ホジキン腫

2006年12月27日

【ある夏の出来事】国立がんセンターへ

Bトレまであるよ。

昨日の出張は大変だった。とにかく天候がすさまじい風雨で、大阪で打ち合わせが終了したのが17時過ぎでまず駅まで歩くだけでびしょびしょな上、そばを通ったトラックの水跳ね上げのとばっちりは食らうし、やっとの思いで辻堂までたどり着いてもこれまた暴風雨。傘なんかさしてる意味がないほどのびしょびしょぶり。挙句の果てにやっとの思いで床に就いたら今度は雷鳴。そして明けた今日はすっかり天気が良くなって最高気温が20度近くまで上昇するとか。もうどうなってるのやら訳分かりましぇん。
まっ、でも僕は明日年休にしたので本日が仕事収め。とにかくあと1日がんばりましょ。

さて、夏の話し。「面倒くさい」発言にブチ切れたのを最後に某大学病院ともおさらば、今日(9/13)は紹介状をもらった国立がんセンターの初日である。場所は銀座の築地市場の目の前、白い巨塔を思い出させるかのような高く聳え立つ建物。がんに関しての国内で最大かつ最高の技術を有する医療機関だ。

担当は呼吸器グループの山本医師。毎回、ボイスレコーダーで話を録音させてもらうのだが、その旨を伝えると嫌な顔ひとつなく快諾。しかも「この距離、この声でちゃんと撮れてますかね?」との気の配り様には驚いた。とても誠実そうな先生だ。それでも「へぇ、あのM先生からの紹介ですかぁ、有名なんですよねぇ。。。」と彼のことを多少崇拝の念があるようだ。「とんでもないやつですよ、あいつは、面倒くさいとか言うし」とばらしてやろうかとも思ったが、そんなしょうもない話で時間をとるのはもったいないのでやめた。で、「肉腫の可能性ということですが、向こうの病院で病理の確定が出ていないとするとこちらでも病理をする必要があるかもしれないなぁ。。。」との展開になったのだが、「実は、向こうの病院からこちらの国立がんセンターに病理をまわしたと聞いてます」と伝えると、早速調べてくれた。時間がかかるようなので、その間、レントゲンや血液検査等を先にすることに。

検査には相当時間を要し、かつ血液ガスという検査中に貧血になって倒れてしまったので少し心配だったがなんとか復活して昼食後に、再度、山本医師による診察が行われた。
がんセンターでされたという病理の結果がそのとき明らかになった。
どうやら悪性リンパ腫のホジキン腫というものらしい。その病名は、一番最初に可能性として言われていた、肺がん、悪性リンパ腫、縦隔腫瘍のうちのひとつであったので前知識はあった。悪性リンパ腫にも2種類あって、ホジキン腫と非ホジキン腫があり、日本人の場合、90%が後者であるということも知っていた。ただ、それ以上の詳しいことは、帰ってプリントアウトした資料を読み返さなければ分からない。
ただ、リンパ腫になると血液グループが専門となるので山本医師からは手が離れるそうだ。病理も裏ルートで依頼されたものであったので突き止めるのが困難であったようだが、手早く行ってもらえ、かつ、今度は血液グループへの手配も即行われ、これから診察があるとのこと。その仕事の速さぶりには脱帽である。某大学病院のボンクラ教授とはえらい違いだ。

さて、続いて血液グループ、渡辺医師が主治医になるということが分かった。まだ、病理の不足なのでホジキン腫に確定ではないが仮にホジキン腫であった場合はABVD療法という抗がん剤の治療方法で2週ごとに投与を6〜8ヶ月行うとのこと。病理の確定が9/15にできるのと、骨髄の検査で病期(ステージ)を確定するとのことで、治療は最短で10/2から可能とのことだった。とにかくなんとか目処が立っただけでも目の前が開けてきた感じだ。

なんだかんだで診察が終わったのは夕刻。一日仕事だった。
家に帰ってプリントアウトした資料を読むと、ABVD療法はある程度確立した治療法でかつ、肉腫等と比べれば一番ましな結果ということになる。少し光明がさしてきたような気がした。

●今日の通勤
02分 辻堂着席

■今日の天気【- 12月27日(水)15時 - 辻堂】
天気:晴れ 気温:19℃



taka7107 at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月04日

【ある夏の出来事】肉腫について

#注意 ブログの内容を読まれてご心配されないよう、この話しの結論はここにあります。またこの一連のお話を通して読みたいかたはここをクリック

いやいや、本当に寒くなってしまった。今朝と明日の朝は特に冷え込むらしい。前もって分かっていたのでマフラーや手袋で重装備、おかげで通勤もさほどつらくなかったし、夜寝るときもhinaと同じく腹巻をしておいたので腹痛も大丈夫だった。あ〜、でもこれから寒い日が続くと思うと嫌だなぁ。。。


さて、夏の話しの続き。前回の呼吸器内科の問診で言われた「肉腫かもしれない」という言葉。肺がん、悪性リンパ腫、縦隔腫瘍に続いてまたまた新しい病名。いったいどんなものだろう?と調べてみた。
例の国立がんセンターのHPを参照すると、どうやら、一般的に言われる癌は肺、胃、腸などの臓器にできる悪性腫瘍で、肉腫というのが臓器以外の筋肉にできる悪性腫瘍のようだ。定義自体は簡単で理解に苦しくない。ただ、症例が極めて少なく、治療方法が確立していないように見受けられる。国立がんセンターでも過去20年間で243例ほどしかなく、年間でも10万人に2名ほどの確立でしかかからない病気らしい。悪性度によって生存率が大きく左右されるようで、34.2%というような厳しい数字もかかれていたりした。
主治医の教授も、もし肉腫だったら自分の範疇ではなく、この大学病院でも症例が少ないことから県立がんセンターもしくは国立がんセンターに転院したほうがいいだろうとのこと。ただ、また確定診断が出ていないのでどうするかの判断ができない。
あせりと苛立ちで日々過ぎていくのだが、一方で確定診断が出たときのためにセカンドオピニオンの準備もしていた。受けたいと思っていたところは3つ。1つは県立がんセンターもしくは国立がんセンターと言われるがんの専門病院。あとはここ最近書籍を読んだ、「働きながらがんを治そう」の著者である放射線の専門医である馳澤先生と、「間違いだらけの抗がん剤治療」の著者である梅沢先生の2名だ。
そんな中、馳沢先生に連絡を取ってみると「確定診断が出ていない状態でもレントゲン等の資料が見れて主治医から紹介状をもらえればセカンドオピニオンはできますよと快く快諾してもらえた。というわけで早速行ってみる事にした。


●今日の通勤
02分 辻堂着席

■今日の天気【- 12月4日(月)15時 - 辻堂】
天気:曇り 気温:10℃



taka7107 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月30日

【ある夏の出来事】肉腫かもしれない

#注意 ブログの内容を読まれてご心配されないよう、この話しの結論はここにあります。またこの一連のお話を通して読みたいかたはここをクリック

あっというまに11月が終わって明日から師走。本当に1年が過ぎるのは早いなぁと実感する。考えたらhinaのたっちができたのがちょうど去年のクリスマスイブの誕生日。今ではりっぱな足取りでもうハイハイに戻るなんて考えられないほど成長した。大人にとっての1年なんて、あっという間に過ぎる短期間が子供にとっては1日1日が成長の日々、新しい発見の日々とても貴重な時間なのだろう。そんなhinaが1年の早さをどのように感じているのか、一度聞いてみたい気がする今日この頃である。


さて8月の話し。第2回の家族会議で皆の方向性が固まったのであとはCTガイド下針生検の結果を聞いてどうすべきかを考えればよいのみ。次の問診は8/28(月)だった。呼吸器内科の主治医である某教授は月曜と水曜が担当で、いつもは水曜日に診て貰っていたのだが今週は水曜日に学会があるとのことで月曜になった。ただ、生検からあまり日が経っていないので結果が出ていない可能性もあるとのこと。このあたりからやはり結果を聞いてしまうという恐ろしさが出てきた。yuちゃんも夜あまり眠れないようだった。それはそうだろう、結果を聞いて、最悪は余命まで告げられかねない前夜など僕なら耐えられないかもしれない。
そんな緊張のなか、診察室に呼ばれて話しを聞くことに。第一免疫染色を行った結果の反応がなく、今第二免疫染色を行っている段階とのこと。病理検査自体はその教授がするわけでもなく学内もしくは学外に依頼をかけているようでそこの進め方にはあまり口出しができない様子。ちょうど夏休みの期間も重なったりとスムーズには進まない要素が多少あるようだ。第一免疫染色に反応がないので肺がんの可能性は低くなったが重大なしかも悪性の病気であることは確かと教授は主張するのだが、それじゃあ他のどれかと聞くと結果を診ないと何も言えないの一点張りかつ、忙しいのか早く診察を切り上げたい様子が節々に見られ、こちらもあきれぎみ。眠れないので薬がほしいといってもくれない、熱を冷ます解熱剤もくれない、ほんとに病気だけ診て病人を診ない誠意のない医者である。とにかく結果は出ていないのでまた来週来てほしいということだけでその日は終わった。
で次の月曜日も診察に同行。結果は同じくまだ検査中とのこと。そして教授は新たな見解をひとつ言い出した。「肉腫かもしれない。」初めて聞く言葉に頭にクエスチョンマークがいっぱい。また勉強しなければいけないことが増えたのと、このいい加減な見解が今後の展開に大きな影響を与えたのだった。

●今日の通勤
02分 藤沢着席

■今日の天気【- 11月30日(木)15時 - 辻堂】
天気:曇り 気温:14℃



taka7107 at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月16日

【ある夏の出来事】悪性リンパ腫と縦隔腫瘍

こんな便利な機能が出張で利用できないなんて。。。

#注意 ブログの内容を読まれてご心配されないよう、この話しの結論はここにあります。またこの一連のお話を通して読みたいかたはここをクリック

はぁ、今日もまた大阪出張になってしまった。週一でもたいがいなのに、一昨日についで本日と今週は2回目。まだ常駐で大阪にしてもらったほうがよっぽどましだ。移動時間はもったいないし、この不毛な時間つぶしがなんともストレスになる。しかも今日は16時からなのでエンドがいつになることやら。。。
さて、8月の話し。CTガイド下針生検の結果が出るまでの間、こちら側としてはなにもできることはない。ただ、診断が出た時点でそこからその病名について勉強していたのでは遅いので、前回言われたありとあらゆる可能性について考えてみた。可能性として言われている病名は「肺がん」「悪性リンパ腫」「縦隔腫瘍」の3つ。「肺がん」についてはかなり勉強した。ただ、仮に肺がんだとすると11cmの腫瘍というのはステージ的にかなり進行しているので外科手術による切除は厳しいかもしれない。とすると抗がん剤の治療になるのだが、詳細までは調べ切れていない。もし仮に肺がんであるなら抗がん剤治療の知識武装よりも、「間違いだらけの・・・」の著書に意見をもらってから検討するのも悪くないと思っていた。
次に「悪性リンパ腫」これも国立がんセンター等の資料を参考に勉強。血液の病気でホジキン腫と非ホジキン腫という2つに大別されるのだが日本人での割合は前者が10%で残りは後者というわけだから圧倒的に後者の可能性が高い。解説でも性質の違う2つをごちゃまぜにはかけず、まったく違う病気かのようにはかかれているが似ている部分もあるのと特に非ホジキン腫も細胞腫(B細胞、T細胞、NK細胞など)と分類されてかつカタカナ用語が多いのでなかなか理解しがたい病気であった。なぜ血液の病気でここまで腫瘍がでかくなるのかという連鎖も理解しがたく、なんとなく違うのではないかなぁと僕自身は思っていた。
最後に「縦隔腫瘍」。解説としては慈恵医大病院のが役立った。縦隔という両肺の真ん中、心臓、気管、食道、大動脈が集まるいちばん複雑で重要な部分にできる腫瘍のことを言う。場所として前、後という区分があり、さらに前縦隔腫瘍には胸腺腫、胸腺がん、奇形腫、リンパ腫、甲状腺腫があるようだ。ただ、割合的に多いのは胸腺腫のようなのでまずはこれについて勉強。これも国立がんセンターの解説が役立った。
そもそも胸腺とはなんぞやという話しから書いてはあって、どうやら胎児から小児にかけての成長過程で身体の免疫をつかさどるらしく成人になると退化してその機能は終了するようだ。ただ、これをとってしまうことによって免疫機能の異常が出たり、全身の筋力が低下する重症筋無力症というなにやら恐ろしげな病気にかかる可能性があるとのことで、外科手術でとりさることがはたして最善策なのかというと判断がむずかしい。結局はまだきちんと解明されていない臓器なのだろうということは分かった。
ただ、肺がんにせよ、リンパ腫にせよ、縦隔腫瘍にせよ、現れる症状としては今のyuちゃんに当てはまっているわけだからどれであっても不思議はない。ただ、肺がんは年齢的なことを考慮するとまずないだろうと思っていたし、リンパ腫も血液から巨大な腫瘍という関連付けが理解できず、やっぱり縦隔腫瘍なのかなぁと思っていたりした。
ただ、僕の私観で家族会議などでものを言うと、方向性が皆そっちになってしまい、「じゃあどうすればいいの?」とまるで僕が医師であるかのようなことになっても困るし、これらの資料をすべてそのまま出すのは本人にはもちろん、家族であっても無駄な落胆や、はたまた楽観を与えかねないので提供の仕方が難しい。あまり精神的に影響の出ないであろう範囲でフィルターをかけて本人には目の触れないような形でそれとなく渡していくしかないのかなと思った。まったく不勉強では医師と対等にとは難しいが、医師の言うことを理解して話し合うことは不可能だからだ。
結果が出ぬ日はこんな勉強を繰りかえし、ただ、ひたすらにいらだだしい毎日であった。

●今日の通勤
02分 藤沢着席

■今日の天気【- 11月15日(水)15時 - 辻堂】
天気:晴れ 気温:18℃



taka7107 at 08:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい