仝撞朶鐺皺ハ

2006年10月30日

【ある夏の出来事】よりによってなんでアイツが

草刈の成果

#注意 ブログの内容を読まれてご心配されないよう、この話しの結論はここにあります。またこの一連のお話を通して読みたいかたはここをクリック


昨日の社宅の草刈は大変だった。朝方雨が降ったせいで草はびっしょり、抜くのは土がぬかるんで力が要らずに楽なのだが、刈った草が水を含んでいるのでいつもの2割増しぐらいの重さに。それでもなんとか2時間やり終えてほっと一息。とはいえその後も服の洗濯や靴の洗濯で結局丸一日がかり。一時、社宅の草刈は外注でお願いするという話があって試行的に行ったようだが、共益費がかさむこと、地域のふれあいなどの面でやはり自分たちでという方向性になったようだ。言われることはごもっともだが、雨で延期になった時のことなどを考えたら予定は立てられないわ、結局1日がかりになってしまうわ、はたまた住民の減少による負荷の増大を考えて再度見直したほうがよいのではなかろうか?
さて、夏の出来事の続き。呼吸器内科から急遽、呼吸器外科に回り、切開による生検を実施することになったのだが、突然のスケジューリングのため予約の隙間に入ろうにも難しいらしくかなり待たされることに。1時間半以上待たされた11時ごろにやっとお呼びがかかり、診察室に。内科の教授とは違い、やさしそうな女医さんだった。内科で言われた切開についてだが、結局今の時点で首の腫れが小さくなっているところを再度、取ったところで、またクラス2ネガティブで判定ができない可能性がある、であれば、肺にある病巣を直接取り出して生検したほうがよいとのこと。CTを使って行う、CTガイド下針生検というらしい。2,3日の入院が必要なので、今日はその際に必要となるCTの予約を行っておくとのこと。福島県の病院で撮影したCTもあるが、血管までは造影されていないタイプのCTなので改めて撮影する必要があるとのことだった。
その後は質疑応答となった。内科の教授と違い、話しやすそうなタイプなのでいろいろと聞いてみた。まずは肺がんの可能性。過去5年で20代の肺がんを患者として診たことがあるかという質問には、やはりないとのこと。でも考えられないこともないとは言っていた。それよりも、他に考えられる、リンパ腫と縦隔腫瘍があると、内科の教授と同じ判断。それぞれの病名について質問すると、白板に文字で書いて説明してくれた。しかも話す時は必ず目を見て話してくれる。こういう点も医師としてよくできた人だと感心した。また腫瘍の大きさが気になるというと、定規を持ち出して実際に大きさを測定してくれた。8/1に福島の病院で撮影した胸部レントゲンでは11cmあった。また最後にはつらくなったらいつでも病院の外来に連絡して来ても良いとのこと、精神面でも患者を支えようという姿勢がきちんとしている。呼吸器内科の教授がこういうケアをきちんとできる人であればなんの文句もなかったのだが、本当によりによってなんでアイツが主治医なんだということを実感する一日であった。
さぁ、あとはX線科でレントゲン撮影をして今日は終わり、帰ったらまたリンパ腫と縦隔腫瘍について勉強しなければ。。。
続きはまた。

●今日の通勤
02分 辻堂着席・・・月曜から辻堂で座れると気分もハッピー

■今日の天気【- 10月30日(月)15時 - 辻堂】
天気:晴れ 気温:20℃

taka7107 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい