークリスマスというと、メリークリスマス、あなたにいっぱい幸せが訪れますようにとにくい言葉で返してくれる。そんな、3連休の最終日だが、対して運動ができていなかったので、運動納めにジムに行ってきました。先週は大阪に帰っていたりしたので、いけてなく、12月は結局、2回くらいしか来ていないのではなかろうかと思ってしまう。それでもまた普段通り、マシンをつかって、へとへとになって、30分走ってと、いつものルーチンをやった後の炭酸泉は気持ちがいい。気分もリフレッシュして、これからは大和のおうちでクリスマスパーティ&娘のお誕生日会となるわけですな。クリスマスイブが誕生日とはロマンチックではありますが、厳密には24日の1時ごろにうまれているので、イブが誕生日だったわけではないということを知ったらしく、本人は少し残念がってました。でもまぁ、14年間、りっぱに成長してくれました。元気に育ってくれることがなによりですな。メリー、クリスマス\(^o^)/

taka7107 at 13:26|PermalinkComments(0)

2018年12月22日

空間も時間も整理整頓して余裕を作ることが大切(基本動作)

基本動作が大切というのは勉強でも仕事でも同じこと。整理整頓がとにかく大切。机の上がちらかっていると頭の整理ができないどころか、ものをなくす確率も高くなって、なくしものをする前に、忘れ物をしてしまうということになる。なので、とにかく、物理的な空間は広くとるべく整理整頓は必要。なんでも余裕をもって取り組むということが大切ですね。また、物理的なだけでなく、パソコンの画面でも同じ。デスクトップにファイルを散らかしていると絶対に、あれどこだっけとなるので、頭の整理ができず、同じ状態に陥るので、これもきれいにしておくべきこと。そして、空間だけでなく、時間についての整理整頓も必要。時間の空間も無限に存在するので、頭の中で、なにをやってという計画を立てなければいけないのだが、それが難しい場合は、固定の時間をおけばいい。一日勉強はかならず○時間実施すると決めたら、○時から○時は絶対に勉強。それ以外の時間は自由時間なのでテレビにあてるもよし、ゲームにあてるもよしであるが、とにかく自分で決めた時間の枠はなにがあってもかならず机に向かって勉強するという、まぁ、自分で決めたことなので当たり前の話なのだが、そういうことが大事でしょうな。空間と時間を整理できるようになると物事の考え方がすっきりする。そして余裕をもって行動する。すべて基本動作だと思うわけですわ。勉強でも仕事でも同じこと。そのためにも空間も時間も整理整頓して余裕を作るということが大切なんですわねぇ。

taka7107 at 12:48|PermalinkComments(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい